ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

ポートレート
at 2017-08-17 09:24
8/14はなんとMちゃん、誕..
at 2017-08-16 17:17
いろいろ、は誰でもきっとある。
at 2017-08-16 10:46
終戦記念日
at 2017-08-15 17:57
新しい鯛茶漬け
at 2017-08-14 19:50
8月14日
at 2017-08-14 10:08
散歩の続き+鶏カツ弁当と鯛茶漬け
at 2017-08-14 01:07
日曜日の散歩
at 2017-08-14 00:08
金曜の朝、そして晩餐
at 2017-08-13 13:27
アグネス・ラム 巻頭カラー@..
at 2017-08-12 20:07
体感気温12℃、ですって!
at 2017-08-12 15:52
Ein Kontrabaß ..
at 2017-08-11 10:08
月曜日の炭火焼き@バルコニー
at 2017-08-10 16:59
バルコニーで
at 2017-08-10 11:37
キーマカレーランチ
at 2017-08-09 08:54
日曜日の表プレンツ散歩
at 2017-08-08 14:17
土曜日の晩餐
at 2017-08-07 16:14
表プレンツにて。
at 2017-08-06 22:53
バルコニーで炭火焼き
at 2017-08-05 18:17
セブンイレブンで青柳御大、今..
at 2017-08-04 00:00

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20
貴重な記録ありがとうござ..
by 植木信勝 at 21:42
魚捌くのは、包丁使えるな..
by Toruberlin at 08:17
マグロいいですねー。僕も..
by Masaya at 18:21
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 23:00
とっても楽しい美味しい一..
by PUKU at 05:50
古橋さん、楽しい夜でした..
by Toruberlin at 17:48
とても美味しい料理に最高..
by 古橋貴正 at 12:36
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 06:10
ほんっと素晴らしい晩餐で..
by Puku at 22:55
Masayaくん、参加あ..
by Toruberlin at 18:33
おいしい料理においしい日..
by Masaya at 16:34
古橋さん、おはようござい..
by Toruberlin at 15:45
高橋さん、こんにちは。 ..
by 古橋貴正 at 07:36
何か質問があったらどうぞ..
by Toruberlin at 02:07

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ゲッセマネ教会にて。

c0180686_20574660.jpg
c0180686_20575652.jpg
c0180686_20580774.jpg
金曜日、子供の日。John RutterのMass of the Childrenのリハーサルでした、いつも弾いてるNKOP(新ポツダム室内管弦楽団)とゲッセマネ教会合唱団のコンサート、場所はベルリンの壁崩壊直前のデモや抵抗運動で中心的役割を果たした場所ゲッセマネ教会です。
この教会、ベルリンの壁崩壊の話には必ず出てきます。
1989年11月9日に最初に開かれたのは桜並木を何度もご紹介したボルンホルマー通り検問所です。
上からの命令はなかった。もし押し寄せる市民を規則通り武力排除していたなら、まだ今も壁はあり環状線は使われてなかったかもしれない。数奇な幸運が重なりました。
不運が重なってしまうこともある(これは立場の主観で変わる)が、大きな時代の流れだったんでしょう。
あのときベルリンに居て、壁崩壊と統一は望んでも実現されるとは思わなかった、僕だけじゃなく、きっと多くの人人が。
c0180686_20573663.jpg
この日はパリ生まれのC.Brugereで弾きました。リハの前に近所の工房に寄らせてもらい修理中のHawkes-Panormoに会ってから教会に到着。
c0180686_20571850.jpg




