ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

文京区本駒込そば工房「玉江」
at 2017-10-18 23:59
伊達保原の二日目。
at 2017-10-17 23:59
10/10 伊達保原へ
at 2017-10-16 23:59
Rikiフィルの皆さんと
at 2017-10-15 23:59
愉しい金曜の夜
at 2017-10-14 23:59
花田さんと大文字さんで見つけ..
at 2017-10-13 23:59
10/13はアンペルマンの誕..
at 2017-10-13 08:16
昔の三菱銀行本店にて。
at 2017-10-12 23:59
10/5 有楽町「川上」へ
at 2017-10-11 23:59
O西さんとフレスコへ。
at 2017-10-10 23:59
アパートから歩いて新橋経由有..
at 2017-10-09 23:59
Giuseppe Bracc..
at 2017-10-08 23:59
朝ポルチーニ茸パスタ
at 2017-10-07 09:23
亀屋豆腐
at 2017-10-06 08:45
中秋の名月、夜は麻布十番で焼肉
at 2017-10-06 06:20
東京駅八重洲中央地上口で待ち..
at 2017-10-05 06:59
東京、最初の晩
at 2017-10-04 06:58
ベルリン→東京小岩
at 2017-10-03 23:50
AMPELMANN Duet..
at 2017-10-02 23:47
土曜日の朝は、まずはMarktへ
at 2017-10-01 00:13

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

本日のリサイタル、楽しま..
by 植木信勝 at 00:27
本当に素敵なお店ばかり!..
by rica at 10:15
素敵なお蕎麦屋さんですね..
by rica at 10:11
ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 02:50
予約を入れていただきあり..
by 渡辺敏 at 13:36
渡辺様、はじめまして! ..
by Toruberlin at 13:30
それはびっくり!本当なら..
by Toruberlin at 13:26
髙橋 徹 様 はじ..
by 渡辺 敏 at 11:52
今回は短い、あと2週間ち..
by Toruberlin at 01:07
お、M君、それは良かった..
by Toruberlin at 22:25
Y介ちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 12:25
ホントに在東京なら間違い..
by Yusuke at 21:36
M原さま、 とんでもご..
by Toruberlin at 02:10
お手数をお掛けして申し訳..
by M原 at 23:19
M原さま、ありがとうござ..
by Toruberlin at 09:44
megroさん、M内さん..
by Toruberlin at 22:44
Cちゃん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 00:35
A野先生、ありがとうござ..
by Toruberlin at 00:34
M和子ちゃん、ご予約あり..
by Toruberlin at 12:03
Hちゃん、Oyaちゃんと..
by Toruberlin at 16:06

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

PaulusとMesse in C (Bruckner)

c0180686_21495141.jpg

昨日は夕方はNKOP(新ポツダム管弦楽団)のリハ、指揮者はサンスーシ宮殿内のFriedenskircheの音楽監督を壁崩壊のずっと前から担っているM.Jakob氏。90年代はじめにこの教会で弾いた時に知り合い,それからクリスマスオラトリオ、マタイ、ヨハネをはじめとする宗教曲を彼の指揮で演奏してきました。僕のことを大層気に入ってくださり長いお付き合いなのですが、昨年夏にサンスーシ宮殿で行われた「ヴェネチアの夜」で室内楽をピリオド楽器(古楽)アンサンブルでご一緒した時により親しくなりました。僕も彼の合唱曲へのアプローチが好きで、できるだけ彼のコンサートには出るようにしています。
その作品が書かれた時代にされていたであろう奏法を研究,再現することも意味がありますが音楽は生きているもの、ガット弦を張ってヴィブラートなしで訳の解らない音程で弾くのは願い下げです。
もちろん,ロマンティックなバロックも同じように嫌いなのですが。(ヴィブラートの有る無しでなく,ヴィブラートが邪魔してることが如何に多いことか,綺麗な細かいそれはバロックでも使えるしロマンティックでも根本はそんなに変わらない。こねくり回しのその動きが本当に反映したら音程の幅が変わりすぎる様なヴィブラートが如何に多いことか!、音楽は右手がメインなのです)
CammermusikPotsdamという古楽アンサンブルに所属して415Hzとかの昔の音程での演奏もしています。昨年のクリスマスオラトリオは素晴らしかったですが、それも一緒に弾く仲間(団体)次第、ピリオド楽器界も変わりつつある様ですが,どこで弾いても楽しめる訳ではありません(僕が邪魔してるか?)ので、現在はCammermusikPotsdamで唯一弾いています。
話が逸れましたが、作品が作られた時代の歴史的奏法の知識を踏まえて現代の音程で各作曲家の音楽に向き合うのが(現代楽器で演奏するには)正しいと思っていますが、ソロや室内楽ではそれが行えても編成が大きいとなかなかそうはいかない。そこに交通整理としての役目以外に,もっと大事な指揮者の役目があるんです、どう音楽をするかという。(もちろんこれはすべての時代の作品に言えます、素晴らしい指揮者となら至福の時を過ごせるし、そうじゃないと苦痛と我慢の時間になります、それだけ指揮者は重要で特別ということですね)
教会の音楽監督は,その教会の大小はあれ、信者さんの集まりの合唱団を指導する訳ですが、プロの合唱団以外にドイツにはたくさんの素晴らしい教会合唱団があります。べルリンにも多くHedwig教会、NKOPの本拠地のErlöserkirche、S.Meineckeの合唱団、そしてM.JakobのFreidenskirche etc.僕はすべての教会合唱団を知ってる訳ではありませんがべルリン周辺はかなり知ってます。前ヘドヴィヒ監督のWitt氏、前述のNKOPのUd Joffe、S.Meinecke、そしてこのM.Jacob氏は宗教(合唱)曲を演奏するにあたり最高の指揮者たちです。
さて,久しぶりにM.Jacob氏との音楽,どの楽器で弾こうかと迷ってましたがBurugereを持って行きました。1897年にParisで作られたC.Burugere、僕がフランス娘と呼んでる楽器です。
c0180686_22402886.jpg

