ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

Joseph Haydn 天..
at 2017-11-19 23:59
SUNSHINE 富山のウヰ..
at 2017-11-18 23:59
徳永和子「舞妓」MAIKO
at 2017-11-17 23:59
12/2 室内楽コンサートへ..
at 2017-11-16 23:59
少しの間、断酒
at 2017-11-15 23:59
A'damのいろんな顔
at 2017-11-14 23:59
やはりA'damでも一度は和..
at 2017-11-13 23:59
A'damにて
at 2017-11-12 23:59
フグのひれ酒
at 2017-11-11 23:59
Die Schöpfung ..
at 2017-11-10 23:59
久しぶりの秋晴れだった金曜日
at 2017-11-09 23:59
A'dam ゴッホ美術館
at 2017-11-08 23:59
11/5 30年ぶりのA'd..
at 2017-11-06 23:59
アマトリチャーナな日曜ブランチ
at 2017-11-05 23:59
いつもの中華GF
at 2017-11-04 23:59
11/12 日曜日の教会コン..
at 2017-11-03 23:59
11/13@ベルリン
at 2017-11-02 23:59
buon giorno!
at 2017-11-01 23:59
伊達の御大に戴いた山椒の実。
at 2017-10-31 23:59
ベルリン最初のブランチ。
at 2017-10-30 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:25
徹さん、れいこちゃん、お..
by r at 20:03
yukiちゃん、早速あり..
by Toruberlin at 13:37
徹さん、長旅お疲れさまで..
by yuki at 11:57
植木さま、おいでいただき..
by Toruberlin at 01:18
この夜は親友の隠し玉付き..
by Toruberlin at 01:16
やはり田酒は希少なんだね..
by Toruberlin at 01:14
本日のリサイタル、楽しま..
by 植木信勝 at 00:27
本当に素敵なお店ばかり!..
by rica at 10:15
素敵なお蕎麦屋さんですね..
by rica at 10:11

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ありえない!ことが起こった土曜のコンサート@フィルハーモニー

c0180686_18153864.jpg

マエストロ・ブロムシュッテット指揮、ベルリンドイツ響のコンサート。土曜日のフィルハーモニーで16時からでした。
前日の日記にも書きましたが、ものすごく楽しみにしていた本番でした。
c0180686_18175856.jpg





いつも通り、1時間以上前に舞台へ。楽器をケースから出して調弦。フィルハーモニーに置いてあると、まずほとんど狂わない。温度/湿度が調節されてる為か、はたまた数年前に引退したKBのクラウスが言っていた様に、このホールの精霊の成せる技なのか、、、、。
早めに舞台で弾くのは、自分の出す音を確認する為でもあり、楽器から異音はしないか?(割れや剥がれなどがあると、かすかでも変化があります)また前述した、調弦がほとんど狂ってないというのも、楽器の状態が良い証拠なのです。
燕尾服に着替え、本番15分くらい前まで楽器の傍に(上の写真)
c0180686_18231093.jpg

