ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-22 14:27
秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-21 11:51
田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

M上さま、いつもありがと..
by Toruberlin at 01:49
10/20は昼公演もご用..
by Toruberlin at 22:50
Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

StMichael教会

c0180686_1905538.jpg

今朝は7時前に起きて8時過ぎにダークスーツにネクタイでJosf Hillの5弦とMINIで出発しました。行き先はJannowitz橋の傍のSt.Michael教会、前St.Hedwigsの音楽監督Witt氏の合唱団がハイドンのミサブレヴィスF-durをミサで歌うのでKBを弾いて欲しいと僕が日本にいる時にメールでオファーがありました。Witt氏は壁崩壊直後にドイチェオーパーの友人に紹介してもらってからのお付き合い、べルリン国立オペラが隣にあるのに大聖堂音楽監督在任中には国立オペラの首席と交替でKB奏者としてずっと弾かせていただいてました。
c0180686_199731.jpg

今朝のミサ前のリハーサルにて。
このミサ曲はヴァイオリン2声、ヴィオラはなくてチェロ/KB+オルガンの編成です。チェロはもともとなしでやるつもりだったらしく譜面台は3つだけ(Witt氏はKBだけでやることが小編成の時にはよくありました)、しかしセカンドヴァイオリンが来ない。ファーストの女の子が電話するとその娘は随分前にWitt氏にキャンセルしたとのことで行き違い。僕もタクシーに乗れば間に合う圏内の奏者何人かに電話したけれど連絡つかず、ファーストとKB+オルガンでの演奏でした。
セカンドはアルトと同じパートのことが多く、セカンドが居ないのを気づかなかった人も多かったんじゃないかなー?ファーストヴァイオリンの娘は高校生か?何度か演奏したことのある曲だそうですが、さすがWitt氏がへドヴィヒ教会付属音楽学校で育てた生徒、綺麗な存在感ある音でしっかり弾いてました。オルガンの娘は15,6歳かなー?アンサンブルはあまり経験ないのか?少し不安げ+数え間違いもありましたが、頑張ってました。
c0180686_19214091.jpg
c0180686_19221690.jpg

1時間ほどのミサの締めくくり、オルガン演奏があるのが常ですがミサ直前にヴァイオリンがひとりなので予定されてたMozartの教会ソナタは演奏できないので若い男性のオルガン奏者とWitt氏が替りの曲の打ち合わせをしてました。最後のオルガン演奏がものすごく良くて、楽器をケースにしまったあとにその彼が降りてきたので「素晴らしかった、誰の曲ですか?」と尋ねたら「演奏したのは僕じゃないんです、あの娘です」と、さっき一緒にハイドンを弾いてた女の子だと言う。驚きでした。迫力とか音が見事に並ぶとか和音のタイミングとか、そういう大事なことの上に音楽の流れと間が良い感じにありました。
鍵盤楽器、特にパイプオルガンは楽器だけれど機械の要素も多い。それを踏まえて演奏するのだけれど音ということになると奏者が楽器と創ると言うより楽器そのものの音の要素が大きい楽器と思います。だからオルガン演奏はその迫力とレギスターを変えることによっての音量/色の差はあるのだけれど、長いフレーズや音を繋ぐこと、そしてその一つの音の良さはなかなか現れない+感じることができないことが多いと思います。だから、すごいなー!と名手の演奏を聴くと感じるのだけれど、音楽に音色に感動することは稀なんです。
今朝聴いた曲はトウルミールの作曲、素晴らしい演奏をした娘の名前は訊きそびれましたが、合唱団で昔から顔見知りの団員のお嬢さんらしいです。また是非聴いてみたい奏者でした。
c0180686_1936354.jpg
c0180686_1937166.jpg

教会を出るととても良いお天気、日曜の空いてる中心街を走り抜け帰宅。天気予報は雨マークもあるんですが、このまま陽が照ってくれたら夕方にはコート乾いてテニスできるかなー?
c0180686_19404621.jpg

by toruberlin | 2009-07-19 11:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/11973145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by くー at 2009-07-20 08:21 x
15、6歳の才能溢れる若者が、続々と出現すると良いですね。これからの時代を作る若者に、どんどん美しい社会を作っていってほしいです。
徹さんの元気パワーを次世代に伝えてください!
Commented by toruberlin at 2009-07-20 08:57
くーさん、おはよう!
そうだねー、そしてその若者たちの為に何が出来るか?
イジメなんてくだらないことが起きてる現状を何とかしなければ