ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

J.S.Bach Solo-..
at 2017-12-14 19:57
2017年末までの、おもなオ..
at 2017-12-13 14:30
J.S.Bach クリスマス..
at 2017-12-13 03:52
金曜日 Vol.2
at 2017-12-12 17:01
金曜日 Vol.1
at 2017-12-11 20:53
木曜日の午後、晴れ!
at 2017-12-11 03:03
水曜日の晩餐
at 2017-12-10 12:13
大らかな大都会、ベルリン
at 2017-12-10 10:37
セカンドアドヴェント(+イ..
at 2017-12-09 22:13
水曜日のアペリティーヴォ。
at 2017-12-08 15:37
MilanoからファミリーR来宅
at 2017-12-08 13:02
AMPELMANN Toru..
at 2017-12-08 09:30
Aperitivo in B..
at 2017-12-07 23:21
拍子とアウフタクト
at 2017-12-06 23:59
BAR im Hotel
at 2017-12-05 23:04
(続)室内楽コンサート
at 2017-12-04 20:14
Adventskonzert..
at 2017-12-03 23:34
KAMMERENSEMBLE..
at 2017-12-02 15:04
室内楽リハとムール貝
at 2017-12-01 23:53
バイプレーヤー
at 2017-11-30 23:59

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

お、いいね。イタリアなら..
by Toruberlin at 22:59
MOくん、ありがとう。 ..
by Toruberlin at 07:36
うん、アンペルマンのベル..
by Toruberlin at 01:37
ベルリンのウェブショップ..
by みさ at 22:43
古橋さん、面白いゲームで..
by Toruberlin at 16:49
可愛いでしょう。ずっとあ..
by Toruberlin at 16:45
たくさんの画像で現場の盛..
by 古橋貴正 at 20:40
とてもカワイイですね&#..
by みさ at 20:23
YSさん、コメントありが..
by Toruberlin at 16:19
素敵なBARですね。ヨー..
by YS at 22:30
昨日の晩に得た情報です。..
by Toruberlin at 01:31
上のコメントに補足。 ..
by Toruberlin at 13:09
長いリハから帰りました。..
by Toruberlin at 08:34
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:35
長くご静養なさっておられ..
by 松醇菴 at 17:21
コメントありがとうござい..
by Toruberlin at 09:02
信子殿下の記事が削除され..
by 松醇菴 at 21:01
信子殿下、本当にお元気に..
by 松醇菴 at 07:45
おはようございます! ..
by Toruberlin at 15:14
M君おはよう、コメントあ..
by Toruberlin at 15:09

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:日常の出来事( 143 )

月曜日。

c0180686_01010391.jpg
月曜の朝は10時からOrpheusEnsembleBerlinのリハでした。コンサートは土曜の16時からフィルハーモニーのKMS(室内楽ホール)です。
曲はシューマンのミサと交響曲1番です。2週続けて土曜日にシューマンの交響曲となりました。
このアンサンブル、室内オーケストラ編成ですが僕が弾いてるもう一つの室内管弦楽団NKOP(新ポツダム管弦楽団)では8-7-4-4-2の編成が多いのですが、オルフェウスは8-7-4-4-1。そうKBはいつも一本なんです。交響曲弾くのに?!という意見も出ますが指揮者の方針、僕が弾くなら1本でチェとはその代わり3本じゃなく4本、まあ考え方ですが特にミサや協奏曲は1本も面白いです。
13時までの予定が交響曲は早めに通り、1240頃に次の場所に向かいました。
c0180686_00512640.jpg
午後は声優の仕事。70年代に大ヒットした「ハワイ5-O」というシリーズ、最近また新バージョンが放映されてるそうで、僕の役は日本レストランの料理長。実在するレストランの料理長Moromoto氏が出演しているそうで、英語と日本語のセリフをドイツ語と日本語で吹き替えました。30分くらい時間があったのでスタジオのカフェで休憩。知り合いの吹き替え監督に会いました。彼は何度説明しても僕をベルリンフィルの団員と思っていて(フィルハーモニーで弾いてるのを見るとインプットされる人は多いです)話が少しかみ合いませんでした。吹き替えスタジオが経営してるのでサンドイッチとカプチーノで3ユーロ。
c0180686_00510955.jpg


More
by Toruberlin | 2015-02-16 23:55 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