そしてこの壮大な曲、ブルックナーの8番、ジェントルな指揮で始まりました。
c0180686_18242138.jpg

1楽章、そして2楽章と進みます。細部のアンサンブルも良く,2楽章のスケルツォもトリオもオケのバランンスよく、KBセクションも8本一緒に柔らかい音で力強く、そしてエレガントに鳴っていました。僕の5弦も、今の弦に変えて安定してから、今までで一番のバランスと鳴り、そして音程の良さ(=より鳴るということ)も増して、それがまわりの音を聴きながら自分の音も実感でき、この名器パノルモをホークスがコピーした5弦KB、最高の状態となっています。
3楽章。この楽章、マエストロはゆったりとしたテンポで音を紡ぐのですが、停滞しない。悠々として進むが、そのppからffへの緊張感の持続、音楽の繋がりは素晴らしく、一緒に弾きながらも堪能してしまいます。
そして途中、下のF(E線という2番目に低い弦の)をffで3連譜と2連譜を弾く箇所で「バチ!」と金属音が。
弓で弾いているから、その一瞬に圧力が消滅したのが即座に判り、それは弦を押さえていた左手も同じ。下を見れば、テールピースを楽器とジョイントしてる部分が切れている。テールピースコードと称される部分で、6mmの生ガットを使ったり、新素材のコードやヨットのワイヤーなどいろいろな材質がありますが、この5弦はKBでは正統派の真鍮(しんちゅう)製、手で曲げるにもかなりの力を要する金属製です。しかも曲がってる部分じゃなく、まっすぐな部分。そこが切れました。
さて、2次災害を避けるため、すぐに弓を置いて駒を押さえましたが、テールピースは左側のその真鍮の金具で止まっていて、そのまま左手で押さえていれば駒が倒れて大きな音を出すことはないと判断、そのままある程度の圧力がかかっていれば、中の魂柱も倒れないはず。
演奏はもちろん出来ません。その時点で出来ることは、邪魔しないこと。つまり駒と魂柱が倒れない様にバランスを保ち、存在を消して座っていることでした。
30年近くオーケストラの舞台に立ってますが、自分ではもちろん、こういうのを見たのも初めてです。そういえば、同じこのフィルハーモニーでベルリンフィルに出演してる時に、木製のエンドピンが当時の僕の楽器には着いていたんですが、それが「幻想」を弾いてる間に折れたことがありました。折れたけど、そのまま本番は楽器が少し低い姿勢でその時は弾けたのですが(僕はもともとかなり楽器を高めにして弾きます),昨日は、いわゆる駒が外れた状態と同じ、もちろん弾く事はできません。
その時は3楽章。そして4楽章へはほぼ休み無しで進むので、そこで何かをすることもできないので、楽器を左手で押さえ、いざという時は右手で駒を押さえる準備をしたまま、舞台の自分の席で3楽章の終わりと4楽章を聴くはめになりました。
音楽は先に進んで行くのに、自分は舞台に居て何もできない!と残念な場面ですが、しかし起きてしまったことは仕方ない。前述の様に、邪魔しない様配慮しながら,拝聴しました。
マエストロの指揮を、出来るだけ譜面は見ないでいつも見てるつもりですが、全く弾かないで自分の場所から本番中にずっと見れる機会は、これまたまずない訳で、それに加えて仲間たちのアンサンブルも依り細部まで感じられて、不謹慎ですが面白い経験でした。
c0180686_18524726.jpg

本番終了、拍手の時に駒を手で外しました。弦が一本切れたと思ってた仲間が多く、「でもなんでToruは弾かないんだ?」と思ってたそうです。
楽しみにしてたコンサート、残念な結果に終わりました。
マエストロにご挨拶に行きました。手短に状況を説明し謝罪しましたが笑顔で「明日、また一緒にやろー!」と仰って下さいました。
楽器はもちろん持って帰らねばならず(バスでフィルハーモニーに来ようか迷ったのですが車で来てました)テールピースなどを布でくるんで楽器に傷つかない様に固定してソフトケースに収納。
控え室に行くと、もう数人は帰ってしまってましたが、ペーターと残ってた数人を誘い、厄落としの一杯、これ大事です。
c0180686_1814217.jpg

あの金属部分が折れるなんて!ペーターの楽器も(いや、どの楽器も)調べたこと無くもう何十年も同じままだそうです。僕も,前にこのブログに書いた弦職人が開発したテールピースコード、3本の楽器は既に交換しましたが、この5弦は状態も良かったので真鍮製のを壊してまで替える気はありませんでした。
「誰にでも起こる可能性のある、回避不能のこと」と優しいペーター。そして演奏の邪魔にも一切ならなかったと。ただ、僕が抜けたあとに(その分、弾いたつもりだけど)「曲の途中からぽっかり穴が空いていた」とペーター。これも有り難い言葉です。
ピアノのMちゃんが家内と聴きに来てくれてました。バックステージではKBセクションで厄落とし乾杯をしたので、彼らと別れてから、さーてどうしよう?
16時からの本番で終わりが早いので、もともとは久々に串乃家さんに行くつもりにしていましたが、3楽章の途中までしか弾いてないので、そうもいかない。楽器もあるしまっすぐ帰宅、Mちゃんも連れて帰りました。
楽器は、もちろんこのままでは弾けませんが、壊れた訳では全くないので、心配はしていませんでした。逆に、新しい(素晴らしい)テールピースコードを装着する機会となりました。
c0180686_1813546.jpg
c0180686_1813989.jpg

まずは晩御飯。赤ワインを飲みながら、まずはリングイネでジェノヴェーゼ。ハンブルクのIseMarktで手に入れた束のバジリコで作ったのですが美味しかった1
c0180686_18123372.jpg

