ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-22 14:27
秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-21 11:51
田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

M上さま、いつもありがと..
by Toruberlin at 01:49
10/20は昼公演もご用..
by Toruberlin at 22:50
Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Giuseppe Bracci da Firenze anno 1861

c0180686_18212164.jpg

c0180686_18211222.jpg

今回の東京での滞在先、麻布のアパートにて撮影しました。
東京で待ってもらってる4弦、フィレンツェ生まれのBracciです。表から見ると小振りな楽器ですが横板は(今回は写真がありませんが)特大の5弦よりも厚い!魂柱がものすごく長くなる訳ですが、それで楽器の容積を出しているのか?弦長は106と普通ですが、ブリリアントなだけじゃなく深い、そう、オーケストラで求められる大きな楽器の持つ響きも持っているイタリアンです。
c0180686_1821584.jpg




c0180686_18205730.jpg

この楽器も面白い縁で僕の所有となりました。
ベルリンにある楽器は7本(4弦2本+5弦5本)で日本には現在2本。
手放すつもりで日本に置いてあるGaetanoGuadanini(でもこれも、この数年間の間にその後に手に入れたScarampellaやCavalliの支払いもかなり進み、払える目処はついて来たので、やはり手放さずに持ってるかもしれません)は僕の当時のソロ楽器でした。そこにBusanが現れたのですが、DSOで弾いてるHawkesのPanormoコピー(ベルギーでの製作です)以外は、すべて同じフランスのコレクターの所有楽器でした。
最初にGuadaniniと5弦のDespine(トリノ生まれ、1831年製なのに無傷)そしてすぐに初代のJ.Hillの5弦。この3本は(援助もあり)すぐに支払えたのですが、その後にも40本の所有楽器から彼が僕の為に選んだ楽器が紹介されました。
ウイーンの楽器もあったなー。でもほとんどはイタリア、フランス、イギリスでドイツ製は皆無でした。
3本購入したあとに「借金は嫌いなのでこれ以上必然も無いし要りません」とお断りすると、支払いはいつでもよい、とのお言葉がありました。
それまでの2年間に知ったのですが、コレクター本人はヴァイオリンやチェロのコレクターでKBはおじいさまのコレクション。それを手放すにあたり、お金に困っている訳ではないから君のことは信用してるから支払いはいつでもよい、と。
そして次々と出てきました。
パリのブルジェー(5弦)、これはそれまでの楽器や弓を手放したので購入出来ました。そして真打ちDominucusBusanが表れました。これは写真を送ってもらい、こちらからお願いしました。そしてそれは正解で、支払いはやっと終わりましたが、正しい選択でした。一昨年秋のベルリンでのアンペルマンオクテットはこの楽器で演奏しました。
実は他にもビックネームの楽器があったらしいのですが、コンディションが良くなかったそうで、それは他で売却したそうです(はっきり仰らなかったけどウイーンの楽器商らしい)
彼はヴァイオリンのコレクターだけあり、KBでも楽器はコンディションが大事!の人でした。それは正しいのですが、修理歴があっても(コントラバスでは当たり前)良い状態ならOKな訳で、ガリアーノやマッジーニ、ガスパロも手にしてみたかった、、、。
オールドイタリアンを楽器としてだけじゃなく文化財と考え、それを使わせてもらいながら大事に守り、後世に伝える。彼からは、その考えをしっかりと受け取りました。
c0180686_1820498.jpg

そこでE.CeruttiとG.Bracciがベルリンに送られてきました。これには驚きました、未使用かと思う状態のオールドイタリアン2本。どちらも数十年誰も弾いてなかったから鳴らず、しかし見目麗しい姿で良い楽器というのは判る。でも正直、Guadaniniを手放すことにしても(その前にはWitt先生からのD.Techlerも手放しました)Busanがあり、支払いも残ってる。
コレクターは「楽器を鳴る様にして欲しい、君が持っていても良いし、もし欲しい人が居たら渡しても良い!」と。うーん、Guadaniniを手放すことに決めたのはBusanと2本は弾けないことが理由でした。これだけの楽器を2本は、1本に集中出来ないから、と思ったのです。そこにイタリアン4弦2本ですから、支払いのこともあわせ自分が所有することは選択肢にはありませんでした。
日本の友人に話をしたら「徹さんに楽器の相談をしようと連絡するつもりだったんですよ!」と面白いタイミング。その時点ではCeruttiの方が鳴ってたのもあり、薦めました。彼はすぐに写真を気に入り、僕が弾いてみた楽器の状態を出来るだけ伝え、コレクターとも価格を交渉し友人が出した決断は「手に取らないでKBを購入することでした」彼の決断は早く、正しかった。円がとても強い時期で、そして帰国の際に持ち帰ったCeruttiをとっても気に入ってくれたんです。(正直、気に入るかどうかに不安はありました)
さて、本題のBracciです。
c0180686_18204192.jpg

日本でやはり欲しいという人が現れ、送りました。ですがこちらは気に入ってはくれたのですが状況が変わりキャンセルとなり、楽器屋さんに預かってもらってました、2−3年だったかなー?
そしてGuadaniniを預かってもらってる友人、KB奏者のO西氏にお願いして弾いてもらいつつ買い手を捜してました。コレクターは日本に置いたままで良いと言う、実に気長でした。
3年前、帰国するとO西邸には泊まりがけでお邪魔することが常ですが、手に取ってみると「あれ?」で、結構長い時間弾かせてもらったのですが、弾いてるとどんどん鳴って来て、そしてとっても良い!
ベルリンに戻ってからその旨をコレクターに告げると「そうだろー、やっと判ってくれたか!」と待っていた様子でした。一昨年、春に帰国した際にG.G.のガット弦とテールガットに交換し、更に◎となりました。そして自分で日本で弾く楽器にしたい旨をメールすると喜んでくださり「あのBracciを欲しいと言わないなら、君にがっかりするところだった」とは仰らなかったけれど、そういうニュアンスでした。価格も提示されていたのよりもずっと低くしてくれました。
c0180686_18203317.jpg

2010年のアンペルマンオクテット、昨秋のアンペルマン弦楽クインテットにこの春のデュエット、このBracciで弾きました。これからも日本での室内楽はBracciで弾きますが、こんな経緯で僕の楽器となったのです。

c0180686_19131497.jpg

今日はベルリン、朝から良い天気です。母の日の日曜日ですが、僕は午後はみっちりリハです。東京で一緒に弾いた優芽嬢とも久しぶりのご一緒です。
c0180686_1913243.jpg

by Toruberlin | 2013-05-12 11:16 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/20144860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]