ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-22 14:27
秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-21 11:51
田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

M上さま、いつもありがと..
by Toruberlin at 01:49
10/20は昼公演もご用..
by Toruberlin at 22:50
Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

使用前、使用後ならぬレストア前後?

c0180686_2217245.jpgc0180686_22183687.jpg
c0180686_22484673.jpgc0180686_22495381.jpg
昨日写真を載せたオールドイタリアン、現在の写真が今朝メールに添付されてきました。あまり写真が上手くない楽器商で外で撮影したので光が反射して使えないのが多かった。
10年前の鑑定書に貼ってある写真、それをデジカメで撮ったのでホワイトバランスが滅茶苦茶、しかしレストア前の方が雰囲気があります。実物はまだ見てないのですが説明によれば鑑定書の写真と違いはあまりないそうです。
実際はどうなのかなー?裏も表もかなり美しい,どんな音がするんですかねー?
f字孔は美しく、ヴァイオリン型ではないけれどとても美しい形ですね。独特なヘッドを持っているのですがそれももちろんオリジナル。もともとは3弦コントラバスだった跡が残っているそうです。そういえば僕が1982年から20余年愛用していた4弦D.Techlerにも元は3弦だった痕跡が残っていました。
イタリアンというとヴァイオリン型と言われる事が多い。確かにヴァイオリン型のオールドイタリアンは多いのですが(19世紀以降のイタリアンKBはほとんど)17世紀の半ば生まれのTechlerもWitt先生のソロ楽器のA.Marianiもヴァイオリン型ではありません。有名な楽器ではPietroGuarneriusの作も表板のシェープは僕の東京に置いてあるGuadaniniに似ていてヴァイオリン型ではありません。



裏板、写真では1枚板に見えます。僕のGuadaniniも一枚板ですがKBではめずらしいです。Guadaniniはラウンドした一枚板ですがこれはフラットの様です。
美しいのですがいくら鑑定書に貼ってある写真を室内で撮影したのと実物を野外でデジカメで撮影した(しかも写真が得意じゃない人が)条件の違いはあるとはいえ同じ楽器の裏板とは思えないです。写真でこれだけ違って見えるものなのですね。これも実物を見て自分で撮影しないと何ともコメント出来ませんが、Nußbaum(胡桃の木)の色が実際の色らしいので上の写真に近いということなのでしょう。
この楽器で録音されたCDが少なからずあるはずなんですが,まだ探しにも行ってません。これ以上夢中になるのは楽器を実際に見てからでしょうねー。
しかし300年以上経ったKB、レストアされた後とはいえ綺麗な状態の楽器です。

さて今日は昼に外に少し出た他はずーーっとMacBookと電話の一日でした。夜まで2,3時間楽器を弾いてきます。









ぜんぜん話は変わります。昔友人がべルリンではかなり有名な弦楽器工房に弓の毛替えに出した時に弓が破損、しかし修理をしてそれについては触れずに友人に渡したことがありました。DSOの仲間がやはり同じ人に毛替えを頼んで戻って来てどうもおかしいと思っていたら部品が違っていました。これは勘違いの過失と思いますが交換されたフロッシュ、もう一人の弓の持ち主は気づかなかったそうです。どっちの場合もその店主は最初は取り合わず,露見してからも謝罪は無かったそうです。
何を書きたいかと言うと、春にアジアツアーに持って行ったオールド弓、香港で気候の所為か舞台の上で毛が抜けました。全部じゃないけれどかなりの部分が。いつも弓は複数本持っているのでコンサートに支障はありませんでした。次の街は東京、他の弓と供に弦楽器工房に毛替えしてもらいに行きました。するとその弓、ツアー直前に購入した弓だったのですが職人さんが
「これ危ないですよ」とおっしゃる。気づかなかったのですが頭の部分に古い修理箇所がありました。言われて場所を示されて光を当てないと解らないくらいの小さな修理箇所、これには言われるまで気づかなかった。ツアーの後べルリンに戻ってきてから電話すると楽器店が弓を見たいと言う。場所はHannover。僕は日本にその後3回帰国、その間も渡すチャンスが無く、夏は彼が長期休暇で居なくなり、9月も10月も不在とのことで先日やっとハノーファーに居る時に送ることができました。さっきメールが来て,新しい割れで売った時には無かったとの主張。そして体調が悪いから来週に連絡してくるとのこと。その古い修理箇所、新しく割れたのじゃなく修理してあった場所というのは明白なのですがどうやったら証明出来るのか?弓を渡してしまったのは失敗だったかなー?
3月にそれを発見した職人さんに証言してもらう事もできるけれど、それもなー。新しくできた割れしか考えられないと来週主張して来たら,面倒だから争わないつもりです。時間と労力が勿体ない。本人は売る時に無傷と言っていたので,その意見を変えたくないのでしょう。そして手元にある弓を僕の主張も踏まえてじっくり観察して古い修理箇所じゃ有り得ないから引き取らないと結論したら、それはそこまでの人間ということです。他のマイスターに見てもらって古い修理箇所が開いたのだと鑑定してもらうこともできるかもしれませんが、、。
でも嫌なことは忘れるたちなので止めとこうかな。
書きたいのは友人の例も僕の今回の例も、弦楽器職人は信用出来ない人が多い,なんてことではありません。その有名なマイスター、毛替えで弓を割っておそらくかなりビックリしたのでしょう。そんなことが露見したら評判が落ちるとでも思ったのか?でも事件の隠匿はもっと悪いどころか本人の為にならない。過ちは起こりうる、それは認めるべき。今まで一度もミスしたことはありません!なんてことはどんな仕事のプロでも自慢にはならない,有り得ないから。あまり致命的なミスはしたくないですけどね。
信頼出来る腕の良い誠実な職人さん、僕ら弦楽器奏者にとってとても大事な存在です。

