ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

J.S.Bach Solo-..
at 2017-12-14 19:57
2017年末までの、おもなオ..
at 2017-12-13 14:30
J.S.Bach クリスマス..
at 2017-12-13 03:52
金曜日 Vol.2
at 2017-12-12 17:01
金曜日 Vol.1
at 2017-12-11 20:53
木曜日の午後、晴れ!
at 2017-12-11 03:03
水曜日の晩餐
at 2017-12-10 12:13
大らかな大都会、ベルリン
at 2017-12-10 10:37
セカンドアドヴェント(+イ..
at 2017-12-09 22:13
水曜日のアペリティーヴォ。
at 2017-12-08 15:37
MilanoからファミリーR来宅
at 2017-12-08 13:02
AMPELMANN Toru..
at 2017-12-08 09:30
Aperitivo in B..
at 2017-12-07 23:21
拍子とアウフタクト
at 2017-12-06 23:59
BAR im Hotel
at 2017-12-05 23:04
(続)室内楽コンサート
at 2017-12-04 20:14
Adventskonzert..
at 2017-12-03 23:34
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-12-02 15:04
室内楽リハとムール貝
at 2017-12-01 23:53
バイプレーヤー
at 2017-11-30 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

お、いいね。イタリアなら..
by Toruberlin at 22:59
MOくん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 07:36
うん、アンペルマンのベル..
by Toruberlin at 01:37
ベルリンのウェブショップ..
by みさ at 22:43
古橋さん、面白いゲームで..
by Toruberlin at 16:49
可愛いでしょう。ずっとあ..
by Toruberlin at 16:45
たくさんの画像で現場の盛..
by 古橋貴正 at 20:40
とてもカワイイですね&#..
by みさ at 20:23
YSさん、コメントありが..
by Toruberlin at 16:19
素敵なBARですね。ヨー..
by YS at 22:30
昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

J.S.Bach Solo-Suites

c0180686_03111113.jpeg
音楽をするのに、メロディを歌うのに、僕らは歌に憧れます。
圧倒的可能性をもつピアノに憧れます。
旋律楽器ならヴァイオリンに、チェロに憧れ、嫉妬も覚えます。

低い音域でメロディ弾いて、何したいの?

そういう声がアチコチから飛んで来るのに怯えています。

いや、オーバーですがコントラバスがオーケストラ楽器なのに80年代くらいから、その存在を誇示したいかの様にソロ活動が目立つ様になる。それはそれで素晴らしいんですが、本分はオーケストラやアンサンブルでどんな良い音で音楽の流れを支えるか!です。
チゴイネルワイゼンや熊ん蜂が弾けたらすごいけれど、オケで良い音が出ないなら、その奏者はただのキワモノエンターテナーでコントラバス奏者とは思いません。
と、極端なことを書いてますが、その僕も低音域で歌うことの難しさは実感しています。

コントラバスでソロ活動を行う場合、僕は(前から書いてますが)コントラバスのための作品以外はコントラバスで弾いてオリジナル楽器よりも良いか?または同等に音楽を表現できる作品に限っています。
今年と昨年のアンペルマン室内楽には入れませんでしたが、ルイエのオーボエソナタ、パラゴレージのソナタ(原曲はチェロ)または現代のオーケストラの楽器じゃないとしたらアルペジオーネとガンバの曲も然りです。
シューベルトのアルペジオーネは10月に意を決して日本で弾きました。これからも一生、付き合っていきたい作品と思ってます。
J.S.Bachのガンバソナタ2番は長年弾いてますが、僕はチェロでよりもKBでの方が良いと思っています。
c0180686_03482408.jpeg
バッハを好きなら必ず弾きたくなるのが無伴奏組曲です。練習曲扱いで長年忘れられていたのをP.カザルスが発掘し、今ではこれを弾いたことがないチェロ奏者は居ないでしょう。何を、より「どう?」ですが、この作品くらいバッハが好きなら、自由に毎回いろんな歌い回しができる作品も(無伴奏ですし)ないかと思います。

