ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

ハイボールと小岩丸幸東京醤油..
at 2017-06-26 23:11
ある夏の夕暮れに
at 2017-06-26 08:48
東京Vol.14 (2016..
at 2017-06-25 23:23
東京Vol.13 (2016..
at 2017-06-25 11:39
東京Vol.12 (2016..
at 2017-06-24 19:43
東京Vol.11 (2016..
at 2017-06-23 23:59
東京Vol.10 (2016..
at 2017-06-22 23:59
東京Vol.9 (2016年..
at 2017-06-21 23:59
東京Vol.8 (2016年..
at 2017-06-20 23:59
東京Vol.7 (2016年..
at 2017-06-19 23:59
冷たい中華麺 レシピブログ
at 2017-06-18 23:59
Masic SHORTS B..
at 2017-06-17 23:59
ウイスキーはお好きでしょう?
at 2017-06-16 23:59
Always with AM..
at 2017-06-15 23:59
東京Vol.6 (2016年..
at 2017-06-14 23:59
東京Vol.5 (2016年..
at 2017-06-13 23:59
東京Vol.4 (2016年..
at 2017-06-12 23:59
東京Vol.3 (2016年..
at 2017-06-11 23:59
東京Vol.2 (2016年..
at 2017-06-10 23:59
東京Vol.1 (2016年春)
at 2017-06-09 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

可愛いだろうねー。しかし..
by Toruberlin at 19:31
赤ちゃんたちもかわいいで..
by みさ at 19:14
みさちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 18:13
かわいいですね〜♡ 保..
by みさ at 12:00
タカポーネ、日本でも是非..
by Toruberlin at 08:46
見ているだけでヨダレが出..
by 古橋貴正 at 01:32
古橋さん、ほんとうに。早..
by Toruberlin at 20:33
高橋さん、こんばんは! ..
by 古橋貴正 at 09:22
Yusukeちゃん、コメ..
by Toruberlin at 04:12
こちらにコメントするの、..
by Yusuke at 20:56
教会がなかったら、クラシ..
by Toruberlin at 23:29
EKさん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 23:19
教会のコンサートが多くの..
by EK at 07:54
お義父様のご冥福をお祈り..
by EK at 07:37
EKさん、コメントありが..
by Toruberlin at 20:23
FBに書き込んで、こちら..
by Toruberlin at 17:09
ドイツ語版だけに僕の声が..
by Toruberlin at 17:06
ベルリン、だいぶ陽が長く..
by EK at 10:30
古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

64年前の2月13日

c0180686_19215050.jpg

第二次世界大戦の末期、ナチスが降伏する2ヶ月ほど前、2月の13日から14日にかけてドレスデン大空襲がありました。
昨日のドレスデンフィルハーモニーのコンサートはバーンスタインのカディッシュがメインの曲。プログラムにもコンサート終了時に拍手はしないで欲しい旨が書かれていました。演奏後佐渡さんが拍手を受けるためではなくそっと手で指示をしてオケを立たせ,それと同時に聴衆も立ち上がり黙祷、64年前のこの日に失われた多くの命を思いました。
バーンスタインに挟まれて演奏されたのはショスタコーヴィッチのカンマーシンフォニー、弦楽四重奏のために書かれた曲をバルシャイが小編成の弦楽オケに編曲した作品です。今回は14型の大きな編成でした。この曲の2楽章はその2/13のドレスデン爆撃の様子を表しています。
僕もカンマーフィルハーモニーやポツダムのオケで何度も演奏した事のあるこの曲,指揮者なしで弾く事が多く,またそれで良いと言うかその方が良いとまで思っていました。
たしかに2楽章の空爆シーンは弦のアンサンブルが良ければ指揮者なしでも問題なく機能するのですが1楽章,そして3楽章の瓦礫の山と化した街に漂う死霊の踊り、そして平和が訪れるかと思っていたら秘密警察がドアを叩く音で始る4楽章、僕ら奏者のアンサンブルではきっとできない長いフレーズ,そしてバランスや流れのコントロールを佐渡さんは見事になさってました。こういう大編成の弦楽オケで演奏される事は稀なこの曲、とても良いです。
カディッシュは語り役の女性歌手が素晴らしかった!
オーケストラは良くいえば渋く,でもかなり地味。しかし音色は良いし管も弦もソロは立派でした。パワーが,音楽的にも音色的にも物足りなかったのはホールのせいかもしれません。
c0180686_194153.jpg

写真中央が「小倉」店主の小倉さん。佐渡さんとここでも知り合いが繋がったのが面白い!おいしい和食を食べたくて時間があるならべルリンからでも足を伸ばす事をお薦めします!Frauenkirche前のDresdenHiltonHotelの2階です。

