ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

津和野の初陣、ベルリンに揃い..
at 2018-01-22 01:55
新年会第二弾 1/19(金曜日)
at 2018-01-22 00:06
塩ラーメン
at 2018-01-21 22:21
ベルリンで一番古い老舗中華料..
at 2018-01-20 10:18
ご近所Kneipe巡り、散歩..
at 2018-01-19 15:13
Steiheil Culmi..
at 2018-01-18 10:25
テールガット
at 2018-01-17 15:59
RossiniDuo フラン..
at 2018-01-16 13:24
たかがゴム、されど、、。
at 2018-01-15 19:59
ガチョウの丸焼き レシピブログ
at 2018-01-15 03:33
ベートーヴェンの交響楽演奏で..
at 2018-01-14 19:23
ある日の、普段晩餐。
at 2018-01-13 15:45
Solosuite von ..
at 2018-01-13 00:22
ベルリンフィルハーモニーは素..
at 2018-01-12 14:53
湖畔散歩
at 2018-01-12 06:55
新年、今年の年明け
at 2018-01-12 00:37
単純なものです、幸せ。
at 2018-01-11 23:46
毎日 J.S.Bach
at 2018-01-11 13:43
SteinheilとBUNN..
at 2018-01-10 01:00
今日も晴れのはずだったけれど..
at 2018-01-09 10:38

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

それは良かった!またやろ..
by Toruberlin at 10:43
美味しゅうございました。..
by M.O at 09:33
ありがとうございます、こ..
by Toruberlin at 00:06
地元には桜エビの料理を出..
by norick1100 at 23:50
その出漁に合わせて行ける..
by Toruberlin at 19:19
はい、そんなこともありま..
by Toruberlin at 19:15
春と秋に3ヵ月ずつの漁期..
by norick1100 at 00:14
間違っていましたらごめん..
by norick1100 at 00:06
おー!そうですか。この中..
by Toruberlin at 20:16
ご存じない方は多かった、..
by Toruberlin at 19:47
私は桜エビの町(現在は吸..
by norick1100 at 11:52
O西さん、体調を崩されて..
by norick1100 at 11:38
おはようございます。左足..
by Toruberlin at 18:45
ありがとうございます。 ..
by norick1100 at 10:08
いや、裏板を抑えはしませ..
by Toruberlin at 09:42
お返事ありがとうございま..
by norick1100 at 08:46
norickさん、こんば..
by Toruberlin at 02:08
以前からエンドピンの長さ..
by norick1100 at 22:20
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 21:46
norickさん、はじめ..
by Toruberlin at 18:43

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
.
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:ご馳走/料理( 216 )

亀屋豆腐

c0180686_10492398.jpg
麻布十番の傍(所番地は三田ですが)アパートからも散歩圏内に昔ながらの豆腐屋さんが二軒あるのをベルリンで知りました。GoogleMapで界隈を調べていて見つけたんですが、この亀屋さん、昨日の朝に行ってみました。
c0180686_10491581.jpg
スーパーNisshinの裏手方向なので中の橋を渡ってみました。新しい高層ビルの横を進み
c0180686_10491126.jpg
ビヤガーデンで有名だった「さぬき倶楽部」の前を右折、すると戦災を免れた町があります。
c0180686_10490844.jpg
c0180686_10490174.jpg
この先の角が黒澤商店、やはり豆腐屋さんですが、、まずは亀屋豆腐展へ。
c0180686_10485341.jpg


More
by Toruberlin | 2017-10-06 08:45 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

土曜日の朝は、まずはMarktへ


c0180686_08232881.jpg
c0180686_08225641.jpg
旬の食材を愉しむ、ありがたいことだし、できるだけ実現したいと思っています。
やっと盛りになったポルチーニ茸、土曜日には(まだ価格は高めだけれど)ずらっと並んでました。
c0180686_08232369.jpg
c0180686_08232060.jpg
c0180686_08231695.jpg
最初に見つけた美味しそうな店、ここでも買いましたが、このカットしてないタイプ、イタリアでも普通な光景ですが、なぜカットするかといえば虫食いを選別するためです。丸ごとには、中はボロボロのもありました。
c0180686_08231313.jpg
そして毎年買ってる店に、美味しそうなのありました。
c0180686_08225248.jpg


More
by Toruberlin | 2017-10-01 00:13 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

