ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

J.S.Bach Solo-..
at 2017-12-14 19:57
2017年末までの、おもなオ..
at 2017-12-13 14:30
J.S.Bach クリスマス..
at 2017-12-13 03:52
金曜日 Vol.2
at 2017-12-12 17:01
金曜日 Vol.1
at 2017-12-11 20:53
木曜日の午後、晴れ!
at 2017-12-11 03:03
水曜日の晩餐
at 2017-12-10 12:13
大らかな大都会、ベルリン
at 2017-12-10 10:37
セカンドアドヴェント(+イ..
at 2017-12-09 22:13
水曜日のアペリティーヴォ。
at 2017-12-08 15:37
MilanoからファミリーR来宅
at 2017-12-08 13:02
AMPELMANN Toru..
at 2017-12-08 09:30
Aperitivo in B..
at 2017-12-07 23:21
拍子とアウフタクト
at 2017-12-06 23:59
BAR im Hotel
at 2017-12-05 23:04
(続)室内楽コンサート
at 2017-12-04 20:14
Adventskonzert..
at 2017-12-03 23:34
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-12-02 15:04
室内楽リハとムール貝
at 2017-12-01 23:53
バイプレーヤー
at 2017-11-30 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

お、いいね。イタリアなら..
by Toruberlin at 22:59
MOくん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 07:36
うん、アンペルマンのベル..
by Toruberlin at 01:37
ベルリンのウェブショップ..
by みさ at 22:43
古橋さん、面白いゲームで..
by Toruberlin at 16:49
可愛いでしょう。ずっとあ..
by Toruberlin at 16:45
たくさんの画像で現場の盛..
by 古橋貴正 at 20:40
とてもカワイイですね&#..
by みさ at 20:23
YSさん、コメントありが..
by Toruberlin at 16:19
素敵なBARですね。ヨー..
by YS at 22:30
昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:日常の出来事( 143 )

少しの間、断酒

c0180686_01403179.jpg
写真は新潟は麒麟山酒造の「紅葉」
コンサートにいつも来てくれるベルリンつながりのT子ちゃんのおばあちゃんの家が麒麟山の傍だそうで、麒麟山は一升瓶を美味しく頂戴したことが何度かあり、ベルリンで麒麟山話がきっかけで温泉などの新潟話で盛り上がりましたが、そのT子ちゃんが10月にアンペルマンデュエットを聴きに来てくれた時に贈ってくれました。バルコニーで冷えてます。

さて、思うところあって日曜日の「ふぐひれ酒」のあと断酒してます。だからまだ今晩で48時間です。予定は週末まで。
呑みたいと思うときは呑む主義ですが、思うところあり実行してます。
少し前までは一人で吞むことはほぼしなかったから、呑まなくても問題はないです。これも喫煙とか目薬とかスナック菓子と同じように習慣の部分は多いと思います。
僕にとって酒は誰かと呑むもの。独りでも美味しいことは、もちろんありますけどね。

呑まないと決めると、呑みたくなる!じゃないですが志ん生師匠のマクラを思い出しました。

1年酒を吞みませんから、どうぞよろしくお願いいたします!と神様に願をかける。
でも、仕事終わりにみんなが呑んでる姿を見ると、たまらない。
神様、1年を2年にしますから、どうか夜だけ呑ませてください!
で、夜は呑むようになる。
しばらくして湯の帰りに昼間っから縁台で冷やで呑んでるのを見ると、たまらなくなり
どうぞ神様、4年にしますから昼夜呑ませてください!(笑)

それじゃ、一生続けられる。
同じように夜に一杯だけ!
なんてことは思ってません。金曜の夜までは呑みません。
今は日本酒だけでもかなり充実してるんです。帰国時に頂き物で3本、燗酒用の箱酒。古橋さんが夏前に置いていってくれた大吟醸などが2-3本。ウイスキーはアイラモルト始め買い置きがあるし、ワインは飲んでも飲んでも買い続けるから総数はあまり変わらない。
在庫は充実してますが、5日間は呑みません。
金曜の夜はマルコスに誘われてUNIONの試合、ウッチーの応援に行くので、そこではビールを飲まないわけにはいかないから、5日です。
c0180686_01392616.jpg
この写真で何だかわかったら、凄いです。
c0180686_01393347.jpg
入れ物は福島の天然の水「金剛水」ですが、中身は伊佐美と三岳です。
そう、日本からお土産です。どちらもロックで先週試しましたが、美味い!
いつも一升瓶で運ぶことを考えてましたが、なるほど、自分用ならこういう方法がありますね!

