ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

アスパラが旬なので。
at 2017-05-11 23:59
Schöneberg のチョ..
at 2017-05-10 23:59
鴎外晩餐inベルリン
at 2017-05-09 23:59
告別の会
at 2017-05-08 23:59
Mass of the Ch..
at 2017-05-07 23:13
弦楽器工房にて。
at 2017-05-06 23:59
ゲッセマネ教会にて。
at 2017-05-05 23:51
超高級物件!
at 2017-05-04 23:37
VW Bus Type2 v..
at 2017-05-03 00:23
AMPELMANN Cafe..
at 2017-05-02 23:59
ドイツ語版「ラーメンガール」
at 2017-05-01 23:59
湖畔でWeizen
at 2017-04-30 23:59
水曜日の櫻。
at 2017-04-29 23:55
最近特に気に入ってるオールド..
at 2017-04-28 23:59
久しぶりに
at 2017-04-27 23:57
復活祭の休日に。
at 2017-04-26 11:33
ノルウエー通りの八重櫻並木。
at 2017-04-25 09:15
ミュンヘン生まれのレンズ。
at 2017-04-24 15:41
Bollito Misto
at 2017-04-23 13:01
楽しいお手入れ。
at 2017-04-22 23:11

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

教会がなかったら、クラシ..
by Toruberlin at 23:29
EKさん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 23:19
教会のコンサートが多くの..
by EK at 07:54
お義父様のご冥福をお祈り..
by EK at 07:37
EKさん、コメントありが..
by Toruberlin at 20:23
FBに書き込んで、こちら..
by Toruberlin at 17:09
ドイツ語版だけに僕の声が..
by Toruberlin at 17:06
ベルリン、だいぶ陽が長く..
by EK at 10:30
古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58
Prenzlauerの中..
by Toruberlin at 21:51
Eberswalder ..
by Masaya at 19:45
土地柄というのはプレンツ..
by Toruberlin at 18:01
時計工房にZeissの双..
by Toruberlin at 17:57
チェコビール率が高いです..
by Masaya at 11:51
月末の桜祭りに合わせてく..
by Toruberlin at 08:22
あ、そうですね。四月の終..
by Masaya at 11:57
Zeissの古いレンズい..
by Masaya at 11:55
昨日は風で花吹雪、花の命..
by Toruberlin at 15:09
Mauerparkのとこ..
by Masaya at 15:16

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

引き続きC-mountレンズテストKernSwiter16mm

c0180686_22494319.jpg

c0180686_22493325.jpg

昨日も10時から放送局のホールでリハ、今回はドレスデンだけチェロのソリストが替わるのでリハはドレスデンバージョンのドンキホーテから始まり、前日にやらなかったブラームスの4楽章。
13時半からのGPはゴルチェ・カプションのドンキホーテ、ブラームスの1番+アンコールと通しました。二人のソリストは比べられると可哀想なくらいの差がありました。
いや、別の奏者だから、そして比べなければ◎だった筈です。
カプション、もちろん上手いのですが,何よりも楽器がスゴイ!ゴフリラー、それもかなりTOPのゴフリラーと思います。
もちろん、演奏家は弾けないと話にならない。でも、楽器に教わるとか、楽器が良ければ演奏が良くなるとか、そういう次元の話ではなく、圧倒的な差は、まざまざです。
大衆車とフェラーリは、乗り手はどうあれ、ある程度の技術があれば後者が速いに決ってる、そんな圧倒的な差です。




アンペルマン・オクテットで一緒に楽しんだミシャ、日本では友人の御好意でものすごいオールドイタリアンチェロを弾き、ご機嫌でした。彼のそれまでの楽器は少し新しめのオールドイタリアン。
「もしかして、手放さないかなー?」なんて何度も訊いてましたが、持ち主は手放さないのは明確でした。
で、1年くらい経って(悩んだと思いますが)彼が出した結論はドイツの新作?!
確かに値段にしては良い+音も通る。フィルハーモニーで一緒に詩奏を聴いた時も、物理的な音量で言ったらミュンヘンから来てた億ランクのイタリアンオールドと変わらなかった。(ま、このオールドはそんなに良くはなかったのですが、、、。)コストパフォーマンスは良い楽器、とは言え、ミシャも気に入ってました。
さて、今回のリハの初日、オケの練習の為にミシャがドンキホーテのソロパートを弾きました、彼はものすごい奏者で、素晴らしい演奏だった。しかし、翌日にカプションがゴフリラーで弾いた時には、、、、。ミシャはどう思ったかなー?まだ尋ねる機会がありませんでした。
楽器に差がなかったら、とっても面白い、それぞれのドンキホーテを楽しめたと思います。
もちろん、普通に手が出る価格ではありません。チェロは特に高いから大変です!
なのだけど、圧倒的な差があることは明確で、ミシャにはイタリアンオールドを弾いて欲しいなー!
ビックネームじゃくても、無理すれば手にはいる価格でも、素晴らしいオールドは(難しいけど)ある筈で、新作に+して、また探し続けて欲しいなー、オールドの楽器を。楽器との出会いは縁が大きく左右する、高嶺の花だからと諦めたり、新作/今の楽器で良いと思ってると、出会いはないかもしれない。
古ければ良い訳ではありません、そして前述の様に奏者の力量とのバランスが大事ですが、彼の様な天才には見合った楽器を弾いて欲しいと願っています。
もうひとりのソリスト、ヴィオラのエニー、彼女も超ご機嫌です。3人のチェロと一緒にサンチョパンサを演じるのを聴いた訳ですが(いや、アシュケナージ時代にYoYoMaとも弾いた時もツアーで一緒で何回も弾きながら聴きましたが拍手喝采でした)素晴らしかった!でも、たぶん彼女の楽器は新作に近い。
さて、彼女が飛び切りのオールドイタリアンヴィオラを手にしたら、どうなるのかなー?
なんか(失礼ながら)ヴィオラって、オールドイタリアンが少ない所為か?その楽器の特徴なのか?新しい楽器でもご機嫌な演奏!と感じることが多いですが、これも面白い。他の弦楽器よりも楽器そのものより奏者の力量の方がウエイトバランスが大きい気がします。

