ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-20 03:51
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49
Vermicelli all..
at 2017-09-04 15:08

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20
貴重な記録ありがとうござ..
by 植木信勝 at 21:42
魚捌くのは、包丁使えるな..
by Toruberlin at 08:17

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ティアガルテンの森を通ってフィルハーモニーへ

c0180686_01161145.jpg
c0180686_01160414.jpg
上の写真は現在はドイチェバンクが購入してベルリンフィルに貸与してるWitt先生がベルリンフィルで弾いていた五弦です。作者はHammig、典型的なドイツの特大五弦ですが、写真の角度なのか、そう大きく見えませんね。
二枚目はフィルハーモニーを道を一本隔てた広大な森ティアガルテンです。
c0180686_01155767.jpg
Witt先生がベルリンフィルを退団したのは定年よりも3年早い92年でした。壁崩壊から3年、統一から2年後です。
壁があった時代は渋滞とか駐車場を長く探すとかは、まずなかった西ベルリン、その最後の3年は、つまり壁が開いてからしばらくは、それまで郊外を持たなかった大都市西ベルリンに車が押し寄せたわけですから、Wannseeの家からステージまで25分で到着していたなんてのは過去の夢物語りとなり1時間は当たり前でした。ベルリンを知らない車が迷い、しかも絶対数が多く、また東西通過のインフラが全く整ってなかったわけですから、その混雑さは想像に難くないと思います。
その頃、先生はベルビュー宮殿の裏のベルビュー駅まで電車に乗り、城の脇を通ってティアガルテンを横断し仕事においでになることが多かった。いや、壁崩壊前も時々は散歩がてらにそうしてらっしゃったなー。
昨日のリハに行く途中メルセデスの中で思い出し、写真の戦勝記念塔のあるロータリーをフィルハーモニー方面に曲がらずこの辺りに駐車しました。
c0180686_01155066.jpg
良い天気で、かなり濃い緑から漏れる朝日が美しかった!
c0180686_01154324.jpg




こんな道を先生のお供でフィルハーモニーに通ったことを思い出しました。ただ僕も出演するときは(リハには)車を使い、陽気の良い季節の本番前に駅からの20分ちょっとの散歩でした。
c0180686_01153300.jpg
森を突っ切り大通りを斜めに横切ってベルビュー宮殿に続く道です。突き当たりのちょっと手前を右折すると
c0180686_01152561.jpg
フィルハーモニーが見えます。
c0180686_01151623.jpg
大ホール、カラヤンサーカスと名付けられた理由がこのシルエットでよく判りますね。
c0180686_01150300.jpg
クリスチャンと舞台袖の楽器庫が開いていたので中に入り、久しぶりに先生の楽器を手にしました。
c0180686_01145541.jpg
初めてベルリンフィルに出演したときは、どの五弦を弾いたんだったろう?ベルリンフィルは(DSOもだけど)五弦しか使いません。首席奏者が特別なソロがあるとき、例えば先生はマーラーとかメタモルフォーゼン、プルチネッラには家からイタリアン4弦を持ってきましたが、それ以外は五弦です。先生が降り番のコンサートでは写真の五弦を弾かせていただいてました。
お前が欲しいか?と訊いてくださいましたが、やはりベルリンフィルに残るべき楽器と判断なさり、他の例と比べれば尋常じゃない少ない対価で置いて行かれた楽器です。

さて、楽器をたくさん持っている身ではありますが先生のイタリアン、これは弾きたいなー!と思っていますが、まだ具体的には何も考えられません。僕も生涯現役といっても、あと25年か30年か?
楽器や弓たちはその間、使わせてもらい次の世代に手渡すべく、愛用しています。
c0180686_01144888.jpg



by Toruberlin | 2015-09-16 17:13 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/24691900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2015-09-18 01:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Toruberlin at 2015-09-18 17:20
M君、おはよう!ありがとうございます。
この大都会のど真ん中の広大な森、これもベルリンの魅力の一つです。
契約、素晴らしいね。
何か目的があるならばそれは別だし思うこともあるのかもしれないが
それは世界のトップオケに就職したのに、他のオケも経験してみたいと移籍するようなもの。隣の芝生は青い、ということもある。
僕なら、その素晴らしい工房で上を目指すけれど。
年末かー、忙しい盛りだが、今年は古い友人が日本から歌のソリストで来るしクリスマスオラトリオ聴きがてら来る?
10月は13日戻りだなー、次回は二人で呑むのも良いね。
Commented at 2015-09-19 01:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-19 01:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Toruberlin at 2015-09-19 16:03
住処に関して言えば、これを機会にドレスデンに引っ越すのは?
田舎の古い町も良いけど、そういう問題があるんじゃなー。
Commented by Toruberlin at 2015-09-19 16:07
そうか、人の手を介するけれど、工房よりも工場的、なのか。
今の場で上を目指しながら、自分で時計造りを始めることはできないのだろうか?
多分、他の工房で手伝うなんてのは、ご法度なんだよね?
長期休暇の時に、興味があれば今は引退してるけどベルリンで名修理士と名高かったMeisterHirsch、紹介しようか?
今は自宅の離れに工房を移して、顧客の要望に答えてるはずだけど、可能なら手伝うのも面白いかもね。
もちろん教会などでのコンサートにも、ぜひどうぞ!
Commented at 2015-09-19 19:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Toruberlin at 2015-09-27 21:35
M君,コメント見逃していました。失礼!
なるほど、そっちの方が便利なのか。
住めば都というけれど,ご近所と仲良くして,自分の住む街にしちゃえば良いね。
うん、Meister Hは、ベルリンの時計好きの間でも有名な人です。
ベルリンに来る前に,コンタクトとって可能なら訪ねよう!