ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49
Vermicelli all..
at 2017-09-04 15:08
ナポリ料理店 LimaLima
at 2017-09-04 05:43
BOAT Vol.2
at 2017-09-03 15:10

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20
貴重な記録ありがとうござ..
by 植木信勝 at 21:42
魚捌くのは、包丁使えるな..
by Toruberlin at 08:17

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Tetsu Suzuki in Cremona

c0180686_15312409.jpg
今回のイタリア、ミラノ日記がまだまだ2-3回は書けるくらい濃い内容が残っていますが、火曜日にカタリーナに空港まで送ってもらい、いつものFIAT500(今回はミディアムグレー)をレンタルして、まずは近所のクレモナに行きました。
そのあとの予定がリグーリア海に面した古都に二泊でしたが、ちょうど一泊決まってない日があり、もちろんミラノにもう一泊でもよかったんだけど好きな町、クレモナに行きました。天気も良く正解で街を散歩し美味しい晩ご飯を食し、さて翌日。
新しい楽器には基本的に全く何の興味もないので、だから弦楽器工房もたくさんあるけれど、普通に靴屋や雑貨屋を覗くような感覚で散歩してましたが、いつだったかたまたまFBで見かけた日本人の工房HPを思い出しました。
もちろん新作なんですが、写真でも造りが良いのは判り、工房にも興味があったので夜中に「急ですが可能なら明日伺いたい」メールを送ったら、すぐに「どうぞ!」と返事が返ってきました。
上の写真は、11時頃に工房に伺い、さんざん楽器2本を弾かせてもらってから昼食を共にしてワイン飲みながら色々語り合い、そしてまた夕方工房に伺った時のだから、もうかなり打ち解けた感じで、良い写真ですね。
c0180686_15292441.jpg
楽器は2本ありました。⒋弦がMaggini、5弦はAmati。彼は他にGasparo da Salo(ドラゴネッティの)Gofriller、Montagnanaなどの、実際に採寸した楽器をモデルに製作しています。工房のHPはこちら、写真の楽器たちが美しく、拝見したいと思ったページです。
c0180686_15294228.jpg




工房はホテルがあるDuomo広場から徒歩7-8分、散歩がてら伺いました。
ヴァイオリンからチェロが専門のイタリア人と一緒に開いた工房、その雰囲気はすでに大事な「こだわり」を感じました。
まずはとにかく、弾きやすい。4弦は1年間、オケ奏者が弾いていてステップアップのために戻ってきた楽器、すでにある程度弾き込まれてます。もう一本の5弦は出来立て、ベルリンフィルメンバーの室内楽コンサートに貸与したから、それで弾かれただけの状態でした。
どちらも、弾いていたらドンドン鳴ってきました。そして良くなかった各弦のバランスも,変わってきました。
c0180686_15293476.jpg
弾きやすい、っていうのはなんどもブログにも書いてますが、音程が取りやすいとか弾き勝手が良いとか、そういう面が重視されますが、とにかく音がちゃんと鳴る事=弾きやすい、です。
ベルリンでも日本でも、様々な新作を手にした事がありますが、この鈴木徹氏製作の楽器ほど、弾きやすい新作には出会った事がありません。
c0180686_15295500.jpg
コントラバスの音色、楽器としてものすごく使いにくくても、その大事な音色が、それこそ一番大事で(もちろん何でも、そのバランスが大事なのですが)だからボロボロのオールドの方がたとえ出ない音とか弾きにくい事はあっても、どんな美しい新作よりも優ってる!いや、比べるべき対象でもないと思ってました。
これは最近のドイツのP社の五弦、NKOPでJがオールドPとミッテンヴァルトの工房で交換してきたのを弾いて、新作にしては驚くほど良い!とは思いましたが、でも、それは彼の持っていたオールドPと比べての話で、音に色や品は無く、しかも鳴りやすくもない。いや、新作を弾いていて好きな方々には失礼かもしれないけれど、それが私の意見です。この新作Pは、それまでの認識では驚くほど良かったのです、しかし、私の新作への評価は、そんな次元でした。
もちろん、誰もがイタリアンオールドを手に入れられるわけでは無く、それは経済的理由だけじゃ無く、出会いの縁があるかないかも大きく左右します。それで、さんざん探して、新作を選ぶという選択もある。DSOの新しい首席、彼も200万くらいだったのかなー?手に入れたイタリアンの新作は、彼がものすごく弾きこんでることもあり、先日のフィルハーモニーでのコンサートでも、良い音を出してました。もちろん彼固有の音が半分以上、楽器も悪くない。彼がオールド五弦を弾いていたら、もっともっと変わるでしょうが、1年近く探して、その数倍の予算でも見つけられなかったのです。僕の楽器も(五弦5本あるのを知ってるので)尋ねられましたが、今は手放す予定はないので、断らざるを得なかった。今すでに、そういう時が来たら必ず教えてね!とは言われてます。
さて、ずっと疑問がありました。
オールドも200年前には新作だった。当時の方が作者の腕が圧倒的に良かった?いや、平均レベルはきっと今の方が上でしょう。
天才の数は、もしかしたら時代によって、かなりの差はあるかもしれない。
楽器演奏もそうですが、写真を撮る時にも、料理を作る時にも思う、「魂」を込めること、そういう意気込みで製作するかどうかが一つの大きな別れ道と思うのですが、今の時代に、今の新作で、いずれは良いオールドになる楽器って果たしてあるのだろうか?と思っていました。
少し弾けば、ある程度は変わってくるはず。でも、全く変わってない新作も多くある。
十分良い楽器は、多々あるでしょうが、100年、200年後に残る楽器が、最初はどんなだったんだろう?
というのが、疑問でした。
今回、彼の楽器を長い時間弾かせてもらい、その答えが見えた気がします。
どの音も出るし、弾きやすい。驚き!です。
なら、BusanやScarampella、Bracciなどなどは、要らない?
訳は無く、音の色の多彩さ、味とか品、これが「差」と思います。