ツリーと和クッキー

c0180686_22345173.jpg
昨日の夕方、練習の合間に撮りました。そう、日本では今日は七草粥なのにこちらでは昨日までツリーを飾るのです。三賢者がやってきてイエスの誕生を祝福するまでがクリスマス。外の飾り付けとかクリルマスマークトもありますから11月末頃からクリスマスムードは高まりますが、これも近年か?。以前は店も今ほどはクリスマスの飾りつけは早くなかったし(1.Adventくらいからが気分ですよね?)家庭では、やはりアドヴェントの時期はアドヴェントクランツを楽しみ、ツリーはイヴから!がもっと守られていた気がします。
c0180686_22333077.jpg
24日の日没までにツリーを飾り、1月6日まで祝うために飾る。バッハのクリスマスオラトリオもカンタータ6番は1/6のミサのために書かれています。
日本ではクリスチャン以外にはクリスマスは冬のお祭りのひとつ、年末年始の方がずっと大事ですから25日(本来のクリスマスの始まり)には片付けて和風になるのが習慣ですね。いや、それで良いと思います。ドイツは新年には何もなし。大晦日に大騒ぎして花火などで厄払いをして新年を迎え、元日に起きたら休日でのんびり家で過ごし、翌日が平日なら、それは普段の日常です。
今年は2日の弾き初めからちゃんと始めたかったし、日常ということは楽器も弾けるのでありがたいです。
c0180686_22331055.jpg
おせち料理とお雑煮の側にツリー、最初は違和感がありましたがこの頃は慣れました。
c0180686_22324062.jpg
チェロのMちゃんの訪問目的は姉上に頼んでの日本からのお土産を持ってきてくれることでした。Tやの羊羹とこの可愛い箱。
和クッキーというジャンルは、忘れていました。どなたかに前に頂いて美味しかったのは覚えてますが、これは日本でも珍しいのかな?デパートでも和クッキーは目に留まらなかった。まあ、僕は和菓子コーナーばかり見ているからか?
c0180686_22322615.jpg
c0180686_22320606.jpg
見た目も綺麗だけど、なんとも美味しいクッキーです。Mちゃん、ありがとう!
c0180686_22313452.jpg
さて2週間楽しませてくれたツリーともお別れです。家内が今朝飾りを全て外しました。
c0180686_01192790.jpg
バルコニーから見ると、すぐ右側にももう山になってます。
僕もバルコニーから下に落とします。もちろん、下で家内が安全を確かめてから。乾燥したモミの木はかなり葉が抜け落ちるので、アパートの中、廊下と階段を通ったら後の掃除が大仕事になります。
c0180686_01191332.jpg
c0180686_01185719.jpg
左方向にも数本。道の反対側にも。
清掃局のモミの木専門の車が数日間で地区ごとに巡回、回収します。動物園で象の餌になったりするそうです。
夕方までで30本くらいかなー?明日にはきっともう少し増える。ここの6-7軒の建物に入ってる戸数からしたら多くはないのかな?しかし街角のそこここにクリスマス前にモミの木を並べて販売する冬の風物詩とも言える景色は、健在です。
そして、窓からモミの木を落とす景色も。
c0180686_01181660.jpg

by Toruberlin | 2015-01-07 12:29 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

元日、午後。

c0180686_02514773.jpg
元日は晴れました。気温も高めの5度くらい。拙宅から前の公園はすぐですので、セーターの上は祖父の着物を母がずいぶん前に作り直してくれた半纏を着て行きました。かなり良い生地なのは見ればわかりますが着心地も良い。道行く人が見ていたのは「寒そうだったから?、変だったから?」いやいやきっと「お洒落だったからでしょう!」
c0180686_02503877.jpg


More
by Toruberlin | 2015-01-02 22:04 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(2)

大晦日から元日。

c0180686_02574932.jpg
この検定酒、ご存知でしたか?
まだ帰国日記が追いついてないので記していませんが鹿児島の名イタリアンil cipressoに11月の半ば伺いました。mixiの時代からリアルには知らない友人のyossyとサスライシェフkeiichiroご夫妻、そういえばフィレンツェにまだ彼らがいた頃に僕も行ったことがあるのですが、行こうと思っていた滞在最後の夜が定休日だったか貸切だったか?会えませんでした。
今回、初めて会えたわけですが、後ほどもう少し詳しく書きます。
c0180686_02572973.jpg
c0180686_02571237.jpg