久々に購入したスチール弦トーマスティックのベルカントを張り(5本買ったのですがとりあえず上の3本だけ替えて、バランスよいのでそのままにしてます)魂柱の調整をしてからオケで弾いてないので試したかったのでフランス娘にしました。弦というのは面白い、この楽器には裸ガットはとても合うのですが巻きガットはそうでもない。ベルカントと相性があったのには驚きました。テールビースコードも6mmガットを試しましたがその時は特に変化がなく金属ワイヤーに戻しました。楽器に依って違うから面白いものです。
c0180686_9174322.jpg

楽器といえば「楽器を比べてはいけない」と言われたことがあります。楽器屋さんで購入する為に選んでいる訳ではないので、BusanやScarampellaたちを互いに比べてはいけないと。これは調整もそうですが弾く時にもやってしまうことなんですが、比べるのじゃなくてそれぞれの楽器を理解して,その楽器の個性を弾きだすのが肝心ということ、調整も演奏でも。そう考えるとテールピースコードも弦もオールマイティーはなくて当然で(良いモノの傾向はあるけれど)その楽器がどういう状態で何が合ってないかは,じっくり弾いてその楽器を理解することで解決出来ます。これは,相当な経験を持った楽器職人でもできないことだと、弾く本人でなければ解らないことだと思います。もちろん,問題を自分で解決出来ない時に職人さんの手助けは必要です。
Burugere、昨日はサンスーシ宮殿の敷地内にある古い建物で,今は幼稚園の一部になってるホール(築200年くらいの舞踏会用のホール?)でのリハでしたが、良い音で鳴ってくれてとても満足でした。
c0180686_230862.jpg

c0180686_8212283.jpg

そしてべルリンに戻り次のリハはBrucknerのMesse in C。合唱と弦楽5重奏、ホルン2本とオルガンの為の曲。1841年にWindhaagで作曲されたそうです。リハは既に始っていてドアを開けると目の前にずらっと合唱団,チェロがこっちを見て微笑みながら手を振ってる。昨年のクリスマスオラトリオで2番チェロを弾いてた韓国人の美人チェリストでした。その時は古楽器だったので(そしてなかなか上手かったので)専門かと思ったら僕と同じく両刀使いだそうです,彼女は古楽器の比率が高いですが。
面白い曲でした。原曲はオルガンと2本のホルン,オルガン+合唱だけでも演奏出来るし弦楽5重奏を加えたバージョンもあるということでした。こういう小編成でブルックナーを弾いたのは初めてで,メンバーも良く日曜は楽しめそうです。
12,3分の曲なので,他にコンサートでは何を弾くのか?と尋ねると何とブルックナーの交響曲。この合唱団は前述したStefan Meineckeの団体,彼とは20数年の付き合いで,その頃僕が礼拝で弾いていた教会の信者で13,4歳、オーボエを弾いてました。昨日のヴァイオリントップは彼の奥さん,その教会の牧師さんの娘でやはりその頃から教会のミサに僕らに混ざって弾いてました。今はふたりともメインは教育、しかし彼女とは数年前にストラヴィンスキーの兵士の物語を一緒に弾きましたが、小さい頃からベルリンフィルの奏者に師事しべルリンの音大で勉強、教えるのがメインとは勿体ないくらいに御機嫌なヴァイオリンを弾きます。
合唱団の他にシュテファンはオケももっています。いわゆるアマオケ、べルリンには大変稀少なアマチュアオケです。ブルックナーのシンフォニーはそのオケでやるそうで、僕は日曜の本番前のリハに参加するのみです。このオケ、お金貰ってないし入場料摂らないからアマチュアオケなのですが、メインは音楽学校の先生たち,つまり音大卒,昔一緒にユンゲドイチェフィルで弾いてた仲間も居ます、+優秀な生徒。それにシュテファンたちの人脈でオケのOBが加わるんですが,前回は弦にベルリンフィル4人+DSOのOBもふたりいました。今回も前回同様チェロは8人、KBは2人だそうです。チェロがなかなか上手いオケなので楽しみです。ベルリンフィルOBのチェロのヴェドウさん、弾いてるのかなー?楽しみで混ざって弾いてらっしゃるのですが、その音はビシッと聴こえてきました。
曲は交響曲00番。0番から9番まですべて弾いたことあるんですが00番があるとは知りませんでした。アシュケナージがDSOと録音してますが僕は載ってなかったんだなー,記憶にありません。
c0180686_23203312.jpg

今夜の練習からPaulsは本番会場のFriedenskircheです。美しさもそうですがべルリン周辺で一番音響の良い教会,今日もフランス娘を持って行きますが、Burugereがどんな音を出してくれるか楽しみです。
c0180686_23234697.jpg

by toruberlin | 2009-11-11 11:11 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/12928358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]