F.C.Pfretzchner作の良い弓だったのですが残念です。戻って来たらどうしようかなー?日本で修理/毛替えしてもらって使うか?
そういえば戦前のPenzelの名弓、狭い部屋で弾いていて曲の終わりに勢いよく弾ききったら右にあったテーブルにあたってまっぷたつに折れました。それを修理して何年か何ともなくて友人のお弟子さんに20年近く前にお譲りしたんですが、数年前に訊いたらまだ問題なく使ってらっしゃるとのことでした。そのPenzelは修理の後もほとんど変わらなく良い音がする弓でした,真ん中で折れたのに。
このフレッチナー、割れと言うよりは表面の剥がれという感じで深くはないから、修理はできる筈です。今度帰国の時にいつも毛替えしてもらってる工房で相談します。
今回は特殊な例、僕はかなりよく見るのですが売った楽器屋さん同様、僕も全く気づかなかった。現在ここにある20余本の弓もあらためて観察しましたが,もちろんNo問題でした。
by Toruberlin | 2009-11-26 17:09 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/13075567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by K.I at 2009-11-27 22:36 x
この楽器写真はみた事ありましたが実際に見たことはまだありません。
300年、思うに奇跡ですね。
だって隠すにも持ち出すにもサイズがサイズなだけに無理がありますし、その間にも天変地異や戦火もあったろうに修復されていてもなお楽器として存在しているんですから。

弓のお話、残念ですね。
職人さんにあっては正直であって欲しいなと願うばかりです。
接合面の炭素年代を測定出来れば何らかの結果は出るかもしれませんが私も素人ですから詳しくは何とも。
せめて売元で修復をキチンとして頂けるといいですね〜。
私の弓は二本とも当代のプレッチナーとデューリングです。
長く使われる様に気を付けておかなくては。
Commented by Toruberlin at 2009-11-27 23:28
写真を見たことありました?CDかな?弾いてる人の名はここには書かないでくださいね。
300年はすごいよね、大都会にあった楽器は特に近現代の戦争では破損したものが多いでしょう。田舎のお城(僕の楽器の様に)またコレクターたちは大戦前にネットワークを駆使して安全な場所に楽器を避難したそうです。
弓の話は来週の返答待ちです。元々なくて古い傷じゃないと主張するならそれを証明してもらいます。保険に入っているので全損じゃなくてもいくらか価値が下がった分は出る筈です。
修理は彼じゃなくて東京でかなー?割れというよりは小さな表面のささくれ、F.C.Pfretzchnerですから100年以上前の弓。僕にはそんなに魅力はなかったけれど,バランスのよい万人向けする弓なので、そういうことで半額以下で手放します、きっと。
そうですね,楽器も弓も文化財,僕らが使って次の代に渡してあげなければなりません。
Commented by toruberlin at 2014-07-24 17:29
昨日書いたCassini、同じカテゴリー日記として五年前のが出てきました。
面白いのは書いてないけどどちらも同じ楽器商で、写真が❌と指摘したからか?トップクラスの楽器を見せて貰ったのは初めて、五年前は結局見せてもらいませんでした。弦職人Gにも有名なバロック奏者がビックネームKBを手放すかも?と写真見せて貰いましたが、これがまた酷い撮影で興味が沸きませんでした。
頓着しない人、居るものです。
Commented by toruberlin at 2014-07-24 17:38
p.s.この日記の最後に書いた弓。
顛末を何処かに書きましたが、、。
弓は送り返してもらいました。もちろん返金なし、争うのも面倒で。
腹立たしいのはその後。僕が送った厚紙の筒に入れて送り返せば良いのに、巨大な箱でかえって来ました、当然空の様に軽い。
開くのも腹立たしいので玄関に放置。
そして気づいたら、無かった。
廃棄されてました。中庭のゴミ箱も空。
さて、どっかで売られていたら良いんですが。
失敗しました。