ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

12/2 室内楽コンサートへ..
at 2017-11-16 23:59
少しの間、断酒
at 2017-11-15 23:59
A'damのいろんな顔
at 2017-11-14 23:59
やはりA'damでも一度は和..
at 2017-11-13 23:59
A'damにて
at 2017-11-12 23:59
フグのひれ酒
at 2017-11-11 23:59
Die Schöpfung ..
at 2017-11-10 23:59
久しぶりの秋晴れだった金曜日
at 2017-11-09 23:59
A'dam ゴッホ美術館
at 2017-11-08 23:59
11/5 30年ぶりのA'd..
at 2017-11-06 23:59
アマトリチャーナな日曜ブランチ
at 2017-11-05 23:59
いつもの中華GF
at 2017-11-04 23:59
11/12 日曜日の教会コン..
at 2017-11-03 23:59
11/13@ベルリン
at 2017-11-02 23:59
buon giorno!
at 2017-11-01 23:59
伊達の御大に戴いた山椒の実。
at 2017-10-31 23:59
ベルリン最初のブランチ。
at 2017-10-30 23:59
10/18もご馳走続きの佳き..
at 2017-10-29 23:59
10/17はご近所で晩御飯
at 2017-10-28 23:59
麻布の夜
at 2017-10-27 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:25
徹さん、れいこちゃん、お..
by r at 20:03
yukiちゃん、早速あり..
by Toruberlin at 13:37
徹さん、長旅お疲れさまで..
by yuki at 11:57
植木さま、おいでいただき..
by Toruberlin at 01:18
この夜は親友の隠し玉付き..
by Toruberlin at 01:16
やはり田酒は希少なんだね..
by Toruberlin at 01:14
本日のリサイタル、楽しま..
by 植木信勝 at 00:27
本当に素敵なお店ばかり!..
by rica at 10:15
素敵なお蕎麦屋さんですね..
by rica at 10:11

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

AMPELMANN Quintett 2014 in 伊達保原 11/7です!

c0180686_08270972.jpg
今年の秋のアンペルマン室内楽は3公演です。
10/31は津和野にてデュエット、そして11/7に伊達保原で、11/9に東京で行います。
アンペルマンデュエットのご案内は既に致しました。
津和野での初のサロンコンサート@沙羅の木さんは、ほぼ完売だそうです。
今年のアンペルマンクインテットは2012年の弦楽クインテットと人数は同じですが弦はデュエットのヴァイオリンとコントラバスだけでクラリネット、ホルン、ファゴットが加わってのクインテットです。
そう、メロディーはもちろんですがハーモニーに幅の出る組み合わせなんです。
弦楽器だけのハーモニーも良いですが、管楽器3本が加わると、小さいオーケストラの様なことが可能になります。
c0180686_08274569.jpg
今回のプログラムとコンセプトです。




プログラム

ロッシーニ   セビリアの理髪師

マスカーニ   カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲(高橋幸代編曲)

高橋幸代    光の降る夜に(初演)

高橋幸代     BERLIN 20s (2013年保原にて初演)

ワグナー     タンホイザー序曲(高橋幸代編曲) 

F.ハーゼンエール もうひとりのティルオイレンシュピーゲル


「もうひとりのティル」欧州で社交界に好まれた愉しみ。
19世紀末、史上まれにみる文化の爛熟を示したオーストリア・ハンガリー帝国の首都ウィーン、絵画ではグスタフ・クリムトがエゴン・シーレがそして作曲ではヨハン・シュトラウス、マーラー、ブラームスなど枚挙に暇がない大物揃いが活躍しました。
作曲家リヒャルト・シュトラウスはミュンヘン生まれ,その当時は指揮者としても有名でした。1894年にはバイロイト音楽祭でワグナーのオペラ「タンホイザー」を指揮しています。
第一次世界大戦の20年ほど前,文化的に円熟した華やかなウィーンでは頻繁に宴が催されていました。貴族の館などのサロンで毎週行われるパーティーには,ある流行がありました。大オーケストラの曲を小編成に書き換えての演奏。サロン音楽とも呼ばれるそれには、作曲家マーラーも作品を残しています。
さて時は移り1954年、大戦が終わり華やかさが戻って来た音楽の都ウィーンのサロンで、やはり大オーケストラの曲の室内楽編成への編曲が話題になった時「でもR.シュトラウス教授の曲をまさか室内楽には出来ないだろう!」との言を耳にした作曲家F.ハーゼンエールが編曲して翌週には「音楽のいたずら」として披露したと言われています。
この秋のアンペルマン室内楽はこのR.シュトラウス作曲「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」の五重奏版「もうひとりのティル」を演奏するにあたり東京芸術大学助手の若き作曲家高橋幸代さんに「ヨーロッパ社交界の楽しみを再現したい!」と提案しました。
シュトラウスがバイロイトで指揮したワグナーの「タンホイザー」イタリアの作曲家マスカーニのオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」の室内楽編成への編曲を依頼し、また昨秋に弦楽器4人で伊達で初演したBERLIN 1920s(高橋幸代)を本人が五重奏に編曲、そして今回初演となる新曲「光の降る夜に」も書いてくれています。
文化的栄華を極めたヨーロッパの1世紀以上前の作品を現在日本で活躍してる作曲家高橋幸代が室内楽に編曲します。ハーゼンエールの「もうひとりのティル」は室内楽編曲版の最高傑作と言われています。そこに彼女のオリジナル作品を2曲加え全曲ヴァイオリン、コントラバス、クラリネット、ホルン、ファゴットの五重奏編成で演奏します。
ベルリンに縁のある5人の演奏者と作曲家のコラボレーション,どうぞお楽しみください!
高橋 徹

上のフライヤーと同じ文章です。
11月4日から伊達でリハーサル、風光明媚な宿で2日半、もちろん宿の美味しい御飯+福島と保原の名イタリアンなどでリハだけじゃなく余暇も愉しみ音楽を形にします。天気が良ければ紅葉も愉しみ、露天風呂も予定に入っています。
伊達保原の会場は、伊達市長が小学校新築の際に「外部にも貸し出してコンサートなどが出来る様に」と加えた自慢の施設と聞いてましたが果たしてその通り、素晴らしい音響の(小学校のとは思えない)ホールでした。
c0180686_08221570.jpg
昨年は「もうひとつの弦楽四重奏」と題し、Rossiniの弦楽ソナタから3曲、高橋幸代のBERLIN 1920s、チェロとコントラバスのデュエットを親友のグスタフ・リヴィニウスと2曲。
c0180686_08203274.jpg
c0180686_08205300.jpg
そしてアンペルマンデュエットも一曲。高橋幸代の「白を映す碧-ヴァイオリンとコントラバスの為に」(2013年春、東京にて初演)などを満員の伊達市立保原小学校ホールで演奏しました。
c0180686_08211553.jpg
合間に曲の説明を入れたコンサートでした。本来は話をせずに演奏するものですが、どうも好評で、今年も曲の合間に何回か話すことになりそうです。
c0180686_08214063.jpg
c0180686_08470653.jpg
今年はドイツに縁ある日本人5人で、本来はオーケストラの為の曲を演奏します。
東京公演よりもここの方が響きは良いか?!
どうぞお楽しみに!
c0180686_08194735.jpg

by Toruberlin | 2014-10-19 23:59 | AMPELMANN Japan 2014 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/22852340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]