低い音域でソロ弾いてどうしたいの?
これはWitt先生も、少し仰ってました。たしかに世界にソロ活動をするKB弾きが増えるにつれ、本道を進んできた先生には違和感があったのとも思います。K.Stollがバロックソナタを録音し、それをすごく気に入った僕は譜面を手に入れてレッスンに持っていきました。弾き終わり、「うん、いいよ」「でも、Toruはこれを練習して何をしたいの?」
オケに入るんじゃなくてソロ活動始めたいの?と仰りたいようでした。
とにかくオーケストラの曲をなんでも弾けること+オケで弾くためにはオケに入らねばならない、そのためのオーディションの曲に集中すべし!が先生のお考えで、それは僕を想ってくださってのお気持ちでした。
ただ、とくに80年代はJungeDeutschePhilの首席という、そんな放送響はじめ普通ならどんなオケからも招待されるポジションにいてもベルリンフィルの常トラでもオーディションには招かれなかった、またそれは「当然のことでもある」と先生も再三仰っていました。願書を出すオケは限ってましたし、そういう席は数少ない、それを外国人に?!という考えは今もあるでしょうし、当時はもっとあったか?ま、当然ではあります。
話は逸れましたが、クラシック2曲、ロマンティック2曲のコンチェルトばかりやっていても煮詰まってしまう。仕事はたくさんしていたので、それで音楽的欲求を紛らわしていたか?

いま思うと、無伴奏組曲を低い音域で弾けば、それはそのままバッハの(メロディックな)通奏低音なのです。
クリスマスオラトリオや受難曲のKBパートを朝の練習に使っていた時期も長くありましたが、毎朝バッハの無伴奏のどれかを弾いて1日を始めるカザルスの真似をもっとすればよかった。
D.GabrielliのRichercar1番はオクターヴ上で(チェロと同じに)弾ける、元が低いから。そして3番はオリジナルとオクターヴ下を混ぜて、をカザルスのバッハの代わりに1日の練習の初めに昔から弾いてました。

音域の話に戻ります。いろんな譜面があって、今ではチェロと同じ音域でKBでこの作品を演奏するのがメイン(流行)になってます。僕と同じガット弦使ってるMの演奏など、動画サイトで見ると鮮やかです。
それは素晴らしいことではありますが、でもそれならチェロで良い。
KBで弾く意味は、その奏者の力量を見せること(大事です)とKBの可能性を上げることか?
でも可能性って、高音域が大事なんでしょうか?

一つ忘れてはならないのは、コントラバスらしさ、っていう言葉が浮かびますが
それよりももっと明らかに、どの楽器にも「中トロ」な良い音がする、鳴る音域がある。
90cm台サイズのKBで弾いたらチェロと同じ音域でも面白いのかもしれません。
または東京の友人が楽器職人と開発したヴァイオリンと同じバランスで大きくした小振りKBとか?(素晴らしいです!)

でもコントラバスで弾くなら、チェロと同じ音域で弾くのは、良い音では鳴りません。
と書くと語弊があるなら、その同じ奏者がコントラバスの中トロ音域で弾いたら、きっともっと音楽が広がるんじゃない?ってことです。
もちろん、バッハの書いたオリジナルの調性で弾くって意義は、あります。
でもそういう話になるとると、415Hzだとオリジナルは半音下か?

c0180686_03120690.jpeg
ヴァイオリンやチェロに憧れを越して嫉妬し、また劣等感を覚えていたコントラバス奏者は、バッハのコンティヌオという素晴らしい役目にベルリンで出会って、楽譜屋でバッハの無伴奏組曲のコントラバス版を手に入れました。きっと日本のバス弾きは知らないか、興味もないでしょう。
僕も「低音域でソロ弾いて何するの?」という声がアチコチから投げかけられる恐怖感と、
またWitt先生が(僕も真似して弾いてますが)2番のサラバンドをオリジナル音域で好んで弾いてらして、それは素晴らしく!やはりKB編曲版は邪道だ!と判断し、楽譜を捨てることはあり得ませんが、どこにあるかはずっと知っているまま目を合わせることはありませんでした。
昨夜、夢に見ました。
「オリジナル音域で全曲弾くのが嫌なら(絶対に弾けないし)編曲版をもう一度見直したら?」と。
1番はGがオリジナル、編曲はCです。四度高く書かれているんですが、ということは実音は五度低い。出て来る音はチェロオリジナルよりも五度低いってことになります。
バロックからクラシックまで同じ譜面を弾くチェロとバス(出る音はオクターヴ違う)、この五度ってのはなかなか良い編曲と思いました。
で、先ほど1番を初見で(と言っても調は違えど曲は覚えてますから)弾いてみて、素晴らしい!と思いました。
一度弾いただけでも書き換えるところは多々ありますが、弓順などは自由なバッハ、繰り返しでも同じには弾かない。音も少し変えてあるのは、今後オリジナルに戻せるかは課題です。
もちろん、2番のサラバンドみたいにオリジナル音域でもコントラバスの良い音域で弾けるオリジナルが低音域の楽章もありますが、、、。まずは2番を避けて1番と次は5番か?
チェロという楽器が鳴る音域の作品、その作品をコントラバスでも鳴らすにはオケ譜のようにオクターヴ下で?でも、それではあまりに低い。だから五度下ってのは良いと思います。
コンサートプログラムに加えるかはわかりませんが、本来のコントラバスの鳴りを楽しめるバッハにできそうな予感と期待がして、久々に前向きで元気な夜です。

