ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-22 14:27
秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-21 11:51
田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

M上さま、いつもありがと..
by Toruberlin at 01:49
10/20は昼公演もご用..
by Toruberlin at 22:50
Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

アナログ銀塩カメラたち。

c0180686_16175758.jpg
c0180686_16174865.jpg
写真を撮ることが好きになり、今の様に日常の行為になったのはいつからだろう?
ベルリンに留学した頃はCannonのオートボーイを持って来ていて、留学させてくれた東京の両親(+先生方や友人知人に)に報告するために写真を撮っていました。ネットなんて概念はなく日本へは手紙か、緊急事態には公衆電話から(家電からは高かった)5マルクで1分の電話しかなかった。2マルクが1ユーロなんですが80年代始めの5マルク、当時住んでいたアパートは200マルク以下で同じフラットが今は600ユーロと考えると6-7倍、5マルクは800円くらいだったから1分5000円ということになるのか?!
まあ、物価は高くなった!と嘆く声が多いですが、安くなったものは劇的に下がった。フライト料金と通信費、いまや通話は無料の時代ですから、面白い。
MacBookだとそうでもないのですが元来筆不精な僕。でもベルリンに来た頃は写真を撮り、何十枚も焼き増しし手紙を日本に送っていました。もちろんアルバムに貼ってもいましたが、記録と報告が目的でした。「所詮オートのカメラ」という気は、あったのだと思います。
ライカやツァイスの存在と、その凄さは知ってはいましたが、手の届かない世界と認識してました。

記録として撮っていたんですが、やはり人の目も気にする20代始め、「日本人とカメラ」今では世界中どの人種でもどこに行っても撮るのが当たり前ですが、当時は日本人がカメラ保有数では圧倒的だったのか?また高度成長経済でヨーロッパにたくさん来始めた頃だったのか?「カメラと日本人」というのはネガティブな表現でした。それで最初の外国、モンテプルチアーノ音楽祭とかJungeDeutschePhilharmonieに入った1983年頃までは撮っていたんですが、その後全くと言って良いほど撮らなかった時期がありました。年に二回は大きなツアーがありましたし85年には3週間以上のアメリカツアーだったんですが、写真がほとんど残ってません。
ネットやFBなどのSNSで(クオリティや良し悪しは別にしても)写真を撮るという行為が一般的に身近になったのは間違いないですね。