さ、美味しい緑茶でも煎れよう! (11/21の日記でした)

本当は呑まないとやってらんない!くらい天気予報外れて毎日雨で寒々しいです。
今週は週末まで出なければならない仕事は無い、のがありがたいです。
c0180686_01394095.jpg








by Toruberlin | 2017-11-15 23:59 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

11/13@ベルリン

c0180686_19550107.jpg
お久しぶりになってしまいました。
なんども書いてますが、ブログは習慣、ではありますが書きたいことはたくさんあっても、余裕がないと書けません。
11/1に羽田を飛び立ち夜に(時差があるから)帰宅。11/5-9はアムステルダムに行ってました。
金曜日(11/10)はのんびりと過ごし土曜は午後からリハで日曜の夕方は教会でコンサートでした。日曜の昼には12/2の室内楽コンサートの楽譜を取りがてらヴァイオリンのA嬢がランチに来てくれました。カボチャのスープとVermicelliでアマトリチャーナでした。
帰国編はアンペルマンデュエットwithピアノから続けますが、その前に20年ぶりに訪れたアムステルダム編を書こうと思います。
もちろんベルリンの日常とコンビネーションで。
c0180686_19545358.jpg
アムステルダムの最後くらいから蕁麻疹に悩まされてます。この夏の後半にもあって、とてもイタリアに行っても日光浴はできないような何箇所か酷い、DV受けたような感じになってました。掻いてしまうからね。テニスも8月途中から9月にかけて結局一度もしなかったのは、悪天候などの理由もありますが、その所為もあります。
10月の帰国では、まだ初めは残ってましたが治り、中旬からはあったことも忘れてました。
そしてまた、先週から。昨晩は下顎の骨に沿った場所に先週から出ていたのに加えて両頰にもポツポツ出てきて焦りました。赤みは全く帯びてなく、痒みも腕や背中や足ほどではない。今朝は頰のは消えてくれていて助かりました。
蕁麻疹は皮膚科でも70%以上は何かのアレルギーか?と原因不明で診察終わるそうです。他に方法がない場合を除けば薬は使いたくない(思えば薬ってのは腹膜炎で入院した後、全く使ってません)。アレルギーは基本的になかったんですが、考えても特別変わったものは食してないし主義も生活習慣も変えてない。
アレルギーもだけど、蕁麻疹の原因の多くはストレスだそうです。鬱の大きなサインとも言われてるらしい。
ストレス?!
感じたことないし、僕を知ってる人はストレスで蕁麻疹?!ないでしょう?と思いますよね。僕も思います。
そりゃ、いろんな面倒な問題がないわけではない。でも、それも含めて人生。
楽しい帰国から、有意義なアムステルダム滞在を終え、ベルリンも昨日から少し晴れ間が出てきたし、一昨日の土曜に弾いた(留守番させてた)楽器たち、特にScarampellaは良い音を出してくれたし、メルセデスは素晴らしい走りだし家で作るパスタは美味しいし家内の食事も美味い。そう、ストレスはあるのかもしれないけれど、ありがたいことに幸せです。
では何で?
日本で治ってたことを思うと在独38年に入って、しかもこちらに適してると言われ思われてる僕でも、外国に住んでいることにストレスがあるのかしらん?(東京を歩いてる時の方がストレス感じる、けど)
ということでアンペルマン本社には今週何度か面倒なことでMTGに行かねばなりませんが、あとは木曜までは出かける仕事はない。酒は少し控えてみる、というか呑まない方が良いのかな、痒みを時々感じるうちは?と思ってるので昼から生ハムでワインとか他の肴で冷や酒って訳には行きませんが、のんびりするつもりです。
楽器を弾いて、いろんなプランを立てて、そしてブログも書いていく予定です。
c0180686_19541678.jpg





by Toruberlin | 2017-11-02 23:59 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(2)

日本で不可思議なこと

c0180686_22465157.jpg
いくつかあるんですが、整然と左に並んでるエスカレータ、あれ不思議と思いませんか?
空いてるときなら、あれで良い。歩きたい人もいるでしょう。
でも混雑時に、右はガラガラ、左はホームの上で危険なくらい左側に並ぶための混雑が起きてます。
もともと二人並んで乗れるエスカレータ、歩行禁止にして左右に乗せることにすれば良いのに!

