ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

2017年末までの、おもなオ..
at 2017-12-13 14:30
J.S.Bach クリスマス..
at 2017-12-13 03:52
金曜日 Vol.2
at 2017-12-12 17:01
金曜日 Vol.1
at 2017-12-11 20:53
木曜日の午後、晴れ!
at 2017-12-11 03:03
水曜日の晩餐
at 2017-12-10 12:13
大らかな大都会、ベルリン
at 2017-12-10 10:37
セカンドアドヴェント(+イ..
at 2017-12-09 22:13
水曜日のアペリティーヴォ。
at 2017-12-08 15:37
MilanoからファミリーR来宅
at 2017-12-08 13:02
AMPELMANN Toru..
at 2017-12-08 09:30
Aperitivo in B..
at 2017-12-07 23:21
拍子とアウフタクト
at 2017-12-06 23:59
BAR im Hotel
at 2017-12-05 23:04
(続)室内楽コンサート
at 2017-12-04 20:14
Adventskonzert..
at 2017-12-03 23:34
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-12-02 15:04
室内楽リハとムール貝
at 2017-12-01 23:53
バイプレーヤー
at 2017-11-30 23:59
グルーネヴァルト湖
at 2017-11-29 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

お、いいね。イタリアなら..
by Toruberlin at 22:59
MOくん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 07:36
うん、アンペルマンのベル..
by Toruberlin at 01:37
ベルリンのウェブショップ..
by みさ at 22:43
古橋さん、面白いゲームで..
by Toruberlin at 16:49
可愛いでしょう。ずっとあ..
by Toruberlin at 16:45
たくさんの画像で現場の盛..
by 古橋貴正 at 20:40
とてもカワイイですね&#..
by みさ at 20:23
YSさん、コメントありが..
by Toruberlin at 16:19
素敵なBARですね。ヨー..
by YS at 22:30
昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

そしてトリノ出身の淑女Despine。

c0180686_1714442.jpg

昨日は夕方から地下鉄のBlissestr.駅に近いAuenkircheでクリスマスオラトリオ1-3+6番のリハーサルでした。演奏はg.p.telemann-consort magdeburg。数年間活動を止めていて弓も売却してしまったバロックアンサンブル(ピリオド奏法アンサンブル)の世界にコンサートマスターのW.Hに今年の春に誘われてまた戻ってきましたが、こことへドヴィヒ教会の古楽アンサンブルでの活動を始めたところです。そういえばクリスマスオラトリオはバロックで演奏するのは初めてでした。
c0180686_17202192.jpg
楽器は僕の所有する5弦の中で,どれも気に入ってるのだけれどどれか一本と訊かれれば多分一番と答える1831年にイタリアはトリノでDespineが製作した楽器をA-415に調弦して持って行きました。アンサンブルは4/4/3/2/1の弦の編成に通常のこの曲の菅の編成、コンティヌオはポジティブオルガンが真ん中でチェロがその左に二人、ファゴット、KBの順、僕の側にオーボエ4本,その後ろにトラヴェルソ2本、ヴァイオリンの後ろにトランペット3本にティンパニでした。
いうまでもなく弦の響きはガット弦の柔らかく美しい響き。スチール弦の音が残る感じや力で出された音がない世界は素晴らしい。そして音程、調弦が狂うのが特に高い弦楽器は常ですが、そしてそれでバロックアンサンブルで弾きたくない事が多いのですが,昨日はかなり良かった。チェロの二人、コンティヌオはフィードラーというチェロのケースを考案して販売してるので有名なチェロ弾き、まだチェロ弾いてるの?と言われる事が多いそうですが、コンチェルトケルンにも所属していたかなりまともなコンティヌオ奏者でした。もう一人はアジア人の以前へドヴィヒ教会のアンサンブルで一緒に弾いた事のある女性。オルガンがご機嫌でタイミングは問題ないし,コンティヌオチェロを中心に通奏低音はひとつに機能しています。チェロに合わせられるっていうのは素晴らしい。そして音程も、不動のオルガンが居るのだから調弦が狂っても即座に合わせれば良い訳で、ここでも音の残るスチール弦とガット弦の違いを感じます。
c0180686_17351524.jpg

