ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

Liebenzeller 松ヤニ
at 2017-08-22 23:55
夏のベルリン
at 2017-08-21 13:13
日曜日のベルリン
at 2017-08-20 14:45
バスルーム用洗剤
at 2017-08-19 23:58
最上の弦は?
at 2017-08-18 15:34
AMPELMANN ポートレート
at 2017-08-17 20:33
ポートレート
at 2017-08-17 09:24
8/14はなんとMちゃん、誕..
at 2017-08-16 17:17
いろいろ、は誰でもきっとある。
at 2017-08-16 10:46
終戦記念日
at 2017-08-15 17:57
新しい鯛茶漬け
at 2017-08-14 19:50
8月14日
at 2017-08-14 10:08
散歩の続き+鶏カツ弁当と鯛茶漬け
at 2017-08-14 01:07
日曜日の散歩
at 2017-08-14 00:08
金曜の朝、そして晩餐
at 2017-08-13 13:27
アグネス・ラム 巻頭カラー@..
at 2017-08-12 20:07
体感気温12℃、ですって!
at 2017-08-12 15:52
Ein Kontrabaß ..
at 2017-08-11 10:08
月曜日の炭火焼き@バルコニー
at 2017-08-10 16:59
バルコニーで
at 2017-08-10 11:37

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20
貴重な記録ありがとうござ..
by 植木信勝 at 21:42
魚捌くのは、包丁使えるな..
by Toruberlin at 08:17
マグロいいですねー。僕も..
by Masaya at 18:21
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 23:00
とっても楽しい美味しい一..
by PUKU at 05:50
古橋さん、楽しい夜でした..
by Toruberlin at 17:48
とても美味しい料理に最高..
by 古橋貴正 at 12:36
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 06:10
ほんっと素晴らしい晩餐で..
by Puku at 22:55
Masayaくん、参加あ..
by Toruberlin at 18:33
おいしい料理においしい日..
by Masaya at 16:34

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

そしてまたVino Nobile di Montepulciano。

c0180686_12465829.jpg
木曜日の夜も、楽器を弾いた後は同じような展開となりました。
写真的に違うのはグラスですね。前夜のは120年ぐらい前のワイングラス、こちらは手作りには変わりないですが湯布院の亀の井別荘にあるショップで手にれたグラスです。良いのがいくつもあったのですが特にこれが気に入りました。
ウイスキーを飲むよりも、また冷酒を飲むよりも、ワインに適しています。
c0180686_12464543.jpg
皿の上も前夜と同じくCoppaとパルメザン。
でもツマミは他にもありました。
c0180686_12460645.jpg




c0180686_12455308.jpg
かなり高価だったけど7-8年前だったかな?手に入れたドイツ語の本。その名も「イタリア料理」
c0180686_12453892.jpg
イタリア料理は地方料理の集まり。各地方で違いますが、この本も地方ごとに特産も含めて料理が紹介されレシピも付いています。
c0180686_12452445.jpg
これぞイタリア!って一枚。良いですね_!
c0180686_12462592.jpg
見ながら、こっちも進みます。
c0180686_12451070.jpg
パスタも地方ごとに違う。これは、千穂さんのお宅でのアントネッロの料理教室で習ったやり方です。
c0180686_12445481.jpg
アントネッロもこの頃にピザやパンを焼く釜を製作中でした。
火のある生活は良いですね、それで調理できたら最高!
郡山の友人、柳沼くんは薪ストーヴの専門家ですが彼を通して知ったストーヴ、ベルリンドイツ響の首席コントラバス奏者ペーターの以前の別荘にも、今のベルリンの家にも薪ストーヴがやはりありますが、良いです。
Witt先生亭はじめベルリンの友人宅に暖炉がある家は多いですが、やはり良いものです。
でも薪ストーヴの方が暖炉よりも手軽に作れるし使えるかな?秋のアンペルマンクインテット公演で飯坂温泉に泊まりましたがそこの青葉旅館、数寄屋造りの素晴らしく「和」の日本旅館に西洋の薪ストーヴが坪庭に設置され良い風情と暖かさでした。これも郡山のファイヤーライフ社の仕事です。完全に火がオープンな暖炉よりも、やはり少し安心か?薪ストーヴに興味がある方は同社の柳沼氏にご連絡ください。ワインを愛し食を愛する、誠実な人で任せられますよ、安心して。
c0180686_12443773.jpg
この本、ソファで読むには重すぎる。テーブルに開いてワイン片手にゆっくり、が◎です。
c0180686_12442417.jpg
そしてエミリア・ラマーニャ州のページには
c0180686_12440759.jpg
もちろんコッパも。
c0180686_12433629.jpg
トスカーナのワイン。
c0180686_12435188.jpg
伊達保原のLaWasabiのオーナーシェフ夫妻と千穂さんに通訳をお願いして行った奥キアンティのブローリオ城、当主のリカゾーリ家はキアンティの起源とも言える造り手だそうですが、モンテプルチアーノに数回、音楽祭で長逗留して知った様々なワインセラーもそうですが、他にもモンタルチーノをはじめ面白いところがたくさんあるはず。また次回が楽しみです!
晩御飯まで、ワインとアンティとこの本で過ごしました。
c0180686_12432065.jpg





by Toruberlin | 2015-01-24 12:42 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/23373740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]