「ほっ」と。キャンペーン


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

湖畔散歩、超望遠+超広角レン..
at 2017-02-21 20:35
カーナビ
at 2017-02-20 23:50
アヒージョ
at 2017-02-19 22:33
ちょうど一週間前。
at 2017-02-18 10:28
僕は天才かと(また)思った!
at 2017-02-17 23:04
SchubertとSchum..
at 2017-02-16 23:35
これは素晴らしい!
at 2017-02-15 23:57
昼に、さーて何を食おうかな?
at 2017-02-14 19:26
2/9は盛りだくさんの木曜日..
at 2017-02-13 23:50
3月オープンのブーレーズホール
at 2017-02-12 23:52
音響設計家 豊田泰久氏
at 2017-02-11 23:59
SchubertとSchum..
at 2017-02-10 23:59
昼から、赤。
at 2017-02-09 23:55
アランフェス協奏曲
at 2017-02-08 21:00
Parisからのチーズとフル..
at 2017-02-07 23:08
また氷点下週間来ますよ、ベル..
at 2017-02-06 23:55
お菓子教室。
at 2017-02-05 09:10
レシピブログ「サルシッチャと..
at 2017-02-04 20:42
さーて何を食おうかな?Ama..
at 2017-02-03 23:42
ずっと探していた水差し。
at 2017-02-02 23:47

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

Fumiさん、おはようご..
by Toruberlin at 17:46
Toruさん、初めてコメ..
by Fumi at 20:17
Minaさん、コメントあ..
by Toruberlin at 20:22
TTさん、はじめまして!..
by Toruberlin at 20:19
Yさん、こんにちは!コメ..
by Toruberlin at 20:15
ライカ大好きさま、コメン..
by Toruberlin at 20:06
アナログレンズ大好きさま..
by Toruberlin at 19:50
N.S.さん、はじめまし..
by Toruberlin at 19:44
Mさん、ありがとうござい..
by Toruberlin at 19:38
yyさん、コメントありが..
by Toruberlin at 19:35
Masayaくん、いいだ..
by Toruberlin at 19:32
私も長年カメラと生活して..
by ライカ大好き at 08:39
初めまして!Toruさん..
by TT at 08:30
噛んじゃうから巻けなくな..
by Mina at 07:50
とーるさん、こんばんは。..
by Y at 05:04
高橋様、NEX繋がりでブ..
by アナログレンズ大好きです at 23:32
初めてコメントいたします..
by N.S at 23:13
とおるさん、こんばんは!..
by yy at 23:02
デザインがいいですね。秀逸
by Masaya at 21:53
またはウイスキーだなー。..
by Toruberlin at 04:45

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
berlinbaublog
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:最近のべルリン写真( 274 )

ちょうど一週間前。

c0180686_20031712.jpg
c0180686_20024791.jpg
c0180686_20013065.jpg
一度溶けて、またグッと気温が下がりスケートには抜群の環境でしたが、散歩にはかなりツルツル、注意が必要でした。
この写真、左からフレームイン、しそうだった男性がいました。急いで来たんだけど(氷の上を)撮影の邪魔をしちゃいけない!と気付いてくれてブレーキかけてくれました。それはまるで、スロモーションピクチャーを見るように前に後ろに「オットット」の世界。その瞬間も撮ったら僕もカメラマンとして一流なんでしょうが、両手にはピザが入ってるであろう大箱が積まれ、必死でバランス取ってらっしゃったので、その瞬間は助けに体が向きました。
c0180686_19550057.jpg
何とか転ばずに済んで「お邪魔さまー」って感じでピザを待ってるであろう家族の元へ。buona apettito!と声をかけて一枚撮らせてもらいました。
c0180686_19500456.jpg


More
by Toruberlin | 2017-02-18 10:28 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

