ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

いっちゃん、帰国の日
at 2017-07-17 23:59
ノブくん、フィルハーモニーで..
at 2017-07-16 23:59
Islayball アイラボール
at 2017-07-15 23:11
7/13 晩餐@ULA Be..
at 2017-07-14 23:47
7月13日
at 2017-07-13 16:05
サマートリュフ(黒トリュフ)
at 2017-07-12 10:57
暑中見舞い申し上げます
at 2017-07-12 10:16
初陣の生酒を呑むために。
at 2017-07-11 20:52
日曜の夜も「さーて何を食おう..
at 2017-07-10 23:59
日曜日、ヘドヴィヒ大聖堂から..
at 2017-07-09 23:59
(続)5/13の晩餐
at 2017-07-08 23:59
成澤文京区長をお迎えして「さ..
at 2017-07-07 23:59
お昼ご飯はテニスクラブRot..
at 2017-07-06 23:59
鴎外晩餐の翌日、まずはアンペ..
at 2017-07-05 23:59
鷗外晩餐 in 伯林 Vol.2
at 2017-07-04 20:38
鴎外晩餐 in ベルリン
at 2017-07-03 20:35
2016秋の帰国日記inBe..
at 2017-07-02 23:59
2016秋の帰国日記inBe..
at 2017-07-01 23:59
カチャトーラ レシピブログ
at 2017-06-30 16:04
拙宅ランチ
at 2017-06-30 14:02

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 23:00
とっても楽しい美味しい一..
by PUKU at 05:50
古橋さん、楽しい夜でした..
by Toruberlin at 17:48
とても美味しい料理に最高..
by 古橋貴正 at 12:36
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 06:10
ほんっと素晴らしい晩餐で..
by Puku at 22:55
Masayaくん、参加あ..
by Toruberlin at 18:33
おいしい料理においしい日..
by Masaya at 16:34
古橋さん、おはようござい..
by Toruberlin at 15:45
高橋さん、こんにちは。 ..
by 古橋貴正 at 07:36
何か質問があったらどうぞ..
by Toruberlin at 02:07
よろしゅうごさいました。..
by Toruberlin at 02:04
詳しいレシピを有り難うご..
by PUKU at 22:13
徹さん、有り難うございま..
by PUKU at 22:11
みさちゃん、素晴らしかっ..
by Toruberlin at 18:43
そうか、Yusukeちゃ..
by Toruberlin at 18:37
みさちゃん経由だったのか..
by Toruberlin at 18:23
素晴らしいコンサートでし..
by みさ at 20:30
チョン君ですね♡ 一昨..
by みさ at 18:56
汐澤先生には大学のオケの..
by Yusuke at 18:40

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Marien教会にて (12/25)

c0180686_04081582.jpg
c0180686_04080770.jpg
13世紀に建てられたベルリンでも最も古い教会のひとつ、ベルリンの中心部にあるマリエン教会。12/25は一昨年の夏にMS3の処女航海で一緒だったメンバーKammerphilharmonie Berlin-Brandenburgでコンサートでした。
この教会、初めて弾いたのは壁崩壊後でした。そう、街の真ん中なので旧東ベルリンにあります。
数年前に新説が出るまでは、鴎外の舞姫の舞台はこのマリエン教会となってました。初めてこの教会を訪れた時に、そう思った印象は今も変わらず、そして小説の舞台になったとされる教会は現存しないので、新しい感覚は持てません。鴎外の生活圏にあるこの教会、当時ももちろん存在したわけで、この教会に入ったことが無いとも言えませんね。
この教会、入口脇に考古学の遺跡保存みたいになってる部分がありますが、教会内も25年前とはかなり変わり明るくなっています。壁を塗り替えたからでしょうが、それだけじゃなく当時はもっと重い雰囲気を感じました。
c0180686_04074810.jpg
本番一時間前に集合して、軽くリハ。
c0180686_04075533.jpg
チェロは二人の女性、ピリオド楽器アンサンブル系です。この後ろ姿の彼女、会ったことがある。でも彼女は古楽しかやらない、しかも今はベルリンには住んでないそうだけど、僕より25-30歳年下だから、一緒に弾いたことがあるとしたら、そんな前のわけも無い。そして顔だけで一緒に弾いた覚えもありませんでした。
c0180686_04074308.jpg
一回目のコンサート、始まる直前。席数1000は遥かに超えますが7-8割は埋まってました。
c0180686_04073763.jpg




