ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

最上の弦は?
at 2017-08-18 15:34
AMPELMANN ポートレート
at 2017-08-17 20:33
ポートレート
at 2017-08-17 09:24
8/14はなんとMちゃん、誕..
at 2017-08-16 17:17
いろいろ、は誰でもきっとある。
at 2017-08-16 10:46
終戦記念日
at 2017-08-15 17:57
新しい鯛茶漬け
at 2017-08-14 19:50
8月14日
at 2017-08-14 10:08
散歩の続き+鶏カツ弁当と鯛茶漬け
at 2017-08-14 01:07
日曜日の散歩
at 2017-08-14 00:08
金曜の朝、そして晩餐
at 2017-08-13 13:27
アグネス・ラム 巻頭カラー@..
at 2017-08-12 20:07
体感気温12℃、ですって!
at 2017-08-12 15:52
Ein Kontrabaß ..
at 2017-08-11 10:08
月曜日の炭火焼き@バルコニー
at 2017-08-10 16:59
バルコニーで
at 2017-08-10 11:37
キーマカレーランチ
at 2017-08-09 08:54
日曜日の表プレンツ散歩
at 2017-08-08 14:17
土曜日の晩餐
at 2017-08-07 16:14
表プレンツにて。
at 2017-08-06 22:53

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20
貴重な記録ありがとうござ..
by 植木信勝 at 21:42
魚捌くのは、包丁使えるな..
by Toruberlin at 08:17
マグロいいですねー。僕も..
by Masaya at 18:21
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 23:00
とっても楽しい美味しい一..
by PUKU at 05:50
古橋さん、楽しい夜でした..
by Toruberlin at 17:48
とても美味しい料理に最高..
by 古橋貴正 at 12:36
あーちゃん、ありがとう。..
by Toruberlin at 06:10
ほんっと素晴らしい晩餐で..
by Puku at 22:55
Masayaくん、参加あ..
by Toruberlin at 18:33
おいしい料理においしい日..
by Masaya at 16:34
古橋さん、おはようござい..
by Toruberlin at 15:45
高橋さん、こんにちは。 ..
by 古橋貴正 at 07:36
何か質問があったらどうぞ..
by Toruberlin at 02:07

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:AMPELMANN( 398 )

AMPELMANN ポートレート

c0180686_04344617.jpg
c0180686_04351458.jpg
今朝のポートレートは自分の写真でした。
こちらはAMPELMANNのポートレート、カレンダー制作用に撮りためた写真の多くは公開していません。
最近のFBやインスタ等に載せてるのはカメラマンに依頼して(本人も乗り気で)る写真です。面白いのもたくさんあります。
私は、私の作品を追求していますが、なかなか思うようには撮れませぬ。
日本では今まで、マルコスと一緒に撮るのがテーマでしたが、この秋は自分だけでもやってみるかなー?といつもより短い一月の滞在でどのくらいのことができるのか?との調整でトライします。
c0180686_20371123.jpg

c0180686_04343056.jpg
これはお馴染と思います。手前味噌ながらポストカードの売れ行きはダントツトップ!ポスターやWebなどなど、幅広く使われています。デザーンルームの仲間たちもベストと挙げてくれる一枚です。
上から2枚目、少し角度が違います。
実はもう一枚あるのです。
たしか、今日が初公開!です。(先ほど、FBのAMPELMANN.jpページの背景にしました)
オリジナルは、こちらです。FBでは細長くしないとなりません。
c0180686_04451103.jpg
写真も切り方で、変わります。さーて、今まで公開していたのと、どちらがお好きですか?
c0180686_20393576.jpg















by Toruberlin | 2017-08-17 20:33 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN Strand-Bar

c0180686_18210481.jpg
c0180686_18204518.jpg
c0180686_18205564.jpg
ベルリンミッテ区、街の中心で観光の目玉のトップでもある博物館島を望むアンペルマンレストラン。春夏秋冬、ドイツ人は少々寒くとも天気が良ければテラステーブルを好みますが、真冬には内部も60余席のご用意があります。
そのアンペルマンレストランのテラス席の前は芝生です。
ここではサービスも受けられますが運河に進んでいただくとセルフサービスカウンターがあり冷たい飲み物はこちらでどうぞ!セルフなので価格も低い、ビーチチェアを貸し出してます、好きな場所にそうぞ。
カプチーノや温かい飲み物はレストラン内部のバーカウンターに直接注文してお支払いください。
ちょっと、イタリアのバールに似たシステムです。
c0180686_18202426.jpg


