ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

12/2 室内楽コンサートへ..
at 2017-11-16 23:59
少しの間、断酒
at 2017-11-15 23:59
A'damのいろんな顔
at 2017-11-14 23:59
やはりA'damでも一度は和..
at 2017-11-13 23:59
A'damにて
at 2017-11-12 23:59
フグのひれ酒
at 2017-11-11 23:59
Die Schöpfung ..
at 2017-11-10 23:59
久しぶりの秋晴れだった金曜日
at 2017-11-09 23:59
A'dam ゴッホ美術館
at 2017-11-08 23:59
11/5 30年ぶりのA'd..
at 2017-11-06 23:59
アマトリチャーナな日曜ブランチ
at 2017-11-05 23:59
いつもの中華GF
at 2017-11-04 23:59
11/12 日曜日の教会コン..
at 2017-11-03 23:59
11/13@ベルリン
at 2017-11-02 23:59
buon giorno!
at 2017-11-01 23:59
伊達の御大に戴いた山椒の実。
at 2017-10-31 23:59
ベルリン最初のブランチ。
at 2017-10-30 23:59
10/18もご馳走続きの佳き..
at 2017-10-29 23:59
10/17はご近所で晩御飯
at 2017-10-28 23:59
麻布の夜
at 2017-10-27 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09
R子ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:25
徹さん、れいこちゃん、お..
by r at 20:03
yukiちゃん、早速あり..
by Toruberlin at 13:37
徹さん、長旅お疲れさまで..
by yuki at 11:57
植木さま、おいでいただき..
by Toruberlin at 01:18
この夜は親友の隠し玉付き..
by Toruberlin at 01:16
やはり田酒は希少なんだね..
by Toruberlin at 01:14
本日のリサイタル、楽しま..
by 植木信勝 at 00:27
本当に素敵なお店ばかり!..
by rica at 10:15
素敵なお蕎麦屋さんですね..
by rica at 10:11

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

湖畔のお邸でプライベートコンサートの贅沢。

c0180686_18391402.jpg
c0180686_18345240.jpg
c0180686_18384358.jpg
12月18日、テニスクラブRotWeissでシューベルトの鱒を演奏した翌日はベルリンとポツダムの間にあるグリープニッツ湖畔のお邸でコンサートでした。
僕がテニスクラブに入会した時の会長Mさんの誕生日、以前から「いつか我が家で演奏してほしい!」と仰ってくださっていたのが実現しました。
11月初めに帰国する前にお邸にお招きいただき、焼きたてのアプフェルシュトルーデルを美味しい紅茶と戴きながらコンセプトを説明しました。30分ちょっとと短い時間でよかったのでコントラバスが入るとなればRossiniの弦楽ソナタがベストなので以前のコンサート動画をご覧に入れたら一発で決まり、Rossiniを二曲、そして最後に高橋幸代ちゃん作曲のBERLIN 1920'sと決めました。BERLIN 1920'sはお聴かせしませんでしたが気にいるのは間違い無く、また依頼した時にお願いした「ベルリンが一番華やかだった1920年代のイメージ」にM邸のパーティーはピッタリと確信していたからです。
同作品を初演したY嬢を誘いましたが、彼女はハンブルクのオケと契約中で夏までは予定が読めない。それでも替わりを確保しつつY嬢と弾くことにしていましたが(前日は鱒で一緒ですし)結局不可能となりイタリア人のSに加わってもらいました。チェロは、これもいろいろ声をかけたのですがみなさん先約があったりベルリンに居なかったりで、でも早朝にリハをするという工夫でDSOのLに弾いてもらいました。イタリア人とフランス人に日本人二人。KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokioはベルリン所縁の仲間の集まりですから、こういう編成もアリです。ドイツ人が居ないのも偶然です、本来は鱒を一緒に弾いた長年の友Vが弾く予定でした。
c0180686_18383348.jpg
M邸は三階建の大きな築100年くらいのお邸で、ベルリン界隈屈指のお邸街のG湖畔でも目立つ立派な威容です。もともと各階で住人が分かれ、M邸がある二階は二軒だったのをMさんが一つにまとめました。それで入り口を一つ取って壁にした階段上の踊り場が演奏するのに最適なスペースになっています(3階へは全く別の入り口があります)。最初は階下の玄関ホールで演奏する案でしたが、僕が拝見して上階を提案しました。真ん前に10席、階段に20数人、階下に20数人という案で、音響は(日本から帰ってすぐにお邸にKB持って伺い、試奏しました)どこもエクセレントだそうで、実際天井高く、弾く僕らも気持ち良いステージでした。
c0180686_18382184.jpg
c0180686_18381384.jpg
Rossiniのソナタ1&2番、簡単な曲じゃありません。ヴァイオリンの二人は何度もリハを二人で重ねて来てくれたので1時間半の早朝リハで3曲通し、当日も1時間ちょっとの会場リハで楽しい演奏になりました。
「何を」より「どう」弾くか、そして「誰と弾くか」が肝要と頻繁に書いてますが、その通りなんです。
A嬢はY嬢が一番好きなパートナー。Y嬢は僕が最も信頼するヴァイオリン奏者ですが、今回のSもとっても良かった。比べるのは意味がないことですからしませんが、僕にも新鮮な(この作品、いろんな奏者と何度弾いたか数えきれない)音楽の造り方はやはりイタリア人だからか?フランス人のチェロLはDSOで長年知ってますが室内楽を一緒に弾くのは初めて!ご機嫌でした。
c0180686_18375815.jpg