「音楽の喜びをもって頑張れ」このカザルスの本をくださった、カザルスの存在を教えてくださった方の言葉を胸に。

でも演奏は、ずっと聴いてきてバイブルだったカザルスを嫌いになることはないですが、今はシュタルケルとバロックチェロのビルスマ、その全く違う演奏の両方に魅かれています。
バッハは、それだけ自由なのです。譜面に書いてあることをどう表現するか?もっとスタイルが決まったクラシック以降とは別と考えて取り組まないと!と新たに思います。
c0180686_03474307.jpeg










# by Toruberlin | 2017-12-14 19:57 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

2017年末までの、おもなオフィシャルコンサートです。

c0180686_22365157.jpg
年末にかけてベルリンに来る方も多い、ベルリン在住の方々からも問い合わせがありましたのでご案内します。

この週末、4回の(ベルリンでは3回)バロック音楽コンサートは日曜日がどうしても慌ただしくなる+コンチェルトハウスの表はクリスマスマークトだから車を近くに駐車できる保証もない=移動に時間かかる、ので受けませんでした。

まず日曜日は1530からコンチェルトハウス(大ホール)でピアニストで指揮者のJ.Franz氏とコンサートです。J.S.Bach、ブランデンブルク協奏曲3ばも含んだ3曲(オーボエのクララ・デントさんがコンチェルトやります)にTorelli,Vivaldi,Corelliとほぼ暗譜してるラインナップ、楽しみです。
月曜日は1930からOnkel-Toms-Hütte駅前の素敵な教会でsing in クリスマスオラトリオ。友人の歌手UNO君が一昨年参加してくれた催し、今年も行われます。教会にあふれんばかりの人々はほとんどがベルリン中の合唱団メンバー。クリスマスオラトリオ、其処此処で演奏されるとは言っても歌う機会がない合唱団員も多いです。
これ、日本でもやったらきっと良いと思うけれどなー!

c0180686_20494667.jpg
23日はフィルハーモニーの室内楽ホールでメサイア、オリジナルの英語版です。NKOP(新ポツダム室内管弦楽団)で。
26日は壁崩壊の年からずっと弾いてるSt.Hedwigs(聖ヘドヴィヒ教会)の10時からもミサで今年もAumannのメッセを演奏します。
そのままポツダムに移動してリハ、19.30からクリスマスオラトリオカンタータ4-6番です。
大晦日は22時からジルベスターコンサート、下のリンクをご覧ください。












# by Toruberlin | 2017-12-13 14:30 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

J.S.Bach クリスマスオラトリオ

c0180686_02245208.jpg
c0180686_02250365.jpg
c0180686_02244155.jpg
Die Weihnachtsoratorium Kantate 1+ 4-6を日曜日、ベルリンモアビートのErlöser教会で演奏しました。
前日にコンティヌオだけ2時間、全員で2時間ちょっと、当日は1時間前に30分弱のリハで18時からコンサートでした。テキパキ行けば、リハはそれで十分です。いや、時間掛けようと思えば一週間でもリハできるでしょうけれど、、。
教会はかなり大きいのですが満席でした。
c0180686_02243329.jpg
合唱団はオケの30分前にリハ開始。
c0180686_02235820.jpg
c0180686_02242115.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-12-13 03:52 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

