ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

今年も彼らがやって来た。
at 2017-03-28 10:16
ブルックナー打ち上げ@AMP..
at 2017-03-27 22:50
Konzert Orpheu..
at 2017-03-27 09:37
フィルハーモニーの室内楽ホー..
at 2017-03-26 15:39
日曜日の20時です。
at 2017-03-25 14:17
ベルリンの日常に戻り。
at 2017-03-24 23:15
Bruckner 3.& B..
at 2017-03-23 23:59
GP ゲネプロ。
at 2017-03-22 23:59
Giuseppe Bracc..
at 2017-03-21 23:59
初日リハ打ち上げ。
at 2017-03-20 23:59
ポツダムでのリハ、2日目
at 2017-03-19 10:39
Japan Bruckner..
at 2017-03-18 23:55
ポートレート撮影 音響設計家..
at 2017-03-17 23:59
早口と演奏
at 2017-03-16 23:59
Tiergartenの常設市場
at 2017-03-15 20:32
無用の用 (老子)
at 2017-03-14 23:27
ときどき春を感じる近頃のベル..
at 2017-03-13 23:59
例えばSchneiderのC..
at 2017-03-12 23:59
モルトウイスキー
at 2017-03-11 23:59
武士は喰わねど。
at 2017-03-10 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

植木さん、コメントありが..
by Toruberlin at 22:54
「音程やタイミングが合う..
by 植木信勝 at 21:34
IKUちゃん、おはよう。..
by Toruberlin at 17:13
お久しぶりです!美しい教..
by Skkbr at 09:51
Mr.ベースマンさん、は..
by Toruberlin at 01:46
F.O.さん、今回はご一..
by Toruberlin at 01:38
H.M.さん、コメントあ..
by Toruberlin at 01:34
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 01:31
Toruさん、はじめまし..
by Mr.ベースマン at 08:27
日曜日、聴かせていただけ..
by H.M. at 07:23
徹さま、こんにちは。A響..
by F.O. at 00:18
ホルンに塚田というおじさ..
by 植木信勝 at 21:40
あーちゃん、おはよう!な..
by Toruberlin at 18:39
うふふふふ・・徹さん。改..
by Puku at 18:54
y.y.さん、コメントあ..
by Toruberlin at 22:08
Toruさん、少しおやす..
by y.y. at 21:25
m.y.さん、コメントあ..
by Toruberlin at 04:55
Toruさん、毎日ブログ..
by m.y. at 23:22
ウリさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 21:12
流石色々と日本に持ち運ん..
by ウリ at 12:36

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

CKO@Britz城

c0180686_16212481.jpg
おはようございます。5月最後の日曜日、昼からは雨の予報ですが今日のベルリンも美しく晴れた朝で始まりました。昨夜は2時半頃就寝、四時半頃一度起こされましたが7時前に目覚めました。まあ昨日、ブランチ後に2時間弱ソファで眠ってしまったので、それを合わせれば充分寝ています。
写真は二週間前の日曜日、80年代から続いてるBritz城でのCKO-Corelli Kammerorcherster Berlinのコンサートでした。
c0180686_16205586.jpg
ハンガリー生まれのBP率いるコレルリ合奏団は、その名の通りCorelliなどのイタリアンバロックを中心に、イタリアンオールド弦楽器で(全部じゃ無いけど、僕も今回は18世紀ロンドン生まれのHILLでした)バッロク音楽を現代の楽器セッティングで演奏する団体です。ここ数十年の古楽研究、演奏は盛んに進み、特に僕は10数年ベルリン古楽アカデミーや聖ヘドヴィヒ大聖堂古楽アンサンブルに関わっていたので、それもよく知っています。そしてモダンと古楽の人は軽蔑の念もこめて話題にする気がするけれど、現代化は悪いことばかりではなく進化でもある。弦はガットコアをせめて使いたいというのは僕のこだわりだけれど、そして半音低いチューニングで弾いたり、それが良い効果を産めば素晴らしいのは幾度も経験済みだけれども、でもどうもしっくりこない。
ここにも何をどう演奏するか?よりも「誰と」が大きく関わるのは言うまでもなく、古楽アカデミーでの大編成でも音楽はもちろん音程の趣味もあってる本番とか、もっと小編成でのクリスマスオラトリオとか室内楽、様々な良き思い出はあるけれど、そしてヴィヴラートはどっちみちグワングワンも幅広いのも遅いのも嫌いだから、ヴィヴラート無しは嫌いじゃ無いんだけど、それだけじゃないから難しい。古楽は長年一緒にマジにやる仲間がいて、ずっと同じ団体でやらないと、途中でめげてしまいます。
ヴィヴラートに話を戻すけれど、今のヴィブラートと言われてるものの多くは存在しなかったとは思うけれど、人の声には自然にかかってるしWitt先生もバッハが多くの作品をクラヴィコードで作曲したことを考えれば、こんな美しいメロディをつなげたり、音楽をする上でクラビコードで鍵盤を左右に揺らせてかけなかった訳は無い!と仰ってましたが、その通りと思います。そういう自然なヴィヴラート、歌手のテクニックとやらでかけてるのではなく、カルーゾやジーリやカラスの自然な(そこにテクニックがないとは言わなけれど、そう感じさせない)音楽に添えられたヴィヴラートは自然と音楽とともにあったはずです。
研究段階で、それが大オーケストラの現状から大英断で実行してるマエストロはまた別ですが、古楽の研究段階で「これはなし」「この時代では、、」「研究の成果では、、、」要りません。
知識は必要、深い知識、広い見識は潤いになる。しかしここでもバランスが大事で、音楽家は自分のやりたいことを、その各人の経験と知識で(だから正しい指針が肝要なんだけど)センスで作曲家が書いてくれた譜面から音を出し紡いで音楽にするわけだから、考えに考え、そのために試し(練習し)楽しむのです。
そういうことができる環境はありがたいし、逆にできない環境ばかりでは辛いですよね音楽家として。
c0180686_16202502.jpg