駅によっては「走行は危険を招きますから、、」なんてアナウンスがある。なら、禁止にすれば良い。
駆け上がったり駆け下りる、アホがたまにいる。君が急いでることは周りには関係ない!もし引っかかったら、特に地下鉄などの長いエスカレータでは死を招くかもしれない。
急ぐなら、階段を使えば良い。で、階段が無いような長いエスカレータでは、急いではいかんのです。
急いだって、変わっても数十秒か?そのために周りを危険に晒す行為は禁止すべきです。

混雑時に人が溢れるホーム、左右にふたり並んで使うのが常識になれば混雑の緩和になる。
どうせ、歩行を推奨しないなら、前に東京はLeftで関西はKeep Rightとか言われてたけれど
All Keep stay にすれば良いのになー!

コントラバスを持ってるときは、もうエスカレータには乗りません。
あの事故だって、人が歩いてくるから遠慮しての体勢も、少しは原因だった。

子供連れの人だって、並んで乗れば安心+横をせかせか歩くどけどけ系を怖がらずに済みます。
歩かない人は左に寄って、急いでる方々のために右側を開ける、なんて馬鹿馬鹿しいと思いませんか?







by Toruberlin | 2017-10-23 23:59 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

早起きは素晴らしい、今朝も晴天!

c0180686_03114501.jpg
早起きは素晴らしい。
今朝は8時に歯医者さん、検査に。

早起きしたことに満足して
終わらないように
また、せめてブランチまでは
集中力、続いてくれないと、だが。

c0180686_03115549.jpg

昼まではバッハとシューベルトと過ごし
午後は編曲に取り掛かり、とりあえずまで終えることができて
17時過ぎに買い物へ。いつものオリーヴオイルがないと生活が成り立たない。
のだけど、不思議だった。
MINIで出かけ、タイヤの空気圧を整備し
チェントロ、でも食材の宝庫なのにオリーヴオイルといつものパスタ10袋しか選ばず、
リンデンベルクに行くも、タイミング悪いか混んでいて
しかも欲しいものがない、魚もポルチーニ茸も。
鴨腿肉のためにレジに並ぶのは、嫌だと買わずに出て
肉屋で、いつ食べるのかわからないラムの骨つき肋肉を買い、鶏腿は予定通り買い
しかし牛肉は特に良くなかったし、内臓にも目がいかず
スーパーでもニンニク以外は野菜も肉も見つからず、結局買わずに出た。
理由は、良いニンニクだったが、そのためだけに並ぶのは嫌だったので。
なんか、30分で終わる買い物を1時間以上してしまい、帰宅しても実りのないチャットで(短くとも)時間を盗られ
もう、楽器を弾く気分ではなくなった19時半過ぎ。
明日のオニギリのためにもご飯を美味しくたくさん炊いて
さーて、今晩は新しい鶏料理かなー?

とまで昨晩書いて、土曜日の朝です。
快晴、空気は初冬のように冷たい7℃ですが、ドライヴはきっと気持ち良い。
晩餐は
濾してあった極上の鶏の出汁で野菜たっぷりスープ。
ラムは(やはり)使わず、鶏の塩焼き丼にしました。新料理。
かなり、美味しくできました。

今日は西に2時間走り、田舎の大教会でリハ、本番は日曜日です。
車で行くが楽器を大聖堂に置いて、帰りと日曜の行きはみんなと電車に乗るかなー?
c0180686_03101454.jpg






by Toruberlin | 2017-09-16 07:09 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