僕はもともとモダン(バロックと比較してそう呼びます)の奏者だけれど、バロック時代の曲を弾くのにバロックの解釈には昔から興味を持っていました。バロックアンサンブルに音程が凄まじいのは多々存在するけれど、このtelemann-consortのようなアンサンブルの響きはモダンの演奏家にも見習わなきゃいけないところは本当に沢山ある。BPのようにモダンでも常にファインな演奏/音の出し方を追求する奏者は本当に稀少になってしまっている。
もうすぐそのBPとの楽しいリハに出なければいけないのでゆっくり日記を書けないのですが、調弦があまりに狂ってしまうからとガット弦を使えないと言うBP、もちろんそれは当然の大きな理由。しかし僕らKBは構造的にガットでもそれほど狂わない。持ち論アンサンブルは周りとの兼ね合いですから僕もDSOではスチール弦を張った楽器を弾いていますが、、、。
バロックアンサンブルと,モダン楽器で演奏するバロック音楽。そのどちらにも良さがあり、その両方に参加できる事を幸運と思い、昨日の4時間のリハはとても幸せな気持ちで終えて帰宅しました。
ファゴットは何度も一緒に演奏したマグデブルクからの奏者ですが,彼がまたご機嫌で一緒に弾くのが楽しい。そして,そう言えばポツダムでは(重すぎるからと)テノールのアリアはKBなしでした。バロックアンサンブルではKBが抜ける事はありえなくて,もし減らすならファゴットと同じ音域のチェロ、そのどちらか。昨日もチェロが「ファゴットだけにした方がよくないですか?」と提案した時に当たり前のようにKBは通奏するという常識に基づいた発言、チェロはいつも弾く!というのが当たり前のように言われ、重い時にはKBは抜きというモダン楽器のバロックのやり方が続いてたので,新鮮でした。
ヴィヴァルディの四季だって今の譜面は最近になって改訂されたもの、Vcだけのコンティヌオなんてありえない。弾く人数ではなくて音色/弾き方でどうにでもなること。チェロとコントラバスは同じ音系でもオクターヴ違う、オルガンではまったく別のレギスターです。Bach でもコントラバスとファゴットと指定されてる版が昔はありました。
今日のクリスマスオラトリオのコンサートは18時からですが既に完売,立ち見席だけ残券があるそうです。
c0180686_17494583.jpg

by toruberlin | 2008-12-20 08:13 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/10382956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by K.I at 2008-12-21 00:42 x
う~ん聴きたいものです。
こちらにも教会は点在するのですがあまり演奏は無いみたいです。
代わりに福岡古楽祭が毎年市内を中心に10月行われています。
(今年も私はいけませんでしたが・・・)
教会でもっとやる機会があるといいのですが私も勉強しないと。
音楽やる上で教会音楽はいつか勉強が必要な時が来るとは思っています(学生時代座学だけでしたから)
そうそうベルカント、本番を待たずに張り替えましたが、これは良い!
今までP社のスチール弦とシンセティックコア(ナイロン芯)弦しか使っていなかったのですが、耳当たりがいい。
私は結構好きですよ~テンションもちょうど良い感じです。
何より私の楽器ではG線がこれまでキンキンと倍音が気になっていたのですが、それが無いのです。
この弦はあまり日本では馴染みが薄いのですが、同じT社のスピルコアは時々指導に行った学校の楽器に張ってあります。
これもジャズやる時には良い感じのサスティンがあって好きです。
後は明日楽器店に行って少し調整して貰うだけです。
ちなみに恩師はガリアーノにP社のパーマネント張ってます。
Commented by toruberlin at 2008-12-21 07:58
K,Iさん、ありがとうございます。
今日は素晴らしいコンサートでした,詳しくは明朝書きます。
ベルカント,スチール弦では最高です。
お師匠さん、ガリアーノにパーマネントですか!?
楽器に合うのかもしれないけれど,僕はあの弦は嫌いです。
ギャンギャンいいすぎる。
楽器によるのは持ち論ですが。

そしてこれまた楽器によりますが、オイドクサなどのガット弦に勝るものはありません。いつかお試しください。