ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-22 14:27
秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-21 11:51
田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

M上さま、いつもありがと..
by Toruberlin at 01:49
10/20は昼公演もご用..
by Toruberlin at 22:50
Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

素晴らしいマタイでした!

c0180686_7205748.jpg

17:30から前リハ、ドイツではAP(Anspielprobe)と言います。少し早く着いたので横のバルコニーに上がってみました。この角度からの撮影は初めてです。
c0180686_7265863.jpg

これは本番前、今回は席番号なしの自由席なので3時間以上かかるマタイなのに1時間前にはお客さんでいっぱいでした。
c0180686_7311383.jpg

本番中、僕はバロックの時には特に良く動くので、ぶれていない写真がほとんどありませんでした。
ソリストは二人のバスと特にアルトが良かった。そして合唱がそれはそれは素晴らしく楽しい本番でした。そしてコンティヌオ,オルガンは残念ながらただ弾いているだけでしたが(もう一人の奏者Tは聴きに来ていました,どういう選択なのかなー?彼は最高なのに!)チェロのDirkとは音程はもちろんテキストに沿った音楽の持っていきかたがぴったりで楽しめました。オケの仲間からも本番あとにこれだけピッタリなのは滅多にない!と賞賛されました。賞賛と言えば昨日くらい終演後にお客さんが寄って来てくれるのもめずらしかった。最期には車に楽器を積むときまで!ありがたいことです。
マタイ受難曲、これだけドイツに長く住んでいればかなり理解できてるとは思うけれど,それでもキリスト教信者のドイツ人とはきっと感じることがかなり違う。演奏中のお客さんの顔が印象的でした。今回も撮影が入っていましたがお客さんたちの顔も撮ったのかなー?演奏を楽しんでいるという雰囲気はみじんもないコンサート、受難曲ならではです。
c0180686_7411358.jpg

楽器はHILLの5弦で弾くと決めてましたが弓は初代のフレッチナーと初期のホイヤー、そしてWeidhaasを持っていきました,リハには。一昨日のGPの時にふと思いつきピリオド楽器アンサンブルの時に(裸ガット415Hz)使う新作のスネークウッド製のバロック弓を持っていきました。そしてやはりBACHを弾くにはバロック弓の方が音楽しやすい,面白いことにずっとずっと価値の高い、そして材料も良くいわゆる良いオールドよりもそのバロック弓の方が良くて本番もそれで弾きました。全くかけない訳ではないけれどビヴラートなしで,それより何よりクラシック以降とはまったく別の弓使いをするバロック,これはモダンの調弦でもやはり同じこと,僕はHillにも金属巻きのガット弦を張っていますがバロック弓で良い結果だったのはその所為ではないと思います。
c0180686_16344574.jpg

今日はアンペルマンの社長のマルコスの誕生日でした。夕方からアンペルマンレストランで始まったお祝いはアンペルマン社のスタッフ以外の友人が集まり楽しい会でした。楽しい人間の友人の輪はやはり楽しい人が多い。しがらみや義理で付き合わなければ自然とそういうことになるのかな?その様子は明日の日記で。
朝は小雨の中ベルリンハーフマラソン、窓から少し応援しました。そして午後は久しぶりのダブルス。先週はコンサートの為にキャンセルしてしまったメンバーとの初ダブルス。Wernerは以前から男ダブルスで付き合いがありますが,クリスマスのクラブコンサートで知り合った若き建築家のNina、広告代理店を経営してるBenitaとのダブルス。二人ともかなり上手くて面白い2時間でした。男性対女性はめずらしく僕がミスなしで6-0、次は僕とBenitaが組んで6-1、最期にNinaと組んだときが大接戦になり決着がつかずに終了しました。僕とWernerはクラブハウスでビールを一杯,2人の女性は何と日曜だけど仕事が入っていてすぐに帰ってしまいましたが、この夏は楽しい習慣になりそうです。今までの男ダブルスもたまにはあるだろうし、マルコスやアレキサンダーたちとアンペルマンテニス、それにAちゃんやE子さんともやって+シングルスも入るから,去年何度も帰国してほとんどできなかった分が取り戻せそうです。そういえばゆーちゃん(佐渡裕氏)もテニスやりたいって言ってたなー!
今日はかなり走り回りました、足も腕も心地よく疲れています。
しかし、ちょっと体重減らさないとなー!
by toruberlin | 2010-03-28 23:30 | 音楽の話 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/14049365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Cecilia at 2010-03-29 13:54 x
聖週間に入りました。ドイツ語ではKarwocheでしたっけ???
「マタイ」、しばらく聴いていません。ドイツの教会で聴きたいものです。
以前Auenkircheで「マタイ」を聴きました。その雰囲気がとてもよかったんです。コンサートホールでの演奏会では味わえないものですね。宗教曲って、音楽的な素晴らしさだけではなく、信仰という精神性も大事ですよね。教会離れが進んでいるであろうドイツでも、心の奥底に流れるキリストの精神は残っているんだろうなあと思います。どうなのでしょう?
教会でのマタイを聴きたいです。
Commented by チャック at 2010-03-29 15:24 x
マタイは思い出深く…そして思い入れの深い曲の一つです。
イエスを歌う時も…
アリアやイエス以外の登場人物を歌う時も。。。