More
by Toruberlin | 2015-01-02 21:18 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

2015年元日

c0180686_03064885.jpg
新年になりました、元日。今年は新年のご挨拶は失礼しております。
しかし、節目は大事。一年中、毎日が同じように大事でかけがえのない日々だけれど、新しい年の初めてとして津和野の古橋さんのお酒をいただき、御節料理のあとは雑煮を食しました。
c0180686_03063364.jpg
大好物の2本、純米吟醸と右は文京区限定の「ひげ文」鴎外の髭にかけています。中身は純米酒!
c0180686_03062065.jpg
c0180686_03060373.jpg
今年も家内が30日から準備し大晦日の夜も(今回は友人を招いての年越しはしなかったので)ずっと厨房にいました。
c0180686_03052421.jpg


More
by Toruberlin | 2015-01-01 22:39 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(2)

未と大黒様。

c0180686_00102847.jpg
日本は数分前に新年を迎えましたね!
今年もお世話になりまして、ありがとうございました。
新年のご挨拶は失礼させていただきますが
2015年もよろしくお願いいたします。
c0180686_00095201.jpg
ベルリンは16時を少し回ったところです。昨日の大掃除で残った僕の部屋、昼から始めています。17時過ぎには終えて、風呂に入り弾き納めをしたいと思っています。
c0180686_00091380.jpg
バルコニーでしっかりと冷えたPF、新年の最初はシャンパンじゃなくこれにしようと思っています。春夏秋冬のアンペルフラウのラベル、初春にふさわしい華やかさですね。
c0180686_00104840.jpg
ヨーロッパの皆さんはまだこれからですね。良いお年をお迎えください!

みなさんが健康で、目指すことを持ち、それを実行できる力を発揮して楽しい日々を重ねられますように!
c0180686_00301782.jpg




by Toruberlin | 2014-12-31 16:13 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(2)

Frohe Weihnachten!

c0180686_04512018.jpg

ドイツでは24日の日没前にツリーを立てて飾り付けするのが正式、そして1/6まで飾ります。24はイヴ、25と26日がクリスマスの祝日、1月6日の顕現節まで飾って祝うわけですが、これはバッハのクリスマスオラトリオのカンタータ1番が12月25日、6番が1月6日の為に書かれてますが、当然ではありますが一致します。
c0180686_04505863.jpg
c0180686_04503828.jpg
もちろん本物のモミの木を昨年、佐渡ゆーちゃんとデパートで同じのを買ったモミの木スタンドに立てました。
c0180686_04495904.jpg
飾り付けは家内の役目。
c0180686_04494032.jpg
クリスマスカラーでもあるアンペルマン、フエルト製のオーナメントは毎年活躍してくれています。
c0180686_04491995.jpg
c0180686_04485514.jpg
c0180686_04483130.jpg
明日の朝は国立歌劇場裏のSt.Hedwigs (聖ヘドヴィヒ教会)でAumann作曲のミサ曲を演奏します。
c0180686_04480975.jpg

by Toruberlin | 2014-12-25 20:47 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

シャルロッテンブルク宮殿のクリスマス・マークト。

c0180686_05225008.jpg
日曜日、夜はコンサートでしたが昼過ぎにマルコスから着信「混まないうちにと今からマークト行くけど出てこない?」シャルロッテンブルク宮殿は徒歩でも15分、車ならかかって5分。駐車場所を探すのは大変ですがMINIなら可能なので、一人で向かいました。30分以上経ってから出たのです、マルコスの車はメルセデスのV、かなり駐車は困難なはず。しかし電話から40分後、もう着いた?と電話したらすでにグリューワイン飲んでました。最初から探さず、バス停の傍に駐車してバスで来たそうで、さすが賢い!
c0180686_05222867.jpg


More
by Toruberlin | 2014-12-16 23:59 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