作品の解釈は何通りもあります。各人が考えた解釈も大事、良いと思えば合わせるし、もっとこっちの方が良いと思えばコーディネートしたり時には決断もする。音楽監督というのは重要であり大変で、だから楽しい。
室内楽はみんなで作るものだけど、気の合った尊敬する良い弾き手と音を合わせていきながら、まとめていく。これこそ室内楽の愉しみです。
c0180686_18375111.jpg
ヴァイオリン二丁ともオールドイタリアン、僕のBusanとも相性バッチリでした。
c0180686_18374338.jpg
クリスマスの曲も何曲か最後に用意してました。音が良いとバッハの4声のコラールを弾くだけでも幸せになります。

お客さんが続々おいでになりみなさんは泡を片手にご歓談、僕らはMさんの書斎でしばし休憩でした。フラットは二階部分全てなので4方向に窓があり、テラスも二つ。この時はもう暗かったのですが、昼間は湖が目の前に見渡せ、その向こうは旧西ベルリンの森が広がります。パーティーに使った食堂とリビングとサンルームと読書スペースは品の良いインテリアとモダンアートが配置され、本当に趣味の良いお邸です。
c0180686_18373493.jpg
Mさんのご挨拶でコンサート開始です。
c0180686_18372454.jpg
c0180686_18371855.jpg
c0180686_18370235.jpg
c0180686_18365390.jpg
c0180686_18364565.jpg
c0180686_18363851.jpg
Rossiniの1番、2番、BERLIN 1920'sの順に演奏しました。
c0180686_18363109.jpg
合間に曲の説明をいれて。しかしこういうプライベートなサロンコンサート、日本でももっともっと楽しんでも良いんじゃないかなー!と思います。
c0180686_18362388.jpg
c0180686_18361695.jpg
階段用に濃紺の大きなクッションがずらりと並びました、これもMさん、階下の椅子とともにご用意なさったそうです。お洒落が徹底してます。
c0180686_18360915.jpg
Rossiniは音楽も楽しいし、オペラのようにドラマティックでもあるし、大喝采をいただきました。アンペルマン室内楽シリーズもそうですが、お客さんが近くて、感じられるコンサートは楽しいです。
c0180686_18360002.jpg
c0180686_18355292.jpg
c0180686_18354363.jpg
これは多分高橋幸代ちゃんのBERLIN 1920's演奏前の解説中です。
ベルリンが一番華やかで良かったと言われる時代、1920年代。その時代が思い浮かぶような曲!とお願いした作品のヨーロッパ初演でした。動画をご紹介します。是非ヘッドフォンで聴いてください!


