ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

久しぶりに
at 2017-04-27 23:57
復活祭の休日に。
at 2017-04-26 11:33
ノルウエー通りの八重櫻並木。
at 2017-04-25 09:15
ミュンヘン生まれのレンズ。
at 2017-04-24 15:41
Bollito Misto
at 2017-04-23 13:01
楽しいお手入れ。
at 2017-04-22 23:11
リスボンの靴
at 2017-04-21 13:00
ベルリンの八重櫻。
at 2017-04-20 23:55
続Spargel (白アスパラ)
at 2017-04-19 23:59
グルーネヴァルト散歩。
at 2017-04-18 20:24
月曜はすでに荒天でした。
at 2017-04-17 00:01
Spargel (白アスパラ)
at 2017-04-16 22:13
新着オールドレンズ
at 2017-04-16 11:13
骨つきラム。
at 2017-04-15 23:55
木蓮とマグロと雲丹。
at 2017-04-14 23:59
ヴォンゴレ。
at 2017-04-13 23:59
11mm サッカー映画フェス..
at 2017-04-12 23:59
11mm サッカー映画フェス..
at 2017-04-11 23:59
「鴎外晩餐」
at 2017-04-10 23:30
教育勅語
at 2017-04-09 23:49

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

古橋さん、ありがとうござ..
by Toruberlin at 18:26
素晴らしいポスターをあり..
by 古橋貴正 at 09:58
Prenzlauerの中..
by Toruberlin at 21:51
Eberswalder ..
by Masaya at 19:45
土地柄というのはプレンツ..
by Toruberlin at 18:01
時計工房にZeissの双..
by Toruberlin at 17:57
チェコビール率が高いです..
by Masaya at 11:51
月末の桜祭りに合わせてく..
by Toruberlin at 08:22
あ、そうですね。四月の終..
by Masaya at 11:57
Zeissの古いレンズい..
by Masaya at 11:55
昨日は風で花吹雪、花の命..
by Toruberlin at 15:09
Mauerparkのとこ..
by Masaya at 15:16
新居に移ったんだね、お疲..
by Toruberlin at 21:10
Spaghetti al..
by Toruberlin at 00:07
ありがとうございます。 ..
by Toruberlin at 16:39
FB、友達リクエストをい..
by 植木信勝 at 21:48
植木さん、コメントありが..
by Toruberlin at 22:54
「音程やタイミングが合う..
by 植木信勝 at 21:34
IKUちゃん、おはよう。..
by Toruberlin at 17:13
お久しぶりです!美しい教..
by Skkbr at 09:51

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:非日常の出来事( 68 )

ベルリンの八重櫻。

c0180686_19365507.jpg
c0180686_19363251.jpg
水曜日、かなり早起きでした。このところ滅多に拝めなかった美しい朝日、晴天でした。
ということは、かなり寒いもの。寒いといえば木曜に変わった深夜は氷点下、明け方は-3℃まで下がったそうです。このところ早朝はとっても良い天気なのに昼間は吹雪とか雹が降る典型的Aprilwetter、春の天気は不順です。8年連続で4月は日本でしたから、こういう春のAprilwetterも久しぶりだし、ベルリンの桜並木を楽しむのもまた、久方ぶりです。
c0180686_19362580.jpg
6時台に車で出発、アウトバーンを北上しました。通勤ラッシュの時間、ベルリンを出る僕はほとんど止まることなくでしたが目的地でアウトバーン下りた田舎の美しい道は、目的地まで反対車線はほとんど動かないくらいの渋滞でした。
いろんな事情はあるんでしょうが、公共交通機関は東京の基準ならラッシュ時でも空いてると言えるくらい、しかも安価で(全てが一社経営だから)便もかなり良い。なのに毎朝、あんな渋滞を日課にしてるのは、渋滞が好きじゃなければ考えられない。車内が憩いの時間なんだろうか?それでも1時間でも2時間でも早く出て、会社で早めに仕事始めるなり、何か他のことをするとか、考えないのかなー?9時半過ぎに同じ道をベルリンに戻りましたが、次のアウトバーン入り口まで迂回し(先の入り口に向かう道は、まーだ渋滞でした、ありえない)今度は街の中が混んでるので回り道。途中で気がつき、八重櫻の並木道に寄りました。
c0180686_19361801.jpg
10時前とは言っても、この人通りのなさ、素晴らしい。
c0180686_19360945.jpg
c0180686_19360085.jpg


