ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

アスパラが旬なので。
at 2017-05-11 23:59
Schöneberg のチョ..
at 2017-05-10 23:59
鴎外晩餐inベルリン
at 2017-05-09 23:59
告別の会
at 2017-05-08 23:59
Mass of the Ch..
at 2017-05-07 23:13
弦楽器工房にて。
at 2017-05-06 23:59
ゲッセマネ教会にて。
at 2017-05-05 23:51
超高級物件!
at 2017-05-04 23:37
VW Bus Type2 v..
at 2017-05-03 00:23
AMPELMANN Cafe..
at 2017-05-02 23:59
ドイツ語版「ラーメンガール」
at 2017-05-01 23:59
湖畔でWeizen
at 2017-04-30 23:59
水曜日の櫻。
at 2017-04-29 23:55
最近特に気に入ってるオールド..
at 2017-04-28 23:59
久しぶりに
at 2017-04-27 23:57
復活祭の休日に。
at 2017-04-26 11:33
ノルウエー通りの八重櫻並木。
at 2017-04-25 09:15
ミュンヘン生まれのレンズ。
at 2017-04-24 15:41
Bollito Misto
at 2017-04-23 13:01
楽しいお手入れ。
at 2017-04-22 23:11

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

教会がなかったら、クラシ..
by Toruberlin at 23:29
EKさん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 23:19
教会のコンサートが多くの..
by EK at 07:54
お義父様のご冥福をお祈り..
by EK at 07:37
EKさん、コメントありが..
by Toruberlin at 20:23
FBに書き込んで、こちら..
by Toruberlin at 17:09
ドイツ語版だけに僕の声が..
by Toruberlin at 17:06
ベルリン、だいぶ陽が長く..
by EK at 10:30
古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58
Prenzlauerの中..
by Toruberlin at 21:51
Eberswalder ..
by Masaya at 19:45
土地柄というのはプレンツ..
by Toruberlin at 18:01
時計工房にZeissの双..
by Toruberlin at 17:57
チェコビール率が高いです..
by Masaya at 11:51
月末の桜祭りに合わせてく..
by Toruberlin at 08:22
あ、そうですね。四月の終..
by Masaya at 11:57
Zeissの古いレンズい..
by Masaya at 11:55
昨日は風で花吹雪、花の命..
by Toruberlin at 15:09
Mauerparkのとこ..
by Masaya at 15:16

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

小西六写真工業

c0180686_01361703.jpg
アナログ写真、いわゆる銀塩フィルム写真が第一線を退くどころか、ほぼ無くなっている現在、アナログ時代のレンズ、いわゆるオールドレンズは安価になりました。ミラーレス機の出現でデジタルとアナログの融合といいますか、日本製デジカメ「最新の頭脳」とオールドレンズの「最高の目」がマウントアダプターを介することで組み合わされ、素晴らしい効果を生んでくれます。
私はZeissのあと銀塩の最後はLeicaのMシリーズとRシリーズを愛用していましたから、その当時のレンズ(一切手放してません)を使えるミラーレス一眼の出現には大喝采を送りました。そしてEマウントが気に入っています。
c0180686_01324951.jpg
現在のメインはNEX6です。この上はLeicaMしかないと思っていますが、その理由は何度か書いてますので今日は省きます。オールドレンズといえばドイツ製が主役。前述の二社以外にも有名どころではSchbneider,Rodenstock、小さいメーカーはたくさんありました。二大メーカーはドイツで特に安価というわけでもなく、また日本に良い状態のが多く残ってます。
ドイツが主役と書きましたが、ドイツを追った日本(そして商業的には追い越しました)日本工学、観音カメラがZeiss、Leicaの模倣から始め、戦後はMade in Japanの素晴らしいレンズたちが生まれました。今でも数千ユーロの値がつく日本製レンズは多くあります。
福島の青柳御大に頂いた古いPentaxレンズもですが、こちらで手に入るRokkor(六甲に工場があったから)Nikkorなどのクオリティの高さには驚いています。そして数が多い(こちらでも多く売れた70年代のレンズ、例えば)アナログカメラ用レンズは嬉しい価格でまだまだあります。
小西六写真工業、僕がドイツに住んだすっと後、1987年にKonicaと改名されました。「さくらカラー」で有名なKonica、フィルムメーカーですがカメラも作ってました。
のちにMINOLTAと合併し、そのコニカミノルタはソニーに併合されます。今のソニーのカメラのクオリティにはそういう経緯があるわけです。
親友のクリスチャン、現職の前はソニーでカメラを担当してました。日本出張で元コニカミノルタの写真部門を訪れた際に贈られたというMマウントのHexanon(コニカブランド)を持っていてハンブルクの家で僕のNEX5で使わせてもらったことがありました。一目惚れするレンズでした。そのMマウントはあまり数がなく、まだ手に入れてません。高価なんです。
しかし一眼レフ用のHexanonに縁あって出会いました。50mmと28mm、それでNEX用のアダプターを注文し待っていたのが、昨日の昼、スタジオの仕事に出かける際に届いたのです。
c0180686_01355086.jpg




カバンにNEXはAngenieuxのレンズ付きで入ってたので、28mmだけ持って、その届いた包みを持って家を出ました。
スタジオ仕事は日本語指導ですぐに終わり、早速包みを開けて撮ったのが、上の写真です。とっても気に入りました。
次のアポはMitte(中央区)、クロイツベルクを抜けてアンペルマン本社に向かいました。
c0180686_01353184.jpg
信号待ちで、道から中庭を。
c0180686_01351378.jpg
Alexander広場。
c0180686_01332866.jpg
MINIの車内からピントだけ合わせての試し撮り、露出もきちんと合わせてませんが、好きです。
c0180686_01320467.jpg
50mmF1.8、クリスチャンの持ってるMマウントよりも大きいですがNEXには似合ってる、デザインは似てます。
c0180686_01322750.jpg
私の父は男三人兄弟で、末の弟は小西六に勤めていました。コニカの一眼レフを買おうと思ったことはないですが、このレンズには驚きました。叔父の勤めていた会社ですが日本のレンズメーカーの中ではメジャーとは言えません、しかし素晴らしいレンズを作ってたのです。そしてこれは(私の私見ですが)フィルム時代ではあまり気づかなかった良さなのではないか?
デジタル時代になり、しかし最新のレンズは正確だけれど面白くなく(全てじゃないですよ)面白いオールドレンズ、なかなか使い熟さなかった玉まで、ミラーレス機に装着すればその組み合わせ、相性で華開くと思います。
c0180686_01315075.jpg
こちらは28mm、Eマウントですと35mmフィルム換算で42mmです。50mmは75mmとこっちも使いやすい画角です。
日本にも、まだまだ日本製のレンズはたくさん、しかも安価であります。銀座のカメラ店でニコンの古い、しかも綺麗なズームが5000円でした、作春。
ライカなどはきっとこれからも変わらず、いや値が上がるか?
日本の名レンズたち、写真好きの方は使わないのはもったいないですよ。そしてきっと、どこの家にも昔のがしまってあるかもしれません、写真好きだったおじいちゃんのレンズが。
c0180686_01312257.jpg

by Toruberlin | 2015-02-19 17:26 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/23540402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]