ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

Steiheil Culmi..
at 2018-01-18 10:25
テールガット
at 2018-01-17 15:59
RossiniDuo フラン..
at 2018-01-16 13:24
たかがゴム、されど、、。
at 2018-01-15 19:59
ガチョウの丸焼き レシピブログ
at 2018-01-15 03:33
ベートーヴェンの交響楽演奏で..
at 2018-01-14 19:23
ある日の、普段晩餐。
at 2018-01-13 15:45
Solosuite von ..
at 2018-01-13 00:22
ベルリンフィルハーモニーは素..
at 2018-01-12 14:53
湖畔散歩
at 2018-01-12 06:55
新年、今年の年明け
at 2018-01-12 00:37
単純なものです、幸せ。
at 2018-01-11 23:46
毎日 J.S.Bach
at 2018-01-11 13:43
SteinheilとBUNN..
at 2018-01-10 01:00
今日も晴れのはずだったけれど..
at 2018-01-09 10:38
1月4日ミッテ散歩
at 2018-01-08 23:30
すぎるー!
at 2018-01-07 23:30
1月3日
at 2018-01-06 23:30
お目汚し、お耳汚し
at 2018-01-05 23:30
新年会 2018
at 2018-01-04 23:30

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

地元には桜エビの料理を出..
by norick1100 at 23:50
その出漁に合わせて行ける..
by Toruberlin at 19:19
はい、そんなこともありま..
by Toruberlin at 19:15
春と秋に3ヵ月ずつの漁期..
by norick1100 at 00:14
間違っていましたらごめん..
by norick1100 at 00:06
おー!そうですか。この中..
by Toruberlin at 20:16
ご存じない方は多かった、..
by Toruberlin at 19:47
私は桜エビの町(現在は吸..
by norick1100 at 11:52
O西さん、体調を崩されて..
by norick1100 at 11:38
おはようございます。左足..
by Toruberlin at 18:45
ありがとうございます。 ..
by norick1100 at 10:08
いや、裏板を抑えはしませ..
by Toruberlin at 09:42
お返事ありがとうございま..
by norick1100 at 08:46
norickさん、こんば..
by Toruberlin at 02:08
以前からエンドピンの長さ..
by norick1100 at 22:20
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:46
norickさん、はじめ..
by Toruberlin at 18:43
はじめまして。 Twi..
by norick at 11:38
あーちゃん、おはよう。 ..
by Toruberlin at 17:15
徹さん、そんなにも体調が..
by puku at 08:50

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

J.S.Bach クリスマスオラトリオ

c0180686_02245208.jpg
c0180686_02250365.jpg
c0180686_02244155.jpg
Die Weihnachtsoratorium Kantate 1+ 4-6を日曜日、ベルリンモアビートのErlöser教会で演奏しました。
前日にコンティヌオだけ2時間、全員で2時間ちょっと、当日は1時間前に30分弱のリハで18時からコンサートでした。テキパキ行けば、リハはそれで十分です。いや、時間掛けようと思えば一週間でもリハできるでしょうけれど、、。
教会はかなり大きいのですが満席でした。
c0180686_02243329.jpg
合唱団はオケの30分前にリハ開始。
c0180686_02235820.jpg
c0180686_02242115.jpg




c0180686_02235033.jpg
c0180686_02234212.jpg
クリスマスオラトリオはバッハの他の大曲が受難曲で重いのに対して「キリスト誕生」という唯一の明るい作品です。音楽としてはヨハネもマタイも、他のバッハ作品全てが素晴らしいですが、弾いていて一番楽しいのは僕はこの作品なんです。
c0180686_02231047.jpg
c0180686_02230254.jpg
4番カンタータのヴァイオリン二本とコンティヌオのトリオが奏でるテノールのアリア。今回、ソリストは皆良かったですが特にアルトとテノールが素晴らしかった!ファーストヴァイオリンはコンサートマスターのW、セカンドはカンマーフィルハーモニー時代からの仲間のTでしたが、楽しかった!
c0180686_02224825.jpg
S A Tの三重唱も素晴らしかった!「黙って!」というAlt、バッチリハマって。しかも柔らかく力強く!素晴らしかった!
c0180686_02223951.jpg
c0180686_02222707.jpg
一番活躍する歌はテノールです。チェロを抜いてファゴット、オルガン、コントラバスで伴奏した最後のアリアも楽しかった!
c0180686_02221980.jpg

c0180686_02214906.jpg
c0180686_02361306.jpg
終演。ソリストたちがすぐ前でしたが、短い休憩時や終わってから口々に「あなたとピッタリで楽しかった!」「コントラバスがこんなことしてるなんて長年歌ってるけれど初めて見たわ!」とか。バスは昔からの知り合いで「Toruくらい歌手や合唱の流れを察知して一緒に寄り添うコンティヌオKBを知らない!」と言ってくれる。嬉しいことです。
テノールはかなり若い子、音程がしっかりしていて、語り部としてもアリアを歌ってもエクセレントでした!
また次もご一緒したいです!と帰って行きました。また是非、ご一緒したい!
c0180686_02211081.jpg
c0180686_02202313.jpg
ソリストと同じベンチに座ったので、素早くiPhoneで。
c0180686_02201192.jpg
仕事で、こんなに充実できるってのは、音楽家ってのはありがたい仕事です!
c0180686_02205023.jpg
教会を出たら外は真っ白!その後も降り続いてました。
明け方の雨と気温の上昇で消えてしまいましたが、夜中は美しい景色でした。
c0180686_02205730.jpg