もし僕が楽器を探していたら、間違いなくこのMagginiは買ったなー。
というか、300万円で素晴らしいオールドを探すのは、まず無理。
若い奏者で今からオーディションなら、1日10時間以上これで弾きこみ(そういう意味で弾きやすいから、練習にも最適と思います、そして疲れない!癖のあるイタリアンオールドなんか弾いてたら、体を壊すかもしれない)ドンドン鳴らし、そしてきっと、日々成長していき、数ヶ月経ったら格段に良い楽器になり、きっと色も増えてくる。
そしてトップオケに入団し、いずれオールドは手に入れば良い。そんな気がします。
僕が30年前に彼の楽器に出会っていたら、そうするのが間違いなく、ベストな道だったんじゃないかなー?
それとも、イタリアンオールドで勉強させてもらったから、そう思えるのかしら?
5弦を探してる方、特に趣味で弾いてる方は、この写真のアマティモデル、彼の最初のアマティモデルですが、良いです。そして300万円くらいというのは、他のヨーロピアン新作に比べてもフレンドリーですね。
あまりたくさん注文が来て、彼が余裕もって楽しみながら製作できなくなっても困るのだけど、今はこの2本と製作中のMontagnanaモデル、あと日本にゴフリラーモデルがあるそうです。
c0180686_15291649.jpg
c0180686_15285043.jpg
c0180686_15290207.jpg
お邪魔だったでしょうが、数日そばで仕事を見ながら写真撮影したいくらい、興味深いです。
c0180686_15284136.jpg
兎にも角にも、僕の新作への考えが変わりました。
9本も持っているし、恩師のオールドイタリアンA.Marianiも是非弾かせて欲しいのだけど、TetsuさんにMagginiモデルで4弦造ってもらい、どんなに変わっていくかを知りたい気があります。
弾きや易いと書きましたが、例えば新曲を練習するのに、色の豊富さや音の品では(Tetsuさん、失礼!)劣りますが、ちゃんとすべての音が鳴ってくれて音程は取り易いわ,移弦はし易いわだから、きっとグランドデュオを最初から練習し始めても数日で弾けるようになってしまう。弾けない曲は無くなるんじゃないか?というくらい、です。
もちろん曲を作るのに,その色の豊富さや品は,とっても大事。だから併用は,面白いかもしれないなー。
そして、新作もドンドン良くなっていき、数年後には新作でコンサートをやりたくなるかもしれない。

今はVerdiの故郷の田舎町、Busettoで書いてます。今日はベルリンに戻る日。
また、じっくりと楽器の話は書くつもりです。彼の工房で撮った写真も,まだまだあります。
c0180686_15283238.jpg
ランチに出かけました。
c0180686_15282314.jpg
その途中,教えてくださったのが僕の五弦、Aristide Cavalliの工房があった廃墟。彼の工房から数分の場所です。
c0180686_15280523.jpg
失礼して,中も撮らせてもらいました。ここで生まれたのだなー!。
イタリア日記,まだまだ続きます。
さて今から,朝食。夕方にはベルリンに到着,明後日は帰国です。
c0180686_15281500.jpg



by Toruberlin | 2015-09-27 09:26 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/24735963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Yusuke at 2015-09-27 23:45 x
徹さんが新作についてそこまで仰る…Tetsu も嬉しいでしょう!
でも確かに彼の楽器はここ数年で更に良くなってるし、ユーザーも(当団も含め)楽器に弾かされてる(笑)感じがします…。
僕も余裕があれば…とは思いますが…(汗)
しかし…Tetsu の5弦…まだ見たことないです…日本には入れてないんですかね?
Commented by Toruberlin at 2015-09-28 00:22
そうか、祐介ちゃんは知ってるんだな!
団のは4弦?この五弦、初のアマティモデル、買い!です。
方法が見つかれば二本持っていきたいと言ってた。来月末の科学技術館に参加するらしいよ!
もう既に鳴り出してる!サイズも良いし、300万というのは、(五弦は少し高いかな?)素晴らしいと思う!
Commented by Yusuke at 2015-09-30 00:11 x
団のは4弦です…他にも個人ユーズでTetsu の楽器を使ってる仲間を知ってますが、弾き込む程にどんどん良くなります…素晴らしいですね!
僕も来月の科学技術館には顔出せそうなので、もし5弦持って来れたら是非拝見したいです!
Commented by Toruberlin at 2015-10-07 15:30
祐介ちゃん、返事が遅くなり失礼!
弾きこむほどに良くなる、それを自分でやってみたいね。
五弦、日本に持っていけば良いのに!と話してますが、まずは中旬にベルリンに持ってくる予定だそうです。
彼のテールピースをG.Guadaniniに装着して週末のコンサートにのぞみましたが、楽器はかなり良くなった!
テールガット、弦もだけど、テールピースでも変わるねー!