ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

A'dam ゴッホ美術館
at 2017-11-08 23:59
11/5 30年ぶりのA'd..
at 2017-11-06 23:59
アマトリチャーナな日曜ブランチ
at 2017-11-05 23:59
いつもの中華GF
at 2017-11-04 23:59
11/12 日曜日の教会コン..
at 2017-11-03 23:59
11/13@ベルリン
at 2017-11-02 23:59
buon giorno!
at 2017-11-01 23:59
伊達の御大に戴いた山椒の実。
at 2017-10-31 23:59
ベルリン最初のブランチ。
at 2017-10-30 23:59
10/18もご馳走続きの佳き..
at 2017-10-29 23:59
10/17はご近所で晩御飯
at 2017-10-28 23:59
麻布の夜
at 2017-10-27 23:59
ベルリンに戻りました!
at 2017-10-26 23:59
10/14 K下邸へ
at 2017-10-25 23:59
10/13 武蔵新田 酒菜亭
at 2017-10-24 23:59
日本で不可思議なこと
at 2017-10-23 23:59
10/8の夜は。
at 2017-10-22 23:45
10/8 T井邸へ M樹カメ..
at 2017-10-21 23:59
T井邸へVol.2
at 2017-10-20 23:59
10/8 T井邸へ
at 2017-10-19 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:25
徹さん、れいこちゃん、お..
by r at 20:03
yukiちゃん、早速あり..
by Toruberlin at 13:37
徹さん、長旅お疲れさまで..
by yuki at 11:57
植木さま、おいでいただき..
by Toruberlin at 01:18
この夜は親友の隠し玉付き..
by Toruberlin at 01:16
やはり田酒は希少なんだね..
by Toruberlin at 01:14
本日のリサイタル、楽しま..
by 植木信勝 at 00:27
本当に素敵なお店ばかり!..
by rica at 10:15
素敵なお蕎麦屋さんですね..
by rica at 10:11
ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 02:50
予約を入れていただきあり..
by 渡辺敏 at 13:36
渡辺様、はじめまして! ..
by Toruberlin at 13:30
それはびっくり!本当なら..
by Toruberlin at 13:26

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Witt先生の誕生日。

c0180686_03565618.jpg
クリスマスイヴにいつも通り「では次は遅くともフレディーの誕生日に!」と別れました。
奥様もお一人ですが元気になり、結構毎日忙しいらしい。これからも今までと同じように美味しい料理が並ぶ食卓を皆で囲みます。
c0180686_03593024.jpg
暖炉も、いつものように美しく燃え、まずはシャンパンで乾杯。
c0180686_03594152.jpg
末息子のTとTの幼なじみのFと奥さんの6人での晩餐でした。
クリスマス、いやその前の奥様の誕生日から先生の椅子が勿体無くも僕の座る場所となっています。
c0180686_03591133.jpg




c0180686_03592281.jpg
晩御飯は、このところ恒例のかぼちゃクリームスープとサラダ。付け合せはジャガイモのグラタンと赤キャベツ。メインはなんと、ゲンゼ(鵞鳥)の丸焼きでした。クリスマスのご馳走ですが、冷凍のゲンゼを店にとっておいてもらったそうで、これは先生の70歳くらいから4-5回、近所の湖畔のレストランに友人をお招きになりお祝いなさってましたが、その時にひと月後のゲンゼでした。奥様、それを再現なさった様です。
レストランでも予約しないと食べられないゲンゼ、11月から2ヶ月弱のご馳走ですが、他の時期にも食したいくらい美味しい!
クリスマス前のアドヴェント時期に僕が先生ご夫妻をそのレストランに毎年ご招待していた時期がありました。その時に、顔見知りの給仕に1月末でも20人くらいで可能か?とお尋ねになり、始まった恒例でした。

