ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

Steiheil Culmi..
at 2018-01-18 10:25
テールガット
at 2018-01-17 15:59
RossiniDuo フラン..
at 2018-01-16 13:24
たかがゴム、されど、、。
at 2018-01-15 19:59
ガチョウの丸焼き レシピブログ
at 2018-01-15 03:33
ベートーヴェンの交響楽演奏で..
at 2018-01-14 19:23
ある日の、普段晩餐。
at 2018-01-13 15:45
Solosuite von ..
at 2018-01-13 00:22
ベルリンフィルハーモニーは素..
at 2018-01-12 14:53
湖畔散歩
at 2018-01-12 06:55
新年、今年の年明け
at 2018-01-12 00:37
単純なものです、幸せ。
at 2018-01-11 23:46
毎日 J.S.Bach
at 2018-01-11 13:43
SteinheilとBUNN..
at 2018-01-10 01:00
今日も晴れのはずだったけれど..
at 2018-01-09 10:38
1月4日ミッテ散歩
at 2018-01-08 23:30
すぎるー!
at 2018-01-07 23:30
1月3日
at 2018-01-06 23:30
お目汚し、お耳汚し
at 2018-01-05 23:30
新年会 2018
at 2018-01-04 23:30

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

地元には桜エビの料理を出..
by norick1100 at 23:50
その出漁に合わせて行ける..
by Toruberlin at 19:19
はい、そんなこともありま..
by Toruberlin at 19:15
春と秋に3ヵ月ずつの漁期..
by norick1100 at 00:14
間違っていましたらごめん..
by norick1100 at 00:06
おー!そうですか。この中..
by Toruberlin at 20:16
ご存じない方は多かった、..
by Toruberlin at 19:47
私は桜エビの町(現在は吸..
by norick1100 at 11:52
O西さん、体調を崩されて..
by norick1100 at 11:38
おはようございます。左足..
by Toruberlin at 18:45
ありがとうございます。 ..
by norick1100 at 10:08
いや、裏板を抑えはしませ..
by Toruberlin at 09:42
お返事ありがとうございま..
by norick1100 at 08:46
norickさん、こんば..
by Toruberlin at 02:08
以前からエンドピンの長さ..
by norick1100 at 22:20
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:46
norickさん、はじめ..
by Toruberlin at 18:43
はじめまして。 Twi..
by norick at 11:38
あーちゃん、おはよう。 ..
by Toruberlin at 17:15
徹さん、そんなにも体調が..
by puku at 08:50

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

2018年 01月 13日 ( 2 )

ある日の、普段晩餐。

c0180686_23302613.jpg
母を誘っての晩御飯、外食があまり好きじゃなく、また母のところに行って作るのも勝手違いで手間がかかるし面倒でも街に出て来てもらってます。雨の時を避け、また週に2回くらいなら良い運動にもなるはずです。
c0180686_23300710.jpg
和食とわかってましたが(刺身切った以外は家内の作です)日本酒?と母に訊けば、この年始でたくさん呑んだからと賛同を得られず赤ワインにしました。こういう献立ならモンテプルチアーノも合います。
c0180686_23295925.jpg
トルコ人の店に日本のみたいなナスがあったそうで、確かに皮も食べられるナスです。
c0180686_23295272.jpg


More
by Toruberlin | 2018-01-13 15:45 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

Solosuite von J.S.Bach

c0180686_08231928.jpg
写真は僕の最愛の愛器の一つ、ヴェニスで1776年にDominicus Busanが製作したコントラバスです。長い間コレクターの元にあったので状態はエクセレント!です。
そして、素晴らしい音がします。見目麗しいと弾かなくても音がわかる、その言葉のままでした。この楽器の写真を見せてもらった時に価格も何も問わずに、もちろん音も聴かずに写真だけで「欲しい!」と購入を決定した楽器でした。
c0180686_08231352.jpg
コントラバスの音域で、1番で言えばチェロよりも四度低いバージョンを改めて弾いています。
c0180686_08230805.jpg
クラシック音楽とは、その枠の広さの決定は各人の解釈に委ねられてる部分が多少あるとは言え、様式美の音楽です。その様式から逸脱しては成り立たない。「新しい」を格好良いと勘違いして追求しても、それは滑稽な結果になります。
以前から書いてますように、その逸脱具合は奏者の趣味の範疇=センスという一番大事な才能に依ります。
Mozartからハッキリと確立し、それは近現代まで続きますが、近代の作品はアドリヴの部分が多い。自由とも言えるし様式が定まってないとも言えます。
一番自由な時代様式はバロックと思います。バロック時代の作品がとってもモダンに感じることが多々あります。それも、その自由さと関係があると思います。
でももちろん、なんでもありじゃない。
弾き手が長年培って来たバロック音楽に対する造詣や解釈を駆使して楽譜から作曲者の意図、音楽を読み取る。自分が出したい音、歌いたいフレーズ、それは毎回違うかもしれない(ね、自由です)。バッハは特に、演奏して来た思い出に依るものもあるのか?バッハ作品に共通した歌い回しがありますから(それは一辺倒じゃないけれど)同じ箇所を再度弾いても同じに弾かないことが多々あります。楽しいです。それには弦楽器に大事な弓順(配分)や指使いも音楽に大きく影響します。音程外れないように確実なポジショニング、なんてのはアホらしく音楽とは別物だから忘れた方が良いです。何をするにも最重要なのは音楽!を忘れたら意味がありません。

コントラバスが最も良い音を出してくれる音域、と何度も書いてますが、よくぞ、そう編曲してくださった!と思います。
今日は本当にマストな事を片付ける以外は、このBusanと過ごしていました。
1番は十分楽しんだので、次はやりかけてる5番か?
しばらくはソロチューニングのスカランペラよりもブサンと過ごす時間が増えそうです。
c0180686_08230204.jpg









by Toruberlin | 2018-01-13 00:22 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)