ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

ノルウエー通りの八重櫻並木。
at 2017-04-25 09:15
ミュンヘン生まれのレンズ。
at 2017-04-24 15:41
Bollito Misto
at 2017-04-23 13:01
楽しいお手入れ。
at 2017-04-22 23:11
リスボンの靴
at 2017-04-21 13:00
ベルリンの八重櫻。
at 2017-04-20 23:55
続Spargel (白アスパラ)
at 2017-04-19 23:59
グルーネヴァルト散歩。
at 2017-04-18 20:24
月曜はすでに荒天でした。
at 2017-04-17 00:01
Spargel (白アスパラ)
at 2017-04-16 22:13
新着オールドレンズ
at 2017-04-16 11:13
骨つきラム。
at 2017-04-15 23:55
木蓮とマグロと雲丹。
at 2017-04-14 23:59
ヴォンゴレ。
at 2017-04-13 23:59
11mm サッカー映画フェス..
at 2017-04-12 23:59
11mm サッカー映画フェス..
at 2017-04-11 23:59
「鴎外晩餐」
at 2017-04-10 23:30
教育勅語
at 2017-04-09 23:49
Steinheil社のレンズ
at 2017-04-08 18:03
桜並木三日目だった日曜日。
at 2017-04-07 16:56

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58
Prenzlauerの中..
by Toruberlin at 21:51
Eberswalder ..
by Masaya at 19:45
土地柄というのはプレンツ..
by Toruberlin at 18:01
時計工房にZeissの双..
by Toruberlin at 17:57
チェコビール率が高いです..
by Masaya at 11:51
月末の桜祭りに合わせてく..
by Toruberlin at 08:22
あ、そうですね。四月の終..
by Masaya at 11:57
Zeissの古いレンズい..
by Masaya at 11:55
昨日は風で花吹雪、花の命..
by Toruberlin at 15:09
Mauerparkのとこ..
by Masaya at 15:16
新居に移ったんだね、お疲..
by Toruberlin at 21:10
Spaghetti al..
by Toruberlin at 00:07
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 16:39
FB、友達リクエストをい..
by 植木信勝 at 21:48
植木さん、コメントありが..
by Toruberlin at 22:54
「音程やタイミングが合う..
by 植木信勝 at 21:34
IKUちゃん、おはよう。..
by Toruberlin at 17:13
お久しぶりです!美しい教..
by Skkbr at 09:51

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

演奏にミスがあってはならない?!

c0180686_14232060.jpg
間違えること、ミスってそんなにダメなことなのか?
もちろん、ミスはダメである。
自分自身に言い聞かせるために、
または大事な人がやってしまったことを
どう将来に活かすか?は考えねばならない、そう将来のために。

ミスは起きてしまったらそれは仕方ない。
これは人命に関わる事ではシャレにならない。ミスはあってはならない。
しかしそうじゃない場合、特に音楽家のミスなどはそれは人が演奏することだし、そのミスを誘発するには他にもたくさんの要因がある。周りに影響されてはならないとは思うが、アンサンブルを大事にする音楽だからこそ、それは大きくあり得る。
リズムや音程が悪い相手との演奏は、それだけで調子が狂ってしまう。
だから、オケは仕事で仕方ないこともあるけれど、室内楽こそは、「何を」より大事な「どう」よりも「誰と」一緒に音楽するかが肝要となるのです。
話を戻すと、入試やコンクールの影響なのか?日本では特に、様々なミスにスポットが当たることが多い。実に残念なことです。
僕からすれば、鍵盤楽器くらいのあまい音程で弾く弦楽器奏者の卒ないと言われる演奏はミスだらけだし、魂のこもってない音を出すだけでも重大なミスである。
そういうことを深く考え、そのために毎日精進し、気を使い気を配り本番に臨み、何かの不運で違う音を弾いたり落ちたりしてしまうことがあったとする。そうすると、此処ぞとばかりに「それ」に注目するのは、目立たず最後まで譜面をたどって演奏を終えるのを最上というか音楽の目的とでも思っているからだろうか?
それがコンクールとか名門校入試の、たとえばフィギュアスケートが減点制であるように「must」な事柄だとしたら、そんなものは音楽には関係ないと言いきれます。
もちろん、ミスをしても「関係ない」と自分自身の中でも「どうでもよい」と思えってことではありません。
いつも書いてますが、一番大事なのはバランス、そして正しい(粋な、センスある、また知識豊富な)指針を持つことです。
そのバランスが、特に日本人の間では音楽でも「ミス」という一点にだけ、偏ってると思わざるをえません。
c0180686_14235014.jpg
オーボエの巨匠L.Koch氏が協奏曲をメータの指揮で演奏した時、ミスをした。それは曲を知ってる人じゃなくてもわかるくらい、音楽家なら。しかし1秒先には全く影響を受けず音楽に戻り、感銘を受けました。
ベルリンフィルに出演させていただいた何度目かでWitt先生がトップで僕は3プルトの裏、先生の斜め後ろでしたがソリストのN.マガロフ氏がGPは完璧だったのに初日で(リストのピアノコンチェルトでしたが)ワープしてしまった。ベルリンフィルで一瞬音がなくなる。「どうなるんだ?」と指揮者と先生を見た瞬間、先生がピアノが飛んだ先の和音をパシッと弾いたらオケの音が一気に集まった。翌日もその次も、いやそのワープした後もソリストは素晴らしい演奏をしました。

