ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

フィルハーモニーの室内楽ホー..
at 2017-03-26 15:39
日曜日の20時です。
at 2017-03-25 14:17
ベルリンの日常に戻り。
at 2017-03-24 23:15
Bruckner 3.& B..
at 2017-03-23 23:59
GP ゲネプロ。
at 2017-03-22 23:59
Giuseppe Bracc..
at 2017-03-21 23:59
初日リハ打ち上げ。
at 2017-03-20 23:59
ポツダムでのリハ、2日目
at 2017-03-19 10:39
Japan Bruckner..
at 2017-03-18 23:55
ポートレート撮影 音響設計家..
at 2017-03-17 23:59
早口と演奏
at 2017-03-16 23:59
Tiergartenの常設市場
at 2017-03-15 20:32
無用の用 (老子)
at 2017-03-14 23:27
ときどき春を感じる近頃のベル..
at 2017-03-13 23:59
例えばSchneiderのC..
at 2017-03-12 23:59
モルトウイスキー
at 2017-03-11 23:59
武士は喰わねど。
at 2017-03-10 23:59
前から不思議に思ってる雰囲気..
at 2017-03-09 23:59
3/10にドイツで緊急スクラ..
at 2017-03-08 23:59
おやすみ
at 2017-03-07 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

IKUちゃん、おはよう。..
by Toruberlin at 17:13
お久しぶりです!美しい教..
by Skkbr at 09:51
Mr.ベースマンさん、は..
by Toruberlin at 01:46
F.O.さん、今回はご一..
by Toruberlin at 01:38
H.M.さん、コメントあ..
by Toruberlin at 01:34
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 01:31
Toruさん、はじめまし..
by Mr.ベースマン at 08:27
日曜日、聴かせていただけ..
by H.M. at 07:23
徹さま、こんにちは。A響..
by F.O. at 00:18
ホルンに塚田というおじさ..
by 植木信勝 at 21:40
あーちゃん、おはよう!な..
by Toruberlin at 18:39
うふふふふ・・徹さん。改..
by Puku at 18:54
y.y.さん、コメントあ..
by Toruberlin at 22:08
Toruさん、少しおやす..
by y.y. at 21:25
m.y.さん、コメントあ..
by Toruberlin at 04:55
Toruさん、毎日ブログ..
by m.y. at 23:22
ウリさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 21:12
流石色々と日本に持ち運ん..
by ウリ at 12:36
古橋さん、出来立ての生酒..
by Toruberlin at 03:13
高橋さん、昨秋の渡独シリ..
by 古橋貴正 at 23:31

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

日曜日のコンサート

c0180686_710396.jpg

昨日のErlöserkirche/Potsdamでのブラームスのドイツレクイエム、土曜日よりも更に多くのお客さんで教会は超満員、響きもより良くなり楽しい本番でした。使用楽器はパリのC.Burugere作のフランス娘、先週のPaulusに続いての出番です。
c0180686_7341765.jpg

エンドピンに付いているゴムが大きいのが写真でも解ると思います。エンドピンというのはチェロでもKBでも床に刺して弾くのが当たり前の様になっていますが僕は経験上床に刺さない方がよく鳴る演奏会場が存在することを知っています。コンサートホールはゴムなしが良い場合が多いですが、必ずしもそうとは限らない。エンドピンに通常付いているゴムでも良いのですがイギリス5弦Hawkesの為に以前オーダーしたイギリス製のエンドピンに、全体もその中の金属も大きいゴムが付いていて、エンドピンを床に刺さない場合に良い効果を実感していました(RBB放送局内のホールやワイマールのコンサートホールなど)。そしてこの写真のはエンドピン作者の見附氏に作っていただいた試作品、これより大きい改良型をお願いしていて出来上がるのが楽しみですが、エンドピンを通るエネルギーを床に伝達させないという発想のエンドピンゴム、べルリンフィルハーモニーの様に必ずしも舞台の床が助けてくれない場合、床が大理石などで刺せない場合、効果絶大と思っています。チェロやKBは床に刺して部屋全体を鳴らす!、そういう発想も間違ってはいませんがまさに環境次第、その場所の音響次第(床の構造次第)です。ヴァイオリン/ヴィオラは床との接点が無く、まずは空気を介して鳴らしている。そういうKBの鳴りも良いものです。
昨日の教会も床は本来の床の上に木材が継ぎ接ぎしてあって表面は絨毯が何層か敷いてあり床が音響を助けてくれない会場、プロトタイプのゴムでも通常のゴムとの差を実感しました。
KBは床に接点を持たないと弾くことができない楽器、木製の床にエンドピンを刺して弾くと響いて鳴りまくっていると実感することがあります。その実感が当たりのこともあるし、そうじゃないこともある。床に楽器のエネルギーが良く伝達しない場合は、伝達させないでそのエネルギーをエンドピンが付いてない楽器の様に使う。そういうことなのかと思います。でもこれはあくまでも考察した結果の答え、判断はその時の楽器の鳴りです。弦やセッティングなど試すけれども直ぐには変えられない事柄、そして弓やエンドピンの種類、ゴムの有無など直ぐに変えられる事柄、それで楽器が鳴ることの手助けをし、音響に対応しています。
さて、楽器の話になると長くなってしまいます。ポツダムカントライとNKOP(新ポツダム管弦楽団)満員のErlöserkircheでの写真です。
c0180686_851415.jpg