同じアパートのご隠居。

c0180686_22584288.jpg
13時にカンマーオケのリハを終え帰宅、ちょうどタクシーから降りたHさんと出会いました。
中庭に面した3階にお住いで偶然会うことはそうはないですが、今年は春に一度長く立ち話、夏の終わり頃にも「山岳ホテルでもらった杖だけど、まさか飾ってたのを使う羽目になるとは思わなかったよ」と仰ってました。
タクシーから降りたのは病院の帰り。
杖をついていて歩行は困難でしょうに、話が弾んで30分以上建物を入ったところで立ち話しました。
今年もカナダのご友人のところに招待されていたのに、これではいけないから退屈だよ。とHさん。
御歳92歳、数年前には3000メートル級の山にも登ったそうで、もともと左腕を戦争で負傷して少し御不自由な様子でしたが、僕が知り合った34年前には60歳手前だったわけで、その頃から姿はあんまり変わっていません。
前回も「足は急に言うこと聞かなくなってきたけど、頭はクリアだからね」と仰るように、とにかく回転よく話が進みます。そういえば奥様、ここ数年見てないなー?!もしかしたら今はお一人になってしまったのか?さすがに訊けませんでした。
何度も病院で検査の結果、足の不自由はやはり戦争での負傷が原因だそうです。腕と足に3発、スターリンングラードに行ってたからね、とHさん。その古傷が70年経っておかしくなってきたのだそうで、医者は手術を勧めてるそうですが「知ってるか?腕と足の手術が、未だに失敗率が高いんだよ」と躊躇なさってるそうで、まずは別の方法を試してるそうです。
僕も人生で引っ越しは一度だけ、ここに住んで35年目になり、このアパートでもかなり古い方ですが、Hさんはなんと1959年、僕の生まれる1年前からお住いとのことでした。
戦前は中央空港、つまりテンペルホフ空港の近所の公園に面したアパートにお住まいだったそうで、母上はピアノの先生。ご近所はお医者さんと弁護士さんが複数、最上階はどちらも会社オーナーだったそうで母上のお仲間が集まってのハウスコンサートも定期的に行われていたそうです。
クロイツベルクのお隣テンペルホーフ、今でも戦火を逃れた立派な古いアパートが所々にあり当時の雰囲気が偲ばれますが、もちろん壁のできるずっと前の時代で、Mitteまでもすぐだった地域です。きっとかなり優雅な子供時代だったんだろーなー。
初めてテニスをやっていたことを聞きました。しかもジュニアでマイスターを何度も獲得、最後の大会では優勝したのに賞状は持ってないんだよ、と仰る。ナチ主催のユーススポーツ大会、彼はヒットラーユーゲントには入ってなかったので、2位の選手が一位としてもらったんだそうです。
戦後は東地区にあった父上の会社はロシアに接収され、そのアパートも破壊され大変な時代をお過ごしになったそうです。
とても書けないくらい長く濃い話でした。最後の方に「短く話すとね!」を4−5回挿れて、話は一段落。「では、帰ろうか?!」と仰ったので中庭への扉をKB持ったまま開けると
「僕は脚が不自由になってから1959年から住んでる特権もあってね、、、」と鍵を見せてくれました。
僕の住んでる面のブロックにしかエレベータはないんですが、それで最上階まで登り屋根裏を抜けて(それに鍵が要る)中庭に面したブロックの最上階から2階降りるんだそうです。やはり登りは不自由な足にはきついですよね、痛みはもう治まってくれてるそうですが。
c0180686_22585651.jpg
一緒に登って、屋根裏を見せてもらいました。
c0180686_22582936.jpg
Hさん、92歳。全くボケてない。(話好きの長話は昔からでした)夏には脚が不自由でも「日曜の午後は家に居るわけにはいかない、カフェに行かなきゃ」と出かけてました。戦前からの習慣なのかなー?
ぜひ脚が快癒して、来年こそは親友のいるフロリダやカナダに遊びに行けることをお祈りします!
c0180686_22581041.jpg

by Toruberlin | 2014-12-11 23:59 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

11月5日in月館花工房。

c0180686_11285538.jpg
4日にメンバー集結、6日の13時まで花工房でリハーサルでした。
11/5は僕が1980年にベルリンに到着した日です。遂にベルリン35年目に突入しました。
c0180686_11315939.jpg
まだ少し早いけれど美しき景色の月館。
c0180686_11321122.jpg
晩御飯の美味しさ、また朝ご飯の美味しさもいつも通りですが、今回お昼の伊達鶏ソバ、鶏出汁のラーメンですが、これが美味しかった!
c0180686_11305808.jpg
これは5日の昼食か?そう、4日は皆の到着を待つ間一人で鶏ソバを食したのでした。
もちろんリハも行い、音は次第に集まって来て、良い響きが生まれました。(11/9記)
c0180686_11302613.jpg

by Toruberlin | 2014-11-05 23:58 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(2)