金曜日 Vol.2

c0180686_22003979.jpg
c0180686_22003097.jpg
c0180686_02165425.jpg
c0180686_22001667.jpg
子供達はベットに入り、大人の晩餐です。
牡蠣は二箱買ってありました。この夜、マテ貝もあるしヴォンゴレもあるから多いか?!とも思いましたがクリスチャンは楽しみにしていたようで開けました。
ダブルメイン(ボッリートミストとオックステールの煮込み)の晩餐、始まりです。
c0180686_21595424.jpg
c0180686_21594688.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-12-12 17:01 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(4)

金曜日 Vol.1

c0180686_05002329.jpg
c0180686_05001613.jpg
木曜はクリスチャン、大学時代の友人と晩御飯からバーを二軒ハシゴしたそうで帰宅は3時過ぎでした。カタリーナは9時に子供達を名付け親の家に迎えに行き、前夜の話では少し一緒に過ごすと言ってたのでクリスチャンを11時前に起こしました。
シャワー浴びて11時過ぎ、もうすぐに出かけると言う!ベルリンの街を楽しむ予定を自分の深酒で妨害しちゃって済まなそう!だけどカタリーナたちはまだ近所にいるはずだからと電話することを薦めたら、果たしてまだ名付け親のアパートに居ました。
僕は晩餐の買い出しに行かねばならぬので送っていくのは通り道でした。
c0180686_05000559.jpg
c0180686_04595649.jpg
着いた時にみんな下りて来て、合流。レンタカーがあるからここでお別れでした。
c0180686_04594403.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-12-11 20:53 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

木曜日の午後、晴れ!

c0180686_10385607.jpg
c0180686_10384825.jpg
木曜日、Rファミリーは早朝に出かけました。8時に小児科医の診察、何の問題もなく、その後は美容院とか本屋さんとか(ミラノは外国、ドイツ語の本は帰国時にはマストアイテムだそうです)廻り、昼ご飯はカリーブルストだったそうです。そういうジャンクはイタリアにはなく、いやあっても彼らは食べないけれど、ポメスとともに久しぶりに美味しかったそうです。
c0180686_10384063.jpg
僕らのブランチはカルボナーラ・ロマーナでした。
c0180686_10382064.jpg
前夜の約束、蓄音機のかけ方を教え、一枚聴きました。サッチモ。
彼らは14時頃だったか?帰って来て、目的は両親は昼寝、子供達は最近は昼寝はしないらしく、僕らと遊ぼうと楽しみにしてくれてたらしい。
c0180686_10381157.jpg



More
# by Toruberlin | 2017-12-11 03:03 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

水曜日の晩餐


c0180686_19360757.jpg
c0180686_19355970.jpg
まだ水曜日、続きます。
ノルマンディーからの生牡蠣と2005年のシャンペンの前菜から、もう一本シャンペンを開けてキッチンへ。メインはお好み焼きでその前にキノコや海老、烏賊を焼きました。
c0180686_19350901.jpg
前菜から鍋って流れも良いんですが、鉄板焼きの方が気分でした。
c0180686_19350110.jpg
c0180686_19345198.jpg
海老はフランスから。このサイズので冷凍じゃない(ほとんどの海老はアジア産です、冷凍でも悪くないですが)海老で一番美味しい!クレヴェッテンです。
c0180686_19344140.jpg
クリスチャンは僕と同じく魚介も肉も甲乙つけ難いくらい好きですが、カタリーナは圧倒的に海派、だからこの眼差し。


More
# by Toruberlin | 2017-12-10 12:13 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

