ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49
Vermicelli all..
at 2017-09-04 15:08
ナポリ料理店 LimaLima
at 2017-09-04 05:43
BOAT Vol.2
at 2017-09-03 15:10

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20
貴重な記録ありがとうござ..
by 植木信勝 at 21:42
魚捌くのは、包丁使えるな..
by Toruberlin at 08:17

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

新しいガット弦とテールガット装着完了!

c0180686_4135612.jpg

ヴァカンス前に良いタイミングで、通常は2,3か月待ちのGGのハンドメイド弦、金曜には工房で装着してもらいました。



c0180686_4222826.jpg

コントラバスの弦一筋の彼はもともとコントラバス奏者。ジャズで有名なスイスのV社の弦を開発した人物です。V社からはかなり前に離れクラシックの、つまり弓で弾く為の弦の開発に専念してました。僕が既にBusanに張ってあったのは彼の3年前のモデル、それまでの数多き試みの集大成だったそうで、今でも希望があれば作ってくれるそうですが、今回の弦は2011年型、2年前から作りはじめて改良を重ね春に完成、更に良いと薦めてくれました。前モデルよりも少し太め、しかし太すぎない。KB用のガット弦、ピラストロの様に牛のガットを使うことが多いけれど彼はヤギのガットで製作しています。
c0180686_4215024.jpg

月曜日もかなり長い間話しましたが、今回も約3時間。僕が今まで考えてきたこと、彼の豊富な経験に基づいた理論、興味深いです。僕の考えていたことはほとんどすべて彼の意見と合っていたのも面白かった。もちろん新しいこともたくさん教わりました。
c0180686_4132587.jpg

彼のテールガットには質量がある黒檀を薦めるとのことで、もともと付いていたテールピースにしました。濃いグレーのテールガット、かなりのノウハウと時間が詰まったテールガット、高価ですがかなりの効果が期待できます。
c0180686_413047.jpg

弦とテールガットが新しいので安定するのは約6週間後、それまではこのまま試します。僕のオーダーしたバロックヴァイオリンモデルのテールピースと6mm裸ガットの組み合わせ、これももちろん弦が安定したらまた試します。
c0180686_4123113.jpg

V社のとは全く別物だそうですが(それも昔GGが開発した)面白いのはほとんど伸びないこと。僕はV社のそれは見たことも無いんですが装着後に伸びるそうです。これは伸びるのは結び目だけ、数ミリは変化がある様です。
c0180686_411223.jpg

さて、驚いたのは5弦のCavalli。ナイロンのテールガットのままでずっと気になってたんです。やり方をGGに教えてもらい直ぐに交換しました。こちらはテールピースも弦もそのまま、テールガットだけを交換したのですが、驚き!でした。
c0180686_4115453.jpg

これほど差があるとは!楽器に依って効果が変わるのは有り得るのですが、裸ガットに交換した時に大した変化が無かったこのCavalli、反応良く音に深みがでて、いや言葉にするのは難しい。とにかく驚きの効果でした。
c0180686_4563030.jpg

今回は5本作ってもらいました。
日本で秋に弾くBracciにも、もちろん装着するつもりです。
by Toruberlin | 2011-07-09 20:10 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/16578754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 教授 at 2011-07-10 17:57 x
きれいなニスが残っている楽器ですね.ところでこのテールガットの素材は何でしょうか.ガットですか.興味があります.
Commented by Toruberlin at 2011-07-10 18:04
K教授、こんにちは!このBusanは知ってるでしょう?写真撮ったものね。5弦はCavalli、特大のイタリアン。
これが、この最新のテールガットで変わりました。
素材は、トップシークレットでしょう。かなりいろいろ混ざってる様で、もともとV社の発売してるのを当時開発したのが彼ですが、それの改良最新版です。テールガットとしては高価ですが、効果はすごい。
初めての人にはテールガットを試してもらうそうです。それでGの理論に賛同して弦に至る、人も多いそうです。
このブログでご案内した11/11&12の室内楽@津和野、おいでになれますか?その時に持っていくBracciに弦もテールガットも装着するつもりです。
Commented by 教授 at 2011-07-10 21:12 x
私は現在特殊素材のテールガットを使っていますが(偉そうなものではないと思います.ナイロンに毛が生えたようなもの?)新しいものにトライしたいと思います.もし譲っていただけるのものでしたら別途ご連絡ください.11月のその時期は残念ながらアメリカにいる予定です.伺えません.
Commented by Toruberlin at 2011-07-10 22:06
学会で居ないのかー!残念。せっかく本州に入ってすぐの場所で演奏するのになー!その後、九州行きも考えてるのに、、、。
作ってもらった5本は僕が必要ですが、今月中には次のガット弦セットが出来上がる筈なので、その時に頼みます。FBのメッセージかなにかで連絡します。
Commented by よぜふ at 2011-07-11 01:09 x
シープガットでゲージが太すぎないというのは弾きやすそうですね。
大量生産ができないのはしょうがないにしても、良い製品と良い音色の弦が世間に普及するといいのにと思っております。
ガットは切れるからダメという人が多いのも残念です。
Commented by Toruberlin at 2011-07-11 03:52
よぜふさん、こんばんは!
早々シープガットです、羊。↑にヤギと書いてしまいました。
そう、弾きやすい=良い音が出るですから、シープに限るそうです。オイドクサやオリーブは違うそうで、響きが違うのはその所為もあるか?
この弦、切れないそうです。巻はかなり丈夫らしく、5年以上使ってる人が多いらしい、もちろんクオリティーも良いままで。
そして2年の保証を製作者はつけていますが、いままでで新品と交換した例はたったの2回!ぜったい切れないとは言えませんが、かなり信頼できそうです。
僕がガットに躊躇する点があるとすれば、それは狂うことですが、彼の弦はその問題がありません。調弦の必要は通常の範囲です。
Commented by HISAO MOTOYOSHI at 2011-07-11 18:26 x
なにやらすばらしい弦のようですね。
5年もクオリティーが保たれるのでしたら、必ずしも高価すぎるとは言えないですね。むしろパフォーマンスの高さからすれば、お買い得かも?
オススメのテールガットとともにとても気になります。
でも日本にいたのでは試すのは難しいのかしら。。。
Commented by Toruberlin at 2011-07-11 18:57
HMさん、こんにちは!お久しぶり!
まあ、5年は判らないけど、2年保証というのは余程自信が無ければないことです。で、2年切れなければ、変なことをしない限り音が良い間は切れない。P社のオイドクサ、2セット購入して1本にはずっと張りっぱなし、HILLの5弦はH線だけですが、もう5.6年ですが問題無い、そう、ガットは(切れなければ)音色は長持ちします。
試すというのは楽器に張ってということ?そうだねー、それは難しいかなー?Gはテールガットを試した人は、まず弦も欲しがると言ってたけど、僕もそう思います。
秋の室内楽で使うBracciはこの弦+テールガットにするから、見に来てください。できれば津和野まで!(笑)
でも、素晴らしい古都の津和野、なかなか機会が無いと東京からは行かないでしょう?羽田からANAだとかなり近いですよ!
素晴らしいお寺でベルリンドイツ響の素晴らしい仲間たちとシューベルトのオクテットをはじめロッシーニやモーツァルトのデュオetc.を3回のコンサートで弾きます!
Commented by ぐんま at 2012-01-21 00:39 x
高橋さん、こんばんは。
このテールガット、とても興味があるんですが、日本からだと注文は難しそうですねえ。