More
by Toruberlin | 2017-04-20 23:55 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

教育勅語

c0180686_21104889.jpg
教育勅語、昭和生まれの僕らは、明治天皇の勅語で太平洋戦争の後に廃止されたから、それは歴史事実としてしか知りません。
内容を通して読んだのは初めてです。

【教育勅語の口語文訳】
 私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。

 国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

 このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

~国民道徳協会訳文による~
c0180686_21112222.jpg
これは明治神宮のwebサイトから引用しました。

さて、これを今の学校教育に云々の話が日本から聞こえます。

内容は素晴らしい。明治天皇のお言葉として、歴史としてみるならば。

僕らの世代には(戦後で教育勅語廃止されていても)この内容は当たり前に「良いこと」としてあります。親の世代、先生もしかり、日本らしさとして伝えてもらったからでしょう。しかし主権在民、も同じくしっかり教えてもらいました。

問題は(問題視している人々は)今の学校教育で足りないから(つまり全く理解も認識もされておらず)日本を、これからを憂いて提起されるのでしょう。
サッカーなどの国際大会、オリンピックでは国旗を(世界中の人と同じく)崇めるのに、祝日に国旗掲揚が無くなってるように、国歌なのに何かと理由つけて疑問視していたり、今の世が良くない原因が、この教育勅語を教えることで良くできる!と考えるのも理解できます。

できますが、残念ながら官房長官が今の教育に組み込む事は問題ない、というのは違うと思います。

自衛隊は必要で国防も不可欠ですが、軍国主義に日本が還る事はあってはならない。
残念ながら、教育勅語にはそう利用されてしまった歴史があります。
道徳教育の規範として参考にさせてもらうに止めれば良いのに。

歴史的に存在した、学校教育で伝えられるべき内容と思いますが、児童が揃って読み上げたり暗唱する姿は見たくはない。
だから、右左、愛国の心如何に関わらず「問題あり」の意見が多くなるのだと思います

教育勅語、まだの方は読んでみてください。
12の徳目は素晴らしいし、僕ら日本人の考えというか、馴染みやすいと思います。
形を変えて、これからの教育に活かしてほしいですね。

c0180686_21113526.jpg
今年は会えない千鳥ヶ淵の桜、世界一の景色の一つと思います。
c0180686_21112222.jpg




by Toruberlin | 2017-04-09 23:49 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

花の命は短くて。

c0180686_21185865.jpg
人は生まれた時から死に向かって生きている。
池波正太郎先生の文章で幾度も目にする一文です。

人それぞれの目的はあれど(生きてるだけで儲けもの、という心境は置いておいて)眠るのも食べるのも勉強するのも、その人生を豊かにするためですが、向かう先は死です。
これは宗教観で、輪廻転生を信じるかとかでも考えが変わってくるけれど、
何の為に、と考え出すと答えはなかなか見つからず、脇目も振らず精進するのが、ほとんどの人と思います。
それができてるうちは良いけれど、何かのバランスが崩れると、困難が増す。
生きてる意味を失う。
自分が生かされていて、生きたくてもそうできない、そうできなかった人の事を思えば、自分の人生を諦めるなんてできないはずだけれど、バランスを崩すと、見えてたはずのこと、判っていたことも疑問となる。