8月26日 土曜日

c0180686_19161346.jpg
LineにFBメッセンジャー、Skypeから始まった(身近になった)テレビ電話(これも古い表現か?!)も仕事MTGでも日常になり、そしてiPhoneなどのスマホ普及と携帯電波網やWifiの普及と充実で、手塚治虫を代表する50年くらい前の漫画家が描いた未来が日常になっています。
この30数年で安価になったのは日本往復航空運賃と通信費。ネット接続があれば電話代という観念は無くなりつつあります。
東京小岩の実家からベルリンに引っ越し、同じ建物内で一度移動しましたが引っ越しは今のところそれだけです。そのベルリンの最初の中庭に面したフラットの家賃がユーロにしたら100以下でした。そこが今は600近いから6倍。エコノミーのベルリン東京往復が33万円(単純に6倍したら?!驚き!です)、調べたら大卒初任給が1980年で11万4500円、今は24万円だから、その割合で計算すると現在の70万近い額だったことになります。
公衆電話から日本への電話が(家電からは請求額が怖くて出来なかった)1分5マルク。10万円仕送りしてもらってレートは悪い時は650マルクでしたから、当時の貨幣価値の1000円弱かかったわけです。確かまだラーメンが200円とかの時代だったから、今の貨幣価値なら5000円とかになるのか??ま、そう単純には行きませんが、便利になりました。しかし650マルクは325ユーロですから、10万円でその額、今なら3倍近くになりますね。貨幣価値の変遷はありますが、円は強くなりました。
c0180686_19160492.jpg
母の古い友人が娘さんと来伯中で、午後にホテルに迎えにいきMitte区界隈を散歩してから夜は拙宅晩餐でした。母には拙宅に来てもらい合流でしたが、それなら!とブランチも一緒にして、終わった頃にLine着信は九段中仲間のK持でした。
昨年他界した同期生のKくん、6月に一周忌を迎えお墓に入ったと聞いてましたが、帰国すると必ず会う仲間4人で墓参に行って来てくれて、小岩の阿波屋さんから次の店でのお清めに流れたとこで電話くれました。
少し話してから彼の方に着信あって保留になり切れて、こちらからかけ直した時にふと思いつきテレビ電話にしたのです。
c0180686_19155728.jpg
そうすれば4人と顔見て話せます。バルコニーに出てしばらく会話してからふと思いつき室内へ。K持は母にも何度も会ったことがあり、母ももちろん覚えていて話によく出るので、サプライズご対面。
便利な世の中になりました。
日本は22時、二軒目で四人とも墓参の後でもあり結構入ってましたが、連絡をくれるのが嬉しい。
10月にはまた付き合ってもらおう!
c0180686_19154238.jpg
夜は洋風コースと決めてたので昼は家内のおにぎり。もう10年は軽く超えるベルリン糠床のぬか漬け、亀戸佐野味噌店で仕入れて来てる味噌で長ネギとワカメの味噌汁。鮭は5-6kgのを捌いて塩鮭にして冷凍してあったのですが、我ながら塩梅が抜群!おにぎりに使うのもトラーパニの塩です。そしてなん度も書いてますが「ゆめにしき」イタリア米、日本からの銘柄米の多くも含めたベルリンで手に入る米ではダントツに美味しい!です。

さて、日記の日付は26日ですが書いてるのは27日(日曜日)の昼です。雲は多いが良い天気!
お客さんに森と湖も見せたいので遅めの昼ご飯(僕にはブランチ)は湖畔のドイツ料理、夕方は表プレンツでも歩くかな。
昨日の晩餐、先日の山梨からのお客さん、松ヤニの話の続きetc.またまた書きたいことはたっぷり溜まってます、お楽しみに!(←誰に?)
もちろん物価は上がり、生活しにくくなったことの方が多いかもしれない。
でも、便利になった、安価になってありがたい!ってのも見つめないと、楽しくありません。
c0180686_19153327.jpg







by Toruberlin | 2017-08-26 23:59 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