レストランの日よけ傘が新しくなりました!
c0180686_18203363.jpg


More
by Toruberlin | 2017-07-26 23:59 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN Cafe-Restaurant in Berlinにて、DuとSieの話

c0180686_17580641.jpg
ひと月前ですが、夏のアンペルマン カフェレストランテラス in ベルリンはこんな雰囲気です。
c0180686_17574040.jpg
c0180686_17572682.jpg
マルコスと仕事後に夕方待ち合わせてました。ミュンヘンからバーバラの姪っ子が来ていてみんなで晩御飯。
c0180686_17571600.jpg
お父上のハンスも一緒に。
ドイツではDuとSieの使い分けがあります、同じYouでも。
これ、親称と敬称、と説明されてます。確かにそうで、初対面の人にはSieが当たり前。それで動詞変化も変わりますからドイツ語習得の難関の一つでもあります。
目上、女性からがSieからDuに変わるプライオリティーです。
アンペルマン社の社員となら、その日にDuに変わるのが普通、自然となることもあるしファミリーなんだからDuにしよう!と提案し合うこともある。面白かったのは少し前に外部からのコンサルタントを交えてのMTG。マルコスはすでに知り合っていて彼とはDuだったんだけど、シビアな話で語調も強くなる内容だったんですが、マルコスがDuで話すことにしよう!と何度か提案。理由は内容がシビアでも少しは柔らかくなるから!と言ってましたが、確かにそういう面はあります。
Witt先生に80年に弟子入りして83年春のJuneDeutschePhilharmonieツアー前のリハで先生はKB指導でおいでになってましたが、その毎晩の宴の席で「今日からDuにしよう、Freddyだ」と言ってくださった時は驚きとともに嬉しかった。
初対面からDuで話しかける音楽家も多い、それも悪くないが「軽い」と感じることもあります。
そう、使う人、またはその話し方でニュアンスは変わります。
若い世代はフレンドリーが良しとそうしてるのでしょう、そして外国人が増え、フレンドリーは心地良いからドイツのSieからDuへの「しきたり」というか「良い過程」が理解されないままとっぱらわれてる感もあります。
Witt先生ともDuにはなりましたが、そしてDuというのは「俺、お前」と和訳されることが常ですが、でも文法的にはDuで話していてもこうべを垂れるというか、やはり敬称、尊称の気持ちはありましたし、すぐに感じそうしました。
40年近く先生と同じポジションだったツェパリッツ教授はたくさんのお弟子さんがいましたが、Sieでした。そちらの方が普通、でもSieだったからと言って生徒さんたちと親しくなかったわけではありません。ニュアンスの差はあります。
この日記でなんでドイツ語の話になったかというと、マルコスの父上。今まで僕はヘックハウゼンさんと呼び、あちらはToruと呼んでくださってSieでした。知り合ってからは4年は経つか?マルコスの家に出入りすることも多いですし子供達の誕生日とか、普段でも彼らの家でテーブルを囲むことも多いです。それにアンペルマンパーティーでもお会いします。昨秋は古橋さんがおいでの時に一緒にレストランでの彼の誕生日にも招いていただきました。
数日前に書いた駅伝でもお会いしました。
この日、途中でテーブルを立った時に僕のところへ来てくれて「Toru、前から提案しようと思ってたんだけれどDuにしよう、ハンスです」実際ファーストネームは知らなかったんですが、改めてIch bin Hans。
これはとっても嬉しい瞬間です。
昔は、異性で親称になるのはキスしてから、なんて時代もあったそうですが、知人が改めて自分の名前を告げる。日本人同士だったら「高橋さん」の関係を「とおるって呼んでね」と変える感じに近いか?
いや、でも先生や親族でもない年上の人をファーストネームで呼ぶことはないですよね。「さん」があるから日本語は便利なのだけど、それだけドイツでのDuは特別、と認識してます。
そして敬語は日本よりもないように思われるけれど、それも違う。軍隊口調も基本はSieです。書いたように話し方、内容で文法上は同じでも、異なる。
文章で説明するのは上手くいきませんが、嬉しい出来事でした。
c0180686_17570748.jpg
この夏帽子、アンペルマンレストラン限定で販売してます。この数時間前に本社に寄った時にちょうど到着したところで被ってレストランに来たんですがRが似合うし、そのまま彼女に置いて来ました。
c0180686_17562751.jpg