サイレンス、遠藤周作氏の沈黙(僕はドイツ語版の声優として参加したけれど、まだ観てません)はカトリック布教の話ですが、そこに日本人の信仰心に「太陽」があった。
どんな宗教に帰依してその教義があろうとも日本人にはその上に今日様がある。
太陽こそが大切、今日様を崇める。それは自分が生きてる今日の象徴だからかもしれまdせん。
それは、「生きてるだけで儲けもの」にも繋がるかもしれないけれど
諦めたら、何ごともダメです。
成せることも成せなくなる。これは真実と思います。

さて、でも生きる事を諦めた人にはどう伝えたら良いのだろう?
甘ったれたこと言ってんじゃないよ!が届くと良いのですが、、。
五体満足、ボケてもいないのに、勿体ない話です。

本人は辛いのだろうけれど、周りがみな同情して一緒に泣いてたんじゃ、何もならない。
たとえ嫌がられようと、前を向かせることにしか興味はないのです。意味はないのです。
それが、正しいことだから。

c0180686_21191636.jpg






by Toruberlin | 2017-04-04 23:55 | 非日常の出来事 | Trackback

民泊。

c0180686_18415728.jpg
家を例えば東京に5-6部屋ある一軒家を借りる、都心の良い場所に。
家賃が30-40万円。手取りで20万円代では借りるのは不可能だけれど
6人泊まれる設備で(3部屋か?)フルで3万円が毎日入り、月に90万円。
もし半分の稼働でも家賃と経費は賄える。実際は良い物件は7-8割の稼働が平均で見込めるそうだから20-30万の利益が見込め、給料はまるまる残る。もちろん手間はかかる、けれど旅慣れた人は(多くは利用者はきっと外国人)放っておいてもらうのが好きだしチェックインとアウト、掃除などの世話は時間決めて自分でやるかアルバイトスタッフを入れれば済む。
プロフェッショナルにやるなら、良いのかもしれない。
前にテレビで紹介されていた会社員独身男性は東京で成功してるだろうか、民泊?

Airbnbが最大手で、利用者も多いらしい。
上記のように片手間でもプロ意識でちゃんとやる場合は、良い。

しかし多くは、民泊とかいって小遣い稼ぎしようとの発想なのかなー?トラブルも、ある。ベルリンの物件、たまたま4部屋見たが、まあ良いのが一つ、他はダメだった。自分なら泊まりたくない。

漁師がかあちゃんとやってる民宿、これは同じ「民」が着いても、宿泊施設として看板掲げ、存続してるところはある程度ちゃんとしてるだろうし、安くて人気の、そして温かいもてなしが人気の民宿も多くあると聞きます。プロの仕事ですね。


More
by Toruberlin | 2017-03-30 23:59 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(2)

3/10にドイツで緊急スクランブル

こんなことがあったとは!
旅客機が22分交信不通で稼働中の五基は緊急停止。テロと断定されたら二百数十人乗っていた旅客機は撃ち落とされたかもしれない。無事にLondonに着陸したそうで、周波数の不具合と報告されてるそうですが、22分は長い。
つまり、危機感ある方には最終決断の準備をしなきゃならないくらい長く、気にしない側には「たった22分」

ドイツの原発は廃止が決まっている。
日本は、数年前に将来のエネルギー論議があり再生可能転換への「繋ぎ」として原発は(細心の注意を払いながら←当たり前)期間限定の続行となったと解釈しているけれど、再稼働(これも、いろんな手順踏んで合法なら、仕方ないとして)に加えて先行投資されてるからと海外に作るのは、エネルギー政策として筋が通っていない。
原発で作られようと電気代をもっと高くすれば総使用量は減るのだろうけれど、安価でリッチに使える生活を経験していると、難しいものなのだと、感じます。


3/14 朝に上の記事発見
真偽の検証はしていませんがSpiegel誌とAirIndiaのTwitter、真なのでしょう。
原発専門家は、上手に、そして今だからもっと安全に!と原発に自信があるのは想像できます。
いまある設備、いままでの膨大な投資、活かしたい。

