ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

アスパラが旬なので。
at 2017-05-11 23:59
Schöneberg のチョ..
at 2017-05-10 23:59
鴎外晩餐inベルリン
at 2017-05-09 23:59
告別の会
at 2017-05-08 23:59
Mass of the Ch..
at 2017-05-07 23:13
弦楽器工房にて。
at 2017-05-06 23:59
ゲッセマネ教会にて。
at 2017-05-05 23:51
超高級物件!
at 2017-05-04 23:37
VW Bus Type2 v..
at 2017-05-03 00:23
AMPELMANN Cafe..
at 2017-05-02 23:59
ドイツ語版「ラーメンガール」
at 2017-05-01 23:59
湖畔でWeizen
at 2017-04-30 23:59
水曜日の櫻。
at 2017-04-29 23:55
最近特に気に入ってるオールド..
at 2017-04-28 23:59
久しぶりに
at 2017-04-27 23:57
復活祭の休日に。
at 2017-04-26 11:33
ノルウエー通りの八重櫻並木。
at 2017-04-25 09:15
ミュンヘン生まれのレンズ。
at 2017-04-24 15:41
Bollito Misto
at 2017-04-23 13:01
楽しいお手入れ。
at 2017-04-22 23:11

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

教会がなかったら、クラシ..
by Toruberlin at 23:29
EKさん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 23:19
教会のコンサートが多くの..
by EK at 07:54
お義父様のご冥福をお祈り..
by EK at 07:37
EKさん、コメントありが..
by Toruberlin at 20:23
FBに書き込んで、こちら..
by Toruberlin at 17:09
ドイツ語版だけに僕の声が..
by Toruberlin at 17:06
ベルリン、だいぶ陽が長く..
by EK at 10:30
古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58
Prenzlauerの中..
by Toruberlin at 21:51
Eberswalder ..
by Masaya at 19:45
土地柄というのはプレンツ..
by Toruberlin at 18:01
時計工房にZeissの双..
by Toruberlin at 17:57
チェコビール率が高いです..
by Masaya at 11:51
月末の桜祭りに合わせてく..
by Toruberlin at 08:22
あ、そうですね。四月の終..
by Masaya at 11:57
Zeissの古いレンズい..
by Masaya at 11:55
昨日は風で花吹雪、花の命..
by Toruberlin at 15:09
Mauerparkのとこ..
by Masaya at 15:16

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

G.D.R. 旧東独製。

c0180686_23145919.jpg
c0180686_23142534.jpg
G.D.R.はドイツ民主主義共和国(DDR)、旧東ドイツの英語略称です。Made in G.D.R.は東西冷戦時代に西の外貨獲得に貢献しました。工業製品は基本的には西に後れをとっていましたが光学機器の老舗Carl Zeissの本拠地は東独のJenaにあり(西にも戦後、Carl Zeissができました)学生時代、東ベルリンにオペラを観に行き20マルクの強制一対一両替は物価が安かったのでオペラを観るだけでは使い切らず単眼鏡をいくつか購入し今でも持っています。
東ベルリンでは、当時から古いもの好きだったので戦前のカメラを探して店を散歩がてら回りました。Mitte(ベルリン中央区)は文字どおり中心地、津和野生まれの森鴎外が帝国陸軍軍医としてコッホ教授に師事していた時にここに住んでいましたが、生まれ故郷の津和野町、終の住処「観潮楼」跡に建てられた文京区の鴎外記念館と並び、世界で3つしかない森鴎外記念館のひとつはベルリン中央区にありますが、カメラなどを探しながらの散歩で偶然見つけ、まだフンボルト大学日本学科の付属施設だった時に拝観したのも、今はアンペルマン日本大使として鴎外先生のご縁でベルリン中央区と姉妹都市の津和野町と、また文京区とのお付き合いに繋がっているのですから、縁を感じます。
ライカもZeissも戦前からあったわけで探しましたが、ボロボロのを見かけたのもほんの1-2度、店主に依れば外貨を得るために手元にあるのは西にほとんど売られたのだろう、とのことでした。
たしかに当時は国境では一対一でも国際レートは7-8倍。西のドイツマルクを得れば数倍に換金できるし、またインターショップ(西ドイツマルク専門店)で西の製品も買えたわけです。
初代のフレッチナーの弓を引退したベルリン交響楽団のZさんが西に持って来たのを手に入れ(65歳を過ぎれば労働者ではないという東独の定義から西との行き来が可能でした。Zさんは外套の背に作ったポケットに弓を隠して度々西ベルリンに来ていた様です)、今も拙宅にあります。ベルリンフィルで弾かせていただいてた80年代はその一本がフル稼働でした。当時1200ドイツマルク、円が弱かったので20万円くらいか?東のマルクと換金したら7-8倍の価値でした。60平米のアパートの6-7ヶ月分の家賃でしたが、良い弓だったのでお買い得と記憶しています。今は初代のフレッチナーの弓なら1万ユーロ超えることもザラで、少しの誤差はありますが、同じくらいの価値というのが偶然でしょうが面白い。
c0180686_23140454.jpg