そして2皿目はひさびさに豚の肩ロースとマッシュルーム。ニンニクたっぷりでバター仕立て。
c0180686_18115744.jpg

とっても美味しゅうございました。
食事を終えてもまだ10時前、本番は16時からでしたからね。紅茶と、昼に買っておいたイチゴパイやエクレアのデザートを食し、解散。
そして夜中に、楽器をセットしました。テールピースコードは少しだけですが伸びるし、この5弦にどう装着するかを研究するために始め、程なく終了。夜中ですがppで弾いた感じはかなり良い。
今朝早起きして、結び目があまり美しくないことや、他にも気になった点があり、もう一度解体。
c0180686_1811622.jpg

結び直して、長さも変えました。
c0180686_18104514.jpg

c0180686_1891883.jpg

そして装着完了。このコードはガット弦を手作りしてるGGので夏前に出来た新製品。某スイスのV社のコードを使ったことがある方がおいでになると思いますが、GGはV社の技術トップでした。というか、すべてはGGが開発したもので、彼はその後、会社が嫌になって一人で始めたのです。だからCMもしてないし、卸売りもしない。工房に来るプレーヤーの分だけで手一杯だそうです。V社のも、もちろん彼の開発ですが、10数年前のもの。その後に研究開発を重ねた作品で、結び目以外はほとんど伸びないのも特徴ですが、僕の2本の5弦、CavalliとDespineは他は何も変えずにこのテールコードだけ交換して、その効果に驚いた、素晴らしい新製品です。
c0180686_189625.jpg

彼のガット弦と組み合わせたBusanは,もちろん素晴らしいですが、このテールコードだけの交換で弦はスチールでも、その効果ははっきり認識できます。
c0180686_1885442.jpg

この5弦がその良い例。先程まで弾いていましたが、響きが変わりました。
c0180686_1882976.jpg

もう一度、折れた真鍮製の金具。まっすぐの部分がポッキリ。ここに低音側の振動が、楽器が鳴るが故に集まって起きてしまったのでしょう。
c0180686_1881458.jpg

結び目も落ち着いた様子で、2,3回の調弦で安定しました。
今夜は20時から、フィルハーモニーです。リベンジですが、気負わず、今日こそはブルックナーの8番、楽しく最後まで弾いて来ます。
c0180686_1875851.jpg

この5弦がこの僕の練習室にあるのは久しぶりです。
いつもDSOのケースに置いてあるからですが、この楽器を日本ツアーにも持って行きます。DSOのツアーはこの5弦で、室内楽は日本に置いてあるフィレンツェ生まれのBracci(1861、4弦)で弾きます。もちろん、GGのテールコードとガット弦を持ち帰り装着するつもりです。
ベルリンでの来週土曜日の室内楽コンサートはBusanで弾くつもりです。
c0180686_187453.jpg