さて、長くなりました。
この本番の日、その前の僕らのシューベルト室内楽の影響もありGPは前日か金曜に行われるのが常でしたが、今回は11時からでした。いつもは16時の本番なので14時頃に家を出るのです。
バルコニーの向こうから10時前頃から大勢の人の気配。湖畔公園の向こうに見える新カント通りに車の交通が少ない。もしや?と思い出てみると、通行止めでした。
ここを右折して先を左折したらアウトバーンの入り口なんですが、、。
c0180686_16195408.jpg
早く家を出て楽器を車に積んで大通りに出たら、こんな感じでした。
c0180686_16192440.jpg
c0180686_16185530.jpg
写真右の最寄駅からY嬢の姿が。時間通りに来てくれたので横道から北にまず向かい、一つ前の入り口からアウトバーンに入りこの道の下を通ってブリッツ城には時間通りに着けました。ここも電車なら40分以上はかかるのですが日曜の朝、10数分で車なら行けるのです。
c0180686_16182543.jpg
GP終えてホール横のレストランで軽食(季節のシュパーゲルスープ)を摂り、本番です。
本当ならお城のテラスコンサートなんですが、天気予報が雨だったおかげでホールでの本番でした。音響はその方が良い、外でやるよりもすっと多くのお客さんでした。
c0180686_16175561.jpg
BPは故Witt先生に僕が紹介したのが15年以上前か?aussterbener Rasse!(絶滅品種!)と彼のヴァイオリンをCKOコンサートを聴きに来てくれてまず一番に表しました。クライスラーやティボー、ハイフェッツの時代からベルリンフィルで弾いていて、僕の大好きなミシャ・エルマンとは何度一緒に弾いたかわからないくらい一緒に弾いたとおっしゃる、1954年から40年間ベルリンフィルの首席でフルトヴェングラー、カラヤン、アバドの時期をたくさんのソリストたちと過ごした先生が「今こんなヴァイオリンの音を聴くことができるとは!」と驚いた奏者です。WannseeのWitt邸にも何度か一緒に伺い、先生のピアノでベートーヴェンの春とか聴かせてもらいましたが、それも素晴らしかった。僕が知り合って30年弱、CKOはまだ東独にいてベルリン放送響のコンサートマスターだった時代に彼が作り、僕が一緒に弾くようになってからはバロック一筋、他はMozartが唯一でした。ソリストとしてはまだバルトークとかブラームスも弾きに西ドイツのオケに行ってましたが、聴いたことはありません。若いときはパガニーニばかり弾かせれ、東独国営音楽事務所の派遣でもロマンティック作品ばかりで世界で弾いてました。その反動か、バロックばかりですが、virtuosoなのはもちろんです。
弓を押さえつけないエレガントなその奏法と楽器の鳴らし方は、すべての弦楽器奏者が学ぶところがあると思いますが、ベルリンの音大では一年だけ教授を務め、国立の音大とオケの両方での就労はできなかった80年代の西ベルリン(だから当時のベルリンフィルには教授が皆無だった、当時のProf.タイトルはみな外国の音大でか、元ベルリン芸大です)演奏したくて教授は辞したそうですが、勿体なかったなー。それ以来UDK(HDK)では客員教授扱いです。
すっと前から、「もうそう長くは一緒に弾けない」と言ってますが、それだけ大活躍した人だから衰えも自覚しているのでしょう。練習量はずっと毎日かなりです。
知り合った頃はマジーニを弾いてました。今はコレクターから永久貸与されたデルジェス。この楽器、数十年誰も弾いてなかったからとにかく鳴らなかった。でも今は、楽器に造詣が深く調整もほとんど自分でするBPは見目麗しいデルジェスから本来の音を出してます。
c0180686_16172499.jpg
日本にも一緒に行きたいと思ってたのですが、彼も誰と一緒に弾くかがかなり大事な人で(僕とは少し考え方が違うけど)アンサンブル全員で訪日は難しく、実現はできていません。オケよりもクインテットで!と話した時期もありましたが例えば今やってるSchubertの五重奏はやはり自信がないそうです。というかイタリア音楽が好きなんだろーなー。
CKOのコンサート、次は我がテニスクラブでクリスマス前に、そして第三アドヴェントのブリッツ城(写真と同じホール)コンサートです。聴きにおいでになる価値は、ありますよ!
c0180686_16165553.jpg
c0180686_16162569.jpg
さて、この頃も冷やし中華がマイブーム。
c0180686_16154029.jpg
c0180686_16150989.jpg
朝に麺を仕上げました。
c0180686_16143997.jpg
しかし結局この夜は、美味しそうなステーキ用を手に入れてあって、それでステーキ丼!日本から運んだお米(兄が持たしてくれました)で更に美味しい!ドイツでたまに手に入る霜降りは、日本で食べる牛肉より好きです!で、キロあたり2000円しませんから食材は本当に安くて嬉しいベルリンです。
c0180686_16133207.jpg
で、翌日の昼に冷やし中華。
また食べたくなってきました。
明後日から一週間はまるまるびっちり仕事(めずらしい)本番が三回。明日も打ち合わせなどなど。
今日はしばらく天気が良いから午後まで、さーて何をしようかな?
c0180686_16125682.jpg

6/6月曜日はシューベルト五重奏です!
c0180686_17223144.jpg











by Toruberlin | 2016-05-29 09:11 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/25652621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]