ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

J.S.Bach Solo-..
at 2017-12-14 19:57
2017年末までの、おもなオ..
at 2017-12-13 14:30
J.S.Bach クリスマス..
at 2017-12-13 03:52
金曜日 Vol.2
at 2017-12-12 17:01
金曜日 Vol.1
at 2017-12-11 20:53
木曜日の午後、晴れ!
at 2017-12-11 03:03
水曜日の晩餐
at 2017-12-10 12:13
大らかな大都会、ベルリン
at 2017-12-10 10:37
セカンドアドヴェント(+イ..
at 2017-12-09 22:13
水曜日のアペリティーヴォ。
at 2017-12-08 15:37
MilanoからファミリーR来宅
at 2017-12-08 13:02
AMPELMANN Toru..
at 2017-12-08 09:30
Aperitivo in B..
at 2017-12-07 23:21
拍子とアウフタクト
at 2017-12-06 23:59
BAR im Hotel
at 2017-12-05 23:04
(続)室内楽コンサート
at 2017-12-04 20:14
Adventskonzert..
at 2017-12-03 23:34
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-12-02 15:04
室内楽リハとムール貝
at 2017-12-01 23:53
バイプレーヤー
at 2017-11-30 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

お、いいね。イタリアなら..
by Toruberlin at 22:59
MOくん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 07:36
うん、アンペルマンのベル..
by Toruberlin at 01:37
ベルリンのウェブショップ..
by みさ at 22:43
古橋さん、面白いゲームで..
by Toruberlin at 16:49
可愛いでしょう。ずっとあ..
by Toruberlin at 16:45
たくさんの画像で現場の盛..
by 古橋貴正 at 20:40
とてもカワイイですね&#..
by みさ at 20:23
YSさん、コメントありが..
by Toruberlin at 16:19
素敵なBARですね。ヨー..
by YS at 22:30
昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ヴォルムスのルター

c0180686_16333772.jpg
1521年、ヴォルムス(Worms)の帝国議会。
1517年の『95ヶ条の論題』の提示、1519年のライプツィヒ論争でローマ教皇権威否定の発言により、1521年ルター支持の諸侯や民衆の声に押されて神聖ローマ皇帝カール5世は帝国議会を召集してルターを召喚した。
マルティン・ルターといえば、ドイツ語への新約聖書翻訳で有名ですがキリスト教の大改革を試みたのです。
カール5世は宗教改革により帝国が解体することを恐れ、ルターに主張の撤回を促しますが、拒否したルターは異端とされ、ローマ教会から破門されました。これは当時、ものすごいことだったのです。
ザクセン選帝侯フリードリヒ3世にヴァルトブルク城に匿われます。そう、聖書の翻訳をしたヴァルトブルク城です。
旧東独の南西端、西に近い場所にあるアイゼナッハ、J.S.Bachの生地としても有名ですが、そこにヴァルトブルク城はあります。
東西統一してから最初に目指して訪れたのは城の隣のホテル、とっても良いホテルで数年後に経営が変わるまで3-4度滞在しましたが、まだ観光客で賑わう前に朝一番、徒歩数分で行けて静かに拝観できました。

コンサートがMozartやブラームスだらけなのは、日本だけじゃなくベルリンも度合いは違いますが同じです。
ベートーヴェンなら内容はどうでも人は集まり、知らない作曲家の作品はガラガラ。
音楽は何を弾くかじゃなくどう弾くか?が全くもって逆さまです。
いや、著名な作曲家の作品たちは素晴らしいし、それを素晴らしいオケが演奏したら、もちろん良い。
でも指揮者の解釈でがっかりすることも、また多いのが名曲でもあります。
それだけ良い例を既に知っていますから。
話は逸れましたが、音楽の都ベルリンでも、やはりffで終わる曲はブラヴォーとなり、ベルリンフィルでもDSOでも有名作曲家の作品じゃないと超満員には程遠いことが多々あります。フランスものやロシアものもDSOで「え?」と思うくらい空席があることがある。トップオケが4つにオペラハウスが3つ、たくさんのゲスト公演、恵まれた音楽シーンだからの弊害でもあります。
東独時代、どこの街もどのコンサートも満席だったなー!とは東出身の音楽家、また僕自身も2-3度の東独ツアーで感じました、、、。

有名で残ってる作品には、もちろん理由があります。
でも、このLudwig Meinardusの作品"Luther in Worms"
キリスト教信者には特に大事件だった1521年のヴォルムス帝国議会を題材にしてることもですが、曲もブラームスが少し見えワグナー?と思えるところもある。もっと有名じゃないのが不思議でもあります。
6人のソリスト(歌手)が必要なのも、滅多に演奏されない理由かと思います。

昨日は朝に弦楽器だけ、夜はオケ全体でリハでした。いろいろ試したのだろう(作曲的に)と思える箇所がありトリッキー、またかなり難しい箇所もあるので練習してこなかったであろう奏者の間違った不協和音や、指揮について行けずずれてるのに「あーあ」は、曲が新しいので(僕も初めて弾きます)普段よりもずっと多かったですが、そんなことも気にならないくらい夜のリハに参加してくれたソリスト、カール五世とルターが素晴らしい!
こういう歌手とアンサンブルできることが音楽家の喜びの一つです。作品もまるでオペラの様で楽しい。

指揮者が言うにはRBBでテレビCM始め、かなりの広告予算を組んで試みたのにまだ3割しかチケットが売れていないらしいです。これだけキリスト教信者がいるはずなのに、それも不思議ですがカトリック信者はアンチなのかしら?

ベルリンにおいでの方は、上のポスターにある電話番号のチケットセンターにNeuesKammerorchesterと言っていただけば今日の金曜日、20%offにするそうです。このコンサート、滅多に聴けない「ヴォルムスのルター」是非どうぞ!
今日は18時から合唱団とのリハ、ソリストも揃うはずで楽しみです!

今回もコントラバスはフランス娘C.Brugereを弾いています。
コントラバス奏者には解ってもらえると思いますが、鳴りにくい音はなく、特にH線のCとE線のAsがものすごく良い音がするのです。











by Toruberlin | 2016-10-07 08:44 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/26042588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]