最高に美味しい、ポルチーニ茸

c0180686_08070329.jpg
c0180686_08065809.jpg
c0180686_08065408.jpg
金曜日のリハーサル後、家内は音楽学校で午後からレッスンでしたがポルチーニ茸でパスタブランチを3人で楽しみました。
最高に美味しいパスタ料理代表のひとつと思います。
c0180686_08062664.jpg
c0180686_08064033.jpg
c0180686_08063051.jpg
食べ終わり、家内は紅茶を一杯飲んで仕事へ。Y嬢もカップの紅茶を急ぎ目に飲んで帰ろうとしたので「ゆっくり飲んで行けば?」と言ったら「あのー、徹さん」とY嬢。
「まだ食べたいです」ニンニクとペペロンチーニでも、何か作ってくれたら嬉しい!と可愛いお願い。先日の〆が鯛茶漬けだった晩餐ではかなり控えめな量だったので「お年頃なのね」で終わりましたが、Y嬢は健在でした。
カルボナーラ?生ハムの周りの皮を使うと美味しいのよ!などど話しながらプロシュートを切って食べながら、でも結局はポルチーニ茸が相当気に入ってくれたらしく、アンコールとなりました。
c0180686_08062222.jpg
美味しい!とたくさん食べてくれるのが嬉しい。
夜まで元気に練習できました!と連絡くれました。
c0180686_08061530.jpg







by Toruberlin | 2017-10-01 00:05 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

新鮮な鰺

c0180686_05551045.jpg
c0180686_05550499.jpg
c0180686_05550171.jpg
木曜日、夜はNKOPの今シーズン最初の定期「音楽サロン」でしたが13時からは大事なMTGでした。その帰り、夜はポルチーニ茸とモンドールの予定だったので本番前の遅い昼は和系と思ってました。
トルコ人経営の魚屋がMTG場所の並びにあるんですが、寄ったら数は多くなかったですが鰺がありました。
c0180686_05545565.jpg
一番好きな魚の部類の入るのは間違いない鰺、美味しゅうございました。
c0180686_05544999.jpg
1630からゲネプロ、15時頃に遅い昼ごはんでした。
c0180686_05544298.jpg






by Toruberlin | 2017-09-27 23:59 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

塩焼き鯛茶漬け

c0180686_10055422.jpg
c0180686_10063637.jpg
NKOP(新ポツダム室内管弦楽団)今シーズンの最初の定期は弦楽アンサンブルでした。43221の編成でヴァイオリン、ヴィオラ、フルートのソロが加わりました。
c0180686_10062612.jpg
ベルリンフィルのコンサートマスターを務めていたガイはヴァイオリンソリストとして、そして指揮者として活動してます。弦楽器奏者ですからリハはとっても実りある時間でした。面白いリハは時間がとっても速く過ぎます。
c0180686_10053755.jpg
先日Y嬢との晩餐で刺身で鯛茶漬けをした、その鯛のカマと腹身などに塩をして数日馴染ませてました。晩御飯はそれで塩焼き鯛茶漬けでした。
c0180686_10052981.jpg


More
by Toruberlin | 2017-09-26 23:59 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

ボッリートミスト

c0180686_22123433.jpg
イタリアのおでん、フランスではポトフか。内臓以外は肉は何でも入れてよく、あとは野菜。しかし好き嫌いもだが合う合わないもある。鶏はなんか違う。肉はあっと言う間にパザパザになる、煮込みには適さない。せいぜい手羽だけど鶏出汁は我が家の基本出汁の一つだから、これからは外したくなります。パセリの根もスープを美味しくするヨーロッパの定番秘密野菜だが、これも主張が強すぎるから、たくさんの種類を煮込むには適さない。前にセロリの根も少量を入れてみたけれど、美味しいんだけど、合わない。あとは入れると和になってしまう野菜の代表、大根と白菜(アジアか)も入れない。
肉系は内臓は入れないものだけど(でもトリッパなんか美味しそう)ソーセージも僕は入れない。パンチェッタだけ。
c0180686_22121846.jpg
今回は仔牛タンを2本手に入れ、捌いて芯タンと分け(冷凍庫に入ってます)た残り(といっても半分以上ある)と冷凍庫にあったオックステールの細い部分を5-6個、そしてこれも小さいラムの首(骨つき)スライスを3-4枚使いました。
c0180686_22120075.jpg
ブラックタイガー、これはアジア産、冷凍しか存在しません。20尾くらい解凍して昼はこれでパスタを食しました。半分以上は夜の前菜のフリットに、捌いて冷凍してあったイタリアからのイワシとともに。
c0180686_22115081.jpg
仔牛タン、オックステール、ラムの首を圧力釜で20分くらい加圧します。タンは十分柔らかいので取り出します。野菜の最後、ポロネギと一緒再び鍋に加えます。
オックステールとラムの首を入れたまま(あと、タンの皮部分など)しばらく出汁をとります、だから塩を加えない。
c0180686_22114226.jpg
c0180686_22113047.jpg
ヴァイオリンとのデュエットにはY嬢の案でサティのジムノペディを考えました。ピアノ曲で旋律はヴァイオリン、他の和音をどうするか?がキモですが、良い編曲ができたと思います。週末か週明けにY嬢と久々のリハ(会うのも今年初めて)で音を出すのが楽しみです。バッハのヴァイオリンソナタは名曲、やはりY嬢のイチオシですが、スコア見てデュエットに良いと思いました。しかしイタリアンバロックよりもずっと複雑ですから、編曲はまだちょっと時間がかかります。バスパートだけ弾くなら容易いんですけれど。
ピアノとのデュエット、バッハのガンバソナタとシューベルトのアルペジオーネソナタはかなり前から編曲部分を考えてました、それを変更したり加えながら進めています。コントラバスのために書かれた曲よりも、ピアノと合わせると、曲が完成して膨らむのはもちろん、弾きやすくもなるのは面白いです。
c0180686_22111902.jpg


