ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

文京区本駒込そば工房「玉江」
at 2017-10-18 23:59
伊達保原の二日目。
at 2017-10-17 23:59
10/10 伊達保原へ
at 2017-10-16 23:59
Rikiフィルの皆さんと
at 2017-10-15 23:59
愉しい金曜の夜
at 2017-10-14 23:59
花田さんと大文字さんで見つけ..
at 2017-10-13 23:59
10/13はアンペルマンの誕..
at 2017-10-13 08:16
昔の三菱銀行本店にて。
at 2017-10-12 23:59
10/5 有楽町「川上」へ
at 2017-10-11 23:59
O西さんとフレスコへ。
at 2017-10-10 23:59
アパートから歩いて新橋経由有..
at 2017-10-09 23:59
Giuseppe Bracc..
at 2017-10-08 23:59
朝ポルチーニ茸パスタ
at 2017-10-07 09:23
亀屋豆腐
at 2017-10-06 08:45
中秋の名月、夜は麻布十番で焼肉
at 2017-10-06 06:20
東京駅八重洲中央地上口で待ち..
at 2017-10-05 06:59
東京、最初の晩
at 2017-10-04 06:58
ベルリン→東京小岩
at 2017-10-03 23:50
AMPELMANN Duet..
at 2017-10-02 23:47
土曜日の朝は、まずはMarktへ
at 2017-10-01 00:13

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

植木さま、おいでいただき..
by Toruberlin at 01:18
この夜は親友の隠し玉付き..
by Toruberlin at 01:16
やはり田酒は希少なんだね..
by Toruberlin at 01:14
本日のリサイタル、楽しま..
by 植木信勝 at 00:27
本当に素敵なお店ばかり!..
by rica at 10:15
素敵なお蕎麦屋さんですね..
by rica at 10:11
ありがとうございます! ..
by Toruberlin at 02:50
予約を入れていただきあり..
by 渡辺敏 at 13:36
渡辺様、はじめまして! ..
by Toruberlin at 13:30
それはびっくり!本当なら..
by Toruberlin at 13:26
髙橋 徹 様 はじ..
by 渡辺 敏 at 11:52
今回は短い、あと2週間ち..
by Toruberlin at 01:07
お、M君、それは良かった..
by Toruberlin at 22:25
Y介ちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 12:25
ホントに在東京なら間違い..
by Yusuke at 21:36
M原さま、 とんでもご..
by Toruberlin at 02:10
お手数をお掛けして申し訳..
by M原 at 23:19
M原さま、ありがとうござ..
by Toruberlin at 09:44
megroさん、M内さん..
by Toruberlin at 22:44
Cちゃん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 00:35

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

冷たい中華麺 レシピブログ

c0180686_23300329.jpg
つい先日「冷やし中華、始めました」と書きましたが、鶏ガラでラーメンを作るくらいちゃんとスープ摂って作る冷やし中華は美味しいです。暑い日々が続くベルリン(嬉しいし、ありがたい!)もり蕎麦も良いけれど(そして夜は涼しく、食欲が減退してるわけでもヘビーな料理が嫌なわけでもないのですが)手打ち中華麺で作る、なんか別の涼な麵を開発したくなってました。
担々麺は試してみようと前から思っていて、ちょうど牛の挽肉がありラグーを仕込むつもりでしたが、それで肉味噌も良いな!と思いつつ湖畔のテラスでMTGのあと近所のKaisersに寄ったら美味しそうな塊の豚バラを発見してしまいました。
中華麺のことは忘れて3kg超の塊でしたが、骨のない箇所(そっちを普通は皆さん好む、肉が多いから)を1kgカットしてもらい骨つき2kg超を持ち帰りました。肉は何でも骨の際が美味しい!のです。
さて、どうしよう?肉味噌もragoûtも良いのだけど、骨の部分を外し皮も除きながら「これは茹で豚にしたら旨そうだ」と思いつきました。それでまずは中華麺を仕込みました。茹で豚を載せた冷たい中華麵を作ってみることに決めました。
c0180686_23293682.jpg




麺は、このところ失敗なし!
加水率40%くらいが良いです。550と405番(ドイツ規格、日本なら強力と中力)の小麦粉(Weizenmeal)を半々使います。
粉をよく混ぜ500gの粉なら200g(=cc)の水を使います。

カンスイ、英語でLye-Water。ベルリンの中華食材店にはまだ液体タイプが売ってます。「雪鹸水」ちょっと漢字が違うけど、こう書いてあるのを僕は使ってます。
このカンスイと塩を入れるのですが、今回はどっちも10gにしました。このバランスもいろいろ試しましたが、塩が上回るのはNGみたいです。

50gの水に10gのカンスイを入れて粉に加えて、塩はトラーパニの海の塩。Finoを溶かすのに湯を使います。細かく書けば100g熱い湯で10gの塩を溶かし粉に加えますがボールに必ず塩が残る。それを残り50gの水で全て粉に加える。科学者ではありませんが、そして製菓より料理はずっとファジーでOKだし、その方が良いことが多いですが、中華麺の出来不出来は正確な値が基本にあった方が良いです。逆に言えば、それだけ出来に不満が残ることが多いということです。
さて捏ねるのですが、40%加水でもあまりに固いことがあります。筋肉痛になる必要もないし、多加水麺の方が(もちろん度合いは大事ですが)シコシコ麺になる。だから空気が乾燥していたりで上記の配合で固すぎたら少し水を加えます、これはカンで。
今回は10gを二回、加えました。500gの粉にカンスイと塩が各10g、そして220gの水。40%加水の一割増でした、

茹で豚は500gくらいの塊を水から煮ます。水位は塊が隠れるくらい。
ニンニク、大を5-6個、生姜。それにポロネギの青い部分を入れて沸騰したらアクを(あったら)取って、あとは弱火で30-40分煮て、そのまま冷まします。
500gの塊2ケ、外した皮も入れました。この皮、冷えたのを細切りに、豚バラは好きな薄さにカットします。

ポロネギの白い部分を細く切って、水にさらしておきます。

茹で豚のスープ、ニンニクと生姜も入ってるし、塩を加えればすでにかなり美味しい。塩は熱いうちに加えます。20分くらい煮てから適量を加えました。ゴルフボール半分くらい、鍋は中鍋、500gの塊が2つ余裕で入るくらいの大きさです。
このスープ、塩味はすでについてますから、醤油と酢での味付けを試してみました。
c0180686_23292651.jpg
試作品。悪くない、というか和芥子が活きて、かなり美味しいです。
冷やし中華とはかなり違う(僕はつけ麺があまり好きじゃない)冷たい汁の中華麺「茹で豚中華そば」と名付けます。

c0180686_23291556.jpg
翌日の昼にもう一度!麺はかなりツルツルでシコシコ、上記の配合、◎です。
c0180686_23290311.jpg
ネギと茹で豚を散らすのは同じですが、汁には醤油とごま油、そして酢を加えました。
細かくした皮とザーサイ(軽く塩出ししたの)を加えて、食べる直前に!

温度が低いと味が薄く感じられます。だから旨みが多めに必要ですが、酢を入れると良い感じになる。
ごま油は控えめ、醤油と酢を同量で、汁だけなら「かなり濃い」くらいが良いです。
まだ完成一歩手前の「茹で豚冷やし中華そば」でした。
c0180686_23285412.jpg







by Toruberlin | 2017-06-18 23:59 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/26762571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]