また氷点下週間来ますよ、ベルリン。

c0180686_22570266.jpg
美人たちに囲まれた朝、どれも魅力的ですがBusanとScarampellaの4弦二本はもちろん、
c0180686_22565437.jpg
寝ているトリノ生まれのDespineが素晴らしい。室内楽で使える5弦として毎日弾いていますが、良いです。
c0180686_22563648.jpg
朝の、曇りだから弱い光。カラーも良いけれど、やはりモノクロームが好きです。
c0180686_22562927.jpg
c0180686_22564700.jpg
これから10日間、最高気温氷点下の日々が続くそうですが、水曜あたりからは毎日晴天の予報!これは嬉しい。
昨日湖畔を歩きましたが、すっかり凍結してます。週末には間違いなく、また湖上散歩できると思います。
c0180686_22560576.jpg
ブランチはゴルゴンゾーラ。僕はバターでゴルゴンゾーラの塊(薄切りの)を焼き、まずは生クリームで溶かし後に茹で汁を加えます。
シンプルだけど素敵に美味しい。
だって茹でるのは地下水(水道水だけど、東京の水道で茹でるのとは、やはりかなり違う)最高の塩、チェントロで仕入れたゴルゴンゾーラと僕は乾麺で一番美味しいと思っているDivella。そしてちゃんと作りますから、美味しい。

夜は美味しいチーズとフルボディの赤ワインでしたが、それはまた明日書きます。
c0180686_22562220.jpg





by Toruberlin | 2017-02-06 23:55 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

Grunewald湖

c0180686_20312129.jpg
拙宅前の湖上散歩の翌日、日曜日。朝から快晴で気温はすでに氷点から上なので湖上を歩くのは?と思ってました。6月に狩猟城で行うコンサート、その湖Grunewaldseeは大きな森のど真ん中にあります。気温はたとえ車で10分と離れてなくても5-6度は低いはず、しかし湖自体は拙宅の前よりずっと大きいから完全凍結は?でした。
c0180686_20293583.jpg
でもこの冬初めての森散歩、テニスクラブBlau-Weissの裏側にMINIを駐車して入った森は、まだ地面は真っ白。やはり気温はかなり低い。その白い地面に映える真っ黒なラブラドール。
c0180686_20300542.jpg
たっぷり遊んで来たのか満足げでした。
c0180686_20290679.jpg
下りの道を進むと奥に湖。凍結していました。
c0180686_20283520.jpg
c0180686_20280648.jpg


More
by Toruberlin | 2017-01-30 23:59 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

拙宅前の湖を湖上散歩。

c0180686_00121130.jpg
c0180686_00114273.jpg
チェントロイタリア、イタリアンの食材はかなり揃ってる(82年から通ってますが、最初はワインがメインでVinotoriaという名でした)多くのレストランが仕入れに来る巨大食材店です。モンテプルチアーノの音楽祭に初めて行ったのが82年の夏です、初めてのイタリアでしたが、初めてのベルリン以外の場所でもありました(滞在許可を得るための裁判で1年半、西ベルリンから出られませんでした)言わずと知れた赤ワインの聖地の一つ、ビール一杯より1Lの赤ワインの方が安価なPiazza Grandeのバールで毎晩呑み、プレミエや特別な本番の時にはレセプションがあり、そこではVinoNobileが振舞われ、浴びるほど飲みました。食事も美味しくて夢の様な5-6週間でしたが、ベルリンに戻ってモンテプルチアーノのワインを買いたい!と探して行ったのが、この店でした。
当時店番していた奥さん(オーナーじゃなく、親戚?)も35年過ぎた今でも、たまに店に顔を出してます。そのころ走り回ってた坊主が今は社長さんです。MaestroとかProfessorとかを前につけ(どっちも正しくないけれど)顔が合うと挨拶に来てくれます。
ワインを数本、そして久しぶりに大きな塊のゴルゴンゾーラを持ち帰りました。
c0180686_00111267.jpg
土曜日の昼は1.8kgの塊を解体、久々に食しました。
c0180686_00104204.jpg
さて、せっかくの良い天気なので出かけることにしました。気温の所為でかMINIのエンジンがかからず(農作物メッセ開催中だったのでメルセデスは動かしたくなかった、帰って来て駐車場所を探すの、大変です)界隈を歩くことにしました。
c0180686_00101230.jpg


More
by Toruberlin | 2017-01-29 23:55 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

