ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

アスパラが旬なので。
at 2017-05-11 23:59
Schöneberg のチョ..
at 2017-05-10 23:59
鴎外晩餐inベルリン
at 2017-05-09 23:59
告別の会
at 2017-05-08 23:59
Mass of the Ch..
at 2017-05-07 23:13
弦楽器工房にて。
at 2017-05-06 23:59
ゲッセマネ教会にて。
at 2017-05-05 23:51
超高級物件!
at 2017-05-04 23:37
VW Bus Type2 v..
at 2017-05-03 00:23
AMPELMANN Cafe..
at 2017-05-02 23:59
ドイツ語版「ラーメンガール」
at 2017-05-01 23:59
湖畔でWeizen
at 2017-04-30 23:59
水曜日の櫻。
at 2017-04-29 23:55
最近特に気に入ってるオールド..
at 2017-04-28 23:59
久しぶりに
at 2017-04-27 23:57
復活祭の休日に。
at 2017-04-26 11:33
ノルウエー通りの八重櫻並木。
at 2017-04-25 09:15
ミュンヘン生まれのレンズ。
at 2017-04-24 15:41
Bollito Misto
at 2017-04-23 13:01
楽しいお手入れ。
at 2017-04-22 23:11

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

教会がなかったら、クラシ..
by Toruberlin at 23:29
EKさん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 23:19
教会のコンサートが多くの..
by EK at 07:54
お義父様のご冥福をお祈り..
by EK at 07:37
EKさん、コメントありが..
by Toruberlin at 20:23
FBに書き込んで、こちら..
by Toruberlin at 17:09
ドイツ語版だけに僕の声が..
by Toruberlin at 17:06
ベルリン、だいぶ陽が長く..
by EK at 10:30
古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58
Prenzlauerの中..
by Toruberlin at 21:51
Eberswalder ..
by Masaya at 19:45
土地柄というのはプレンツ..
by Toruberlin at 18:01
時計工房にZeissの双..
by Toruberlin at 17:57
チェコビール率が高いです..
by Masaya at 11:51
月末の桜祭りに合わせてく..
by Toruberlin at 08:22
あ、そうですね。四月の終..
by Masaya at 11:57
Zeissの古いレンズい..
by Masaya at 11:55
昨日は風で花吹雪、花の命..
by Toruberlin at 15:09
Mauerparkのとこ..
by Masaya at 15:16

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

週末のコンサート@コンチェルトハウス

c0180686_5223068.jpg

週末の2回のコンサート終了しました。
この絢爛豪華で美しいホール、元はシャウシュピールハウスという名前でした。第2次世界大戦の爆撃で崩壊し80年代にその名前のままコンサートホールとして生まれ変わりました。シャウシュピールは劇という意味、元はオペラハウスでもない劇場だった訳です。
東独時代、首都である東ベルリンにはオペラハウスは2つあったけれどコンサートホール、これほどの規模のはなく、それでベルリン市制750周年記念に名前はそのまま、コンサートホールになりました。
今見ても、東独政府が威信をかけて造った、細部にまで凝った素晴らしい建築です。内装も、それは凝っています。
僕はユンゲドイチェフィルでマエストロ・ノイマン指揮、バルトークの青髭公の城を1987年にここで演奏しました。壁崩壊後にフィルハーモニーが改築で長いこと使えなかった時にベルリンフィルもDSOもここで演奏しましたが、弾いていて楽しくないホールでした。できた当初は響きすぎてお風呂場の様、その後、90年代も、大した事の無い(見た目は素晴らしいけど)ホールでした。
c0180686_5213697.jpg




1年前からコンチェルトハウス管弦楽団にゲスト出演してますが、近年音響改築をしてかなり良くなったとは聞いてました。果たしてその通り、弾いていても聴いていても、特に後者はその前とは段違いに良くなっていました。
それでも、まだ余地はありました。写真のごとく、新音楽監督イワン・フィッシャーが就任最初にオケを使って研究した結果、この配置になったそうです。
c0180686_520332.jpg

コントラバスがWienの様に奥に横一列。その前に2列の木管。弦はヴァイオリン対面型でファースト寄りにチェロ、セカンド寄りにヴァオラ。コントラバスと他の弦セクション、かなり離れています。
c0180686_5195282.jpg

ですが、こんなに弾いていて楽しいのは,ここでは初めてでした。自分の音もよく聴こえ、そして管も弦楽器も良く聴こえる。唯一、難しいのは、一番遠いKBが一人で弦に弓を軽く当てた程度の音でも良く聴こえるのに、演奏中は仲間のコントラバスの音が聴こえない。これは、何か起きた時の対処が難しくはあります。弾きはじめや弓を弦から離すタイミングは見れば良いので問題無いんですが。
c0180686_5192650.jpg

何より良いのは、指揮者とコンサートマスターがよく見え、ファーストヴァイオリンが良く聴こえること。ソロチェロもソロヴィオラもセカンドのトップもよく見える。KB全員が、指揮者や主要な奏者達と室内楽をする様に合わせて弾くなら、そう問題はない筈です。
c0180686_5185613.jpg

マエストロ・フィッシャー曰く、オケ全体がKBを聴けることが大事、KBが指揮通りに弾いてくれたらアンサンブルは上手くいく!のだそうです。
c0180686_5163083.jpg

コントラバスが、このホールではこの配置で驚く程にクリアに綺麗に聴こえる。あとは各セクションが多少の努力をして、この配置に慣れたら!きっと、素晴らしい結果が生まれると思います。

2日目の土曜日、2曲目のWaltonのヴィオラコンチェルト、もちろん客席で聴かせてもらいました。
初日よりも更に素晴らしい1楽章、2楽章と進み最後でタベアの弦が切れたか?演奏が止まりました。
ヴィオラセクションに近づき「楽器貸して!」と僕の長年の友人Mに自分の楽器を手渡すタベア。交換して弾いたら、たぶんですがMのヴィオラは特大、なので大きすぎたのか?その隣の首席ヴィオラの楽器を借りて、指揮者と相談し「39から!」やり直し。
Waltonのソロを初めて手にした楽器で弾くということ自体が、普通ではない。その2楽章の最後、その楽器と知り合うかの様に(探る様に)弾き始め、そして終楽章。これも大変な楽章なのですが、その楽器を即座に理解して、実に見事に弾ききりました。ハイポジションも、重音もたくさんある曲、知らない楽器で弾くとは!!!
c0180686_5123355.jpg

終演後、楽器の交換をしてるところ。
彼女曰く、弦が切れたのではなく大きく緩んでしまったらしい。オケのメンバーがチューニングしながら弾いた彼女の楽器、それを手にして、アンコールは自分の楽器で弾きました。
驚き!だけじゃなく、(別の楽器で)音色は違うけれども音楽を最後まで楽しめた、素晴らしいコンサートでした!
by Toruberlin | 2012-02-11 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/17451839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Aiki at 2012-02-13 06:26 x
本当に素晴らしいホール、そしてこの楽器の配置になんかそれだけでも気持ちが高ぶりますね。聴けなかったのは残念ですが、Toruさんのブログを読んで少し満足。Konzerthaus、辻井さんのコンサートに行くので楽しみにしています。
Commented by Toruberlin at 2012-02-13 07:15
Aikiちゃん、こんばんは!ノブ君のコンサートはKonzerthausなんだけど室内楽ホールなんです。
今日は来てたんだねー!僕はボーデミュージアムでのコンサート&ブランチに行っていて、その後友人たちとヴァンゼーに行ってました。今週は来週明けまで日本からアンペルマン関係でお客さんが来るので、、、、なかなか会えないねー!