いろいろ、は誰でもきっとある。

c0180686_19171534.jpg
昨日は終戦記念日、夜は母とベルリン銀座クーダムのホテルからの帰りに、やはりカフェバーでのビールと生ハムでは物足りないので(僕はもちろん、母も)家内にフランス産鴨の腿肉を捌いてもらい骨で出汁を摂ってもらってました。帰宅してすぐに腿肉を焼いて鴨蕎麦の汁を作り、檜枝岐の美味しい蕎麦を茹でて遅い晩御飯。

母の両親の話、祖父は秋田の横手出身、横手美人から叔母さんがミス秋田だった話。実家の佐竹藩御用達菓子舗の話。母方(祖母)は岩手の元藩主の家系ですが、明治末期か大正に大きな置屋に養女に行った大叔母の話とか、昔何度か聞いた3/10の東京大空襲で逃げ回った話は昨晩は聞きませんでしたが、戦中戦後の話はたくさん聞いています。深川に祖父が庭付きの家を建て、大空襲で焼けて三鷹、そして品川に戦後居を構えました。
母の行きつけの花屋さん、ヴェトナム人ですが昨日買いに行ったら「今日は終戦記念日ですね」と言ってくれたそうで、ヨーロッパの列強から多くのアジア諸国を解放した大東亜戦争のことを(戦争は愚かだけれど)ポジティブに覚えてる人々も多いです。

さて、終戦記念日で昨日書いたこと、これは僕ら一般人が突き詰めても結局は「物知りおじさん自慢」になるだけ。もちろん、自分の生活だけが大事で、あとは人任せではいけない!という考えもある。でも僕は目を光らせながらの「人任せ」が良いと思ってます。役人、官僚、政治家のみなさんは、それのプロだから。
国を動かす政治家を選ぶのは主権のある国民、任せたら仕事はお願いする。

さて、それ以外にも、もっと自分が関わってる事柄があります。これにも、憤りや困惑、上手くいかないことはあるものです。
でも、それに向き合うのは良いけれど、影響されすぎてはいけない。
これ、否定しないけれど、宗教にのめり込むのも同じ。
自分を持たないと、自分のすべきこと、本道を大事にしないと本末転倒です。

僕には音楽があって良かった。そう思います。
一番は、最も大事なのは、それだけ。
「さーて何を食おうかな?」も諸々のお付き合いも日常も
修行も勉強も、すべてその為にある。

楽しみを追及するのでもなんでも良い、
そういう何かを持たないとブレます、人は弱いから。












by Toruberlin | 2017-08-16 10:46 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

昔の写真

c0180686_17545148.jpg
デジカメ写真、少し前のを(MacBookに入ってないくらい昔の)整理していて見つけた愛車写真。
場所はポツダムです。確か一時帰国の数日前、2010年だったと思います。
美しい!
今も元気に走ってはくれてるんですが、路駐なので錆が出ます(凍結防止で塩が撒かれるから、事故起こすよりは良いのはわかりますが、なんか方法ないのかしらん)特に溶けた時に他の車が捲き上げる塩水、これが大きい。大通りに駐車しないようにはしてますが、、、。
もう一枚、これは送られて来た写真。
スピード違反の証拠写真です。隣に誰が乗ってるかは判らないように配慮(笑)されてます。
c0180686_17550956.jpg




by Toruberlin | 2017-07-24 23:59 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

7月13日

c0180686_21083111.jpg
c0180686_21081736.jpg
c0180686_21080901.jpg
誕生日です、1960年に生まれ57歳になりました。
最初にメールをくれたのはノブくん、電話くれたのは小岩にいる兄でした。一番上の素敵なカードはあーちゃんから。彼女は毎年送ってくれます。
今日はのんびり起きました。
母と電話し、Witt先生の奥様が昼過ぎに電話をくださいました。
あとはFBのTLとメッセージに130を越す書き込み、ありがとうございます。
今夜か明日、返信します。