More
by Toruberlin | 2017-07-23 23:59 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

団体対抗駅伝inベルリン

c0180686_01355734.jpg
c0180686_01353865.jpg
c0180686_01354743.jpg
毎年恒例、団体対抗駅伝。首相官邸横、連邦議会正面の森の中を走る5km✖️5人の25km駅伝です。今年は6/14から三日間開催でアンペルマン4チームは初日に参加しました。
団体対抗、警察、消防、官庁、交通局や清掃局もたくさんの一般企業に混ざってエントリーしてます。それぞれTシャツなどで自分たちをアピールし楽しむ場でもあります。もちろんAMPELMANNも毎年、目立っています!
銀行や製薬会社が特に多かったかなー?語学学校、音楽学校も参加してました。
c0180686_01351904.jpg
一人欠けてますが、我らが4チームのトップランナーたちです。
c0180686_01350204.jpg
c0180686_01342979.jpg


More
by Toruberlin | 2017-07-21 23:59 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELMANNの特別な夏帽子

c0180686_20133575.jpg
かなりカッチリとした夏帽子、ワンサイズですがこれは(一応)男性用。
女性用は細かい編みで色も白っぽく、そして柔らかい。ネオングリーンのリボン付きです。アンペルマン定番のSeeberger社製の帽子の様に自在にたためて持ち運べるかは?です。
この帽子たち、ベルリンのアンペルマンショップにも売ってません。まだ、と言った方が良いか?試しに製作しアンペルマンカフェレストランのセルフサービスコーナーBeachBarだけで販売しています。
そしてなんと5ユーロ!トライアル価格です。
英国などで夏にお揃いの帽子を数ってる姿みますが、素敵ですよね。
例えば日差しの強い時に、5-6人でテーブルを囲む。パラソルもあるけれど、中の誰かが気を利かして人数分、または若者がみんなで!が可能な5ユーロにしました。
c0180686_20132701.jpg
通常なら10以上にしないと売りません。そして書きましたように、なかなか良い仕上がりとなりました。
残念ながら日差しがイマイチではありますが、、、、。
雲が切れると真夏の日差しのベルリン、シュプレー河畔のアンペルマンビーチバーでお求めください。

さて話は変わりますが、前から書いてるウイスキー、グレンギリー。Glen Gariochと書いて、そう読みます。ゲール語だそうです。
21年モノ、一本だけ家で発見しました。
15年、またベルリンで見つけた(4-5年前ですが)6年モノも美味しかった!
いまもグレンギリーは売ってますが、このラベルのが美味しいのです。
もし、プレミア価格じゃない古いラベルが売ってるのをどこかで発見したら、ぜひお知らせください。
c0180686_20131932.jpg






by Toruberlin | 2017-07-20 23:59 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

AMPELMANN Mini @ Hackescherhöfe

c0180686_19012347.jpg
c0180686_19002764.jpg
ベルリンミッテ区、ハッケッシャーマークト駅から近いハッケッシャーヒューフェ。11のホフ(中庭)を持ち、表通りから最初のホフに面してはカフェ、レストラン、上階は劇場、その上は映画館などなど。二つ目のホフ、MINIが居るホフはタイルが白いですが、ここは元々は工場団地。昔は東京でも都市部に工場がありました、今でも名残がありますが、規模が大きくなるにつれ郊外に移ったわけです。詳しくは後ほど。
c0180686_19010794.jpg
写真を探していて、2012年、ちょうど5年前の写真が目につき、これを書いてます。
僕が発案した(自分で欲しかった)ジュラルミントランク。イタリアの車体メーカーGianniniのトランクをずっと昔に手に入れRimowaと並行して愛用してましたが、それの製造メーカーを突き止め作ってもらいました。500個製作し日本にも送りましたが早くに完売、ドイツでもずいぶん前に完売となりました。


More
by Toruberlin | 2017-07-19 23:59 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

ベルリンのAMPELMANNショップでは!

c0180686_19042030.jpg
ベルリンのAMPELMANNショップ8店舗、そしてWebショップではFinalSALE始まりました。
アンペルマンはセールをほとんどしません、通年通してのラインナップだからですが今回は特別です。
新製品、新ラインが続々登場してます、これからします。
それで場所が必要なんです。
もちろん二級品やアウトレットではなく、いままでショップに並んでいたラインです。
夏休みでベルリンに来てる皆さん!
一時帰国でプレゼントが必要なベルリンのみなさん、直営店へどうぞ!


