ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

AMPELMANN室内楽2018
at 2018-02-18 03:10
土曜日のご近侍散歩
at 2018-02-18 00:08
津和野二日目 10/27帰国..
at 2018-02-17 09:40
大晦日(旧暦)の晩餐
at 2018-02-16 15:55
季節料理とくまささん、ここも..
at 2018-02-15 10:09
10/26津和野初日 帰国日..
at 2018-02-15 02:40
麻布たこ八 帰国日記@ベルリ..
at 2018-02-14 09:58
Violine und Ko..
at 2018-02-13 20:35
鶏塩ラーメン。
at 2018-02-13 06:05
「しぼりたて」津和野地酒初陣
at 2018-02-13 01:12
急ぎ働きは、しない。
at 2018-02-12 10:59
Chiro Yamanaka..
at 2018-02-11 17:14
木曜日は5人で「さーて何を食..
at 2018-02-11 02:23
P.ブーレーズホールでオール..
at 2018-02-10 14:26
九段中の仲間たちと 秋の帰国..
at 2018-02-09 23:16
氷点下の日々ですが、天気良く..
at 2018-02-08 23:30
続10/23 谷中から根津 ..
at 2018-02-07 15:20
10/23 寿し乃池 帰国日..
at 2018-02-07 12:05
壁崩壊から10316日
at 2018-02-06 22:51
弦楽器とエンドピン
at 2018-02-06 02:45

カテゴリ

全体
美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017
AMPELMANN Japan 2018

検索

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

おはよう、長々詳しいコメ..
by Toruberlin at 20:52
一番最初の投稿消しちゃっ..
by Segodon at 16:25
ヘンシュリコではなくZi..
by Segodon at 16:23
たしかにNuと言うな!S..
by Toruberlin at 23:20
正確には、Nuでした。チ..
by Segodon at 04:59
そうだ、そうだ!と思った..
by Toruberlin at 23:46
じゃっど、じゃっど。笑 ..
by Segodon at 05:06
Yusukeちゃん、素晴..
by Toruberlin at 23:29
このゴム…良さそうですね..
by Yusuke at 19:58
とっても=わっぜ かな..
by Toruberlin at 06:54
わっぜうまかったです。ま..
by segodon at 04:51
そうだったね、外の席で。..
by Toruberlin at 17:55
アンペルマンのピザ。確か..
by Segodon at 16:07
せごどん、そうね。はっき..
by Toruberlin at 10:59
パスタは徹さんのご自宅で..
by Segodon at 06:12
片言のドイツ語だった、ま..
by Toruberlin at 01:31
わ、行ってみたい!ドイツ..
by PUKU at 21:55
せごどん、いまフィルハー..
by Toruberlin at 22:19
呼んでいただき、酒コント..
by Segodon at 19:02
それは良かった!またやろ..
by Toruberlin at 10:43

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Witt先生のアルバムから。

c0180686_22241687.jpg
この写真、素晴らしいですよね!
カラヤンとベルリンフィルの最初のアメリカ旅行、1950年代の演奏旅行の話をしてくれましたが時間がかかるとかプロペラとか予想可能な話もありますが、なんと到着先での寝場所の確保は各団員の仕事だったそうです。驚き!
今の演奏旅行がどのくらい恵まれていることか?!
経費は支給されていたそうですが、例えばNYに着いても最初の仕事は宿の確保。インターネットがあった時代ではありません。モーテルに泊まることが多かったそうです。ベルリンフィルでも最初の頃はそうだったんですね。
今でもビータで移動も宿も自由なオケはあります、支給される出張費はそれで浮くこともあるかもしれませんが、そして自由もあるでしょうが、今は携帯で何でも出来るから、条件はずいぶんと違いますね。
まだ若くて下っ端だった先生、セクションの先輩の部屋も一緒に確保して褒められた!なんて話は予想しない驚きでした。
もちろん、その後は戦後の復興もし、カラヤンとベルリンフィルは飛翔したのですから来日公演の頃には全く別になっていたのでしょう。
こちらも素晴らしい写真です。
撮影中にマエストロがバスセクションに来たときのショット。親友のG.Z.さんが(セカンドヴァイオリンでした)写真が好きで(趣味の領域は越えていて)その御蔭かWitt先生のアルバムには貴重な写真がたくさんあります。
c0180686_22341142.jpg
閲覧は喜んでですが転用はしないでくださいね。


by Toruberlin | 2014-06-03 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/22209259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Tatsuya Sugino at 2014-06-09 00:00 x
Toruさん

バスセクションとマエストロカラヤンとの写真、鳥肌が立つほどかっこいいです。専属のプロカメラマンの撮影かと思いましたが、団員の方とは…。素晴らしい!
ベルリンフィルが最も輝いていた時代だと思います。
Witt先生もご高齢、たしか我が亡き父と同い年。先生には何時迄もお元気でいて欲しいですね。
Commented by Toruberlin at 2014-06-09 16:47
Suginoさん、こんにちは!
この写真、素晴らしいでしょう?SASとの写真はG.Z.さんですが、こちらは違うかもしれません。他にも録音のすぐ後にカラヤン、シュバルベたちと先生が聴いてる様子の写真がありますが、それはG.Z.氏の撮影で、宝物写真がたくさんあるのです。
ベートーヴェンの全曲は3回あるのかな?僕は最初のが好きです。最高のベートーヴェンと思います。
音楽家が研鑽を積んで、選ばれた人々が集まっただけでは足りない要素が、この頃のカラヤンとベルリンフィルにはあったんだろなー。
80年代初めでも、神々の集団の音がしていました。
先生は1930年だから昭和5年生まれです。
Commented by Tatsuya Sugino at 2014-06-09 22:00 x
Toruさん
こんにちは。
50〜60年代は英雄たちの時代、70〜80年代はまさに神々の時代だったと思いますね。
ぼくは幸運なことに、マエストロベームの実演は体験出来ましたが、いく度かチャンスはあったにもかかわらず、結局、マエストロカラヤンの実演に触れることが出来ませんでした。
Commented by Toruberlin at 2014-06-10 00:41
80年の11月にベルリンに来て、カラヤン指揮のベルリンフィルを、またカラヤン時代のベルリンフィルをたっぷり聴いて、また演奏に参加できたのはありがたいことでした。
Witt先生に薫陶を受けて、リハや本番を聴き、またリハや本番に参加できて理解したことは、それだけが音楽のすべてではありませんが、とっても大きなことでした。
何を弾くか、より、どう弾くか。
どうしてそういう演奏になるのか?
考えながら答えが見つかる素晴らしい環境に在ったと思います。
いろんな意味で、大事な80年代でした。