ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

Masic SHORTS B..
at 2017-06-17 23:59
ウイスキーはお好きでしょう?
at 2017-06-16 23:59
Always with AM..
at 2017-06-15 23:59
東京Vol.6 (2016年..
at 2017-06-14 23:59
東京Vol.5 (2016年..
at 2017-06-13 23:59
東京Vol.4 (2016年..
at 2017-06-12 23:59
東京Vol.3 (2016年..
at 2017-06-11 23:59
東京Vol.2 (2016年..
at 2017-06-10 23:59
東京Vol.1 (2016年春)
at 2017-06-09 23:59
アイラモルト「カリラ」のMoch
at 2017-06-08 23:59
冷やし中華、始めました!
at 2017-06-07 23:59
急に夏らしくなったベルリン!
at 2017-06-06 23:59
京都最終日 (2006年春)..
at 2017-06-05 23:59
京都最終日 (2006年春)..
at 2017-06-04 23:59
6月3日は母の誕生日でした。
at 2017-06-03 23:59
京都最終日 (2006年春)..
at 2017-06-02 23:59
伏見稲荷の鳥居とAMPELM..
at 2017-06-01 23:59
南禅寺から伏見稲荷 (201..
at 2017-05-31 23:59
金閣寺と龍安寺 (2006春..
at 2017-05-30 23:59
柊家の朝 (2016春の日本)
at 2017-05-29 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

タカポーネ、日本でも是非..
by Toruberlin at 08:46
見ているだけでヨダレが出..
by 古橋貴正 at 01:32
古橋さん、ほんとうに。早..
by Toruberlin at 20:33
高橋さん、こんばんは! ..
by 古橋貴正 at 09:22
Yusukeちゃん、コメ..
by Toruberlin at 04:12
こちらにコメントするの、..
by Yusuke at 20:56
教会がなかったら、クラシ..
by Toruberlin at 23:29
EKさん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 23:19
教会のコンサートが多くの..
by EK at 07:54
お義父様のご冥福をお祈り..
by EK at 07:37
EKさん、コメントありが..
by Toruberlin at 20:23
FBに書き込んで、こちら..
by Toruberlin at 17:09
ドイツ語版だけに僕の声が..
by Toruberlin at 17:06
ベルリン、だいぶ陽が長く..
by EK at 10:30
古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58
Prenzlauerの中..
by Toruberlin at 21:51
Eberswalder ..
by Masaya at 19:45
土地柄というのはプレンツ..
by Toruberlin at 18:01
時計工房にZeissの双..
by Toruberlin at 17:57

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

オルフェウスアンサンブル・ベルリン

c0180686_17501554.jpg

c0180686_1750178.jpg

今日は10時からGP、1815からAP(本番前の短い直前練習、これ、結構大事です)20時からコンサートでした、場所はフィルハーモニーのKMS(室内楽ホール)僕の知る限り最高の小ホールです。小さいと言っても1100席+普段は使わないSonderplätzeを入れて約1400席だそうです。
オルフェウスアンサンブルは5年前に指揮者のシュテファンの提案で出来た室内オケです。彼とは30年くらい前から付き合いがあります。




Berlin-WannseeのAndreaskirche、20歳でベルリンに来て、RIASユースオケに入団して、その仲間たちの御蔭ですぐに教会の仕事(当時の西ベルリンは裕福で、毎週末の礼拝/ミサで頻繁に音楽が使われました、オルガンだけじゃなく弦楽アンサンブルや歌が加わる教会音楽、バッハのカンタータもかなりの作品と出会いました。教会の数は少し町を歩くと判りますが、多いです)を貰いましたが、当時の西ベルリンでひとつの教会で多くても月に1,2度かな(今は年に数回?)、その中でAndreas教会は頻繁に演奏があり、当時のRSO(今のDSO)メンバーも多く参加してました。ここのオルガニスト(音楽監督)はシュトルプフェン湖とニコラスキュエの教会も担当していて、3つの教会を合わせると月に2-3度、演奏させてもらってました。
この教会、アマチュアですがオケも持っていて(プロの音楽家だけでやる時とは別に)熱心に活動してました。場所柄、ベルリンフィルやドイチェオーパーの団員も多く住んでいて、その家族(奥さんたちは音大出身も多かった)が多く参加してました。アマチュアだけど、レベルはプロ並みの室内オケ、ここでオーボエを吹いていたのがシュテファンでした。彼が13歳の頃かなー?RSOのソロオーボエのG.Zorn氏の弟子でベルリン芸大にも入りましたが指揮に転向、ベルリンでも屈指の合唱指揮者として合唱団を率いています。
同じ80年代のベルリンを過ごした、カラヤンのベルリンフィルが存在していた時期に音楽に触れて育った彼とは共感するところが多く、アンサンブル立ち上げで声を掛けてくれた時にも、即答しました。
コンチェルトハウス、ドイチェオーパー、DSOから数名+フリー奏者とシュテファンが代表を務めている音楽学校の教師たち+音大生で構成されています。
c0180686_17484712.jpg