24歳のMINI Cooperの故障箇所を直し、29歳のメルセデスW126も何度かの修理が終わり昨日戻ってきました。
その試運転も兼ねてチェントロイタリアに買い物に出ましたが、走りは見違える様です。次の車検で30歳、Hナンバーも取得できる年齢になります。Hナンバーは自動車は走る文化財としての制度、税金優遇、クラシックカーオーナーは事故をしないという統計から保険も格安になります。でも走る文化財としては2-3箇所の錆、他にも(走る機能は完璧なんで、車検は通りますが)気になる箇所があります。それにどのくらい費用がかかるか?できれば美しくしてHナンバーを取得したいです、でもガレージ確保もマストだな。拙宅の傍は築100年以上の建物が多く地下駐車場がほとんど無いのです。
ほぼ新車で手に入れて24年の付き合いになるミニ、こちらも各所に錆が出てきてますし、これを綺麗にするのはかなりかかるんだろーなー、と走りはご機嫌ですが、やはり考えてます。
c0180686_21075093.jpg
いろんな種類のペコリーノを味見して2種類、あとはフィレンツェのサラミ・フィノッキオーナ、コッパなどなどを仕入れてきました。
c0180686_21074403.jpg
35年通ってる店、ここに移ったのは18年前だそうです。食事ができるようになり、昼から14時過ぎまでは食事客で駐車場が満杯になるくらい繁盛してます、最近。
アンティの盛り合わせでビールかワイン、も良いのですが今日はエスプレッソが良い香りだったので一杯。イタリアと同じ1ユーロです。
c0180686_21075808.jpg
まるでイタリアに居る様な、素敵な店です。イタリア語でトライして、何人かは間違いを正してもくれる。ドイツ語と混ぜても通じるし。さっきクリスチャンが誕生日メッセージくれました。「もう直ぐ来るんでしょ?」行きたいなー!ありがたい。
c0180686_21065952.jpg


More
by Toruberlin | 2017-07-13 16:05 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(2)

無用の用 (老子)

c0180686_18420343.jpg
美術家 篠田桃紅氏の「103歳になってわかったこと」
僕よりも50年近く長く活動していらっしゃる方の「わかったこと」
「人生に無駄はない」
は、無駄と思えることを「どう捉えるか」で道は拓ける、有意義にもなる
ということです。
天才!異例の出世!素晴らしいですが
「若い時の苦労は買ってでもしろ」これ、先人の言葉として記憶はしていましたが、その意味がわかって来たのは最近。地道な努力にも回り道にも、無駄はない。それを無駄としてしまうのは己の心ということですね。



効率を求める。得をすることが大事で、そうじゃなければ損と思う。
限られた時間を有効に使う、そう思うことは良いことだけれど
僕のこの歳で「無駄なことは無い」と思ってる。
それは、生かせれば!とも思う。後悔ばかりしていては、活きない。
練習せずに散歩して本読んで寝てしまった。それも良い。
楽器を傷めず、体を休め、そして無駄な練習でマイナスになるのを回避したかもしれぬ。
まあ、楽して無駄ばかり、でも、困るんだけどね、、、。
すぐに結果が出せなくても、要領が良くなくても、優秀と言われなくても
到達に工夫する機会が与えられたと思い、邁進すると、同じ高さの山の頂に立つことができる!
人生に無駄はない、どの経験も大事。
イヤイヤとお付き合いだけの時間の使い方は、経験上活きません。
本道を見失わず、バランスよく丁寧に生きていると良い。
その上で「悠々として急げ」が好きです。






by Toruberlin | 2017-03-14 23:27 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

武士は喰わねど。

c0180686_06043098.jpg
「武士は食わねど高楊枝」
は見栄を張る節を嘲笑ってると捉えてませんか?

「見栄っ張り」って悪い意味で使われますが
「見栄」は大事です。
背伸びして自分を大きく見せるのが良い!と書くと詐欺をしたいのか?と思う人もいるかもしれませんが
見栄は適材適所で張らねばいけません。

「できないのにできるフリをする」っていう解釈があるけど、それは意味が違うと思います。
その違う意味の、自分に責任を持つ「見栄」「見得」
これを忘れるというか、「自分を飾らない」とか言って曝け出すのは
見ていて好きではありません。
すごく親しい人の前、甘えたい人の前で、酔った時には良いけどね。
あまりにSNSで愚痴や弱音が目立つから。
見栄を張るくらいの余裕で、生きたいものです。
c0180686_06042076.jpg






by Toruberlin | 2017-03-10 23:59 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)