ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

J.S.Bach Solo-..
at 2017-12-14 19:57
2017年末までの、おもなオ..
at 2017-12-13 14:30
J.S.Bach クリスマス..
at 2017-12-13 03:52
金曜日 Vol.2
at 2017-12-12 17:01
金曜日 Vol.1
at 2017-12-11 20:53
木曜日の午後、晴れ!
at 2017-12-11 03:03
水曜日の晩餐
at 2017-12-10 12:13
大らかな大都会、ベルリン
at 2017-12-10 10:37
セカンドアドヴェント(+イ..
at 2017-12-09 22:13
水曜日のアペリティーヴォ。
at 2017-12-08 15:37
MilanoからファミリーR来宅
at 2017-12-08 13:02
AMPELMANN Toru..
at 2017-12-08 09:30
Aperitivo in B..
at 2017-12-07 23:21
拍子とアウフタクト
at 2017-12-06 23:59
BAR im Hotel
at 2017-12-05 23:04
(続)室内楽コンサート
at 2017-12-04 20:14
Adventskonzert..
at 2017-12-03 23:34
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-12-02 15:04
室内楽リハとムール貝
at 2017-12-01 23:53
バイプレーヤー
at 2017-11-30 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

お、いいね。イタリアなら..
by Toruberlin at 22:59
MOくん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 07:36
うん、アンペルマンのベル..
by Toruberlin at 01:37
ベルリンのウェブショップ..
by みさ at 22:43
古橋さん、面白いゲームで..
by Toruberlin at 16:49
可愛いでしょう。ずっとあ..
by Toruberlin at 16:45
たくさんの画像で現場の盛..
by 古橋貴正 at 20:40
とてもカワイイですね&#..
by みさ at 20:23
YSさん、コメントありが..
by Toruberlin at 16:19
素敵なBARですね。ヨー..
by YS at 22:30
昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

Barock light?

c0180686_20434239.jpg
light?って書き方はWitt先生がBeethoven light?
と最近流行りの速い軽いベートーヴェンに疑問を投げた文章からもらいました。
重い、ってのとも違う。技術の稚拙さで弾けないから遅いってんじゃない。
重厚なベートーヴェンが僕は好きです。
重い音、ってのも根底には「柔らかさ」があり「空気を含んだ重厚な音」が基本方針になければ、いわゆる(僕が大っ嫌いな表現の)爆音で音楽する、とか蹂躙する様な暴力的な演奏がありますが、それとは別次元の話です。
でも、軽妙にしたいからと速く弾き、ちゃんと言葉を最後まで発しない様な、そう物語を語れない様な演奏は、やはり音楽とはかけ離れているとしか思いません。
とくにベートーヴェン、ブラームス、ブルックナーはカラヤン時代のベルリンフィルの誇りでしたから、カラヤン没後にあった先生の葛藤は想像できます。なんでも度合いと思うんです、そこまでバランス良くできて、またそれを受け入れられるか?ですね。
c0180686_20433139.jpg
だから、そのコンサートの、その為のリハという時間の権限を握ってる指揮者は、ただ偉いんじゃなくて、大事なんです。権限=責任です。
それはコンサートマスターにも首席奏者にも言える。
だからオーディション、特に重要なポジションは、大事です。
下手すると長年の伝統や、音楽や奏法の歴史が変わってしまう。
それにより新しいスタイルができていくのがいつでも◎ならば、それでも良いのかもしれませんが難しいところです。
ある有名オケのコントラバスの首席、全ての音にヴィヴラートをかけることを必要と信じ、実際にやっているし周りに指示してるのには驚きました。ヴィヴラート無しの音は❌らしい。全てにはかけないから、良いのにね。

話は逸れましたが、音楽監督は大事。その良し悪しで全てが無駄にもなりかねません。
Barock light?
もちろんバッハの時代とは全てを比べられません、モダンの楽器で演奏するわけですから。
しかし出版社ベーレンライターがBassoGrossoという表記で多くのレシタティーヴォ、アリアにsenzaと表記しました。80年代後半かな?BasssoGrossoはチェロとヴィオローネ(コントラバスの前身)以外の低音を指すことが多い。(これもバロック研究家さんたちと論議するつもりはありませんが)でもKBが抜けるのが当たり前と思ってる指揮者やチェリストが多いのも事実です。
それはね、KBが下手な場合は、いやそうじゃなくても一人より二人の方が合いにくいから、チェロにレシタティーヴォを一人で弾かせることが多くなりました。チェロがご機嫌に上手ければ、ただ弾くだけじゃなくコンティヌオを知ってるRSBのVとかポツダムのAやBとか、またはDSOのミシャとならご機嫌な演奏ができます。
ベルリンだと80年代は間違いなくKBも全てを弾いていた。90年代からは半々よりはまだ多かったかな、弾かせる方が?
近年は上記の理由か、バッハはそう書いてないのに曲ごとにコントラストを欲しいからなのか?やたらとチェロ一本が増えてます。
かと思えば、初めて行った教会で「どうせまた、出番半分だろう?」と思ってると「チェロがいなくたってKBがいなければ話にならない!」的な発言をする指揮者も、またいてくれます。
引退してしまいましたが長年ポツダムサンスーシ宮殿のFriedenskircheの監督だったMJさんとかニコライ教会(別の理由で一昨年を最後に行かなくなりましたが)、そういえば長年ヘドヴィヒ大聖堂音楽監督だったWittさんも、コントラバス(ヴィオローネ)とバッハが指定してるんだから!と全てコントラバスには弾かせて、たまにチェロを抜くこともあった。
全て、音楽監督の解釈です。
室内楽は自分たちで(だから「誰と」が大事、弾けないくせに提案ばかりする奏者とは疲れるし時間の無駄)作れるから好きなんです。
12/10にMoabitのErlöser教会で弾くバッハのクリスマスオラトリオ カンタータ1番と4-6番。
リハは前日ですが、この指揮者はきっと全て!っていうタイプです。レシタティーボはチェロの良し悪しで不可能なこともありますが、、、。
ベルリンの中心部にある教会です。クリスマスオラトリオは何と言ってもホールでよりも教会でが良いです。
c0180686_20420875.jpg











by Toruberlin | 2017-11-22 23:59 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/28420311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]