今日はDSOはバーデンバーデンへ、僕は降り番です。
c0180686_22492697.jpg

c0180686_2249757.jpg

レンズの話をするつもりが、チェロの話になりました。
新しい楽器、新しいレンズ。もちろん新しいのがどれもダメというのではなく、古ければ何でも良い!のでもありません。ですが、古いものには飛び切り光るものが多く、新しいモノには(便利で機能的で正確で素晴らしいけれど)面白い!と思えるものが少ないと思っています。
写真はすべて16mmフィルムムービ−カメラ用のKernSwiter16mmで撮影しました。周りがケラれるのですが、このようにトリミングすれば充分に使えます。
c0180686_22485013.jpg

c0180686_22483953.jpg

ピント合わせが、被写界深度にあまり関係なく、タイトで難しいのですが、それもまた楽しみになります。
c0180686_22511071.jpg

ドンキホーテもですが、ブラームスの1番「これぞドイツ!」という曲+演奏。本番はルガーノ、フランクフルト、ベルリンとドレスデンの4回ですが、楽しみです!
c0180686_22487100.jpg

夜は3晩続くグリューネヴァルト湖畔の古城でのコンサートの初日でした。
c0180686_22475794.jpg

前プロで金管アンサンブル、良い天気に良い気候、鳥のさえずりや木々の音などと合わさって、とっても良い雰囲気でした。これで演奏無しでビールかワイン呑みながら聴けるんなら最高でしたけれど。
c0180686_2247444.jpg

1時間半前に、既に盛況でした。そう、せっかく森の中を歩いて来るのだから、コンサートの前後も楽しまないと勿体ないですね。
c0180686_22465358.jpg

Y嬢にモデルになってもらい、レンズのテストは続きます。
c0180686_22463980.jpg

ファインダーが無いから合わせづらいのは事実、次はNEX6を買うかなー?でも、慣れれば僕の好きなRolleiフレックススタイル(腰で構えて上から覗いての撮影スタイル)でも充分可能と思います。
c0180686_22462271.jpg

歩いて来てもらいました。
c0180686_224685.jpg

既に蹴られ部分をトリミングしてますが、以下の用に更にトリミングしてもレンズが良いので素敵な写真になります。
c0180686_22455672.jpg


今日は朝から雨!それでも19時頃からは晴れる予報なので、2030からのお城の野外コンサートは実施されると思います。
今日は久々の昼間OFF、7時頃一度起きて、もう一度寝たら次は12時半でした。かーなりたくさん寝てブランチの後、落ち着いてブログを書いてます。
明日は15時からブリッツ城でCKOのお城テラスコンサート、昇天祭の日曜の恒例です。+夜は湖畔の古城野外コンサート。
なーんでいつも、仕事ってのは重なりますかねー!
来週は日曜までDSOツアー、その次の週は室内楽で出かけ6/1はCKOのコンサート@教会。
6月にはいったら、少しはのんびり出来るかなー、、、。

でも、楽しい本番が多いことは嬉しく、ありがたいことです。
by Toruberlin | 2013-05-18 15:44 | 趣味の話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/20228082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by iku at 2013-05-20 08:48 x
あれだね。ボケ方が芯と周辺で違うのがまた面白いんだね。三原色のコントラストが他と違うのかな。黄色→緑の色がとってもいいのは、相変わららずですね。
Commented by Toruberlin at 2013-05-20 18:58
面白いよね。
アダプターでNEXに35mm銀塩カメラのレンズを着けると、焦点距離が1.5倍になる=中央部分を使う訳だけど、ボケだけじゃなくクオリティに大きな差は感じない。
しかしCマウントは16mmフィルムムービーカメラレンズだから元々のクオリティが高い上に、こういう変則的な使い方の所為か?中心部分が驚くほど良い!(本来はもっと良い範囲が広いということだろうけど)
トリミングは普段はあまりしないのだけど、トリミングを考えながら撮るのも、また面白い。
M3/4システムなら、Cマウントはもっと使えるし安価なレンズが揃ってるDマウントも使えるのが多いらしいよ。
ま、足を踏み入れると大変だけどね、とっても面白い!