大らかな大都会、ベルリン

c0180686_18481411.jpeg
c0180686_18452746.jpeg
おはようございます。
大らかなのは旧西ベルリンのシャルロッテンブルクだからか?
昨日はBritz城の本番の後、みなさんは中華Aに行きましたが僕はDespineをまずは家に持ち帰らないといけない(1831年生まれで無傷のKBなんて、おそらく世界に稀です)から帰宅。最近、7-8人を超す(パーティーじゃない)食事会は苦手なのと(落ち着いて話もできないし、必ず楽しんでない人が見える)Aは行きつけのGFのワンブロック先、美味しい店らしいけど(日本人の客は多いらしい)僕の主義に反する。行きつけの店の近所の同業の店には入りたくない。後から行くとも約束してなかったしスーツを脱いだら氷たっぷりの大きなグラスで白ワイン。ヴォンゴレがあったのだけどまずはボッリートミスト、前夜のにキャベツとポロ葱だけ加えて食し、結局お次はショートパスタでオックステールのソースを楽しみました。ソファで22時半過ぎには寝入り、目覚めたら1時半、ベットに移って3時過ぎまでiPhoneながめ、就寝。今朝は10時前頃に目覚めました。
天気予報は悪くない、0度だから湿気も少なめだし晴れ間も見える。
本番は18時でリハは17時だから16時まではオフ、MacBookでやらなければならないことは多いけれど、まずブランチまではのんびり、誰にも会わないから朝風呂は午後にするか?なんて思いながら湖を眺め、視線を下に移すと
c0180686_18420813.jpeg
うん?あれは僕の?この色のW126は滅多に見かけません。
昨夜、どこも駐車場所がなかったので、いつも通り楽器だけおろして上に運び駐車するつもりが、忘れたみたいです。
すぐに着替えて下へ。
c0180686_18440912.jpeg
すぐ後ろは一台出たみたいですが、誰の邪魔にもならないで良かった。違反切符もなし。
12時間くらい、違法駐車してたことになります。
家の斜め前が空いてたので駐車して、MINIからチェントロイタリアでの買い物の残りを(大量)アパートに運べました、やっと。
MINIにはうっすらと氷が。
寒さは数日前の湿気が多く風もあった頃より、ずっと感じない。
氷点下一桁でカラッと晴れたベルリンらしい冬の日々、しばらく続かないかなー?!
c0180686_18450293.jpeg











# by Toruberlin | 2017-12-10 10:37 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

セカンドアドヴェント(+イヴ)のコンサート

c0180686_05520141.jpeg
トリノ生まれの美しい5弦Despineで今週弾いてます。
Corelli Kammerorchesterで毎年恒例のBritz城クリスマスコンサートはManfredini,Vivaldii,Corelliなどのイタリアンバロックの名曲たちを、NKOPではクリスマスオラトリオ・カンタータ1番と4-6番です。
20数年続いてるBritz城のコンサートは先ほど終わり帰って来ました。
c0180686_11255756.jpeg
c0180686_11262475.jpeg
c0180686_06070675.jpg
今夜は満席、楽しいコンサートでした。
c0180686_05534680.jpeg


More
# by Toruberlin | 2017-12-09 22:13 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

水曜日のアペリティーヴォ。

c0180686_19064114.jpg
c0180686_19060406.jpg
クリスチャンも知っていて12個の貝柱(ホタテなんかはコレがメインですね)が蓋に残ったのを楽しむ図、キッチンに来ないと食べられません。
c0180686_19054950.jpg
鉄板焼きはキッチンで食べますが、まずはシャンパンと生牡蠣という王道をダイニングテーブルで。
シャンパンは今は無きCXベルリン支局の美人特派員二人が贈ってくれた2005年のボトル、とびっきり美味しかった!
c0180686_19054095.jpg
c0180686_19053157.jpg
これは今回の頂き物。Pizziniのフランチャコルタ、復刻版。このフランチャコルタはその辺の有名シャンペンは逃げ出すくらい美味しいですが、これは昔のバージョンらしい。一本だから、直ぐには開けられないなー!
c0180686_19052237.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-12-08 15:37 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