チェロのMちゃんがこの朝に電話くれて、北のほうに仕事で行っていて帰る途中にベルリンに一泊寄ります!とのことで二回の本番の間に2時間以上時間あるからクリスマスマーケットも教会の横でやってるし来てもらいました。ヴァイオリンのA嬢も一緒に三人でグリューワイン。
Mちゃんはチェロのグスティに紹介されたチェリスト。秋には世界文化賞のベルリン受賞者発表記者会見あとの晩餐会前にロッシーニのデュエットを二人で演奏しました。A嬢は彼女と藝大で同級生でベルリンの北の町のオケで弾いてます。
c0180686_04072308.jpg
二杯目を呑んでたら、急にトナカイとソリが空中を飛んでました。
c0180686_04072983.jpg
ちゃんとサンタが乗っていて、動くし話す。なかなか凝った演出でした。二人も大喜び!
c0180686_04071790.jpg
c0180686_04070824.jpg
さて二回目の公演は時計職人のM君が聴きに来てくれました。写真は全て彼が僕のNEXで。
c0180686_04062602.jpg
c0180686_04061960.jpg
バロック音楽、この場合はモダン楽器ですが(半分くらいは古楽もやってるけど)スタンダードな曲。そしてじっくりリハしても細かいことをやり出したらキリがなく、しかし二言三言、必要なことを打ち合わせ一度通して、あとはこの日に教会でバランスを調べて、リハ時間は全部で3時間くらいか?もちろん僕がもし音楽監督で本番やるなら、あと2回は機会を持って試みるけれど、やっつけ仕事のレベルじゃなく、これでも演奏はできる。多くリハして、それが演奏者の技量を補うためのモノだと結局はリハがないほうが良かったりもするわけで、スタンダード(知ってる曲)で個々が弾けていれば、これも可能です。
普通は指揮者がその役だけど、だから音楽監督というのはそれだけ重責、自由に何かをする、その目の前にある時間を使う権利を有するモノではないというのが(結果はそうなってるけど)真実だし、そうあって欲しいけれど、そうじゃないことが実に多い。プロは譜面を弾けるのは当たり前、もし合わない時とか微調整に時間をつかうことはあっても、本来のリハは音楽のためにあるはずで、そうじゃなければ、あまり要らない。
そして周りはどうであれ、自分のために弾けること、自分のために周りに音楽を提案することが、大事ですね。
c0180686_04061318.jpg
チェンバロコンチェルトのソリストはハノーファー音大の教授でした。上手くいって嬉しそうだった。
c0180686_04060583.jpg
c0180686_04054777.jpg
c0180686_04054090.jpg
二回目が始める前、楽屋で話していて、チェロの彼女とどこで会ったかがわかりました。
c0180686_04052744.jpg
何時からベルリンに?とか日本の話とかを何人かでしていて、壁崩壊してから国立歌劇場裏のSt.Hedwigsで何時も弾くようになり、当時の音楽監督M.Witt氏のおかげで古楽と知り合い、かなり長い間シュターツカペレのメンバーと弾いていた云々話してたら「あー、やっとわかった!」と彼女。一緒にアンサンブルとかオケで弾いた覚えはないし、アカムス(ベルリン古楽アカデミー)でもお互い演奏経験があるけれど時代が違うし、で終わってましたが、なんと彼女、翌日に弾くSt.Hedwigsの子供合唱団に居たのでした。小さい時から16-7までは歌っていたそうで、それで彼女は僕のKBを弾く姿は印象に残ってて、僕には彼女の顔しか記憶になかったのです。
今は中学生と小学生の若いお母さんだそうです。一緒に弾く機会がまたそう遠くなくあるでしょう、きっと。
c0180686_04052050.jpg






by Toruberlin | 2016-01-25 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/25248294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Masaya at 2016-02-01 06:20 x
周りはどうであれ、自分のために弾けること、自分のために周りに音楽を提案することが、大事ですね。

というお言葉は音楽に限らずいろんなお仕事に共通することかもしれませんね。でもプロで譜面を弾ける、演奏できるというスキルを持った上でということでは、僕の仕事なら基本設計、機構は身体に染み付いている、手先はよほど不器用じゃないぐらい修練しているとかがあってでしょうかね。
いろいろと自分の仕事に照らし合わせても考えさせられますね、いい演奏の裏にはそのようなお考えもあると。勉強になります。

写真使えるのがあったみたいでよかったです。
Commented by Toruberlin at 2016-02-02 08:50
うん、写真はたくさんあったよ、ありがとう。

残念ながら、やっつけ仕事も多くあってね。
好きな音楽で生活できてることを意識しないと、なかなか難しい。
しかし好きな音楽だからこそ、生業は別に持って、音楽くらいは自分の思い通りにやりたい!
そのバランスが摂れればよいし、そうじゃないと高い意識では続けられないのだと思う。