ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

アスパラが旬なので。
at 2017-05-11 23:59
Schöneberg のチョ..
at 2017-05-10 23:59
鴎外晩餐inベルリン
at 2017-05-09 23:59
告別の会
at 2017-05-08 23:59
Mass of the Ch..
at 2017-05-07 23:13
弦楽器工房にて。
at 2017-05-06 23:59
ゲッセマネ教会にて。
at 2017-05-05 23:51
超高級物件!
at 2017-05-04 23:37
VW Bus Type2 v..
at 2017-05-03 00:23
AMPELMANN Cafe..
at 2017-05-02 23:59
ドイツ語版「ラーメンガール」
at 2017-05-01 23:59
湖畔でWeizen
at 2017-04-30 23:59
水曜日の櫻。
at 2017-04-29 23:55
最近特に気に入ってるオールド..
at 2017-04-28 23:59
久しぶりに
at 2017-04-27 23:57
復活祭の休日に。
at 2017-04-26 11:33
ノルウエー通りの八重櫻並木。
at 2017-04-25 09:15
ミュンヘン生まれのレンズ。
at 2017-04-24 15:41
Bollito Misto
at 2017-04-23 13:01
楽しいお手入れ。
at 2017-04-22 23:11

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

教会がなかったら、クラシ..
by Toruberlin at 23:29
EKさん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 23:19
教会のコンサートが多くの..
by EK at 07:54
お義父様のご冥福をお祈り..
by EK at 07:37
EKさん、コメントありが..
by Toruberlin at 20:23
FBに書き込んで、こちら..
by Toruberlin at 17:09
ドイツ語版だけに僕の声が..
by Toruberlin at 17:06
ベルリン、だいぶ陽が長く..
by EK at 10:30
古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58
Prenzlauerの中..
by Toruberlin at 21:51
Eberswalder ..
by Masaya at 19:45
土地柄というのはプレンツ..
by Toruberlin at 18:01
時計工房にZeissの双..
by Toruberlin at 17:57
チェコビール率が高いです..
by Masaya at 11:51
月末の桜祭りに合わせてく..
by Toruberlin at 08:22
あ、そうですね。四月の終..
by Masaya at 11:57
Zeissの古いレンズい..
by Masaya at 11:55
昨日は風で花吹雪、花の命..
by Toruberlin at 15:09
Mauerparkのとこ..
by Masaya at 15:16

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Geidaiオケ(外大オケじゃありません)

c0180686_19372724.jpg

昨夜のコンチェルトハウスでのコンサート,これも素晴らしくて楽しませてもらいました。演奏技術がかなり高く,やる気も十分!
本番後に指揮者に「高関さん,こういうオケを振るのは楽しいでしょう!」と訊いたら「もちろんですよ,ものすごく楽しい!」と仰ってましたが,本当にそう思います。
タイトルはGeidaiってドイツ人はガイダイと読んでしまう。昨日のコンサートのパトロン、ZDF(ドイツ第二国営放送)の方も見事にGeiをガイと発音して「東京外大オーケストラ」と紹介してました、まあご愛嬌です。

ヒンデミット、これはべルリンでの練習初日の水曜日にリハを聴かせてもらいましたが本番は緊張感が加わりとても良い出来でした。僕の趣味としてはもうちょっと暗いというかヒンデミット独特の色が欲しかったけれど、でもとっても良かった。
2曲目は作曲科の学生高橋幸代さんの曲Sandra、サンスクリット語で海という意味の題名だそうです。今回の為に書かれた曲です。彼女とは先日の日本大使公邸での室内楽コンサートで知合いました。学生さんたちの専攻楽器を順に尋ねたら恥ずかしそうに「作曲です」と答え,周りに居た学友が「彼女の曲を今回演奏するんです!」とフォローしてくれました。
楽しみにしていました。海がテーマの曲らしい,太陽の光に照らされた水面の様子,海の風景。
その曲は素敵でした。いろんな色、響きがあってオケもそれをよく表現してました。とても解りやすいと言ったらストレートすぎる表現かもしれないけれどわざわざ難解にしていない素直な曲。客席では僕の左が音楽学部長の植田先生、右は家内の隣に元ベルリンフィルの首席ホルンのザイフェルト氏でした。そのザイフェルト氏、僕のことを憶えていて下さって開演前,曲の合間にいろいろ話したのですが、このSandraが終わり「これ,芸大の学生が書いたのか?」と訊くので斜め後ろに座ってた彼女だと説明する間もなく彼女は指揮者に壇上に誘われました,より大きな拍手と供に。
c0180686_2183079.jpg

