ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-22 14:27
秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-21 11:51
田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

M上さま、いつもありがと..
by Toruberlin at 01:49
10/20は昼公演もご用..
by Toruberlin at 22:50
Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

PaulWeidhaasの不思議。

c0180686_16302327.jpg

ドイツの弓作りの名工、PaulWeidhaas。コントラバスの弓としては(ほとんど存在しないので)無名です。バウシュ、ニュルンベルガー、シュトア、フレッチナー、ラウ(何代も存在する弓作りは初代)などの名工房に名を連ねるWeidhaas、フランスのフェティックで制作活動をしてからドイツに戻りました。
先日書いた最近のマイブームからは外れていたバイドハースですが、名弓なのは言うまでもありません。フランスの弓作りが作ったジャーマン、前にも書きましたが戦前のドイツのオケにもフレンチ奏者は多く、フランス製の弓だけじゃなくフレッチナー工房を始めたくさんのフレンチ奏法の為の弓(ヴァイオリンやチェロと同じ持ち方)が作られました。それらの多くはジャーマンに改造され、1930年代のフレッチナーには良い弓が多いのでフレンチの需要が極端に少ないドイツでは改造されました。中には良い弓もありますが基本構造が違う、短くて重い/太いので改造弓はやはりその域をでないのが多いです。
c0180686_16294789.jpg

Weidhaasはフランスでバリバリのフランス弓の職人でした。フレンチの弓の特色を生かして製作したジャーマン弓、つまり改造じゃなくオリジナルのジャーマンだけれど大きいヘッドを持つ弓を(コントラバスには多分それのみを)バイドハースは作った様です。このタイプはフレッチナーもごく少量ですが作った様です。現在手元に1本、以前に楽器を購入する為に手放した1本、どちらも初代のHR作でした。
c0180686_16292017.jpg

数年前に突然2本、その後にも都合3本僕のところに来たPaulWeidhaas作の弓、あまりに似ていることから昨年2本手放し3本持っていました。2本はキャラの違う極上弓で、これはおそらくは楽器を止めるまで手放さないでしょう。もう一本は手に入れた時にはフレンチに改造されてました。フランスの弓に似てるからジャーマンからの改造という珍しいケース、池袋のJさんにフレッチナーの古いフロッシュを小振りにしてもらい(これがまた小さくしたのが全く解らない、良い仕事です!)ジャーマンに戻しました。
c0180686_162956.jpg

上から2本が超極上、4本目がフレッチナーのフロッシュ付き。
そして3本目がなんと先週、またまたWeidhaasの弓が舞い込んできました。世の中にほとんどないPaulWeidhaasのKB弓、詳細じゃない楽器の文献にはその名も載らず、フェティックの項に作者として載ってる彼の弓はドイツ人の作者として最高峰のひとりとされています。そのほとんどの作品はフェティックの名を冠しているのが上記の原因ですが、ドイツに戻ってから弓を作るにあたりKBの為にジャーマン弓をデザインし製作してくれた訳です。
あまりに状態が良い、使った形跡はあれど古い弓なのに。かなり大事にされていたか?いや、貴重な弓なのでコレクターのところにあったのがその訳と思います。
c0180686_16283990.jpg

ドイツに住んでいると面白いことがあり、Weidhaasを持って来てくれた業者、東時代に戦前から戦後の楽器屋の、つまり販売されてない弓をごっそり手に入れた元業者を知っているそうで、KB弓も新品の50年前のフレッチナーなんてのがあるらしい。ま、見てみなければ真偽はわかりませんが、、、。

先程書き忘れましたがヘッドは大きくてもフレンチに似ていても、ジャーマン弓だから重さも130台、僕は120-140gまでは音さえ良ければストライクゾーンなのですが、このWeidhaasもなかなか良いです。
帰国時に毛を張り替え調整したらどう良くなるか?楽しみです。
c0180686_1628289.jpg

by Toruberlin | 2010-09-09 08:21 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/15093884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]