古いモノからMade in G.D.R.に話を戻しますが、東独時代の外貨獲得にZeissが大貢献したのは想像に難くありません。
弓もHRフレッチナーの70年代製にはMade in G.D.R.の刻印が多く、これは輸出用で、おしなべて輸出用の方が高品質だったと聞きます。他にもあったでしょうが、光学機器、楽器以外だと手作りの木製クリスマス用品が思い当たります。
昨日はフレクトゴンとビオターがNEX6と合わせると如何に良いか!と書きましたが、今日のこの長いレンズはゾナー135mmです。この望遠レンズ、Eマウントだと200mm近い計算になりますが、数年前に手に入れたは良いが、使うことなく保管してありました。一つはネジが欠けていて使いにくかったからで、これは今朝、他のレンズ(予備に買った3-4本持ってるレンズ)から外して使いました。もう一つはヘリコイドが固くてピント合わせが❌だったんですが、車用に買って来たスプレーオイルを慎重に少量使ってみましたら、なんとスムーズに動くことか!僕よりも長生きしてるのだから、それは油も切れていたのかもしれません。
c0180686_23130523.jpg
アルミ製の胴、レンズ描写は素晴らしい!の一言です。あとは早急にレンズフードを手に入れなければ!
c0180686_23134303.jpg
Zeissは近年でもContaxのレンズとして、はたまたソニーが採用してお馴染みですが、このゾナーの名も使われています。名前の由来はSonne(ドイツ語で太陽)から来てるとか村の名前とか説がありますが、so nah(こんなに近い!)をSonnarにしたんじゃないか?望遠レンズだから!は乱暴な推理かな?
イエナ製のレンズはもちろんアナログ銀塩写真機用で、ミラーレスでしかデジタルでは使えないのと径が特殊なのとで、安価で取引されています。(不完全品が多いですが、、、、古いから仕方ない)このレンズは超美品で幸運でした。
c0180686_23133149.jpg
c0180686_23135780.jpg
レンズを交換できるカメラは気をつけていても埃が中に入ります。なので御大がペタペタと呼ぶPentax修理部推薦の掃除棒で時々入れが必要です。
c0180686_23132410.jpg
順に掃除してスッキリ!です。
さて、これから良い季節。望遠レンズは暗めなので明るい季節はありがたいです。
もともと広角レンズ愛用者ですが、ゴルフクラブと同じで広角、標準、望遠それぞれの役目があり適材適所です。
ライカもずらっとありますが、せっかくベルリンにいるし、しばらくは旧東独Jenaで作られた3本のレンズをメインに撮影してみようと思っています。
AMPELMANNも東ベルリン、東独生まれ、です。
c0180686_23134883.jpg





by Toruberlin | 2017-04-03 16:11 | 趣味の話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/26554667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Masaya at 2017-04-04 11:55 x
Zeissの古いレンズいいですね。Zeissは、我々の仕事では、双眼顕微鏡が身近で、職場で毎日使っています。僕は以前お話したとおり暗室でモノクロフィルムの現像をしていたことがあるので、古いアナログのほうが身近だったりします。カメラもレンズが換えられるこのカメラもう少しお金に余裕ができたら買って、レンズもドイツは安いですし集めて生きたいですが、モノが増えていく懸念もあるので、躊躇ですね。後何年ドイツにいるのかもわかりませんし。

Commented by Toruberlin at 2017-04-06 17:57
時計工房にZeissの双眼顕微鏡、場所柄も当然だね。
君はデジカメはまだ持ってないんだったな。今なら往年の名カメラもかなり安価で手に入る、銀塩写真を始めるのも、手だね。身軽なのも良いけれど、それに勝る喜びもある。
僕がこんなに蓄音機もカメラ系も多く持っているのは、最高を求めての結果。時間も量力も授業料も多く使って。
良いアドヴァイスは、出来るから相談がればいつでもどうぞ!