昨日もとっても素敵な衣装に身を包んだ彼女、会場がざわめいていました。ザイフェルト氏が「彼女はいったいいくつなんだ?」『23くらいじゃないかと思います』と僕。「そんな若さで、このたくさんの色、、、」と驚嘆してました。打ち上げの席でも先生のどなたかが仰ってましたがあんな曲を書いたのが、出て来たのを見れば可愛らしいお嬢さん,そのお客さんたちの反応が面白かったと。全く同感でした。打ち上げの席で彼女と曲について話しましたが、僕は6月に稲村ケ崎の友人宅に泊まった時の,夜中の満月の光に照らされた沖合の水面やその周辺の光、音、空気を曲を聴いて思い出したんですが、そのことを話したら「そういうイメージなんです!」と嬉しそうに微笑んでました。彼女はやはり湘南に住んでいてあの海をイメージして書いたのだそうです。
次の細川氏の作品では先日の日本大使公邸室内楽コンサートでも師の学部長と供に活躍したピアノ科院生の入江君がソリスト,僕には曲はあまり理解できなかったんですがオケもソリストも立派な演奏でした。この為に5弦コントラバスが4本必要だったのですが(そのうちの1本は僕のHawkesPanormoです)低音が綺麗に鳴っていました。
後半のプロコの5番、これまた第九よりもオケに合っているのか、はたまた初日の経験でオケが大きくなったのか?とっても良い演奏でした。学生たちがニコニコしてるので後ろを見たら2階の中央にお座りだった学長が、そして澤先生が立ち上がって大拍手!そして満員の観衆も。そしてそれに値する演奏でした。
アンコールは武満徹氏のワルツ、これがまた艶のあるファーストの音と供にとっても良かった!そして最後にカルメン変奏曲。高関さんがニヤッと笑ったのでBerlinerLuft かな?と思いましたがカルメンでした。これも大ウケでスタンディングオベーションでべルリンの2回の本番が終わりました。このべルリンのコンサートは奏者みんなの心に刻まれ,これからの音楽生活にプラスになってくれる想い出となることでしょう。ブラヴォーでした!
c0180686_20135896.jpg


終演後、満面の笑みでお喜びになってた植田先生にお祝いを述べ、舞台裏では高関マエストロには行きつけなかったんですが澤先生御夫妻と素晴らしいコンサートの喜びを分かち合い,直ぐに舞台に向かったらKBセクションが写真を撮影する為に集まってました。こういうまとまりの良さは古今東西いつの時代もKBセクションの特徴か?
c0180686_20194242.jpg

終演は23時近く,直ぐに全員撤収とのことで仲よくなった子たちに別れを告げていたら澤先生御夫妻が打ち上げをホテルで行うことに今日決まったので是非どうぞ!とお誘いくださったのでMBにKB載せてお邪魔しました。
到着すると学生さんたちはいったん部屋に引き上げたので学長御夫妻ほか先生方と主役が到着するまでコンサートの話で盛り上がりました。
c0180686_20314729.jpg

バスセクション男子生徒たちと。
c0180686_2033468.jpg

そして全員で。
c0180686_2034381.jpg

ソリストの入江君と
c0180686_20505263.jpg

作曲の高橋幸代さんと。彼女が僕と背の高さが同じなのは一段上に立ってるからです。打ち上げ後半はたくさんのメンバーと記念撮影が続きました。僕のカメラじゃないのが多かったから手元にあるのだけ載せます。
c0180686_2055656.jpg

そして30年ぶりに再会、この数日楽しい時をご一緒させていただいた澤先生御夫妻との記念写真。
c0180686_2059596.jpg

1時に閉会、彼らは今朝の9時に今夜のコンサートが行われるKasselに向かいました。そして明日には帰国の途につきます。
たった4日間でしたが中身の濃い楽しい日々でした。
先生方,ありがとうございました,お疲れさまでした。
学生のみなさん素敵な演奏ありがとう、これからの幸せな音楽人生を祈ります!
by toruberlin | 2009-08-09 11:36 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/12101400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 伽羅 at 2009-08-17 06:28 x
若い芸大生が、こうやってコンツェルトハウスの桧舞台に立てるのは、すばらしいですね。彼らにとっても、すばらしい経験として、今後の演奏・作曲活動の糧となったことでしょうね。

作曲科の学生さんの作った「Sandra」という曲、toruさんが 月の光に照らされた沖合の水面やその周辺の光、音、空気を感じたというのは、きっと神秘的で幻想的な感じのする曲だったのでしょうね。

アンコールの最後はカルメン変奏曲だったとのことですが、 確かに バルトビューネのように BerlinerLuftでも お祭気分でよかったかもしれませんね。
Commented by toruberlin at 2009-08-17 07:32
伽羅さん、おはようございます。
そうですね,素晴らしいことだと思います。そして素晴らしい演奏でした。昔はオケにあまり重きを置かない傾向が学生にあったと思いますが,最近は変わって来たそうです。
その御陰か,弦も良い音してました。
高橋幸代さんのSandra、もう一度聴いてみたい曲です。

カルメン変奏曲、とても良かったんです。あの後すぐにBerlinerLuftをやってたら完璧だったかな?