下記のWebショップでもFinal SALE、ご覧になれます。
新製品もどうぞご覧ください。
ドイツ国内なら14,90ユーロ以上お買い上げで送料無料です。

ベルリンにしかない製品も多いですから、日本への発送もいたします。
現在まで19,90ユーロの送料でお受けしてますが、日本宛がこの額なのはAMPELMANN Berlinの特別サービスです。
滅多にない50%オフの製品もある今回のセール、新商品とともにお見逃しなく!






by Toruberlin | 2017-07-18 23:59 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

日曜日、ヘドヴィヒ大聖堂からアンペルマンレストラン、そしてラーメン

c0180686_00263351.jpg
古橋さんは無事に経由地のロンドンへ旅立ち、2時間弱時間がありましたが寝てしまっては仕事をすっぽかすかもしれないから、晩餐の仕込みにかかりました。この夜は(5/14)ベルリンドイツ響とのコンサートに来ていたノブくん(ピアニスト辻井伸行くん)と久しぶりに同行の母上いつ子さんが晩御飯に来てくれました。
ボッリートミストをメインにと考えていて(ツアー中だから美味しい野菜が一番良い!)今回は仔牛のタンじゃなくオックステールベースにしました。これは次の日記で!
c0180686_00261649.jpg
日曜日の8時半過ぎ、ガラガラのティアガルテンを走りヘドヴィヒ大聖堂に向かいました。
c0180686_00260802.jpg
c0180686_00255911.jpg
ホテルから教会までは徒歩4-5分、区長は夕方のフライトで文京区から姉妹都市のカイザースラウテンを訪れる区民の皆さんとフランクフルト空港で合流する予定でした。それで出発までご一緒することにしていて、このミサにもお誘いしました。
学生時代以来ですよ、ミサなんて!と区長。ミッション系大学のご出身です。
枢機卿座のSt.Hedwigsのミサの後、ホテルロビーで合流しました。
c0180686_00255246.jpg


More
by Toruberlin | 2017-07-09 23:59 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

お昼ご飯はテニスクラブRotWeissで。

c0180686_07370285.jpg
AMPELMANNショップでのお買い物を部屋に置いていただき、アンペルマンMINIで西側に移動しました。ウンターデンリンデンから続く一本道を戦勝記念塔を横に見て西へ、グルーネヴァルトにあるテニスクラブRotWeissのクラブハウスにご案内しました。会員オンリーのクラブハウス、ここも湖畔テラスが気持ち良いのですが寒々しいお天気でしたので中の窓際にしました。
c0180686_07362869.jpg
c0180686_07363653.jpg
c0180686_07362126.jpg
白アスパラの旬の真っ只中、シュパーゲルスープから始め、メインはシュパーゲル(白アスパラ)です。
c0180686_07361212.jpg


More
by Toruberlin | 2017-07-06 23:59 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)

鴎外晩餐の翌日、まずはアンペルマンショップへ

c0180686_07410412.jpg
鴎外晩餐の翌日は土曜日、日本から到着してすぐに仕事だった成澤区長も、古橋さんも週末お休みです。
と言っても区長は夕方に鴎外記念館でアポがあり、昼前から夕方までと晩餐をご一緒しました。
c0180686_07393107.jpg
古橋さんは拙宅傍のホテル、前夜は日本酒をたっぷり呑んだので車はULAの前に予定通り置いて電車で帰りました。拙宅最寄駅のホームで待ち合わせて環状線から地下鉄に乗り換えてULAベルリンへ。
c0180686_07392233.jpg
AMPELMANN Mini、待っていてくれました。
そして成澤区長がお泊まりだったホテルへ。
c0180686_07391268.jpg
ここは鹿島建設が東独時代に最後に建てた作品です。大きなホテルでウンターデンリンデンとフリードリヒ通りの角にありますがホテルの入り口は裏側です。その角の交差点はアンペルマンが信号機として最初に設置された場所でもあり、その角、ホテルの建物内にアンペルマンのフラッグシップショップがあります。
c0180686_00191561.jpg
c0180686_07380375.jpg
まずはそちらにご案内しました。
c0180686_07375569.jpg


More
by Toruberlin | 2017-07-05 23:59 | AMPELMANN | Trackback | Comments(0)