c0180686_18352849.jpg
c0180686_18351613.jpg
c0180686_18350828.jpg
c0180686_18345936.jpg
終演。1920'sが終わった後の拍手、動画見るとRossiniの熱狂的拍手よりは随分と大人しいのです。後のパーティーでたくさんの方と話す機会がありましたが、みなさんRossiniも素晴らしかったけれど、と始まり大絶賛は高橋幸代のBERLIN 1920'sでした。「きっと良い時代だったんでしょうねー」とか「20年代のベルリンを私も経験したかったわ」と30年代生まれくらいのご婦人もしみじみと仰ってました。
c0180686_18344517.jpg
c0180686_18342971.jpg
c0180686_18342176.jpg
c0180686_18341404.jpg
c0180686_18335104.jpg
コンサートには住人の方々もおいでになりましたが、下の奥様に花束。「準備とかでここ数日、騒がしくて申し訳ない、ありがとう!」との言葉とともに。素晴らしい!
その階下のお宅にも食事の合間にお招きいただきご主人に内部を見せていただきました。何と建設当時は地下から地上階にパイプオルガンが備えられていたそうで、その名残、オルガンの枠をドア枠にお使いでした。オルガン自体は彼らが引っ越して来た統一後にはなかったそうです。ここのご夫婦が「冬はMさん邸で、気候の良い時はウチでやろうよ!」と湖が真ん前に見える大きなテラスを見せてくださりながら仰ってくれました。夏もきっと良いだろーなー!
c0180686_18334387.jpg
まだお話は続いてますが、キッチン前ではオードブルの準備が着々と進んでました。
c0180686_18333015.jpg
c0180686_18331652.jpg
c0180686_18320108.jpg
席は決まってませんが、なんとセルフじゃなくサービスがあるコース料理でした!Mさん曰く「ご年配は座っていただいて」平均年齢高い集まりでしたが、さすがテニスクラブのみなさんは高いテーブルに着いてました。
c0180686_18325122.jpg
僕ら5人は窓際の左のテーブルへ。
c0180686_18315438.jpg
c0180686_18314724.jpg
ケータリングですが、それ専門の会社じゃなくMご夫妻が長年のお付き合いのレストランが丸ごと出張してきてました。下準備はしてきたらしいですが、朝10時からM邸で準備始めて調理、全てM邸のキッチンで仕上げるという徹底ぶり。60人前、壮観でした。
c0180686_18313112.jpg
c0180686_18310718.jpg
c0180686_18312436.jpg
調理の様子を眺めてましたが、僕らも再度呼ばれました。奥に引っ込んだ(楽器と)仲間を集め
c0180686_18305608.jpg
c0180686_18311531.jpg
階下へ。
c0180686_18304325.jpg
c0180686_18302924.jpg
Mさんから出演者に花束まで頂戴しました。
c0180686_18302049.jpg
ありがとうというお言葉と、満面の笑みとともに。
c0180686_18301274.jpg
c0180686_18295821.jpg
僕らにもですが、ゲストにもなかなかない素敵な時間だったはず。自宅でお客さんを招いて、クラブ風に皿回しだけじゃなく、バックグラウンドミュージックじゃなく、コンサートと食事の誕生パーティー。
クラシックに理解があるから可能?いや、違うと思います。福島の俊シェフとのコラボコンサートでも感じますがクラシック愛好家じゃなくても、初めて聴く方でも感じてくれることは間違いない。あとは演出と演奏内容の問題で、それは僕ら音楽家の課題でもあり仕事でもあり、またそれを究めるのは楽しみでもある。コンサートに来てくれるお客さんはありがたいけれど、いわゆるコンサートホールでのコンサートだけでは足りない。もちろんアニメ系の曲をやったり、ウケ狙いで媚びるということではありません。一般の方々にはクラシックは敷居が高い!というのは音楽家からの少し傲慢な見方であり、こちらが真摯に弾きたい音楽をすれば、伝わるのがサロンコンサートの良いところであり、面白いところなのだと思います。
