ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-22 14:27
秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-21 11:51
田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

M上さま、いつもありがと..
by Toruberlin at 01:49
10/20は昼公演もご用..
by Toruberlin at 22:50
Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

2016年 05月 21日 ( 3 )

蓄音機専門店,久方ぶり。

c0180686_07082432.jpg
1990年代の初めSPレコードと蓄音機に嵌りました。80年代後半からタイプライターとroll filmカメラの蒐集が始まり、90年代には一眼レフ,そしてオルゴールや蓄音機となります。まだ独身で家賃も安かったのでベルリンフィル、DSO、首席だったベルリン室内歌劇場とカンマーフィルハーモニーでの稼ぎのかなり多くを費やしました。
ほとんど手放してないのでカメラは三桁に近い台数,蓄音機は手放したのも多いですが10数台、SPレコードはほとんど持っているので3000枚までは以前数えましたが,それを大きく超える数があるはずです。
c0180686_07002166.jpg
もう特に欲しい機械もないし,メンテが必要なのはあるけれど4-5台は健全で良い音を出してくれてるし,レコードは探せばきりがないし(でも蚤の市でも激減しました,ずいぶん前に)専門店もLPは逆に増えましたがSPはほぼ無くなりました。
でも、手に入れたいレコードがあり,探すとなかなか無い。399ユーロというのがオークションであったけれど,あまりに高価である。
c0180686_07055574.jpg
ピカピカに輝いてる愛車で買い出しに行った昨日、そういえばあそこにあったなー!と思い出したレコード店に行ってみたら,果たしてまだありました。
親父さんもご健在。しかしやはりSPはほとんど扱ってないという。で、お仲間を紹介してもらいました。
c0180686_07051791.jpg


More
by Toruberlin | 2016-05-21 20:56 | 趣味の話 | Trackback | Comments(0)

土曜日のMarktへ。

c0180686_23183565.jpg
c0180686_23182963.jpg
今朝、Busendorf産のシュパーゲルのことをブログに長々書きました。
11時前に前日のアジア屋に続いて日曜晩餐の食材仕入れにでかけました、まずは鶏。空豆のさや付きがあったら!と散歩がてらMarktにも行きました。
上のシュパーゲルはトルコ人屋台のです。安い!ここはモノは良いので(ポルチーニ茸をよくここで買います)見た目も良いし買っても良かったんですがブランチ前菜用はBusendorfのがあるし晩は昨日作った〆鯖があるから和風。日曜も十分な食材が揃ってるので、またにしました。
c0180686_23182201.jpg
教会の周りが公園になってい、それを囲むロの字の歩道に店が並んでいます。一周はどこから始めても,もちろん良いのです。
c0180686_23181715.jpg
c0180686_23180711.jpg
緑あふれるマークト、郊外じゃありません。ドイツオペラ座のすぐそば,街の中心部です。
c0180686_23180013.jpg
c0180686_23174544.jpg


More
by Toruberlin | 2016-05-21 15:51 | 美味しい楽しい話 | Trackback | Comments(0)