コンティヌオにKBを入れるかどうするか?先日書きましたがそれも含めて
どういうBachを演奏したいのか?
指揮者じゃないとやりたい音楽ができないのか?とまで突き詰めてると疲れてしまいますが、コントラストを出すためとか軽くしたいからとかでKBを抜くのには疑問があります。

さて、どういうふうにBachを演奏したいのか?
指揮者それぞれきっと、熟考した考えがあるんでしょう。奇をてらったり安易に簡単な道を選んでないことを祈りますが
ピリオド楽器アンサンブルとモダン楽器(いま、世界で通常に使われてる楽器たち)でのバロック。近年のバロック研究から前者が盛んになり、また半音低いことから歌手には歓迎されるし、楽器のパワーがないから(パワーは使い方で良し悪しがでる)指揮者は抑える必要がない。
僕もヘドヴィヒ大聖堂の古楽アンサンブルからアカムスはじめ様々な古楽アンサンブルでも弾きました。
カラヤン崇拝者ですが、カラヤンのバッハは好きではありません。
ドイツでもロマンティックなバッハは倦厭されてます、60年代に多い。
でもね「音楽を歌う」となると、もちろん時代によって歌い方は分けなければならないが、今の時代に生きてる僕らはこれまでの歴史と音楽を知っている。いろんな歌い方を知ってる。
古楽といってもほとんどの楽器は復刻、いや、それは古くても新しくても良いのかもしれないが、研究の成果による想像が含まれた解釈は、その時代に生きた人が誰もいないから、全て正しいかはわからない訳です。
実際、水洗便所どころか水道もない、電気もない時代。医学も途上時代、清潔な水は金にも値し今とは全く違った時代の音楽を、研究して無理やり時代考証に基づいて演奏することが、「そうじゃなければならない」じゃなく、音楽家として良いと判断できるならいいけれど、失礼ながら有名な古楽録音でも聞けたもんではないのがある。あれが良いと思うのは不思議です。
もちろん、僕も古楽にはハマりました。とことんやって見た。ガット弦の響きは素晴らしい、音程を合わせられる奏者が揃ってれば。
でも、書いてある音楽の解釈って、軽くて短いばかりではない。長いフレーズでの演奏が、ヴィヴラートが当時無かったと証明は誰にもできない。こねくり回す大きなヴィヴラートは僕は大っ嫌いだけれど、バッハをノンヴィヴラートで弾かねばならないという制約には賛成できない。マエストロRみたいにオーケストラはヴィヴラート無し、これには賛成できる!とっても良いことが多い。でも音楽を繋げるのに有効な手段と知ってるから、弓だけのヴィヴラートで弾くことは、ライターを持ってるのに火打石で着火するキャンプオタクみたいに感じてしまう。
そう、車や飛行機が無い時代には戻れないし、戻りたくもない。
のに、バロック音楽だけ戻るのも、おかしい。
そこに、いろいろ知った上でのバランスが大事と思うんです。
60年代のコテコテロマンチックバッハは、僕もやはり嫌い。だけど、速く軽いだけでは、心に届かない。
届かなければ、響かない。
素晴らしい歌い手が声を発した時にかかるヴィヴラート、理想です。かけるヴィヴラートは僕も否定しますが、声にかかる自然なヴィヴラートは電気や水道がなかった時代にも存在したはず。
バッハがたくさんの作品を作曲したクラビコードという楽器、音を出してそのまま左右に鍵盤を揺すればヴィヴラートがかかる。それも美しいのが。よくブレンデルがピアノでもやってました、あの動き。
それをバッハが、当時の音楽家たちが見逃したはずはない。
自分のソロとか室内楽なら、まだ自分でやりたいことができる。
でも、大きな作品になると、指揮者になるしかないのか?
または、共感してくれる指揮者、音楽家たちと、やることができるか?
古楽研究をある程度知って、いろいろ試して、しかしたっぷりと鳴る、勢いだけじゃないバッハ。
音楽を語れるバッハ、実現したいです。
流れることは大事でも、軽く速いだけは、嫌いです。

古楽アンサンブルでもものすごく素晴らしい団体はいくつもあります。
でもやはり、物足りなさは感じる。鮮やか!とは思うけど。
そこに、時代は後になるが、今に生きてる僕らの見識を、音楽解釈を、どのくらいバロックを壊さずに加えられるか?
が勝負になるのだと思います。
壊してはいけないところに、どのくらい加えられるか?
バランスが大事です。
で、それこそが音楽家として生きる喜びと思うのです。

たぶん指揮者にはならない、だってコンティヌオ弾きたいから。
バッハは大きな合唱以外は指揮者は要らない、
コンティヌオ仲間で音楽をソリストと作っていく
それは、室内楽の音楽監督をするのと同じ様に、僕でもできるんじゃないか?!
と夢膨らんでいます。

バッハの名を掲げる団体はたくさんあります、
でも今までお声はかからなかった。
それなら、自分で始めるしかない!と考えています。

今夜は日曜に閉店するULAベルリンに母と三人で行ってきました。
美味しく食べ、ビールだけにして母を送って23時過ぎに帰宅。
それから、まだ眠れないでいます。
木曜日まではリハ無し、家で練習とデスクワークですから何時に起きても問題はないんですが
せっかく0時に床に着いたのに、、、。今日も5時コースかなー?(水曜早朝4:39 )




c0180686_02354990.jpg








by Toruberlin | 2017-12-13 03:52 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toruberlin.exblog.jp/tb/28580784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]