ミスは起きたら、どう対処するかが全てです。
そしてその対処と、それを加えたその後の準備が演奏家の力になる。
リスクを考えない、目立ったミスをしない演奏を心がけるのはまっぴらごめんです。ですが上に書いたバランスを摂って音楽はとことん追求し、そしてミスもなければ最上なのは、これは言うまでもありません。
c0180686_14361730.jpg
先日のシューベルト、とっても楽しい本番でした。Op.163もKBで演奏できることを確信しました。しかし録音聴くと「こんな?」と思える間違いを多々していて「悄げでました」とメールに書いてきたメンバーがいましたが、僕もそんな心境です。「あーあ」なとこがありますが、それは克服して次に活かしたい。いや、活かします。

KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokioコンサートinベルリン"Schuberts Quintette"次回は6/6の1930開演です。
響きの良い教会での演奏会です。どうぞ聴きに来てください!
c0180686_14271803.jpg







by Toruberlin | 2016-05-20 06:20 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/25624721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Yusuke at 2016-05-20 23:01 x
ミス…確かにお客さんに「揚げ足を取られる」ような言われ方されると、ネガティブにもなりますが…得てして、プレイバックを聴くと、その演奏に心がこもっていて、自然な流れがそこにあれば、ミスなんて取るに足らない出来事になるものですよね…。
先日の弦楽合奏でも、リピート間違えたり音が濁ったり…色々ありましたが、「生きてる演奏」だったから、お客さんも終演後覚えてない…という結果(笑)
僕もミスしないように集中しますが、ミスを怖がっては生きた音楽なんて雲の上の上…になってしまうと思って、ポジティブに挑んでます!(…これを「言い訳」と一蹴するお客さんや評論家には困ってますが…(泣))
Commented by Toruberlin at 2016-05-21 16:54
祐介ちゃん、おはよう。コメントありがとう。
揚げ足取られる、なんて経験は無いけれど、結局は何を聴くかなんだろうね。減点法で行ったら、きっとほとんどのパフォーマンスは楽しめない。
自分が本番で冷静に客観的に感じること。そして「正しいことばかりでは無いから気にしすぎもNGな」録音を聴いて、しかし情報として自分で考えること、これは大事だよね。
お笑いの世界のネタと被っているのか?そういうリアクションが気になる。後は本文に書いた、そういう人生を送ってきてるから、例えば自分の好みの音程じゃ無い人の演奏は全く認めないとか、プロなのに落ちる?!と大騒ぎするとかが起こるのでは無いかなと思う。
リピート間違えた?それは大問題、失格です。

はは、もちろん冗談。そうだねポジティブに。
きっとね、ミスをしないと思う必要は無い。
音楽を考えやりたいことが判っていて、そして練習の成果を生かし活きた演奏をするには集中も必要で、邪魔する要因がなければ、きっと事故が起こることはかなり稀なんである。
だからこそ、自分を磨くとともに、演奏する場も選ばねばならないし、その自分が演奏する場、音楽をさせてもらう自分の大事な場所の環境を良くしたいと思うんだよね。そのために自分も磨くし、相乗効果が起きてくれる。

結論としては、ミスはあってはいけない。
でも、それよりも大事なたくさんのことを行うことを、もっと大事にしたいものだね。