タラレバ話ですが、もしもっと福一が安全で幸運が多く事故が起こらなかったなら!被害にあった方々はもちろん、誰しもそう思う。でも原発が夢のエネルギーで絶対安全と国民のほとんどが信じていて、そのままずっと継続してたら、もっと大きなことが起こったか?それとも何も起こらずに未来永劫続いたか、、、。
「無事こそ宝」ですが、再生可能エネルギー、どれだけ進んで原発に対抗できるか、期待です。

自分の意見は各自あり、僕は原発廃止に賛成で、早く繋ぎを終える時期の確定を望んでます。
それは良いのですが、ではどうするのか?
ということですね。
専門家に期待するしかありませぬ。













by Toruberlin | 2017-03-08 23:59 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

アランフェス協奏曲

c0180686_05035999.jpg
ベルリンの南西、お隣の町ポツダム。拙宅からは直線10数キロの、レース場としても使うために作られたアウトバーンAvusをひた走り、Wannseeの街を抜けKGBとCIAのスパイ交換でも有名になったグリニッカー橋を渡り入ります。
そのまま街に入り右に曲がれば日本の運命を決めたポツダム会談会場のチェチリエンホフ宮殿があります。
そのまま抜けるとサン・スーシ宮殿があり我がNKOP(新ポツダム室内管弦楽団)の本拠地の教会があるエリア、そこも通り越して森の中に入って行きます。
c0180686_05035070.jpg
途中から右折して森の中へ。そこからもう自然保護区の大公園ですが、元プロシア王家の所領でした。
その中に1847年にフリードリヒ・ウイルヘルム4世の命により建てられたバイエルン風の大きい山小屋があります。
c0180686_05025885.jpg


More
by Toruberlin | 2017-02-08 21:00 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

クジラ漁、イルカ漁。

c0180686_23113266.jpg
今朝のベルリンは力強い朝日で始まり、午後3時の今までも、ずっと晴天です!
c0180686_23112235.jpg
土曜日、ベルリンの日本大使館前から行われ、JAPANフェスティバル会場のUraniaまでイルカ漁反対デモが行われるそうです。
日本大使館からの案内です。
○日時:1月21日(土)13時から16時まで
○規模:150人規模
○デモ行進のルート:日本大使館前に集合し、その後Tiergartenstr.及びKlingelhöferstr.を通ってUrania Berlinまでデモ行進を行う予定
当日はデモ行進の目的地のUrania BerlinではJapan Festival Berlinが開催される関係もあり、在留邦人及び旅行者の皆様におかれては、デモ活動に関する情報にご注意いただくとともに、デモが行われている場所には近づかないようにし、デモ隊を見かけた場合も興味本位で近寄ったりせず、ご自身の身の安全を確保するようにしてください。
また、デモ行進が行われる周辺道路では渋滞が発生する可能性がありますので、お出かけの際にはご注意下さい。
連絡先:
在ドイツ日本国大使館
TEL: 030-210940 (閉館時は緊急電話対応業者につながります)

民主主義の世の中、デモも届け出が許可されれば合法です。
FBやネット上では、「日本、もうたくさんだ!」と過激な露出もあります。
?、なんで日本?と思いますが和歌山のイルカ漁を指している様です。
日本フェスティバルに合わせてデモするのは効果を狙ってのことでしょうが、会場に行く予定の方、出演や関係者の皆さんは巻き込まれない様にご注意ください。シーシェパードの例を挙げるまでもなく動物愛護の名の下に過激な行動にでる輩が少なくありませんから。

デモに賛同する気は微塵もないですが、デモ自体に反対もしない。

クジラ漁、イルカ漁に嫌悪丸出しでの反対は、他文化を認めていない証拠です。
無益な殺生は、それはしない方が良い。人間が生きるために他の命を戴くという気持ちがなければ、食事をしてはいけない。
動物だけじゃなく、植物だって生きてるんですから分けるのはおかしい。ベジタリアンも、命を頂戴して生きてることは同じ。クジラは高等生物だから?!それを人間(ごとき)が判断するのもおこがましい。豚や鶏や牛は良くってクジラやイルカはタブーというのは理にかなわない。必要なければ殺生はしないのが正しい。
殺生という観点からは、食べるためじゃないのに魚を釣る釣り人の方が、楽しみで殺生するならば、道を外れてると思っています。