晴れな朝。

c0180686_18510337.jpg
c0180686_18505642.jpg
湖畔公園の木々から太陽が顔を出し部屋の奥まで陽が入るのは、まだ8時半過ぎです。そんは早起きしなくても、その様子を見られます。
c0180686_18505065.jpg
c0180686_18503743.jpg
monchromは好きで、ブログに載せなくても撮っています。
絞り方とシャッタスピードで光を変えられる。
写実、そのままという観点からは撮影後の修正と同じく違います。がカメラを使って目の前の時間を切り取るには順光、斜光、逆光などの方向やその光の量で「自分の瞬間の切り取り」、写真となる。
目はものすごい機能で(脳と合わせて)同じ光景を見ても違うものが見えるは千差万別、個々で違う。自分が見たその景色を写したい、写真とはその瞬間を写真機を使って「確保」することと思います。
それは作曲家の残した音楽を、楽器を使って自分のその時の持てる技を使い「弾きたい」演奏をするのと同じと考えます。
もちろん、アマチュアの僕はカメラでは日々が練習であり(研究も長年、それなりにしてますが)、ステージでは練習を重ねた上で、ではありますが、その時々の瞬間を重ねるのは、同じことです。
だから、録音を修正するのと同じくらい、写真の修正にも違和感を(これも度合いですが)感じることがあります。
写真でも録音でも、それがマテリアルで、それらを上手く調整して作品にするのは、これはちょっとまた違うこととも思うのです。まあ、写真は基本残るもの(不変のもの)で音楽はLiveが基本でありますから、全て同じには考えられませんが。
c0180686_18501372.jpg
上の二枚、数秒と違いませんが、下はモノクロームでも光が燦々と部屋に入り込む様子が見えます。これ、僕が実際に見た光景だから、依りそう見えるのかもしれません。もっと燦々としたほうが「幸せな朝」にはなるのかもしれないけれど、そこが写真も、きっとトーンマイスターにも重大な問題で、「どれだけ手を加えるか?」とことんコ拘っていただきたいところです。
c0180686_18500364.jpg
c0180686_18490575.jpg
c0180686_18494039.jpg
c0180686_18485772.jpg
カラー写真の方が、実際の光景に近い。僕らは色付きで見ているから。
だからモノクロームは「いいなー」と思うのです、ね。
c0180686_18482970.jpg




by Toruberlin | 2017-01-27 23:59 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

湖上。

c0180686_17583816.jpg
1/25の午後、湖畔を歩いたら何人かがスケートしてました。ある程度凍ったら(もう最高気温氷点下が1週間以上続き、1日暖かくなり、また2-3日真冬でした)氷上にたくさんの人、は危なくとも数人なら危険はずっと少ないはず、と思ってました。完全凍結はしていて氷はかなり厚いのは目視できます。
c0180686_17582676.jpg
さすがに横断はしませんでしたが、この冬初の湖上です。
天気予報では(ドイツはベルリン以外、大寒波の町が多いのに)最高気温がこの先プラスの日も多く、2月はさらに気温が上がる様で、これがこの冬唯一で最後の機会だったかもしれません。
c0180686_17581804.jpg
ひところ積もった雪、ほとんど溶けました。
Ultrashallのリハの帰りだから金曜だったか?湖面に水たまりが広範囲だった写真を載せましたが、ああいう状態から(水の下には厚い氷がそのまま)氷点下にまた急になると、表面が綺麗に凍ります。スケートには最適な様子でした。

全ての湖と川の多くも凍る様な大寒波はしばらく来てません。
大きな湖、見渡す限り氷で覆われ、真ん中に炭火焼きのソーセージ屋台が出てたり、遠くを四駆が走る様な光景、これもまた懐かしい。
c0180686_17581071.jpg













by Toruberlin | 2017-01-25 23:56 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

水曜日は午後から大雪のベルリンでした。

c0180686_04153649.jpg
c0180686_04151745.jpg
水曜日。早朝は美しい日の出で始まりました。
c0180686_04152664.jpg
このすぐ後、雲に隠れたので数分後には太陽が消えるという日の出なのに日の入りの様な光景を眺め、朝風呂の後楽器と過ごしてました。ブランチの後にふと窓の外を見たら
c0180686_04145315.jpg
こんな感じで急に雪が降り始め
c0180686_04144003.jpg


More
by Toruberlin | 2017-01-12 20:12 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