More
by Toruberlin | 2017-09-12 23:55 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

初物、ポルチーニ茸

c0180686_02421238.jpg
c0180686_02413471.jpg
ポルチーニ茸、ドイツ語ではSteinpilz、フランスではセップ茸。
日本にもあります、名前はヤマドリ茸。
2008年に八甲田山のイタリアンシェフがヤマドリタケモドキを紹介してらっしゃいましたが、それ以降は販売なさってない様で見つかりませんでした。日本ではイタリアからの輸入が主流ですね、きっと。
このfunghi porcini 美味しいです!

パスタ料理以外でいちばん美味しかったのは、このマッキャベリの生家前にあるレストランで食べたタリアータ。このタリアータの上に大きな傘のポルチーニ茸が輪切りで載っていましたが、パスタには小さい、硬めのを好んで使いますが、成熟した大きいのはこうやって使う見本のような美味しさでした。

さて、いろんな食べ方がありますが、やはりパスタと合わせるのが良い。
イタリアではオリーヴオイルでやりますが、僕が一番美味しいと思うのはバター。
少量のオリーヴオイルでニンニクをソテーし、そこに使う全体の半分弱を入れてキノコを投入します。一番上の写真。
味付けは塩だけ。パスタが茹で上がる少し前に、残りのバターを入れます。これ、バター入れると温度が下がるから、最初に焦がさない程度に焼きたいから二回に分けます。ま、小技です。
生クリームを使うこともあります、が、こういう硬めの状態の良いのが手に入ったときはバターだけの方が美味しいです!

c0180686_02420638.jpg

こんな感じの出来上がり。
c0180686_02415798.jpg
このままでも良し。黒胡椒を加えるも、良しです。
塩はテーブルで加えることがないように、焼いてる時に振りかける、その方が美味しいです。

これからしばらく旬、楽しみです。
c0180686_02414921.jpg







by Toruberlin | 2017-09-07 00:08 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

檜枝岐蕎麦

c0180686_18301581.jpg
蕎麦、大好きです。帰国すると食べたいものはたーくさんありますが、居酒屋と同じくらい、近頃はラーメン屋よりも(丸幸さん以外は興味が湧かない)多く訪れるのが蕎麦屋さんです。東京に居るときは3-4軒、行きたい店があります。
神田の「まつや」、向島の「雀のお宿」、友人と会う機会がないと実現しないが湘南の「結」、そして根津の「鷹匠」。間違いなく行くのは「まつや」「鷹匠」と思います。10月は新蕎麦の時期、楽しみです。
c0180686_18300535.jpg
昨日の昼ごはんはもり蕎麦。夜はイタリアンの予定で、夏らしい日差しだし、蕎麦となりました。
c0180686_18295730.jpg
これが、とっても美味しかった!
そば打ち、ってのは憧れますが、そう簡単に上手くいかない。また挽きたて、打ち立て、茹でたてが決まりで、たとえ極めたとしても、そこまで普段はやってられない。うどんや中華麺とは違います。だから手を出すことはもうしないと思います。
それはベルリンの自宅で食す美味しい蕎麦の追求を諦めたわけじゃなく、この檜枝岐の蕎麦があるから要らないのです。
乾麺なんですが、トラーパニの塩を加えて茹で、ベルリンの水道水は地下水、それで一気にさらす。
会津製麺の檜枝岐蕎麦、満足できる美味しい蕎麦です。
c0180686_18294731.jpg
器は益子焼、人間国宝の作です。蕎麦猪口は九段の花田さんで麻布に滞在中の湯飲み茶碗として買いましたが、もちろんベルリンで冷や酒や蕎麦の為に手に入れました。この秋も湯呑みは蕎麦猪口にするかなー?
花田さんの壁にはずらっと素敵なのが並んでいるのです。
モノは器で食わす。中身も大事ですが、同じくらいに器も大事です。
c0180686_18293793.jpg
夜の買い出しにリンデンベルクへ。ムール貝、初物のポルチーニ茸、美味しそうなトマトetc,を手に入れフランス産の鴨も蕎麦用に買って来ました。捌いて骨で出汁を取り鴨南蛮蕎麦を今夜するんですが(今日は、雨+寒い)一本は昨日の昼に焼きました、塩だけで。写真はブレてますが、味は決まって美味しかった。これをオカズに蕎麦をたぐる。最高です!
この秋も10kgは持ち帰ります。