故き佳きモノを集める最初のきっかけはタイプライターでした。PCは一般的ではなくワープロもまだ持ってなかった時代、タイプライターは日常の公的文書、手紙、またオーディションの願書などで必需品でしたが、見目麗しい骨董的タイプライターで同じように打てるわけです、当時の新製品と。これには感動しました。そして見目だけじゃなく打った感覚も音も良い!
なんでこんなに重い必要がある?というような戦前のオフィス用タイプや(これも美しい)家庭用エレガントなのやポータブルタイプ、ドイツの工業製品によく見る「自分の考えはこうだ!」と他社とは全く違うシステムやデザインの美しさや面白さがあります。それであっという間に二桁になりIKEAの棚にずらっと並べ、床にも並べて悦に入ってました。骨董的美しさと面白さ+日常で使えること、これは今でも骨董選びの基準としてあります。
さて、写真の話でした。外れてはいないんです。
フランクフルトに仕事で行くことがありました。一年以上、チェロのグスティらと弦楽五重奏でフランクフルト(もちろん西の)TAT劇場でF.Hummelの青髭公を初演から定期公演していたんですが、最初のきっかけはその少し前にWienで無声映画を今のカンマーフィルハーモニー(ブレーメン)、当時にユンゲドイチェフィル・カンマーオーケストラで戦艦ポチョムキンなどをコンチェルトハウスで伴奏したんですが、そのツアーのリハがユンゲドイチェの本拠地フランクフルトでありました。時間のあったときに紹介されて機械モノ専門の骨董屋(これは当時、ドイツでもトップの店だった)を訪れました。もちろんタイプライターを探すためです。(この店は、フランクフルトで定期的に演奏する様になって通いました)
しかし自分のコレクションと内容はあまり変わらず、買っても良いなー!と思うモノでも西ベルリンよりもずっと高価だったのでかなりガッカリしました。しかし一緒に行った友人がカメラを手にしてました。ライカとかじゃなく、いわゆる蛇腹カメラ。
値段は驚くほど安い。1-2万円でずらっとあり、CarlZeissの、後から知ったけれどピント合わせの付いてるスーパーイコンタではなかったけれど、TessarレンズのIkonta、6×9のRollFilmカメラでした。店の人曰く、ちゃんと使えるらしい。そして1930年代製にしてはキレイで、そして風格があった。
話は逸れますが、後日ベルリンに戻り、当時の僕のベルリンのお母さんEさんに見せたら、彼女はオスカーヘレンハイム病院の総婦長だった人で、戦前もベルリンで看護婦さんで安い給金ではなかったけれど、当時カメラが欲しくてまさにその僕が買ったZeissIkontaが欲しくてたまらなかったが、月給の数ヶ月分で高嶺の花だったと話してくれました。そう、上に書いたことに加えて工業製品も劇的に安価になりましたね。蓄音機が当時どのくらい高価だったかは今の感覚では信じられないでしょうが、今ではある程度のクオリティで聴ける機械を、ほぼ(先進国という言い方は好きじゃ無いけど)万人が持てる。
そのモノ自体が持ってる佇まいとか美しさ、モノとしてのクオリティとアウトプットしてくれるクオリティの高さで、蓄音機、カメラなどにその後のめり込んで行ったわけです。そしてそれが可能だったのは、手が出る価格に下がっていたから。(今のアナログレンズと同じです)
話をフランクフルトの工業製品骨董屋に戻します。
そこで買った蛇腹カメラ、フィルムの入れ方を教えてもらいフィルムを買ってWienに向かいました。
アナログカメラは、ピント合わせ機能がなければ距離計の目算でピントを合わせます。あとは絞りですが被写界深度のことは、なんとなく既に理解していました。開放なら浅いから狙ったとこにピントは合って、前後はボケる。当然ピンボケがまずは避けたいから被写界深度が深いF16とかで最初はトライしたわけですが、これは感度が高いフィルム(ISO400)を買って(カラーの他にもちろんモノクロムロールフィルム、もっと感度高いイルフォードでした)露出計はその後デジタルのを手に入れましたが、その時はもちろんなく、大体のカンで撮ったんですが、その出来のあまりの良さに(手前味噌)感動しました。
これがカメラにのめり込んだスタートでした。
フィルムは最新でカメラは正常に作動しレンズは極上のCarlZeiss製、最初に王道から入ったのもきっと良かった。(このフィルムは最新でレンズはオールドの名レンズというのは、僕の今のコンセプト、新しい日本の頭脳であるデジカメと名工が作った名レンズの組み合わせ、に繋がってます)
それでRollFilmの蛇腹カメラから、一枚づつのPlattenカメラ(Rolex社のフィルムマガジンも揃えました)、そしてデジタルの出現と台頭でどんどん身近になったライカのRシリーズ(一眼レフ)やバルナック、M3と増えていきました。
日本人観光客とオートフォーカスカメラ、とは一線を画すオールドカメラはどこでも目を惹きました。ドイツ人のカメラ趣味の人が皆日本製なのに、日本人の若造がオールドドイツカメラを持ってるのに声をかけられたことしばしでした。またアンティークトランクを大小精力的に集めた時期がありましたが、それをカメラバックとしたり、機械としての良さと外観の美しさ+写真を撮ることに嵌っていきました。
さて、このブログを読んでくださってる方の多くはご存知ですが、今はNEX+オールドアナログレンズが僕のメインです。これはライカなどのレンズを手放さなかったから(長く放置してた)Eマウントの出現とともにベストとして今に至る僕のスタイルです。
気に入ったモノは出来るだけ手放さない。死蔵品という嫌な言い方があるけれど、それを換金して運用なんてのはセコセコしていて性に合わないのです。で、それよりもある資産家の言葉、成功の秘訣は?に「手に入れたモノは何でも、手放さないことです」が頭に残り、また性に合っています。もちろんいつかは楽器や弓と同じ様に手放すこともあるとは思いますが。

三桁の数を越すカメラ、そしてレンズ、全て銀塩アナログ用は写真のおもちゃ箱をメインにずらっと持ってますが、レンズ以外はずっと出番がないのです。もちろん、いつか自分でモノクロームを現像から紙焼きまでするつもりはあります。でもその時間的余裕はないというか、そのために確保する時間のプライオリティーは限りなく低い。趣味ですから。
そこで気になったのが、この話題。(これのために、前置きが長くなりました)
もちろんどのくらいのクオリティかはわかりません。ネガスキャナーは存在しますが1-2万円のもあればプロ仕様の高価なのもある。でも大袈裟すぎる。フィルムを店でCDに焼いてもらう手っ取り早い方法もあります。が、このアプリが「使える」なら大歓迎です。まずは膨大な今までのネガ、そして撮りたい銀塩フィルムカメラでの写真。それらをMacBookにデジタル化して取り込めるならバンザイ!です。
c0180686_16174021.jpg
ライカM3もですが、奥のZeissContafrexには傾倒し(ちょっと表現が大げさだが)ボディは5-6台、レンズもシリーズの全てを揃えました。F1の超希少レンズさえも持ってますし、当時かなり頑張って単眼鏡だけど望遠レンズになるタイプも持っています。フィルムマガジンも複数、一眼レフなのに撮影途中で別のフィルムで撮れるのです。RollFilmカメラは素晴らしく、拙宅の約80台は全て使用して使えるのを確認してますが、でも趣はあるけれどやはり撮って面白いのは一眼レフでした。
その35mmフィルムカメラ、そしてRollFilmカメラで撮影するのは自分で現像から焼きまでする時、と思ってましたが、現像はモノクロームなら家で大したことない道具と作業でできる。それをこのアプリでデジタル化して(書いたようにクオリティ如何ですが)ブログなどに使えるなら、素晴らしい!と期待しています。

タイプライター、トランク、蓄音機と集めたモノたちの話はまだまだあります。これは別の機会に。
カメラの話だって、まだまだあるのですが銀塩カメラたちをまた使うようになったら、お話しすると思います。

日記の日付は5/19となってますが書いたのは6/8の朝です。上記のアプリはこの秋デビューだそうです。
c0180686_16173357.jpg





by Toruberlin | 2017-05-19 23:59 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/26726538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]