飽食、豊かさの履き違いを日々そここで感じるに、無駄をすることの勿体無さと、また嫌悪を感じます。

「JAPAN もうたくさんだ」というインパクトを狙った看板。
僕が日本人だから余計気分悪いんでしょうが、こういう事柄と国や民族を括ることは、程度の低さを感ぜずにはいられない。
だったらドイツ人よ、テロの理由の一つである武器輸出で利益を上げてる自国を恥じよ!と言ってしまえば同じ様に程度が低いことになってしまうが、この武器輸出。
日本以外、ほとんどの(いわゆる先進国)がやっている、またやっていた。
守るための武器でもある、という理由も込めて。
輸出をやめた国もあるが、儲かるからなかなか止められないのもわかる。
どうせ自国のために開発し、売って利益をあげれば、それで国は潤い開発経費を削減できる。
そう戦後約70年、唯一の武器非輸出国だった我が国、条件付きではありますが装備移転という名目で輸出が可能になった。この制限が将来外されないことを祈りますが、大使館からのメールから、やはり気になってるこの件に考えが行き着きました。

土曜日のデモ、日本が悪者扱いです。ネットでは、ここに書くまでもなく、福島の原発事故に触れたりの面白半分の書き込みがある。一部のドイツ人の面白半分は意外と自分の周りでも出会うことがあり、頻繁に?です。
22日のAkiba祭り、映画を終日上映するそうですが、そっちの方が良いんじゃないか?とも書き込まれています。
そういう意見もある、ということで終わりですが、絡まれたり巻き込まれない様に気をつけてくださいね。

c0180686_23105600.jpg
奥に見えるはカント通りの向こう側の湖面、拙宅側と同じく凍結してます。
しかし良い天気で、気持ちがいい。
c0180686_23103677.jpg
正月用に買った生レンコン、外で凍ってしまったのでフニャってました。それを家内が素揚げにしたんですが、これがサンジョヴェーゼに合いました!プロシュートを食べてしまった後、昨晩はこの組み合わせでした。
今朝は早起き、メールをいくつも片付けラグーを仕込みました。プロシュートの固い皮、ハサミでカットしておいたのを加えると、とっても美味しくなります。
c0180686_23102384.jpg
ブランチは当然Vermicelliと。
戴きます、ごちそう様でした。欠かさないし、だから生きるための(だけの、こだわらない)食事はしたくない。
食べるために生きてる、ってのも、ちょっと違うんだけどね。
c0180686_23101537.jpg


















by Toruberlin | 2017-01-17 15:14 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

BERLIN keep on GOing !

c0180686_17134123.jpg
月曜日のテロ、翌日はベルリン全てのクリスマスマーケットが休業しました。
水曜日からは再開したようで、シャルロッテンブルク宮殿前を通りましたが、コンクリートのブロックを等間隔に道端にTHWが設置する作業をしていました。
戦国時代を例に挙げるまでもなく(戦争には反対ですが)昔の戦争には宣戦布告が(自称じゃ無いちゃんとした)国としてあり、そして対峙するは武将、戦闘員だった。一般人を標的にする武士道(騎士道)から外れた戦いは第一次、いや第二次世界大戦あたりから「戦争だから仕方ない」となってしまってる。おかしなことです。
これだけゲームが流行ってる現代、話し合いで決まらず武力!ならゲームで決着決めれば良いのに!
と思ったけれど、実現はしないな。