Busendorf

c0180686_14592858.jpg
ドイツの名物は数あれど(ま、多い方ではないですが)、今の季節はSpargel(白アスパラ)ですね。最近は日本でもよく見かけるようになりました(麻布のアパートの下のスーパーにもあった)。
食品は多くがそうなのですが、このSpargelほど鰹や鯖並みに鮮度が大事な食材も無いくらい、大事です。
それでドイツの大都市の近郊にはSpargelの産地が多くあります。
スーパーですとスペイン、またはギリシャ産などが安価なので並んでいます。でもこれをSpargelと思ってはいけない!観光客相手のドイツレストランでアイスバイン食べて「あんな脂っぽいのは、、」と残念な発言をするようなものです。
どこの産地が良いのか?という話になるとバデンツァー(バーデン地方の)が有名で南ドイツが本場のように思われますが、水はけの程よい砂地が多いドイツ、前述のように産地が近くその日の朝に収穫した方が美味しいことは間違いありません。
さて、どう食すかですがフランス風やイタリア風も美味しい!軽く茹でてからじっくりソテーするのは僕も時々やります。美味しい!でも、それはバリエーションを変えたいから。ドイツでの王道は茹でたシュパーゲルです!(きっぱり)
できれば穂先が水に浸からないで済む、シュパーゲル鍋(細長い)をドイツに住んでるなら買っちゃいます!大した価格じゃ無い。穂先は一番美味しいので、これは蒸気で蒸すだけにする。
穂先を上にして鍋に立て、塩と砂糖とバターで茹でます。配合は好み!で、竹グシかなんかで刺して茹で具合をみます。
あ、買ってきたシュパーゲルは、下の方を少しカットし穂先から少し下の部分から元に向かってピーラーで皮を剥くのを忘れずに!
で、茹で上がったら素早く水気を切ります。ここで大事なのは(好みの問題と言ったらそれまでですが)ホーランデイズなんていう邪魔者は近づけないこと!美味しいシュパーゲルなら、邪魔にしかなりませぬ!美味しいバターをじっくり溶かし(もちろん有塩の)それを熱いシュパーゲルにかけるだけ。
素材が良ければ、手早く調理してシンプルに食すのが一番です。
c0180686_07063341.jpg
晩御飯で照明と外光が混ざり、写真的にはダメで美味しそうに見えないですが、こんな感じがベスト!スクランブルエッグ、生ハムか何か(写真はパンチェッタのソテー)マッシュルーム。上にはトマトとラディッキョですが、これはあってもなくても良い。この時は大皿でも満杯だったので(シュパーゲルは一人前が500g以上です!)別の皿に茹でた皮付きジャガイモをバターでこんがり切断面を焼いたのを添えています。
この時期、6月中旬までのご馳走です。シュパーゲル調理は書いたように簡単!食べに行ってはダメです。いままで美味しいのに当たった試しが無い。大概は茹ですぎなんです(美味しい店もあるかもしれないけれど)ゲンゼの様に自宅では困難な料理ではないから、家でがオススメです。
さて、タイトルのBusendorfは?と思いますよね。
Marktで買うのは、もちろん◎です。ベルリン近郊のBeelitzから来てる農家や業者も多い。僕もよく買います、Marktは歩いてるだけでも楽しいから。
先ほど書きましたが鮮度が命のシュパーゲル、旧東独のポツダムの更に南西にあるBeelitzがベルリン近郊の産地で、そこに向かう道も素晴らしく、半日ドライヴで農場に仕入れに行くのも面白いです。
Bushmann&Winkelmannというシュパーゲル農場があります。もう10年以上前か?オーナーと知り合い、頻繁に通っています。シュパーゲル食べ放題もあるのだけど、茹ですぎでこれはNG。規模は年々大きくなり、いまではアミューズメントパークみたいになってますが、ここのシュパーゲルが美味しい!そして最高!と思っていました。CXにも紹介し、何度かクルーが取材にも訪れましたが、この旬の2ヶ月ちょっとの期間で1年分の収入を得る、その勢いと活気は、気持ち良いです。
太陽を浴びてないのが白アスパラ、黒いビニールが畑一面にかけられ、手で触って穂先を感じたらめくって専用の長い器具で根元を切断して収穫するのですが、この時期に多くの季節労働者が例えばポーランドから来ています。収穫後に洗って選別(太さや種類)される様も取材の時に見せてもらいましたが、船が着いた朝の漁港の様な活気があります。ここは例えばケンピンスキーホテルの契約農家で、特に選ばれた箱が早朝には作られベルリンに運ばれてランチにはレストランで供される様です。
さて、ドライヴがてらは楽しいですが農場にいつも行くわけにもいかない。