それにはコンサートだけじゃなく、食事やワインの集いだったり、またはお茶とケーキでお話しの場を設けたり、またはギャラリーでの展覧会のヴェルニサージュと合わせるとか、方法はたくさんあるのです。音楽家である僕らが楽しい演奏をし、それを聴きに来てもらう形を考えるのが肝要と思います。
鹿児島の友人夫妻とのコラボも、また京都奈良でもまたは札幌でも、いろいろと考えられるはず。伊達保原に続けて、どんどんやりたい!と思ってます。
c0180686_18295152.jpg
テニスクラブに入って10年ちょっと、クラブのクリスマスコンサートをベルリンフィルのテニス会から受け継いで7-8年か。クラブ会員には大きな家に住んでる方が多いですから事務局にプライベートコンサートの提案もしてはきたんですが、やはりご本人が面白いと思ってくれないと実現しないもの。今回で楽しい噂が広まると良いなー!
c0180686_18293041.jpg
この時まではセルフの立食と思ってましたらMさんが「さてみなさん、テーブルに着いてくださらないと始まりません!」で僕らも窓際のテーブルへ。ドリンクもサービスしてくれるし、混雑するパーティ形式よりもずっと良い、お洒落なスタイルでした。
c0180686_18294236.jpg
c0180686_18291892.jpg
其処此処に芸術作品があります。
c0180686_18290753.jpg
c0180686_18285609.jpg
前菜とスープから始まりました。スープのレシピはM夫人の家に伝わるものを使ったそうですが、どれも美味しかった!
チェロのLは自転車で来られる距離、バーベルスベルク城と運河を挟んだ対岸に住んでますが、ご主人はオペラの本番で子供達が待ってるから食事はしないで弾き終わったら帰らなきゃ!と言ってたんですが、厨房のただならぬ様子を見て「デザートは我慢するけれど」とメインまでは楽しんで帰りました。良かった!
c0180686_18284091.jpg
c0180686_18283001.jpg
魚は、皮をカリカリに焼き上げた鱸。
c0180686_18281437.jpg
奥様自慢のキッチン、もう一部屋、写真右奥の大きな冷蔵庫の隣の白い扉を開くとあります。
c0180686_18280470.jpg
クリスマスのオーケストラも、フルにずらり。
c0180686_18275583.jpg
c0180686_18274777.jpg
SくんとAちゃん。
c0180686_18273820.jpg
c0180686_18272968.jpg
暗くて見えにくいですがメインの肉は鹿、めずらしいチョコレートソースでした。もちろん甘くないチョコレート、なかなか合います。
c0180686_18264990.jpg
用意してたCorelliのクリスマスコンサート、弾いてなかったのでトリオバージョンをデザートを待ってる間に弾きました。
c0180686_18271123.jpg
みなさんご歓談中だから、遠くから聴こえるのもお洒落かと思い。クラブの方が傍まで来て、また扉の向こうで数人が聴いてくれました。Mさんはお客さんと食しながら、心地良かったと仰ってくれました。バックグラウンドミュージックは基本的にはやりませんが、自分たちが弾きたくなったら、別です。
c0180686_18265996.jpg
c0180686_18263991.jpg
お酒飲んでフルコース食べた後に美しい3つの旋律を紡ぐ。楽しくないわけがありません。
シューベルトの鱒を弾いたテニスクラブコンサートと翌日のカルテット、2016年室内楽の締めくくりでした。

今年も室内楽を中心に生活したいなー!
ありがたい。
KAMMERENSEMBLE Berlin-Tokio、AMPELMANN室内楽、よろしくお願いいたします!
c0180686_18262253.jpg









by Toruberlin | 2017-01-10 13:25 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/26308901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]