桧枝岐村の名物は十割蕎麦だそうですが、これは違います。
でも僕の知る限り、乾麺で一番美味しい!日本では蕎麦屋に行くことも楽しみですが、こちらではそうもいかない。
会津製麺の檜枝岐蕎麦、40数年は愛食しています。田舎蕎麦系が好みなら、オススメです!
c0180686_18292870.jpg










by Toruberlin | 2017-09-06 18:01 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

Vermicelli alla Bottarga

c0180686_21395007.jpg
ナポリ料理店LimaLimaのサイトで今週のPranzoを見てみたが、あまり興味はわかない。いや、今週も行こうと思ったわけじゃないんだけれど。スタンダードメニューをみたらヴォンゴレと並んでボッタルガ、それで今日のブランチはVermicelli alla Bottargaにしました。サルディニアのが本場とされていてチェントロイタリアにもありますが、今まで一番美味しかったのはスペインはヴァレンシアの南にあるMurciaにマエストロ・プレトレ指揮で演奏に行った時、市場で見つけたボッタルガ、これは美味かった!



本番一回に二泊三日の食が充実したグルメツアーでしたが(リンク先の二日前の日記からご覧ください)一番の収穫は散々探して手に入らず、から市場を見つけて出会ったボッタルガたちでした。
c0180686_21400565.jpg
今日食べたのはシチリア産のマグロのボッタルガ(Bottarga di Tonno)ですが、これは鰹節感が(味に)強い美味しさ。黄色味が強めのボッタルガの方が依り美味しい。例えばこのミラノの最高の店で食べたように。


Murcia の魚市場は素晴らしかったんだなー!
シチリアにはマグロしかなかったしカディスにもあったのだけど、そんなに美味しくなかった。
やはり地中海文化なのでしょう。
サルディニアに行ったら美味しいボッタルガに会えるのかもしれませんが、今まで手に入れたサルディニア産は(結構高いのに)あまり美味しくなかった。
あー、思い出せば多分大きさからやはりマグロだと思うけれどラヴェンナのリストランテ・ヴェネチアで食べたボッタルガのブルスケッタは美味しかったなー!


この店に行くためだけでもラヴェンナに行きたいくらい、ここ美味しかった!

と月曜の昼下がりから食べることばかりの話題になってしまいました。
今日は晴天で風は清らか、気持ち良い1日です。
さて、これからまたスカランペラと過ごす愉しい時間です。
c0180686_21395844.jpg










by Toruberlin | 2017-09-04 15:08 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)

新しい鯛茶漬け

c0180686_22314043.jpg
c0180686_22312929.jpg
塩鮭の茶漬けは美味い!
我が家の定番です。5kgくらいの鮭を捌いて刺身で楽しみ、葱鮭で楽しみ、半身以上はトラーパニの塩で塩鮭にします。
もちろん、焼いて食べることもありますしオニギリも最高!ですが、お茶漬けの花形であります。
鰤を捌いた時、刺身やぶり大根の他に、塩をして焼き物にしたのが美味しかったのですが、今回の鯛のように脂がしっかりあると皮つけたまま焼いても美味しい筈!と準備してました。
刺身+胡麻に出汁を加える僕の鯛茶漬け、昨晩食したのですが、腹身や骨のある部分などを軽く塩して置きました。
今日も全く臭みなし、生で食せますが、これをフライパンで炙ります。
鉄製のスキレット、きちんと熱したらくっつきません。
c0180686_22312091.jpg
強火で外に焼き色、中はレアが目標です。
c0180686_22311169.jpg
鯛からかーなり脂がでます。溜まるほど。
c0180686_22303640.jpg
c0180686_22302839.jpg


More
by Toruberlin | 2017-08-14 19:50 | ご馳走/料理 | Trackback | Comments(0)