ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49
Vermicelli all..
at 2017-09-04 15:08
ナポリ料理店 LimaLima
at 2017-09-04 05:43
BOAT Vol.2
at 2017-09-03 15:10

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20
貴重な記録ありがとうござ..
by 植木信勝 at 21:42
魚捌くのは、包丁使えるな..
by Toruberlin at 08:17

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

TAG1 2年ぶりのMein Schiff

c0180686_17504695.jpg
c0180686_17494507.jpg
おはようございます。7/26、火曜日です。
今回の船旅、Wifiは衛星回線ですが前回も100ユーロ以上はそれに使ったし今回も!と思っていたら、エレベータで一緒になった航海士が「船はいかがですか?」と訊いてくれ『快適です』のあと『そちらは?』と尋ねたら「すべて順調なんですが唯一Wifiだけが、、、」結局、5-6日上手くいかなかった様子です。
それで、いつもは写真とともに文章を書くのですが、普通の日記のように文章はキャビンで書き、写真と合わせるのはベルリンでやります。もちろん、文章の補足もしますが、さーて文体というか日記自体が変わるものでしょうか?

Tag 1

久しぶりのDB移動、mit KB。

シュパンダウにも止まるので、中央駅に戻るよりも良いし

コンパクトなので。

ハンブルクで52分の待ち合わせ

長いと思ったが、懐かしの駅を上から眺める通路でKBとトランクも置いて佇んでたら、時間は思ったよりも早くたった。

キール行きはかなり混雑してたけどHHで多く降り

先頭の自転車置き場がずらっとある車両から乗り込み

楽器も安全に置けて座れた。

駅からはタクシーで5分、チップ入れて8ユーロ。

近いのは良い。

チェックインは予定より遅れていて、トランクは預けて身軽ではあったがしばらく冷たい緑茶を楽しみながら待合室で過ごしました。

楽器が大きいから目立つし話しかけられるのはいつものこと。

特別に早く乗船し、中のフロントでチェックイン。

楽器を劇場において、ブランチへ。

c0180686_17470353.jpg
c0180686_17460278.jpg
この高所恐怖症の人にはありえないガラス床のテラスも、ありました。

c0180686_17453264.jpg

2年前のMS3と変わらないレストラン、

美味しさも。

c0180686_17501585.jpg





c0180686_17483192.jpg

エンターテイメントのトップ、旧友のTSO (チェロ弾き、元ベルリンドイツ響、バイエルン放送響の支配人)と二人での食事も2年ぶり。リハ前に一人で後尾の最上階のテラスで食べ始めたらTSOも早速きました。

c0180686_17490166.jpg

しかしひとつ、知らないことがあり驚きました。

先日のリハでも何かのメロディーを弾いていて、振り向いて人の名前を挙げ「思い出すよ、このメロディーを弾くと」『?』「2年前のツアーのすぐあとに自ら命を絶ったの、聞いてない?」

知りませんでした。で、その時はリハ中だったし、あとで訊くこともできず

リズボンでオケのオーディション受けてた彼か?

と、想像してましたが

このブランチでわかりました。彼じゃなくて彼女。

名前を覚えるのはかなり苦手なんですが、誰かはっきりわかりました。

彼女とは、一度サウナ内の船首での日光浴で一緒だったし、プールサイドで一緒に撮った写真もある。

ヴィーガンで、かなり鍛えていて、スリムでスタイル抜群、余分な脂肪はない感じの美女でした。30前後と思ってましたが、40近かったらしい。ドイツ人にしては若く見えた。

以前にも行方不明の後に森で発見されたことがあって、何か問題を抱えてはいたらしいけれど、

いや、問題は誰にでもあるわけで

それに押しつぶされてしまったんだな。

2年前の写真には前述のプールサイド、そして日光浴時、そして舞台での写真にたくさん写っていて、ご冥福を祈るしかありません。

c0180686_17450398.jpg
c0180686_17420736.jpg

グリークの美しいメロディが僕には悲しく響いた処女航海最初のリハでした。


晩御飯はひとり。

いや本当は、リハの後の出港をデッキで眺めていた時にコンサートマスターに、演出家とピアノソリストと指揮者夫婦とフルコースのアトランティックレストランでの夕食に誘われました。2時間後くらいだったか?

c0180686_17400658.jpg
このバーでビール飲んでたら、その知り合ったばかりのミュンヘンの演出家と一緒になり一杯飲んで、キャビンでジャケットに着替えてから向かったんですが

c0180686_17393666.jpg
広大で、見つけられなかった。二回、ぐるっと回ったんですが、、。

c0180686_17390686.jpg
今思えば、このレストランは2フロアに渡っていて、言われたDeck3に行ったつもりでしたが違ったのかもしれません。

でもまあ、楽しい夕食はあまり気が進まなかったのも事実で、だから発見できなかったか?

席を空けて待っててくれたそうで、悪いことしました。でもその粋な演出家「おかしいな、Toru来ないね?」とコンサートマスターが何度か言うので「きっと誰か綺麗な女性と出会って遅くなってるんだよ!」と言ってくれたそうですが、もちろん、違いました。

c0180686_17383643.jpg
同じ場所でしばらくバルチック海を眺め

c0180686_17374774.jpg
c0180686_17371750.jpg
食事には寒くなったので中へ。これで21時半頃だったかな?

c0180686_17364605.jpg
c0180686_17361743.jpg
海に沈む夕陽がお供、それで十分です。

c0180686_17354766.jpg


今回はバルコニー付きのキャビンで、快適。ありがたい。

c0180686_17403655.jpg
おい、カモメ!と呼ぶと

c0180686_17410788.jpg
c0180686_17413639.jpg

c0180686_17352170.jpg
c0180686_17261889.jpg
c0180686_17254884.jpg
こういう夕日を、見ていたのになー。
人それぞれ、どんな悩みや苦悩があるか知れない。
でも、生を受けて生かされてるなら、それを自分なりに精一杯全うする義務が生命体にはある。
だからそれを奪う行為は、生きるために仕方なくでなければ、許されない。
これは各自の自由と言われそうだが、だから食べるためじゃないハンティングも、釣りも嫌いです。
異教徒は人じゃないとする、宗教も。

宗教は生きる道標になる(らしい)
その信教の自由は認められるべきというのは解るけれど、カルト宗教や、テロリストの「異教徒を殺せば死後に栄える」なんて教義の宗教は、認めない。そしてそれは、その宗教を大事としてる人々から挙がって欲しい声である。
もしも、その宗教の信者が、異教徒は殺しても構わないと本当に思ってるのだとしたら、戦争は絶えないし、また核兵器でもなんでも使い戦うべき!となってしまう。
人命尊重が大前提の僕らと、別の価値観の人間との対話は、困難ですね。
人を殺めたら、来世にも未来永劫にも栄はない!と教義にあれば、どれだけ争いがなくなることか。


生きていくってことは、大変です。
自ら命を絶ってしまいたい気持ちが起きてしまうことも、理解できなくはない。
でもそういう時が人の価値が見える時、
見えるか見えないか?そのために日々を重ねて、ちゃんと生きていくのが僕らの使命なのでしょう。

だから、釣り師として魚は釣っても持って帰らないという趣味釣り師の一面は好きじゃありませんが、開高健氏の言葉「悠々として急げ」これに尽きると思うのです。

もう一度 合掌。
c0180686_17251809.jpg






by Toruberlin | 2016-07-16 23:59 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/25845498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]