さて、昨日「ベルリン・テロ」で検索したら?な記事が目に入りました。まあ、そんなのは(書く人が報酬や注目浴びるためにやってるから)たくさんあります。薄い内容が多く別に拘らないし気に留めないのですが
「テロで表れたドイツの国力低下」さらに「ナチ云々」
あまりに思慮が浅い。
テロリストに狙われて防ぐ方法って(治安当局、情報担当etc.は尽力してくれても)難しいのは誰でもわかる。守るというのは大変なのです。
車でのテロを防ぐためにコンクリートブロック設置しても、他の方法もあるけれど、でもやらねばならない。
ここに書きたくはないけれどテロの方法はいくらでもある。
そしてテロでドイツの弱体が云々と訳知り顔で書いてるライター、東京が狙われたら、やはりそう書くのかな?地震だけでも確率からしたら安全じゃない東京、テロがもし加わったら、大変なことになります。
そう、確率からしたらベルリン、ヨーロッパの方が危ないわけでも、無いのです。

メルケル首相への批判の声が多く、またそれを取り上げてる記事も多い。
まず、僕らドイツ(海外)に住む日本人も移民ということを忘れてはならない、難民ではないけれど。
で、原因は、その背景には書きたくないことがごまんとあるけれど、実際に命からがら逃げてくる人を助けるというメルケル首相の英断を非難する意図が、わからない。出来ることなら「助ける!」という当たり前のことを国として(きっと、ナチという歴史を背負ったドイツという国として)早急に行い、また昔から迫害された政治難民、移民には門戸が広かったドイツ、その戦後の西ドイツの考えを踏襲して行った、立派な行為と思います。
そりゃ、問題もあるけれど、それは問題として潰していかねばならないのは、いつでもどこでも同じ。
難民にテロリストが混ざってた?でもね、難民受け入れなくてもテロリストは別の方法で入って来ます。実際にヨーロッパ人も多かったのはご存知の通りです。今回の犯人も難民申請をしたとかどうとか、「だから難民を受け入れたメルケルが悪い」となるのがおかしいのは車を発明したメルセデスに交通事故の責任がある!というくらい?なことです。
ドイツ人の多くはメルケル首相を支持しているし、また来年の選挙でも大方の予想に反して続投してほしいと、選挙権もなく「客人」として長く住まわせてもらってる僕は思います。

BERLIN keep on GOing!
これは2011年の東日本大震災、そして福島原発事故の後「日本がんばれ!」とベルリンから行ったキャンペーンJAPAN keep on GOing!から水曜日に僕が始めました。クリスマス直前、そして年末で本社のデザインは全員、マルコスたちもベルリンに不在ですので缶バッチなどの行動はすぐには起こせないけれど、SNSで発信しています。

生かされている僕らは、自分のするべきことをいつも通りしなければならない。

もちろん、自分の本能で危ないと思うときには出かけないことです。
水曜と木曜はStaatsoperにボエムとマノンレスコーを観に行きましたが、どちらもクリスマス前で満席が普通と思いますが3-4割は空席だったか?影響が出ています。
きっと旅行者も減っている。
これは昨年のテロから影響があってヨーロッパへの日本人はじめアジア人の訪問が減っています。きっと旅行社やエアラインは大変でしょう。アンペルマンの売り上げにも影響は出ています。
ANAは秋に日本往復大特価をしてくれてましたが、いまこそ渡独の良い機会かもしれません。
書いたように事故に遭ってしまうのは確率問題。飛行機が落ちるのよりも交通事故の確率高いと言われるように、どこにいたら安全かはわからない、そう、ベルリンが特に危険なわけではないのです。
でも、年越しのブランデンブルク門前とか、いわゆるパーティー大騒ぎは少し心配だなー!とは思います。

金曜の朝です。さきほど、クリスマス晩餐の買い物にLindenbergに開店時間に行きましたが、もうすでに魚コーナーは外まで列+車は満杯で外に駐車しました、MINIで行って正解でした。
魚は、買えたら!ってのがあったけれどお目当はそれ以外で15分で買い物終了、レジはまだ空いてました。
そしてチェントロイタリアに美味しかったプロセッコを仕入れに行ったら、さすがイタリアン、9時からの営業で一度帰って来ました。
11時前には出て本社と倉庫に行くので、そのついでにチェントロとバウハウス。
明日の昼から店は閉まります。クリスマスは中華くらいしかレストランも開いてません。