このところ良い天気のベルリン、車からフィルハーモニーへ行く途中のショットはY嬢の撮影です。このオルフェウスと来週は新ポツダム管弦楽団に彼女を連れて行きます。この先、メインの室内楽以外に彼女がどんな活動をしていくのは未知で可能性も多く、きっとドイツのトップオケで弾く機会もあるでしょうが、どちらも素晴らしい合唱と一緒に演奏する機会が多い小編成のオケ、楽しいし得ることも多い筈です。
c0180686_17482356.jpg

c0180686_1748326.jpg

SKB(カンマフィルハーモニー・ゾリステン)が活動していた頃は頻繁に弾いていたこの舞台、同じくこのホールが演奏場所のベルリンバロックオケもフェスティヴァルオケも辞めてしまったので久々でしたが,やはり素晴らしいホールです。
c0180686_17471388.jpg

Y嬢は居なかったのですが、休憩時に一人で4月に東京で弾くヴィヴァルディを弾いてみました。このホール、隅まで音が飛ぶのが判り、心地良い。前から思ってますが、響きには充分な空間が必要です。ある程度の大きさが無いと楽器の持ってる音を活かせない!これはヴァイオリニストのBPの持論ですが、本当にそうだと思います。もちろん小さい部屋での弾き方もありますが、本当に「弾く」にはラウムが必要です。
Despineの5弦を手にいれてすぐにフィルハーモニー大ホールで「ヨハネ」を1本で弾いた時を思いだしました。すぐに気に入った5弦でしたが(しかも1831年作なのに無傷!)家やリハ場所での響きとは段違いの「鳴り」を大ホールの舞台で感じました。
今回は5弦のCavalliでしたが、GGの弦がこの楽器にはバッチリと合ってくれて(いまデュエットで弾いてるBusan、そして前述のDespineにはどうも合わない、ScarampellaにもCavalli同様、ご機嫌!なのですが、、、これも不思議ですが、工夫出来るかも?とトライしています)弓の速さや弾く場所で色が変わり、また何か所かかなり鳴らしても、音が潰れること無く着いて来てくれました。
c0180686_17465912.jpg

GPでは客席は空、このホール、面白いのは特に舞台に近い席(ブロックAは特に)は空だと低音は貧弱なんです。これは3年間のカンマーフィルハーモニーゾリステンの数々の本番で確認済でしたが(舞台ではちゃんと聴こえるけれど)コンサートは満員、その響きの違いは大きく、楽しい本番でした。
c0180686_17465089.jpg

c0180686_17461893.jpg

上から見るとフィルハーモニーのシンボルの5角形の舞台で弦楽四重奏が向き合って演奏することも考えて客席は舞台を囲んでおり、舞台正面が席の大部分を占める通常のホールとは全く別の感覚を弾きながら味わえます。
13時に帰宅、そして本番前のリハは黒服で、でした。写真撮影も兼ねていた為です。
c0180686_1745663.jpg

ヴィオラのあーちゃん、ヴァイオリンのY嬢。
c0180686_17445770.jpg

Y嬢はフィルハーモニーデビューでした!大晦日にポツダムで第九を一緒に弾いたのがドイツでの最初の本番だったからベルリンコンサートデビューか?!3年前の芸大を除けば。
日本から戻ったら室内楽のコンサートはたくさん行う予定です。
c0180686_17443893.jpg

本番直前にステージを眺めるY嬢、室内楽やソロの本番経験が多い彼女、緊張はしてないでしょうが高揚していました。これ、演奏家にとってはとっても大事なことです。
「クールに燃える!」
やりたいことをやりたい様に表現する、楽しむのだけど、常時自分をコントロールし、音楽やステージに気を配る。バランスが肝要ですが、高揚感が無いと、音楽は面白くならないものです。
c0180686_17444626.jpg

直前リハの最後にシュテファンのひと言。このアンサンブル、リハは3時間が3回+GPです。交響曲の39番とレクイエムですから、かなり少ないリハ時間。指揮者がちゃんとリハしないと不可能な時間割です。このオケの(シュテファンの)良いところは、必ず本番がずば抜けて良い事です。
今回も、満員御礼で響きが素晴らしかったこともありますし、いろんな相乗効果がありましたが、その状態に持っていくのもマエストロの役目、素晴らしいコンサートでした。
c0180686_1744916.jpg

家内は翌日がピアノトリオの本番、他に渡す人も無かったので本番写真はありませぬ。写真はバックステージにて。

コンサートにはいろんな要素があります、必要です。
奏者の準備があり、本番でそれをパフォーマンスする為に最大限の気を配り、そして(相乗効果の為にも)たくさんのお客さんに来ていただきお楽しみただく。
コンサートに来ていただく為に時間調整をしてもらい、約2時間を一緒に過ごす。そのステージを奏者たちが楽しみ、客席にも共感してもらい、笑顔で帰途についてもらう。
コンサートとはそういうモノだと考えます。音楽をどう表現するか?その為にリハをどうするか、いやそれ以前の選曲などなどはすべて舞台裏のこと、レストランで言えば厨房内のことです。
コンサートは2時間くらい、それをお楽しみいただければ嬉しく充分ですが、このブログでその準備のことなどに触れて、より楽しんでいただこうと思い、書いております。
アンペルマン室内楽、AMPELMANN Duett Berlinコンサート
時間を作っていただき、聴きに来ていただければ幸いです!
by Toruberlin | 2013-03-16 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/19683961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]