ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

日曜日のベルリン
at 2017-08-20 14:45
バスルーム用洗剤
at 2017-08-19 23:58
最上の弦は?
at 2017-08-18 15:34
AMPELMANN ポートレート
at 2017-08-17 20:33
ポートレート
at 2017-08-17 09:24
8/14はなんとMちゃん、誕..
at 2017-08-16 17:17
いろいろ、は誰でもきっとある。
at 2017-08-16 10:46
終戦記念日
at 2017-08-15 17:57
新しい鯛茶漬け
at 2017-08-14 19:50
8月14日
at 2017-08-14 10:08
散歩の続き+鶏カツ弁当と鯛茶漬け
at 2017-08-14 01:07
日曜日の散歩
at 2017-08-14 00:08
金曜の朝、そして晩餐
at 2017-08-13 13:27
アグネス・ラム 巻頭カラー@..
at 2017-08-12 20:07
体感気温12℃、ですって!
at 2017-08-12 15:52
Ein Kontrabaß ..
at 2017-08-11 10:08
月曜日の炭火焼き@バルコニー
at 2017-08-10 16:59
バルコニーで
at 2017-08-10 11:37
キーマカレーランチ
at 2017-08-09 08:54
日曜日の表プレンツ散歩
at 2017-08-08 14:17

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20
貴重な記録ありがとうござ..
by 植木信勝 at 21:42
魚捌くのは、包丁使えるな..
by Toruberlin at 08:17
マグロいいですねー。僕も..
by Masaya at 18:21
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 23:00
とっても楽しい美味しい一..
by PUKU at 05:50
古橋さん、楽しい夜でした..
by Toruberlin at 17:48
とても美味しい料理に最高..
by 古橋貴正 at 12:36
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 06:10
ほんっと素晴らしい晩餐で..
by Puku at 22:55
Masayaくん、参加あ..
by Toruberlin at 18:33
おいしい料理においしい日..
by Masaya at 16:34
古橋さん、おはようござい..
by Toruberlin at 15:45
高橋さん、こんにちは。 ..
by 古橋貴正 at 07:36
何か質問があったらどうぞ..
by Toruberlin at 02:07

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Nex6とAngeniuexType R11 28mm

c0180686_03484090.jpg
c0180686_03482803.jpg
3月にやっと手に入れた、長年切望してたパリのアンジェニュー28mm。NEXを使ってるので28mmは35mm銀塩カメラでは約42mmのレンズとなります。これはとっても使い易い画角です。
バルナック、M3、R4でライカレンズ。ExaktaでZeiss、いや80年代からローデンストックやZeissのレンズが着いた蛇腹カメラは素人ながら愛用してきました。時間と手間をそこまでかけられないので、なかなかレンズを熟知するまではいかず、でもそれがNex5と出会って5N,5Rと続き6に至りましたが、理解するのに要する時間はグッと短縮してます。撮った時に直ぐにディスプレーで見ることができ、そして数時間後にはMacBookProの画面で再現できる。もちろん上はあるでしょうが僕には充分です。
c0180686_03480496.jpg