V社の製品はケブラー素材だと言う噂ですが、最近、これより強くて伸びないダイニーマ素材のテールガットもあるみたいです。http://www.cremonatools.com/product_info.php?cPath=142&products_id=1827 
もしかしてGGさんのものも、ダイニーマがベースなのかもしれませんね。
独り言的コメント失礼しました!
Commented by Toruberlin at 2012-01-21 21:07
ぐんまさん、こんにちは!
このダイニーマ、知りませんでした。強くて伸びないことは良いのですが、耐久性よりも追求してるのは音,その点はどうなのかなー?
V社の製品を開発したのがGGなんですが、同社から離れて10年、研究を重ねて来た様です。ダイニーマは判りませんが、訊いたらとにかくたくさんの素材の組み合わせ+たくさんの製造工程を経ているそうです。

彼は業者も含め一切の新規注文を受けません、知り合ってた奏者からのみ。Webも何もありません。もし本当に欲しくなったら連絡ください、確約はできませんが、、。
あなたの師匠の薦めるシステム、僕も2本の楽器はそのままにしていますしGGも賛成です。彼曰く、自分のテールガットに肉薄するのはこの6mm生ガットだろうと。僕は写真のBusanはGGのに交換しましたが、テールピース/ガット両方換えたのはあくまで彼の弦に張り替え、お薦めを試してみたかったからです。近日次のセットが出来上がりますが、今度は弦だけの交換にするつもりです。
GGのテールガットも結び目以外は伸びない為か、せいぜい数ミリしか変わらないので、結び直しは不要でした。
スチール弦の楽器も含め、現在5本交換、満足しています。
Commented by ぐんま at 2012-01-22 02:19 x
なるほど、徹底していますねえ。でも、納得できます。
「顔の見える」関係で作るからこそ、良い物が作れるし、その後も続いていくのでしょうね。

気の長い話ですが、もし、GGさんと知り合って、お考えを聞かせて頂いけるような機会があったら、そのときに注文しようと思います。

ありがとうございました!
Commented by Toruberlin at 2012-01-22 03:23
徹底してるのは余程V社での経験がこたえてるのでしょう、弦作りを誰かと一緒にやる気は無いそうです。となると、量産は出来ないから、注文受けるのも制限する+その方が楽しいそうです。
価格も販売価格はひとつ、卸値は無くすべての人に同じ価格と徹底してます。

いくら何でも気が長い話、欲しければトライします。現在まで10本購入、自分の楽器と友人用で無くなり、更に現在10本オーダーしてますが、6本は売約済みです。
僕は、やはりプレーンガットは素晴らしいけど良い面だけじゃないと感じるので、このGGの弦に出会えてご機嫌なのです。いろんなポイントのバランスが、僕には最高です。
6セット、全部で購入するのは、家人には内緒です。
もし、弦とテールガット、見たければ、装着した僕の楽器が池袋のJimmy&Companyさんに置いてあります。
Commented by ぐんま at 2012-01-26 01:49 x
いやあ、実はこっそりとドイツ留学を考えていまして、そのモチベーションのためにもいいかなあ、と。

しかし、やはり、魅力的ですねえ。うーん、もうすこし悩んで決心がついたらmixiかFacebookか何かでご連絡します。

プレーンガットの点、確かに。
モダンオケでは難しい面も多々感じています。それで去年の後半から暫くスチールに戻し、また近頃プレーンガットを張りました。
難しいなりに、もう少しチャレンジしてみたいという気持ちです。
生活が懸かっていないアマチュアですし、受け入れてくれるオケもあるのが幸いです。
Commented by Toruberlin at 2012-01-26 02:59
mixiは現在ほとんどやってません。連絡はこのコメントで良いですよ、非公開という方法もあるし。