ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

アスパラが旬なので。
at 2017-05-11 23:59
Schöneberg のチョ..
at 2017-05-10 23:59
鴎外晩餐inベルリン
at 2017-05-09 23:59
告別の会
at 2017-05-08 23:59
Mass of the Ch..
at 2017-05-07 23:13
弦楽器工房にて。
at 2017-05-06 23:59
ゲッセマネ教会にて。
at 2017-05-05 23:51
超高級物件!
at 2017-05-04 23:37
VW Bus Type2 v..
at 2017-05-03 00:23
AMPELMANN Cafe..
at 2017-05-02 23:59
ドイツ語版「ラーメンガール」
at 2017-05-01 23:59
湖畔でWeizen
at 2017-04-30 23:59
水曜日の櫻。
at 2017-04-29 23:55
最近特に気に入ってるオールド..
at 2017-04-28 23:59
久しぶりに
at 2017-04-27 23:57
復活祭の休日に。
at 2017-04-26 11:33
ノルウエー通りの八重櫻並木。
at 2017-04-25 09:15
ミュンヘン生まれのレンズ。
at 2017-04-24 15:41
Bollito Misto
at 2017-04-23 13:01
楽しいお手入れ。
at 2017-04-22 23:11

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

教会がなかったら、クラシ..
by Toruberlin at 23:29
EKさん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 23:19
教会のコンサートが多くの..
by EK at 07:54
お義父様のご冥福をお祈り..
by EK at 07:37
EKさん、コメントありが..
by Toruberlin at 20:23
FBに書き込んで、こちら..
by Toruberlin at 17:09
ドイツ語版だけに僕の声が..
by Toruberlin at 17:06
ベルリン、だいぶ陽が長く..
by EK at 10:30
古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58
Prenzlauerの中..
by Toruberlin at 21:51
Eberswalder ..
by Masaya at 19:45
土地柄というのはプレンツ..
by Toruberlin at 18:01
時計工房にZeissの双..
by Toruberlin at 17:57
チェコビール率が高いです..
by Masaya at 11:51
月末の桜祭りに合わせてく..
by Toruberlin at 08:22
あ、そうですね。四月の終..
by Masaya at 11:57
Zeissの古いレンズい..
by Masaya at 11:55
昨日は風で花吹雪、花の命..
by Toruberlin at 15:09
Mauerparkのとこ..
by Masaya at 15:16

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

コンチェルトハウスで。

c0180686_22362188.jpg
10/1 Studio Chor Berlinのコンサートでした。オケは我がNKOP (新ポツダム室内管弦楽団)
フィルハーモニーでは大ホールも室内楽ホールもKB1本での演奏は多々ありましたが、そういえばコンチェルトハウスの大ホールでは初めてでした。今回は楽器はプランス娘、パリ生まれのC.Brugere。僕の元に来る前にコレクターが僕が五弦しか興味がないと勘違いして改造された楽器です。四弦じゃあまり弾かないか手放していただろうから(今でもオールドイタリアン四弦は4本持ってますから)嬉しい勘違いでした。昔チェコに弾きに行った時は(そう言えば2年前のフランケンの音楽祭でも)ロッシーニのデュエットをこれで弾いたくらい、ソリスティックにも使える五弦です。
でも低音もよく鳴る、GGのガット弦にしてから大きく変わった楽器です。
そして竿が折れた事故もありましたが、それで交換してからも、また良くなりました。
手放すなら四弦はG.Guadanini、五弦ならこのフランス娘と思っていたんですが、うーん、無理かな?
c0180686_19064625.jpg
ミラノのクリスチャンの幼馴染ミヒャエルはNY医大の教授で目の専門家です。ちょうど一年前はニースでの学会の後ミラノに来て僕らの初日と重なりました。

彼は今年はベルリンの学会へ、そして金曜の夜到着で、本当は月曜の朝に彼のホテル(これが出来たばかりの元Stadtbad公衆浴場を大改装したお洒落なホテル!)で一緒に朝食の予定だったんですが、学会側がフライトを変更して便が早朝になり、土曜の本番前にコンチェルトハウスのカフェでコーヒーにしました。
c0180686_19062767.jpg
そしてせっかくだからと二人の息子にプレゼントを選びにコンチェルトハウス前のアンペルマンショップへ。ブルーの新しいTシャツ、僕も初めて見ましたが、それに決めました。
c0180686_19061812.jpg