拙宅から車で5-6分のグユーネヴァルト、ダーレムにこの時期、出店が並びます。これもきっと毎年場所が決まっていて、朝から日暮れどきまでシュパーゲルや、もう少ししたらイチゴ、卵にジャガイモなどを並べています。車が無いとなかなか行きにくいんですがClayAlleeには10軒近くも間隔を置いてあるか?
拙宅側の駅構内には今年も苺屋台がすでに準備されてますが、不思議とシュパーゲルは少し便の良く無い場所にあるのですが、これも出店料とか縄張りとかが関係してるのかな?
車を持たない人は多いでしょうが、Marktも良いけどこのシュパーゲル出店、一度は行ってほしいなー。昼ごろならきっと、どこにも新鮮で瑞々しい美味しいシュパーゲルがあります。これ、日本でイタリアとかフランスから輸入されてるのを時々見ますが、別次元の美味しさと思います。
馴染みの売り子さんがいるわけじゃ無いけれど、美味しそうな出店を選ぶのもまた楽しみです。車で向かい(一昨日だったかな?)Buch-&Winkelmannの屋台と思しき前に車を止めました。
キロ12ユーロが二種類(これは白とバイオレット、大した違いは無いのです。バイオレットは少し太陽光線が当たったシュパーゲルで白は全く当たってない。ドイツ料理店では後者を最高!とします)そしてキロ7ユーロの3つだけ並んでました。店によっては太さでも変えてます。これ、どちらも味には大差無いけど、茹でる時に同じ太さの方は便利だから、拙宅では2キロとか買った時に選別して(太さ揃えて)茹でます。中くらいが茹でて食す上記のオススメ調理法には最適、太いのは硬めに茹でた後にオリーヴオイルやバターでじっくり焼くの(これも美味しい!)に適しています。
おばあちゃんの売り子さんで、訊けば12ユーロのはそろっていて綺麗。でも7も同じ農場から今朝仕入れたもので、不揃いなだけで美味しいよ!と仰る。確かに、不揃いだけど美味しそう!それを2kgちょっと貰いました。
あれ?仕入れた?でB&Wの出店じゃないの?と訊けば「違うよー!」もうちょっと奥のBusendorf!
そこの農場で仕入れて、ここの出店で売ってるそうです。
Busendorfは聞いたことなかったけれど、Busen=おっぱい、おっぱい村?という名前も気になります。(CXで取材にいかが?)今度行ってみるか?と思いながら「いつもはB&Wに行ってるんですよ」と言うと「あそこは大々的になって派手だけど、食べてみたらわかるよ、違いが!」と仰る。
B&Wは東独時代は無かったのです。オーナーに尋ねたら、彼らが(西の人です)壁崩壊後にベーリッツ近辺を訪れ(きっと投機対象を探していたのでしょう)そのベーリッツから少し外れたKalistow村で出会った老人の「ここは荒れた元農地になってしまってるけど、戦前はシュパーゲル農場だった」一言から調べ、手に入れて今ではきっと一番成功してるシュパーゲル農場になっています。ベーリッツ村にも行ってみたんですが、なんかパッとしなかったし特に美味しくもなかった。
家内が皮を剥きながら「なんか軽めというか弱々しい感じ、美味しいかなー?」と心配してました。
が、食したら本当でした。これまで食べた中で一番美味しいシュパーゲルでした。
ClayAlleeの街から南下したら右の二軒目の出店、「BonusKarteはありません」と看板に書いてあります(それ以外に名前もなく目印なし)Busendorfのですか?と尋ねるのが一番!
ぜひお試しください。
しかしなんでBusendorf「おっぱい村」なんだろう?
天気の良い日にドライヴがてら行くつもりですが、その訳も調べてきます。

今日もかろうじて6時台に起きました。昨日は5時半頃。天気が良いおかげか?時差影響がなくなっても早起きできてます。
早起きは三文の得!
昔は無理して起きてもその時間を有効に使えなかったら意味無い!なんて否定してましたが、先ずはとにかく気持ち良く起きて、ある程度はやらねばならぬことを片付けて午前中に2-3時間楽器弾けたら、これは幸せです。

6/2は僕が久しぶりにソロを弾くプルチネラ組曲in ポツダム。NKOP定期です。
6/4は南ブランデンブルクの田舎の教会でRossiniの弦楽ソナタ+チェロとのデュエットをKEBTで弾きます。
そしてKEBTのシーベルト五重奏コンサートは6/6です!!!

なんか一気に書いてしまいました。
今日もどうぞ、良い一日を!
c0180686_14271803.jpg




by Toruberlin | 2016-05-21 06:58 | これはおすすめ! | Trackback | Comments(2)