そしてKodakのDualLensという僕の長年愛用のコンデジでの動画なので音は薄いですが(しかし1mmくらいの孔があいてるだけのマイクと思えば良く入っています)

そしてもうひとつ、KBの低音はほとんど入っていませんね。

まあ、たまにはコンサートで動いている絵、ということで載せました。
実際にはこの音響の良い教会ではバランスよく鳴り響いていました。弦は8/6/5/4/2の編成でした。
c0180686_817319.jpg


帰りにどこかで美味しいビール!というのも魅力でしたがMK嬢と家内が車内で空腹を訴えるので、中華GFに行くか?とも思いましたがまずはKBを置きに拙宅へ。それでムール貝もあったので家で食すことにしました。
ムール貝はタマネギやニンニクと白ワインで煮込むつもりだったので時間がかかる、おつまみと焼酎のロックでMK嬢とまったりしたあとまずはキャベツアンチョビパスタ、そしてムール貝。
c0180686_822473.jpg

最後は鶏のVermicelliにしました。
c0180686_8255515.jpg


今夜は大雨のべルリンです。昼間はチェントロイタリアに買い出しに行き、夕方はCavalliを弾きました。指板を削ってもらってから駒と魂柱を自分で調整して3日が経ちました。今日は弾き始めて数分で立った音で鳴り始め、理想的な響きを出してくれています。
by Toruberlin | 2009-11-23 23:08 | 音楽の話 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/13048379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by K.I at 2009-11-25 00:33 x
いやいや、結構音拾っていまっすよ!
鳴っていますね~、気持ち良いですね。
環境に合わせてエンドゴムを使うのも良い場合もありますよね。
板張りでもそんなホールも時々あります。
Commented by Toruberlin at 2009-11-25 04:08
K.Iさん、ありがとうございます。
フランス娘に5本ともベルカントです。

エンドピンは突き刺して音のエネルギーを床に伝達して会場ごと鳴らす!というのが必ずしも唯一無二ではない。床によっては反発が来たり吸い取られたり。本来の楽器の音をヴァイオリンと同じ様に床をあまり会さずに奏でる、これがどうもメロディを詠うには、またファインなことをするには依り適してるかもしれないと思っています。
それで見附さんに作っていただいてるのが完成したらどの会場でもまずは装着して弾くつもりです。
完成したら,エンドピンゴムとしてだけじゃないそのゴム,販売される筈です。ご期待ください。
Commented by rica at 2009-11-27 00:45 x
動画いいですねぇ~ 動いてるたかさんがみれるのは感激です(笑)
明後日の土曜日、中学のテニス部ミニOB会、その近くで
たかさんの同期が数名集まって飲むそうですので、写真撮ってきますね。
Commented by Toruberlin at 2009-11-27 07:40
ricaさん、ありがとうございます。しかし(笑)込みでも感激とは!恐れ入りまする。
九段中にテニス部なんてあったんだね。僕は今でこそドイツ最古の名門クラブに入ってますがあの頃は自分がテニスをやるなんて考えもしなかったなー。僕の同期の飲み会?K君の店でかな?
皆さんによろしく伝えてください。僕のブログのことも近況のお知らせついでに伝えてください。写真も楽しみにしています。
そして次回の帰国の時にはみんなに是非お逢いしたいと伝えてください。