私はクリスチャンではありませんが、聖書は読みます。
特に福音書の受難の部分は無宗教の私も感動を覚えます。
イエスを演じるなんて…とっても恐れ多い事です。
でも、そこは音楽による一人の演者と割り切るしかありません。

声が出なくなって、ようやく10ヵ月後に復帰の演奏会で歌ったのもマタイでした。
その時はイエスでしたが、エリ・エリ…と、最後の個所を歌い終えた瞬間、神の存在を感じました。
生かされていることへの感謝。
また、再び歌うことが出来たことへの感謝。
周りで支えてくださった方々への感謝。
そんな思いが頭や身体を駆け抜けたのを覚えています。

機会があれば、是非同じ舞台で演奏したいですね!
お疲れさまでした。
Commented by Toruberlin at 2010-03-29 17:30
Ceciliaさん、そう言うのかな?僕ら音楽家はPassionzeitと言いますが。
Auenkirche,一昨年クリスマスオラトリオを演奏しました。やはり音響の良い教会ですね。
コンサートホールではやってはいけないと思うくらい、別の演奏になります,特にBachの宗教曲は。
もちろん、キリスト教信者の為だけじゃない音楽ですが、書かれた理由を考えればキリスト教を無視しては何も判らないと同じですから。
教会離れと言われてますが、それでも僕が演奏している教会はたくさんの人が集まっています。来週はSt.Hedwigsのミサです。
ヨーロッパは,宗教の自由から様々な宗教が存在するとはいえ、文化の根底にあるのは,源は間違いなくキリスト教です。これは間違いない。
しかし宗教に熱心な人に他を異端視する傾向があるのも事実。宗派の違いは差別ではないけれど区別,まして他宗教は。
そういう理由で,キリスト教信者なのだけど教会には好きな時にいくという人が増えている,しかし根本はキリスト教から離れることはないというドイツ人が増えているように思います。
これは,僕のように音楽家として教会と長く広いお付き合いがある人間から見ると、成熟した宗教との付き合い方に思えます。
Commented by Toruberlin at 2010-03-29 17:45
チャックさん、
復帰最初がこのマタイだったか?!
そうだねー、僕も幼稚園はプロテスタント教会の幼稚園だったとはいえ、そしてこの20数年ベルリンのカトリック/プロテスタントのミサ/礼拝で演奏したとはいえどこまで判っているか、、、、。演奏中に見える顔、コンサートでは見ることのできない表情がマタイ/ヨハネでは並んでいます。クリスマスオラトリオともまた違う。宗教史の(キリスト教という宗教の)造詣の深さが違うのだろうなー。
これだけ長い付き合いなのに一緒の舞台に立ったことはないよね拙宅で年越しの時にMozartのデュエットをやっただけだね。
僕が帰国した時にマタイやヨハネ,またはクリスマスオラトリオを一緒にできる機会があるといいねー。
チャックさんはソリスト,ベルリンで一緒よりも東京の方が実現しそうだな。