ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

J.S.Bach Solo-..
at 2017-12-14 19:57
2017年末までの、おもなオ..
at 2017-12-13 14:30
J.S.Bach クリスマス..
at 2017-12-13 03:52
金曜日 Vol.2
at 2017-12-12 17:01
金曜日 Vol.1
at 2017-12-11 20:53
木曜日の午後、晴れ!
at 2017-12-11 03:03
水曜日の晩餐
at 2017-12-10 12:13
大らかな大都会、ベルリン
at 2017-12-10 10:37
セカンドアドヴェント(+イ..
at 2017-12-09 22:13
水曜日のアペリティーヴォ。
at 2017-12-08 15:37
MilanoからファミリーR来宅
at 2017-12-08 13:02
AMPELMANN Toru..
at 2017-12-08 09:30
Aperitivo in B..
at 2017-12-07 23:21
拍子とアウフタクト
at 2017-12-06 23:59
BAR im Hotel
at 2017-12-05 23:04
(続)室内楽コンサート
at 2017-12-04 20:14
Adventskonzert..
at 2017-12-03 23:34
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-12-02 15:04
室内楽リハとムール貝
at 2017-12-01 23:53
バイプレーヤー
at 2017-11-30 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

お、いいね。イタリアなら..
by Toruberlin at 22:59
MOくん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 07:36
うん、アンペルマンのベル..
by Toruberlin at 01:37
ベルリンのウェブショップ..
by みさ at 22:43
古橋さん、面白いゲームで..
by Toruberlin at 16:49
可愛いでしょう。ずっとあ..
by Toruberlin at 16:45
たくさんの画像で現場の盛..
by 古橋貴正 at 20:40
とてもカワイイですね&#..
by みさ at 20:23
YSさん、コメントありが..
by Toruberlin at 16:19
素敵なBARですね。ヨー..
by YS at 22:30
昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

アランフェス協奏曲

c0180686_05035999.jpg
ベルリンの南西、お隣の町ポツダム。拙宅からは直線10数キロの、レース場としても使うために作られたアウトバーンAvusをひた走り、Wannseeの街を抜けKGBとCIAのスパイ交換でも有名になったグリニッカー橋を渡り入ります。
そのまま街に入り右に曲がれば日本の運命を決めたポツダム会談会場のチェチリエンホフ宮殿があります。
そのまま抜けるとサン・スーシ宮殿があり我がNKOP(新ポツダム室内管弦楽団)の本拠地の教会があるエリア、そこも通り越して森の中に入って行きます。
c0180686_05035070.jpg
途中から右折して森の中へ。そこからもう自然保護区の大公園ですが、元プロシア王家の所領でした。
その中に1847年にフリードリヒ・ウイルヘルム4世の命により建てられたバイエルン風の大きい山小屋があります。
c0180686_05025885.jpg




ここは数年前に、その山小屋を活かして作られた超高級ホテルです。
ここで日曜日、ロドリーゴのアランフェス協奏曲を弾いてきました。
ギター協奏曲ですが、オケ版じゃなく弦楽クインテットとオーボエ+ピアノ。ギターはザルツブルクモーツァルテウム音大教授のM、前日にリハでしたが驚きでした。ギター、単純な楽器です。いや、6弦でいろんなことできるけれど、爪引くだけ。ピチカートには限界があります、僕ら弦楽器も。
しかしMの音、色の変化、音楽。エレキギタープレーヤーだって、こういうことを学べば少しは爆音だけじゃなくなるのになー!
もちろん電気を使ってないのですが、あれ?!と思うくらいクリアで飛んでくる音。しかも自分のギターが届かなくて急遽用意された僕らの指揮者Udが昔やっていたときのギター。失礼ながら大した楽器ではなく、恐らくは何年も誰も触ってないであろうそのギターから出る、なんとも美しい響き!驚きでした。
c0180686_05032103.jpg
このホテルのオーナーが12月にご逝去され、葬儀ではなく「お別れの会」でした。
オーナーは(僕も顔を見たことがありました)ホテル経営の前も実業家で(ポツダム市長が来るくらいの名士で)世界中を飛び回った方だそうで、その旅と一緒だったのがこの曲、アランフェスだったそうです。
ホテルは古い文化財を活かし、その周りに新築の目立たない、素晴らしい設備を備えられてます。
「でも、大広間が必要だ」とオーナーが計画なさり、文化財のレストランとホテルを結ぶ玄関ロビーに前回来た時にはなかったエレベータがあり、行き先は地階。丘陵地にあるので地階でも向こう側に開けていて明るく横に広がる大広間、年末にはその完成した姿もご覧になれたそうです。
そして日曜日、4部屋に分けられる広間を3つ分繋げた(室内オケと100人分は椅子を置ける規模です)、高級な素材を使ったのが随所にわかるホールで一楽章の後に奥様とポツダム市長の「オーナーの思い出」を挟み演奏しましたが、それが大広間のプレミエとなったそうです。
悲しいけれど、取り返せない。
だから人生を真面目に大事に、生き生きと活かさなければならない。のです。
c0180686_05030977.jpg
レストランにあった、昔の景色。
二階もレストランです。リハと本番の間に拝見しました。
冬の薄暗い森に囲まれた様子が見渡せました。

ご親族と、近しいご友人とポツダム市長。仕事関係は誰もいないようにみえました。
終わってからの献杯も静かに、ホテル自慢の美味しいフィンガーフードとゼクト。
別れは悲しいけれど、オーナーの軌跡を讃える。
そんな景色の、お別れ会でした。
c0180686_05020196.jpg
c0180686_05033858.jpg
















by Toruberlin | 2017-02-08 21:00 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/26389775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]