夜のアポは20時からだというので1時間の直前リハに招待しました。写真はミヒャエルがiPhoneで。「クリスチャンに送る!」と数枚撮ってました。
c0180686_19061217.jpg
舞台上で。
c0180686_19060503.jpg
夜に時間があれば拙宅で炭火焼きでもしたんですが、残念。NYの市街地の古い素敵なアパートに住んでましたが少し前に海沿いに引っ越したそうで「遊びにおいでよ!」と言ってくれますが、そう言えばNYって1985年に行ったきりだなー。
c0180686_19055086.jpg
燕尾服に着替えて本番です。
c0180686_19054523.jpg
c0180686_19053867.jpg
ファゴットやトロンボーンは僕とほとんど一緒に動きます。ファゴットの美女二人が「Toru、もっとこっちに来て!」
コンサートマスターのWは着替えてる時に訊いたら「コントラバスはずっと聴こえてるし見えるから嬉しいよ」と言ってくれてましたがセカンドヴァイオリン、隣にいますが「ずっと聴こえて頼りにできるのはバスだけ」だからアンサンブルはバスとする、とペーター。
これ、KB弾きの僕が言うのも何ですが、アンサンブルの基本です。ずっと聴いてくれてるのは嬉しいし、またそうして一緒にアンサンブルできるように譜面は時々にして周りを見ることもしています。
c0180686_19052834.jpg
でも開演前に、今度はセカンドヴァイオリンのトップが、もっとこっちに来て!ファゴット寄りにしてたからですが、間にしました。こういうのも「モテる」っていうのかしらん?
c0180686_19052102.jpg
E.T.A.ホフマンのミゼーレは素晴らしいソリストの大活躍で、曲が生き生きし楽しかった!
Mozartはソリストの活躍もあるけれど、合唱団の方がさらに活躍する。パシッと出て来て比較的音程も良い合唱団、素晴らしいコンサートでした。
c0180686_19045682.jpg
指揮者はとっても若いAlexander Lebek氏。リハがとっても上手いのはもちろん音楽的に何がしたいかはっきりと示してくれるから、そしてこちらの提案を喜んでくれるから楽しい!やりすぎたらリハで(本番でも一度)すぐに反応してくれるし、一緒にやっている感が嬉しい指揮者です。この指揮者、この合唱団と是非また演奏したい!
フィルハーモニーの大ホールはもちろん良いけれど、室内楽ホールで合唱とやるよりも、このコンチェルトハウスの方が良いかなー?ここの杮落としシリーズで1987年、まだ東独時代にJungeDeutschePhilharminieで演奏しましたが、響きすぎて風呂場のようだった。今はとっても心地よく響くホールと思います。
さて今度の日曜はドイツ語に新約聖書を翻訳したルター、その彼の宗教裁判が行われたWormsが舞台のLuther in Wormsをフィルハーモニーの大ホールで16時開演です。
c0180686_19044282.jpg




by Toruberlin | 2016-10-02 23:50 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/26031612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Y at 2016-10-04 23:10 x
Toruさま、パリの楽器ですか!赤くてキレイだなーと思いました。本当にソロの歌に付き添い、合唱やオケを引っ張ってらっしゃいましたね。前にもどなたかがコメントで書いておいででしたが、すごい推進力と思いました。
プルチネラのソロをお弾きになった時もトロンボーンに負けてませんでしたが、私は二階の後ろの方に座ってましたがトロンボーン3本とぴったりあってるんだけれどビンビン聴こえて心地よかったです。またチェロともバスセクションが息が合ってるというか、前に書いてらっしゃったカラヤン時代のベルリンフィルの「チェロはコントラバスの倍音」という言葉を思い出しました。だから弦楽器全体が一体して綺麗に響いていました。歌の伴奏がお好きだと書いてらっしゃいますが、うんうんと納得しながら拝聴いたしました。
私も何度かYという名でコメント書かせていただいてますが、私は東京在住のOLです。アンペルマン音楽会は出張などでタイミングが合わずまだ一度も伺えてないのです。
いつか拝聴するのを楽しみにしています。
コンティヌオが、歌と一緒に音楽するのがお好きだと書いてらっしゃて、今回のような音楽を実際に聴かせていただくと、とっても幸せな気分になり友人と最後のベルリンの夜をホテルバーのカクテルで締めくくりました。
またベルリンにはきっと来ます!そしてまたぜひ、聴かせていただきたいです。今回オーケストラもオペラも何度か行きましたが、ダントツで最高のコンサートでした。
ありがとうございました。
Commented by Toruberlin at 2016-10-05 16:33
Yさま、嬉しいコメントありがとうございます。
プルチネラはブログに貼ったのを聴いてくださったんですね?!
ファゴット、トロンボーンとは一緒に弾いてる感を、今回は特に速い曲が速かったのでリハでは意見交換が必要でしたが良かったです。歌手とでも、また弦との室内楽でも共演者が何をしたいか?KBはメロディに沿うのが仕事の大部分ですから、それがまず大事で楽しい。
あとは、音楽の流れを周りと指揮者と一緒に、どう作るか?
これは滅多に無いですがKBがメロディの場合、たとえばコントラバスメインの曲の場合は、こちらが示さねばならず、歌との共演はそれの勉強になります。
ベルリンで今回、ダントツのコンサート!ありがとうございます。東京でのアンペルマン室内楽コンサートにも是非おいでください!