今日も朝から晴天、秋晴れのベルリンです。
by Toruberlin | 2011-10-09 11:05 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/16951897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Yusuke at 2011-10-09 22:15 x
お疲れ様です!
…もし僕の日記を読んで頂いてたら(笑い話ではありませんが)、笑えるくらい同じタイミングのアクシデント…こちらは僕の楽器ではありませんが…。
こういうリスクは弦楽器には付き物…本番中とはお気の毒でしたが、それで新しい新素材を付けるチャンスと捉えられる前向きさ…それをフォローしてくれる仲間…心底羨ましい限りです(笑)
しかし…真鍮製のコードが切れる…なんてコトもあるんですね…。
日本での室内楽…拝聴出来ないのが実に残念ですが、素晴らしい響きでお客さんが喜ばれる事を期待してます!
Commented by 教授 at 2011-10-09 22:21 x
厄落とし!すばらしい!明日の本番は大成功のことと思います!
貴重な話をありがとうございました。
Commented by Puku at 2011-10-10 07:01 x
あ~~~~ドキドキしました。読んでるだけでドキドキ。
なんか状況がものすごーく想像できて、ドキドキでした。
駒が倒れなくて本当によかったですね。
FBでViolaのAndreasさんの、同じ曲でヴィオラで同じことが起こった、というコメントも読みましたが、びっくりです。
Commented by Toruberlin at 2011-10-10 16:16
Yusukeさん、ありがとう!おひさしぶり。
日記、その前に読んでました。笑えるタイミングの良さですね。
そしてなんと、DSOの8年前、ケント・ナガノ指揮でこのブルックナーの8番の同じ3楽章で(もちろん同じ舞台で)ヴィオラの仲間のテールガットも吹っ飛んだそうです、何か大きなエネルギーが働く楽章なのか??
まあ、滅多にないですよねー、真鍮の棒が折れるなんて!首席のペーターは「それだけToruの鳴りが良いってことだ!」と言って左手で右腕をトントンたたく仕種をしてくれましたが。
前向き、まあ、その時々で臨機応変に考えるしか人生はないと思ってます。そして、これから日記に書きますが、フィルハーモニーの同じ場所で、その新しいテールガットに替えたら、その変化は驚きでした、前で弾いてるペーターが本番の後にテールコードに興味を持ちビール片手にいろいろと訊いてくるほどでした。彼は、あまり新しモノには通常は興味を示さないのだけど、1本頼まれました。
Commented by Toruberlin at 2011-10-10 16:16
(続)うん、Yusukeさんが調整してあげた後のリアクションは寂しいものがありますが、世の中、本当にいろんな人が居るので、いちいち気にしてたら時間が勿体ない!それ以上素敵な人も多いし、楽しいこともまわりには溢れてますよ。
名古屋はどっちも遠いですよね。今回DSOには来ますか?11/1は名古屋に泊まります。
Commented by Toruberlin at 2011-10-10 16:19
K教授、ありがとうございます。
その厄落としの御蔭か?!昨日は気持ちよく最後まで弾けました。
首席のペーターが(彼はマラソン愛好家)終わった後に、ToruにフィニッシュTシャツ、用意するんだった!と笑ってました。
Commented by Toruberlin at 2011-10-10 16:22
Pukuさん、おはよう。
ドキドキだよね。昨日の本番中は、少しドキドキでした、もう一度同じことが起こることはないのだけど、あの一瞬でテンションが消滅した感覚は、、、、。
終演後、アンドレアスがわざわざこっち側まで来て「最後まで弾けたね、おめでとう!」と。きっと8年前、彼も翌日の本番ではドキドキだったのでしょう!
明日からゆーちゃんのリハだね。楽しい!よろしくお願いします。
僕は今日はチェロのミシャと、ロッシーニとモーツァルトのデュエット、こちらも楽しいリハです。
Commented by Yusuke at 2011-10-10 22:14 x
ブルックナーの8番…鬼門になりそうですね(笑)
幸い(?)当団の12月定期は7番でした・
僕は弦を切ったコトは何度かありますが、テールワイヤーが「外れた」事は一度だけ有ります…リハ中でしたが。
う~ん…テールコードが切れるくらい楽器を鳴らせるようになりたい(笑)

…DSO名古屋公演…行けるかどうか分からなかったので、チケットを取ってなかったのですが、時間的には行ける様な感じです…。
もし行けなくても(チケットが取れない等)名古屋ご滞在なら、久々にお会い出来るとイイですね!
日中はオケの仕事なので、夜もしご都合が許すようであれば是非!
Commented by Toruberlin at 2011-10-10 23:25
Yusukeさん、こんばんは。
いえいえ、昨日の本番でバッチリ弾きましたから大丈夫です!
弦も弾いてる時に切ったことは一度もないんですがねー、、、。

DSOのツアー、夏前に既にすべて売り切れらしいです。
バスセクションの方々か、Kaiserご夫妻と奥さまととか(確か前回4人で本番後に声を掛けてくれたんですよね)会いますか?
こちらもどうなるかまだ不明なんですが、また、近くなったら相談しましょう!
Commented by ぐんま at 2011-10-13 04:03 x
ごぶさたしてます、以前mixiでテールピースの話でおじゃましたぐんまです。

テールコード、災難でしたね。
今年のことですが、一緒のオケのコントラバスの、やはり真鍮でできたテールコードがいきなり切れました。その後、都内の工房に担ぎ込んで聞いたところでは、真鍮はそういった事故が多かったようです。
同じ金属でもワイヤーでは切れないようですが。
でも、金属であるかぎりは、金属疲労があるわけなので、それを考えると、ガット/人工繊維素材の方が、より安全なのかもしれません。
Commented by Toruberlin at 2011-10-13 15:55
ぐんまさん、こんにちは、お久しぶり。もちろん憶えてますよ。
可能性はもちろんあるのだろうけれど、こちらではあの太い真鍮が折れたことは聞いたことが無く、またこの機会にチェックする奏者も皆無、そのくらい、まあ稀なことでした。
安全性もだけど、興味があるのはもちろん別のところ。
6mm生ガットも3本に装着して良いと思ってるけど、この新しいテールコード、ヴェルベットの技術の基本を作ったGGの最新作はかなり良いと、昨日もオケ、室内楽を弾きながら実感しました。