c0180686_20572745.jpg
c0180686_20570968.jpg
この教会、Schönhauserallee駅の拙宅から環状線右回りに乗ったら進行方向先頭の出口から徒歩1-2分です。この界隈にはよく来るのですが、そしてNKOPはゲッセマネ教会合唱団とも数年前から定期的に共演していて壁崩壊25周年記念コンサートもこの教会で行ったのに入るのは初めてでした。それは共演が毎年春と秋だからで、この春は帰国しなかったから今年初めて!となります。
写真などでは見知っていた教会、感慨深いです。
c0180686_20565325.jpg
c0180686_20564520.jpg
モノクロームにすると、壁崩壊当時の佇まいの様です。
c0180686_20563741.jpg
c0180686_20562797.jpg
c0180686_20561740.jpg
c0180686_20560853.jpg
上にリンクしたサイトの写真と、同じ場所です。
c0180686_20555859.jpg
c0180686_20554607.jpg
c0180686_20552378.jpg
c0180686_20553488.jpg
もちろん、今はオシャレなカフェや店がならび、見違えるようになりました。
c0180686_20551234.jpg
リハはRutterのMass of the Childrenから。
c0180686_20550306.jpg
c0180686_20545502.jpg
左右に大人の合唱団、そして真ん中に子供達入場。コンサートの前半はバッハのカンタータ147番で休憩なしなので、入りの練習も兼ねています。
c0180686_20544660.jpg
この作品、2003年NY初演です。ラッターの宗教曲は何曲かヘドヴィヒ教会などで演奏しましたが、素晴らしい!映画に使われたりしてますが(プロコや武満作品も)作品は素晴らしいし、そして特に子供達が素晴らしかった!
c0180686_20543898.jpg
可愛いのはもちろんですが、子どもの声なのに深い。色が多彩。これは残念ながら日本人は叶わない。不思議です。
純真無垢で透き通った声なのだけど、深みも艶さえある。いろんな理由があるのだろうけれど、指導者の所為も間違いない。子供合唱団(プロじゃなくて、この教会の合唱団です)の歌うときの表情、笑顔。言いつけで笑顔を演じてるんじゃなく、楽しそうだし生き生きしてる。常時、至福でした。
そして残念なプロの音楽家(一部)、なんで瞬時に主役の歌に合わせられないのだろう?
指揮のせい?とんでもない、指揮はかなり合っていた、というか指揮のままに歌ってる子供達、すごい。もちろん暗譜で前しか見ていない。歌ってないとき視線感じて見ると、じっと見つめていて「ニコッ」としてくれる。
「あなた素晴らしい!」と小学生にリハ後に言われる、これも滅多にない経験です。
c0180686_20543062.jpg
この教会のコンサートは春と秋。帰国の予定、可能なら調整してまた出演したい!

4時間のリハ終わり、楽器も車もないから寄り道。ひとりで匠nineというラーメン屋へ。スタッフが「あ、いらっしゃい!」と迎えてくれ、その後にBARに行くつもりだったのでキリンビールと大盛り塩ゆずラーメンにしました。札幌の西山ラーメン、特にどってことない麺なんだけど、美味しい。Mitte区ではここが一番美味しいです、僕には。
で、歩いてBARに行ってバイロイトのビールからアイラモルトも「カリラ」を楽しむつもりが、あまりに混んでいたので、帰宅しました。少し残念、でも金曜の夜だから仕方ない。
なんかこの界隈の飲み屋は午後とか夕方が気分です。夜は西ベルリンの店のが雰囲気が落ちつく。or家に帰れば良い。
散歩からビール、可能ならモルト。この夏はこの界隈への出没、きっと増えまする。
c0180686_20541595.jpg







by Toruberlin | 2017-05-05 23:51 | 音楽の話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/26643393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by EK at 2017-05-14 07:54 x
教会のコンサートが多くの人を魅了するのは、宗教的なバックグラウンドとその音楽が根付いている証しですね。オーストラリアでも宗教音楽は人気があります、日本よりは(たぶん)。プロの音楽団体によるコンサートは満席近くになります。ただローカル教会のコンサートは、日曜日に礼拝にいく信者が減っている現状からむづかしいです。現代的なプレイズソングを歌う教会が増えている現実もあります。子供のChurch Choir の様子を伝えてくださってありがとうございます。こちらの大人のChoirメンバーに子供の頃のChurt Choir経験者が多いのも事実ですが、やはりこの国スポーツが一番ですから。先日書いた日独家族の息子さんはミュンヘン近郊のWolfratshauser Kindechors のMusic Director をされています。(今も?)ベルリンからはちょっと遠いですね。(私はブログはやっていないんです)
Commented by Toruberlin at 2017-05-18 23:29
教会がなかったら、クラシック音楽は存在しなかったかもしれない。いや、音楽はあったでしょうが、違うことになっていたでしょう。
キリスト教の音楽といっても過言ではないと思います。
書きましたように、ここゲッセマネ教会合唱団のKinderchorは素晴らしかったです。余談ですがノブ君(ピアニストの辻井伸行君)のコンサート当日、母上のいつ子さんと買い物がてら出かけ、夕方にインド料理をテラスで食したんですが、ご婦人が帰りがけに「失礼ですが、コントラバス奏者の方ですよね?」お嬢さんがKinderchorで歌っていてこのコンサートを聴いてたのだそうです。宗教曲の常ですがコントラバスは弾きっぱなしなんですが「大活躍でしたね!目が離せませんでした」(笑)いつ子さんが、さっきからToruさんのこと、チラチラご覧になってたけど、そうだったのね。と納得してました。
辻井伸行君、オーストラリアでコンサート2-3回、シドニー響とやるはずです。この週末のはず、ご予定が合ったら是非!ショパン、素晴らしいですよ!