18:15、べルリンに戻りました、昨日の続きです。
会場と宿泊していたHiltonホテルは徒歩2,3分の距離。そしてこのホテルに泊まる理由はホテル内に小倉さんのお店があるからなのです。写真は昨日の食後,とても美味しゅうございました。佐渡さんは滞在中は昼夜と通っていたそうです。味付けも最高だけど肝心の御飯もおいしい。300キロの鮪を捌いたそうで、昼の山かけ丼もトロロの中には赤身よりも中トロがごそっと入っていたし、夜はイワシ/鯵/鯖.ブリの焼き物や天婦羅唐揚げ,その合間に中トロの刺身もあり生牡蠣/イカ焼いたのもあったし蟹も出て来たなー!そして締めは麻婆豆腐のかかった麻婆丼でした。
写真はそれを堪能した直後です。
佐渡さんはこの後はマンチェスター/トリノと続くからその勉強があるので食事中も林檎ジュースを炭酸で割ったのを飲んでたくらいで食後は部屋に直行(さすがです!)。僕らも一度は戻ったのですが、やはり寒い中散歩にでました。コンサートが終わった頃はFrauen教会前はすごい人でしたが0時過ぎにはひっそりと静まり返り,しかし教会のドアは開いていて中に入ると追悼のためと平和祈願や人種差別/戦争反対の催しが行われていました。
c0180686_2285490.jpg

30数メーターのドーム、中は天辺まで吹き抜けになっていて数層に別れた階に回廊があるのですがその暗闇から合唱団の歌声が教会堂に舞い降りて来ていました。その美しさといったら!1時までの催しでしたが残念ながら合唱はその時が最後、まだ続くなら佐渡さん達を電話で呼び出したいと思ったくらいでした。
c0180686_2342824.jpg

しばし教会内に留まってからほぼ無人の広場からエルベ河畔を歩き部屋に戻りました。
c0180686_2362453.jpg

教会の前の古い壁際の蝋燭は,今朝9時過ぎに散歩した時もまだ燃えていました。
by toruberlin | 2009-02-14 10:18 | 音楽の話 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/10880573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Lionbass at 2009-02-15 09:25 x
おはようございます。
現在、佐渡さんほか出演の「題名のない音楽会」を(会社で)見ています。
内容はベートーベン5番(「運命」)の振り方についてです。
なかなか興味深い論議が交わされています。
Commented by 伽羅 at 2009-02-15 13:28 x
演奏会が行われた2月13日、14日は、かつてドレスデンの街に大空襲があった日だったのですね。そのような日だからこそ、演奏会の曲目は、人間の争いや平和、死と命などを深く想起させられるものが選ばれたのでしょうね。
Frauen教会の写真、心に沁みます。日本でも阪神淡路大震災の日には、あのような蝋燭が被災したあちこちの町で灯されています。
佐渡さんは2004年のドレスデンの演奏会の時も、「小倉」さんに通い続けたそうですし、今回もきっと美味しい日本の味を満喫されたことでしょうね。裕ちゃん、徹ちゃんは すっかり「食べ友」でもありますすねぇ(笑)
Commented by toruberlin at 2009-02-15 16:41
Lionbass さん、おはようございます。
(会社で)ですか,日曜にお疲れさまです。
面白そうな内容ですねー、僕はまだ番組は一度も拝見していないんです。
Commented by toruberlin at 2009-02-15 17:00
伽羅さん、そのショスタコの室内交響曲しかり,バーンスタインの曲しかりの曲編成だと思います。
小倉さんが盛んに5年ぶりと言ってました。僕はその前に伺った時に「佐渡さんがよく来る!」と聞かされてましたが名前しか存じ上げなかったので特にリアクションなし。そしたら一昨日久しぶりにべルリンからやって来た僕を佐渡さん達が昼飯用意して待っていてくれたので、小倉さんは驚いてました。
さーてなにを食おうかな?は基本です。
人生の目的ではないけれどかなりの重要ポイントで,その部分で共感するとより親密になりますね。グルメだとかいろいろ知ってるとか料理が上手である必要は必ずしもないけれど,そして蘊蓄を語れる必要もないけれど美味しいと感じ,美味しそうに食べる人は魅力的です。
区別するわけじゃないけれど,美味しそうに食事しない人は知合っても思い返してみると結局はあまり親しくはなれないみたいです。
音楽もスポーツも食事も,結局はどれだけ感動できるか。日常の幸せはそれにつきます。僕らはどれだけの感動を提供できるかが仕事な訳で、それで日常生活でも敏感なのかもしれません。
Commented by rica at 2009-02-16 00:53 x
東京大空襲の焼失地域に住むようになり10年になります。
テレビなどで特集をやっていると見るようになり、色々な出来事を知る所となりました。
日本では追悼のコンサートなどが開かれることは、まだまだ数少ないようです。
悲しい出来事を忘れないためにも、色々な形で催しが行われるといいと思います。
Commented by toruberlin at 2009-02-16 02:29
rica さん、3/10でしたよね。ドレスデンはその約ひと月前か。
戦争は未だに無くならない。
ドレスデンは勝ちはほぼ決まった連合軍がせまり来る赤軍に英国の存在を示すための東部大都市攻撃だったらしい。
戦争だから仕方ない!という意見が必ず出るんですが、東京にしても広島長崎にしても非戦闘員をターゲットにした爆撃はまともじゃない。しかしそれが戦争ということを世界中で認識されるべきで、テロも含めて、戦争/差別/暴力というものが無くなるのが当たり前との意識を持つために何かしたいですね。