ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

Liebenzeller 松ヤニ
at 2017-08-22 23:55
夏のベルリン
at 2017-08-21 13:13
日曜日のベルリン
at 2017-08-20 14:45
バスルーム用洗剤
at 2017-08-19 23:58
最上の弦は?
at 2017-08-18 15:34
AMPELMANN ポートレート
at 2017-08-17 20:33
ポートレート
at 2017-08-17 09:24
8/14はなんとMちゃん、誕..
at 2017-08-16 17:17
いろいろ、は誰でもきっとある。
at 2017-08-16 10:46
終戦記念日
at 2017-08-15 17:57
新しい鯛茶漬け
at 2017-08-14 19:50
8月14日
at 2017-08-14 10:08
散歩の続き+鶏カツ弁当と鯛茶漬け
at 2017-08-14 01:07
日曜日の散歩
at 2017-08-14 00:08
金曜の朝、そして晩餐
at 2017-08-13 13:27
アグネス・ラム 巻頭カラー@..
at 2017-08-12 20:07
体感気温12℃、ですって!
at 2017-08-12 15:52
Ein Kontrabaß ..
at 2017-08-11 10:08
月曜日の炭火焼き@バルコニー
at 2017-08-10 16:59
バルコニーで
at 2017-08-10 11:37

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20
貴重な記録ありがとうござ..
by 植木信勝 at 21:42
魚捌くのは、包丁使えるな..
by Toruberlin at 08:17
マグロいいですねー。僕も..
by Masaya at 18:21
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 23:00
とっても楽しい美味しい一..
by PUKU at 05:50
古橋さん、楽しい夜でした..
by Toruberlin at 17:48
とても美味しい料理に最高..
by 古橋貴正 at 12:36
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 06:10
ほんっと素晴らしい晩餐で..
by Puku at 22:55
Masayaくん、参加あ..
by Toruberlin at 18:33
おいしい料理においしい日..
by Masaya at 16:34

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ピアノトリオ

c0180686_19203567.jpg

「羨ましい!」
なんでって、コントラバス奏者はシューベルトのオクテットやベートーヴェンのゼプテットは書いてくれたことに大感謝してますが、ドヴォルザークの弦楽五重奏、シューベルトの鱒、プロコフィエフのクインテット、ロッシーニの6つの弦楽ソナタ、、、この後に室内楽の名曲は、挙げられません。
Mozartとかバロックの曲を入れればあるのだけれど、いわゆる「室内楽」クラシックからロマンティックは、上に書いた曲以外は、あまり名曲とも言えない。



もちろん、バロックの通奏低音や宗教曲、室内オケやシンフォニーオケでKBを弾く喜びは充分すぎるほどあり、それだけでも充分なのですが、弦楽四重奏とピアノトリオ、この最高の組み合わせたちには、その為に書かれた曲たちがあまりに名曲が多いので、羨ましいです。
CorelliKammerorchesterの長年の仲間のY子さん、家内とドイツ人のチェロ奏者Hで5年くらい前から活動してるトリオのコンサートが昨日、クロイツベルクの教会、HailigkreuzKircheでありました。
ここは教会としても機能していますが(元教会、見た目は教会だけどミュ−ジアムやコンサートなどのイベント会場となってる例も多くあります)大改装の時に音響を考えて作られた素晴らしい、ホールとしても使える教会です。
c0180686_19202386.jpg

c0180686_19201459.jpg

14時から前リハ、3人の配置が大事なステージ、聴きながら調整しました。
c0180686_19195096.jpg

弦楽四重奏もピアノトリオも、究極の室内楽形態で曲も多いですが、弾く相手が決らないと難しい、リハは多く長い付き合いとなります。その弾く相手を見つけ、音楽を造って行く術を工夫して身につければ、室内楽はかなりの部分が成功する方向にあると言っても良いでしょう。
演奏能力、音楽へのアプローチ、柔軟さ、趣味、そして性格/人間性。
ものすごく時間と労力を使いますから、何より「やる気」と「労力を惜しまない」ことが必要で、でもこれがマネージメントが付いてる訳でもなくコンサートの予定も無しに、長い長い準備をする訳ですから、大変なことです。
音楽への演奏することへの、そして自分が高まることへの喜びがないと、なかなか出来ないことです。でもまあ、これは奏者全般、また他の仕事でも同じと思います。
c0180686_19193943.jpg

僕は録画と写真の為に上階で聴きました。Y嬢が客席に!脳外科医のDr.MファミリーやY子さんの優秀なお弟子さんKちゃんのファミリーが日本人では来てくれていました。
c0180686_19192897.jpg

今回はドビッシー、フォーレとショーソンの作品でしたが、どれも素晴らしい演奏でした。週に2-3回拙宅でリハし、各々も自宅で練習する訳ですが、他に仕事がある訳ですから、好きじゃないと出来ません。
c0180686_19191760.jpg

このトリオ、前回とその前のプログラム、ドヴォルザークやブラームス、メンデルスゾーンなどなどは僕がレッスンをしました。するごとに、曲が面白く、またトリオという形態の素晴らしさを実感したものです。
c0180686_19183715.jpg

このプログラムで4月27日にはカラヤンがベルリンフィルとの録音で使っていたダーレムのイエス・キリスト教会でコンサートを行います。来週、ふたりで帰国しますが家内はY嬢と僕のアンペルマン室内楽は、そのトリオの準備の為に聴かずにベルリンに戻り、私も今回は東京で仕事が多いのでピアノトリオの本番は聴きに行けません。
c0180686_1919833.jpg

聞けば、いろいろとある様ですが、それでも仲良く続いてるピアノトリオ。プログラムを重ね、曲数を増やしてコンサートの数も増えて来た今、完成度は上がっています。このまま続けて行ったら楽しいことになるでしょう。
c0180686_19184965.jpg


私もY嬢とのデュエット、また別のコントラバスが入った室内楽も、これからどんどん追求し活動して行くつもりですので、よろしくお願いいたします。
アンペルマン室内楽in東京、次回は4/12&14です。
秋にも津和野でのコンサート、そして東京でも行います。

終演後、Y子さんは翌日帰国なのですぐに帰ってしまい、子供たちが一緒の友人たちとも別れ、帰りにコーヒー?のつもりが、結局はいつもの中華GFへ。
c0180686_19182248.jpg

五目焼きそば、パーコー、烏賊と野菜の炒め物(おすすめ!)そして牛筋煮込み。美味しゅうございました。
c0180686_19181182.jpg

Y嬢は肉食、骨付き豚肉のパーコーと牛筋煮ニコニコ顔でした。それにしても美味しそうに食事するお嬢さんです。

月曜は拙宅でイタリアン、奈良からソムリエの友人がヨーロッパ視察中で最後に2泊、ベルリンに来てくれます。食事に来たお客さんたちに、デュエットを1-2曲、聴いていただくつもりです。
火曜はULAでの「初陣の会」、木金はポツダムでリハで土曜はフォーレのレクイエムの本番です。
さーて、帰国の準備はいつするのだろう?今回はお土産、あまり期待しないでね!
まずはとにかく、デュエット強化週間第2週目、すべての使える時間は練習+Y嬢とのリハーサルです。
by Toruberlin | 2013-03-17 11:18 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/19691144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]