c0180686_03481551.jpg
それで好きなレンズというのが出来、ライカやZeiss、シュナイダー、そして有名じゃないドイツのメーカー、はたまた伊達の御大に紹介していただき知ったトミーテックのヘリコイドシステムを入手し日本が誇るニコン、ライカ、ローデンシュトックやシュナイダーの引き伸ばしレンズ、そしてCマウントアダプターでKern社のレンズも知ることができました。
どのレンズも、ある程度はすぐに使いこなせ、そして良さは理解できる。もっともっと「持っている」かもしれないけれど、ある程度の「特別な良さ」は僕でも実感できます。
c0180686_03474597.jpg
しかしこのパリのアンジェニューは、すぐには?でした。同じ手順で使っても、どうも良さが判らなかった。写真撮影ばかりに集中する訳にいかなかった春の帰国が最初の同伴でしたが「かなりの価格だったのに、失敗だったのか?!」とも感じるほどでした。
c0180686_03472134.jpg
ローテンブルクで7月に撮影した何枚かで、購入は正しかったことを確信しました。そして先日から、少しづつですが知ろうとしています。
c0180686_03470425.jpg
ピントの取り方、被写界深度、露出、どれも今まで持ってる名レンズと、違う。
だから大事な撮影にはまだ持って行けません。しかし、このように撮るのは、楽しい!
c0180686_03463469.jpg
カラーに独特の色がでます。レンズ自体は赤系のコーティングが見えるんですが、色が鮮やかじゃない。Zeissなどの渋いオールドレンズに慣れた僕でも、渋い。最新の日本のレンズに慣れていたら、きっと?!と思います。
c0180686_03462142.jpg
しかし、柔らかく、味がある。
c0180686_03460752.jpg
モノクローム撮影だと、まだ扱い易く感じます。カラーは絞り値とカメラの露出のバランスで、かなり変わります。
c0180686_03454885.jpg
ピントはどこに、そしてどこで、で変わり、これも味ですが、色はもう好みの世界ですね。
c0180686_03452509.jpg
c0180686_03451217.jpg
c0180686_03450028.jpg
もともと好きなモノクローム、そっちに走ってしまいます。このレンズでモノクロームポートレートも面白いだろうな!
写真は撮影後一切いじっていません。
c0180686_03443502.jpg
ポルチーニ茸。
c0180686_03442197.jpg
c0180686_03440828.jpg
これにコントラストが+されると、きっと美味しそうな料理写真になる。
c0180686_03435397.jpg
下の方が美味しそうですが、この時の実際はこんな色でした。
これ以上のコントラストを出してもっと美味しそうに録るのが良いのか?それとも見たままを!か。
これは録音と同じ様に難しい。録音は、人は目でも聴くので、実際にホールで鳴っているよりはメリハリを付けることがある、多い。料理は匂いもだけど目の前にある質感、それは別の場所で「目だけで」見る時に、さーてどっちがよいか?
情報を加味するか?それとも、その場で見たままを!か?
今日の写真は、その場で見たままを、でした。
c0180686_03432728.jpg
黒い部分を入れればコントラストもキリッとでます。これはNEXがやっているのでしょう。逆光も面白いレンズです。
まだまだ研究の余地というか、研究しがいのあるレンズです。
デジタルボディで、たくさんの事が楽になった写真撮影、こういう癖というか性格が単純じゃないレンズとの組み合わせが楽しいです。
c0180686_03431201.jpg
弾き易いコントラバスの方が良いんだけど、音を出す為の技も臨機応変に駆使しないと、いや、駆使するともっと答えてくれるオールドイタリアン、そんな系です。パリ生まれのアンジェニュー、きっと35mmとか、他のレンズも面白いのだろうな。
さて、ライカには色々な物欲刺激レンズがあります。
しかしもっと欲しいのはKernのマクロスイターかなー?きっと、いつか出会いがあるでしょう。
c0180686_03385292.jpg

by Toruberlin | 2014-08-27 23:59 | 趣味の話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/22527559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by n.yagimuma at 2014-08-30 08:39 x
徹さんおはようございます。非常に興味深い、面白いお話ですね!正に必ずしもどちらが良いとは言い切れない部分であると思います。美味しそうに見えたり、メリハリをつけてより良く聴ける完璧な演奏・・しかし実際に香りを楽しみながら、又はライヴで演奏家や会場の雰囲気、息使いやスリリングさなどを感じながらというのも大きな魅力の一つですよね!個人的にはズレや遊びの部分って非常に面白く、魅力的に感じることが多いですね!ただ、状況により選択、アジャスト等は必要になってくるでしょうけど。
Commented by Toruberlin at 2014-08-31 01:37
柳沼君、コメントありがとう。
面白いよね。写真もやはり用途に依って出来の目標が変わる訳です。
演奏は、わざとスリリングにすることは、まあ基本的には無いのだけど、言いたいことは判ります。
アンサンブルは(セッションは)相手のあることだから、当然、一瞬一瞬が変わることもあります。
自分をどれだけ出して、そしてどれだけ廻りに合わせるか?
そのバランスが肝要なのは対人関係と同じ。
そのたくさんの「同じこと」をする際に、意図して、そしてさじ加減で変わるのを楽しめたら、色々と相乗効果で楽しくなるよね。
あなたの20cm超の鯵を、さてどう食すか?どの酒に合わせるか?
楽しいね。