ゲンゼだけでも充分なのに6人なのと前回と同じだからか?ジビエのragoûtとポルチニー茸も付け合せでご用意下さってました。まずは先生の大好物だったかぼちゃのクリームスープ。
c0180686_03590264.jpg
身内の時は、お替りもしやすいし冷めないからとテーブルに鍋を持ってくる習慣、これも10年くらい前からかなー?いつもはTですがFが給仕役を買って出ました。
c0180686_03585456.jpg
これ一口食べて、胡椒をガリガリ挽いてもう一口、右手の人差し指を上にむけて「Gut!」とよく仰ってました。
c0180686_03584637.jpg
c0180686_03582417.jpg
厨房から好きなメインを皿に取り、グラタンとソースは食卓です。
c0180686_03583271.jpg
いつもながらエクセレントな!いや、クリスマスよりも更に美味しいゲンゼでした。
この腿と違う部位、胸肉をと取りに行き、しかしカリカリのお尻の方が残っていて骨のキワとかと皿に盛り、結局それで満腹。ジビエのragoûtもポルチーニ茸も残念ながら、入らなかった、、、。美味しかったそうです。
c0180686_03580864.jpg
奥様が最近よく観てるという、僕が撮影した先生の誕生日などのmovie。バッハの2本ヴァイオリン協奏曲とか、まあいろんな曲を弾きました。6回分、あるそうです。先生はピアノとリコーダー、そしてKB。あとはベルリンフィルのお仲間とか息子たちが一緒に演奏しました。ソロオーボエのアルブレヒト.Mは学生オケ時代からの仲間ですがWitt邸でバロックコンチェルトを先生と僕がコンティヌオで一緒に演奏したこともあります。
c0180686_03580245.jpg
大笑いは毎回、長男のC。早期英才教育を受けたんですが音楽家にはならず。しかし芸達者でギターの弾き語りが得意+上手い!飛び入りでTがベースで伴奏して熱唱の場面。
c0180686_03575474.jpg
少し観て皆で大笑いしたあと「今日は何を弾いてくれるの?」と奥様。
Fがピアノ、家内も最後に先生がよくお弾きになったノクターンを弾きましたが、僕は家内に伴奏してもらいボッテジーニ。
c0180686_03574296.jpg
10月以来のA.Mariani。弦はたぶん20年は替えてないし駒も反ってる。もう少ししたら、なんとかする提案をしないとな。すでにいろんな問い合わせがある様ですが、何も売却するおつもりはないです、今は。
c0180686_03573575.jpg
先生もマーラーソロとか弾くときに数週間前から弾きこんでいた、かなり特殊なツボの楽器で、昔は僕が弾いたらまともな音が出なかった。典型的なオールドイタリアン、しかし鳴ると、ものすごい。
当時お持ちだったもう一本の4弦G.di Luccaもオールドイタリアンですが、こちらは弾きやすくカラヤンのメタモルフォーゼンはそれで録音なさってますが、それ以外はコンサートも録音も4弦はこのマリアーニを「やはり音が違う!」と弾きにくいながらも選んでらっしゃいました。
いつ頃かなー、この楽器をある程度でも弾けるようになったのは?そう昔のことではありません。
c0180686_03572899.jpg
昔は弾けなかった、今日もそこまでバッチリじゃないけど!と説明中。
エレジーとベリーニのLaSonnaburaのテーマだけ弾きました。
c0180686_03571796.jpg
そして先生の楽器でBach。
c0180686_03570826.jpg
c0180686_04001115.jpg
ほぼ同じ場所で、おそらくはBachを演奏中の先生とAntonio Mariani。
c0180686_03550381.jpg

今日も4弦コントラバスたちと、特にPaolo Scarampellaと過ごしていました。
修理したあと、今日はまた特にブリリアントに美しい音を奏でてくれました。
少しまた理解があり、少し近づいたかな?と思える幸せな夕方でした。
c0180686_03544108.jpg









by Toruberlin | 2016-02-02 19:53 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/25255779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリンカ at 2016-02-03 14:52 x
初めまして。在欧20年のヴァイオリニストです。東京で毛替えをどこへ行ったら良いか検索していたら、こちらのブログにたどり着きました。池袋のJ&Cさんというのはどちらのことかお教えいただけませんか?紹介なしでも伺えるお店でしょうか?東京在住の知人からもどの職人さんが良いか情報は集めているのですが、余り信頼できる情報を得られず、困っております。どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by Toruberlin at 2016-02-03 20:00
マリンカさん、初めまして!
お住いのところでも高価ですか?それとも良くない?
ベルリンは、いやドイツの多くの街できっと、経費で落ちることが多いからか日本の2-3倍の価格で、しかも良い毛替えにあったことがなかったので私はもう何年も日本専門です。
店の情報を公開してないお店ですから調べても電話番号など出てきません。ご紹介しますから、非公開コメントでアドレスをどうぞ!
もともとお願いしたのは、楽器の修理でお邪魔して毛の話になり、そのころドイツでは化学処理した毛しか入らない云々で、ベルリンの室内楽仲間から日本には昔ながらの毛があるそうだとNYの楽器屋情報を聞き、店で訊いたら「うちの、そうですよ!」
腕もだけど、材料も大事です。それで10年以上のおつきあい、帰国の度にやってもらってます。ベルリンドイツ響の仲間二人(ヴァイオリン)もツアー中に同行して、その良さに感動してました。
日本には皆さんそれぞれ気に入った店があり、他にも良い店もあるようですがJ&Cさんは価格も良いです。バス弓で5000円ちょっと、そして美しい仕上がりです。
Commented at 2016-02-03 20:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-02-04 01:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Toruberlin at 2016-02-04 01:06
Mさん、メールをご覧ください。
Commented by Toruberlin at 2016-02-04 01:09
鍵コメYさん、
ありがとうございます。
素晴らしいでしょう?
ただイタリアン4弦を4本も持ってますので、そして自分には合っていて気に入ってるのです。でも恩師の楽器、もう少ししたら調整させてもらい可能なら弾きこむつもりです。
その場合は譲ってもらうというよりも、お借りすることになるのかな?と思っています。
Commented at 2017-08-15 00:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Toruberlin at 2017-08-15 01:12
ポムさん、はじめまして。
紹介するにはあなたのことを知らないと難しいです。お店が情報公開してないのには理由があります。
プロか?学生さんか?などなど。
メールアドレスだけでは性別すらもわかりません。
そして名前も知らない方をご紹介はできません。