−8℃の湖畔散歩

c0180686_21005161.jpg
c0180686_21003201.jpg
週末に向けて気温がかなり低くなったベルリン、いや北極からの寒波でフィレンツェも寒いそうですから、しばしヨーロッパ全域が真冬なんでしょう。そういえばイスタンブールも雪景色で気温低いそうです。
一昨年のクリスマスから年末が観測史上一番の暖冬だったそうですが、二週間前はそれよりも暖かかったか?そして一年前も(束の間の)大寒波で今年も2-3日のプチ寒波、なんども書いてますがヌルい寒さだと湿度が高いから逆に寒い、15時過ぎの散歩は-6℃でしたが空気は乾いていて気持ちよかった。
c0180686_20595937.jpg
クリスマスツリー、最後の日でした。
c0180686_20593707.jpg
この散歩は昨日、1/6(金曜日)です。
c0180686_20591102.jpg
c0180686_20590316.jpg


More
by Toruberlin | 2017-01-07 23:55 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(2)

Zollstock

c0180686_18052976.jpg
Zollstockってなんだ?とタイトル見たドイツに関わりがない方は思ったでしょう。
これ、木製の20cmちょっとの物差しなんです。広げて最長は2メートルです。もちろん必要なだけ広げればよく、カチッと止まるのです。
日本から来た20歳の時に初めて知りました。その頃は(今もか?)日本では布とかナイロン、弾力ある金属製のメジャー(巻尺)が主流でカルチャーショックでした。
まず、届かないところ、例えば天井までの高さを図るとか、2mにして床に置き順繰りに進めれば大きな部屋の長さも測れる。
c0180686_18052203.jpg
これはDIYの最大手チェーンバウハウスで昨日見かけました。拙宅にも長年、ソファを全て買い求めたLakeside Antiqueのがありますが、このバウハウスのレトロ調とBERLINの文字と紋章の熊がレジで目につきました。2ユーロ弱です。これはお土産に良いなー!

コントラバスの弦長も巻尺で測るよりも、ずっとやり易い。本体が硬いのは金属製の巻尺も同じように測り易いかもしれないけれど、木製の楽器に使うにはこのZollstockのほうが良いです。

思わず、アンペルマン本社に製品企画としても提出しました。まあ、数百のリストがあり、実現に向かってるのだけでも数十はありますから(ボードトロリートかシルクスカーフは僕のイチオシで割り込み製作です)時間はかかるかもしれませんが。

たぶん日本では普及してないドイツ製の代表じゃないかなー?
ドイツの家庭には、必ずあります。
c0180686_18051701.jpg





by Toruberlin | 2016-10-14 23:55 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)

BVG ベルリン交通局のCMが可笑しい!

c0180686_02521020.jpg
BVG ベルリン交通局。東京の都営交通の様なものですが大きな違いは地下鉄、バス、路面電車に船があること。タクシー以外の(観光用のバスや船を除く)全ての公共交通機関に同じチケットで乗れるのがベルリンです。だから改札はなく、たまに検札があります。2時間まで乗れるシングルチケットで区域によるけれど200円代、一番広範囲な1日乗り放題で1000円以下。如何に東京の交通費が高いか?!それの年間定期(乗り放題、本人以外も使える)も8万円くらいです。一社経営で共通なのが良いですね。
これでも年々、値上げしています。
日本人の僕が感心するのは、ラッシュ時でも座れなくても混んでないこと。人と体が触れるのが尋常じゃないからか?そんなに混んでないので朝なんてどんどん来ます。東京の朝のラッシュは怖いからもう何年も身にもいきませんが、それでも時間によっては遅めでも夕方でも身動きできないことがある。そこまでじゃなくても間引き運転したら、きっとBVGは経費節約できるんだろーな。きっと、しないと思いますが。
さて、そのBVG、競合がないのにCMもあります。

クールなベルリンのイメージムービー。


そしてラップ、長いけれど面白い。




そして最新版、これを最近観て調べたら他が出てきました。傑作です。
ドイツ語が判らないと面白くないか?ですが、、、。
まず若者が「1年の定期ってある?」と訊くと『もちろんありますよ、60ユーロです、月に』
「え、そんな高いの?」
から、じゃあ理由をご覧にいれましょう!と続きます。
内容を詳しく知りたい方は、コメントください。


最後に『これだけ努力してるから、その価格は安すぎるくらいです!』
BVG、なかなかやります!

















by Toruberlin | 2016-09-27 18:56 | 最近のべルリン写真 | Trackback | Comments(0)