ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

J.S.Bach Solo-..
at 2017-12-14 19:57
2017年末までの、おもなオ..
at 2017-12-13 14:30
J.S.Bach クリスマス..
at 2017-12-13 03:52
金曜日 Vol.2
at 2017-12-12 17:01
金曜日 Vol.1
at 2017-12-11 20:53
木曜日の午後、晴れ!
at 2017-12-11 03:03
水曜日の晩餐
at 2017-12-10 12:13
大らかな大都会、ベルリン
at 2017-12-10 10:37
セカンドアドヴェント(+イ..
at 2017-12-09 22:13
水曜日のアペリティーヴォ。
at 2017-12-08 15:37
MilanoからファミリーR来宅
at 2017-12-08 13:02
AMPELMANN Toru..
at 2017-12-08 09:30
Aperitivo in B..
at 2017-12-07 23:21
拍子とアウフタクト
at 2017-12-06 23:59
BAR im Hotel
at 2017-12-05 23:04
(続)室内楽コンサート
at 2017-12-04 20:14
Adventskonzert..
at 2017-12-03 23:34
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-12-02 15:04
室内楽リハとムール貝
at 2017-12-01 23:53
バイプレーヤー
at 2017-11-30 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

お、いいね。イタリアなら..
by Toruberlin at 22:59
MOくん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 07:36
うん、アンペルマンのベル..
by Toruberlin at 01:37
ベルリンのウェブショップ..
by みさ at 22:43
古橋さん、面白いゲームで..
by Toruberlin at 16:49
可愛いでしょう。ずっとあ..
by Toruberlin at 16:45
たくさんの画像で現場の盛..
by 古橋貴正 at 20:40
とてもカワイイですね&#..
by みさ at 20:23
YSさん、コメントありが..
by Toruberlin at 16:19
素敵なBARですね。ヨー..
by YS at 22:30
昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

時間はいくらあってもたりない。

c0180686_2213710.jpg

楽器を弾き始めると、時間はどんどん過ぎていきます。
弾いてない時間にいろいろと考えていること、それを実行します。昨日は日本に置いてあるBracciに良く合う弓、オールドデーリンクでまず音を出してみましたが、これが反応は良いし深い音がする。
c0180686_22125061.jpg

左のスカランペラはソロ弦、右のブサンはオケ弦、もちろんGGのガット弦が張ってあります。ブサンのG線のヴォルフトーンもほとんど無くなりました。ガット弦たちは楽器に落ち着いてくれていて、それは良い音が出ます。
c0180686_22123178.jpg




先日、ポツダムの室内オケの本番で使ったHILL、移動中の車内で異音がしたのですが、H線が切れていました。P社のオイドクサですが、うーんHILLは今のままで行こうと思ったけれど、これもGGの弦に張り替え?5本だと10万円を超すので、今年はしたくなかったのですが、、、。
c0180686_22122175.jpg

スカランペラのこの写真だけカラーなのに意味はありません。でもこの写真、実際のスカランペラの色艶が良く出ています。しかしこの楽器、無理してでも手に入れて良かった!手にする度に歓び!です。
c0180686_2212117.jpg

c0180686_2212312.jpg

そして名器ブサン。
c0180686_22113095.jpg

この2本を交互に弾いていました。
途中から弓を替えました。春頃には、これ以上の弓は無いと思ってたホイヤーの2本、新しく手に入れた弓たちですが、ゴールドのほうはどうも音が立ちすぎて日本から戻ってからは手にする機会が減り、もっと高価だった初代のホイヤーも、どうも塩梅が良くなかった。その前から持ってる、まるで初代のフレッチナーの様なホイヤーと、長めの格別に美しい木目の2本は長年所有してますが、いつ手にしても同じ良さなのだけど、春に来た2本はどうしたのだろう?と思ってましたが、その初代のホイヤーが2本のイタリアン4弦の両方から、まあなんと渋く深い艶のある音を出してくれることか!松脂をフランスのしか使わなくなったことも変化の理由かもしれません。
c0180686_22112074.jpg

特にこのブサンに、合う!
c0180686_22111270.jpg

クレモナ生まれのカヴァリにも。5弦はほとんど弾く時間がありませんでしたが、デスピーネとカヴァリも絶好調です。
時間がいくらあっても足りないのは、音楽家の常ですが弾けば弾くほど、練習すればするほどやることは出て来る。堂々巡りではなく、終わりの無いものなのです。もちろん、充実感や達成感はありますが、また欲が出る。いや、弾けば弾くほど先に続かなければ、面白くないから長い間はやってられません。お世話になったピアノの先生が仰った言葉「トオルちゃん、音楽家はこれで良いと思ったら、終わりよ!」はもちろん正しいのですが、その時々(段階)で満足することも肝要かと思います。
c0180686_2211511.jpg

さ、昼食後の食休みもそろそろ終わり。そろそろまた弾きます。
最後は美しいブサンの後ろ姿です。
c0180686_22105717.jpg

by Toruberlin | 2013-09-24 14:10 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/20768905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]