MilanoからファミリーR来宅

c0180686_19115003.jpg
c0180686_19113229.jpg
ミラノのクリスチャンとカタリーナと子供二人、学校が休みなので水曜の午後のフライトでベルリンに遊びに来てくれました。
一回はイタリアン(僕の)一回は和食の晩餐とはだいたい毎回決まっていて、今回もそれが良いという。子供たちは晩御飯を一緒にしないのがR家流、子供にはちゃんと家で作った料理しか与えないカタリーナですが(メインは昼)内容は簡素です。肉はまず与えない、新鮮で美味しい野菜中心です。もちろんパスタも。遊びに行くと僕が好きだからかもしれませんが必ず彼女が作ったバジルソースのお昼ご飯を学校に子供達を迎えに行ってから食べます。
子供と一緒のご飯、朝はパパと、昼はママだけとですが、週に二日はまるまる四人で過ごす。
子供は19時台には眠ってるのが当然のR家(これ、本当に良い習慣です)。子供はたっぷり寝なければいけない、12時間近く寝て6時頃起きて、学校に行くまで2時間弱家族で過ごしてるようです。子供の時は「早く寝なさい!」って言われるの嫌でした。寝てからどんな楽しい時間があるのか?と思いながら眠ったものですが、子供達にとって赤ちゃんの頃からそれが当たり前!でそれはベルリンの僕のところに来ても、できるだけ同じにする。その分、年に何回かはきっと「特別な夜」があるのかな?訊いたことないですが、12歳くらいまでは、もちろんテレビなんて観て無駄な時間は使わせない。とっても良いと思います。
拙宅では昔から、何か簡単なパスタを作って(でもちゃんと作ります、子供たちにも美味しいと昔から評判です)大人たちは「おやすみなさい!」してから、晩餐を始めます。
c0180686_19112550.jpg
昼間に買い出し。和というとメインは鶏鍋!が何度も続いたリクエストでした。10年くらい前に二人とも風邪が長引いて特にカタリーナがひどかったときに僕の鶏鍋で治った(偶然ですが)との記憶も濃いらしい。前回は鉄板焼きにして〆はお好み焼きでした。今回は家内がお好み焼きが食べたいと、後者になりました。
焼くものはボッリートミストにも使いたくて仔牛のタンは二本用意し、あとはリンデンベルクで定番の牡蠣と生の海老があったので仕入れ、そしてイタリアからの烏賊。生で食べられるくらい新鮮でした。手に取ると一杯だけ少し重い。捌いたらなんとイワシが(食べられて)入ってました。そのイワシもかなり新鮮でしたが魚に弱いとはよく書いたものです。
c0180686_19111619.jpg
c0180686_19110811.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-12-08 13:02 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN Toru's Select Nr.4

c0180686_18312517.jpg
c0180686_18274748.jpg
Toru's Select No.4はCOLLEGE BOYです。
写真はSIZE92(cm),104,116,128、胸のワッペンの色は三種類あります。
茶色が140,152,164smです。コットン100%の柔らかいニットジャケットです。
とっても良い風合いで、形もオシャレです。
c0180686_18311461.jpg
10歳のお姉ちゃんには140、8歳の弟には128を選びました。
スリムな日本人女性なら152または164がピッタリかと思います。

AMPELMANN Berlinのwebショップでどうぞ!日本未発売です。
ですから帰国のお土産にも良いですね。
ワッペンが紺と赤の赤ちゃんサイズは68,74,80,86と揃ってます。










# by Toruberlin | 2017-12-08 09:30 | AMPELMANN | Trackback | Comments(4)

Aperitivo in Berlin


c0180686_09233194.jpg
Aperitivo ベルリンではあまりしない習慣です。
家で食す時は前菜になるし(陽気の良い時期は早めにバルコニーでプロシュートなんかと始めます)外でビール飲むときにもベルリンではツマミはまず頼まない。
イタリアのアペリティーボという習慣は、店で時分どきにドリンクを注文すると、いろいろ付いてくるんです。
食事に行く前にバールなどに寄ってアペリティーヴォを楽しんでから、レストランに移動して晩餐。これも文化ですが、あまり馴染めないかなー?
まあ日本でも居酒屋がこれに似てるか?アペリティーヴォから本格的に呑み、肴もどんどん注文して、更にハシゴする。そして最後に(ほとんどの場合は)炭水化物で〆る。
ミラノから来てるクリスチャンと夕方ビールを飲みに出ました。このSavigny広場の馴染みの店には写真のツマミがあることを思いだし、まるでAperitivoでした。
c0180686_09231068.jpg
c0180686_09231737.jpg
この店は黒板に「今日のオススメ」が書いてあるんですが、メニューの最後に、更にあるのは最近気づきました。生ハム、サラミ、チーズ、または盛り合わせがあるんです。
c0180686_09230485.jpg


More
# by Toruberlin | 2017-12-07 23:21 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)