イヴはWitt先生邸に伺うのが35年来の伝統、その夜中には24日誕生日のY嬢が仕事の後に来ます。
25日は拙宅晩餐ですが、T子さんに頂いた白トリュフもあるしムール貝は先ほど仕入れました。メインは鴨の丸焼き、今年で3回目です。
26日は10時からヘドヴィヒ大聖堂でミサ、20時からは同じSt.Hedwigsでトランペットのヨハンとコンサートです。弦楽器7人とチェンバロ。バロック音楽ではL'estro Armonico Berlinという名ですが、中身はKAMMERENSEMBLE Berlin-Tokioです。

何があっても陽はまた昇る。そして元気な僕らは真っ当に普段通りちゃんと生活したいと思います。
BERLIN keep on GOing!
c0180686_17141199.jpg






by Toruberlin | 2016-12-23 08:55 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

Nuova Cinemaparadiso?

c0180686_18590438.jpg
統一前は西ベルリンでシュパンダウ旧市街のと並ぶ二大クリスマスマルクトだったフリードリヒ皇帝記念教会周りのマルクトで19日の夜に大型トラックが速度を緩めず突っ込む事件がありました。テロとは確定してませんが、ブレーキを踏まなかったこととアクセルを踏んでいたことから、残念ながら、そう考えられます。
大使館からのメールで他の都市で12歳の子供がクリスマスマークトに爆弾を仕掛けたのを未然に防げはしたが、ご注意を!と読んだばかりでした。
日常生活を送っていて気をつけるのにも限度はあります。人が集まるところを避けると言ってもコンサートに出演しないわけにはいかない。もちろん、気をつけて生活をしなければならないのは、いつもと同じ、ですね。

生かされているモノは自分の人生を生きて行くしかない。
立ち止まることもあるが、前を向くしかない。
悠々として急ぐ、しかない。
みなさん、ちゃんと自分の人生を歩くべく生活しましょう。

c0180686_18584602.jpg
c0180686_18585501.jpg
シラー劇場に引っ越してる(劇場大改造の間)StaatsoperのManon Lescaut、新演出を観に行ってました。
舞台は映画全盛のUSA。面白い演出だった。
シチリアが舞台のニューシネマパラダイスにかなり影響を受けた(というか、きっと好きなんだな)演出家としか思えない。キスシーンは恋愛を、死亡するシーンは死を暗示する、モノクローム時代の映画シーンが次々と現れます。
まあ、イタリアオペラによくありますが、内容はどってことない。とにかくプッチーニの音楽がメインのオペラですが、四幕の演出というか舞台はどこなんだ?たしかル・アーブルの港から島流しだったと思いますがNYからどこに流されたんだろう?とは気になりましたが、どってことはない。主役、素晴らしかった!
c0180686_18583847.jpg
c0180686_18583098.jpg
オペラは一番完成された総合芸術と言われますが、せっかく環境の良いベルリンにいて観ない手はありません。学生さん、自分の楽器で練習してるばかりでは、上手くはなりませぬよ。
c0180686_18582229.jpg
幕間のお楽しみも大事な時間。フィルハーモニーとかのバックステージに慣れてるからドリンク2杯でチップ入れて12は、でも驚くほどでもないか。
c0180686_18581521.jpg
?はあったけど面白い演出。楽しめましたが、一番のエクセレントはオケ。素晴らしかった。
パケットの4列目で、バランス的には低弦がマッチョ過ぎたけれど、、、。それでもバランス取れていて素晴らしい。そしてフルートって皆上手いから滅多に「上手いなー」とは思わないけれど、昨夜は感心するほど聴き惚れました。バランスのとれたエクセレントなオケです、シュターツカペレ。
あーちゃん、チケットありがとう!水曜はまたプッチーニ、楽しみです!
c0180686_18580650.jpg







by Toruberlin | 2016-12-19 23:59 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(4)

悠々として急げ

c0180686_00400904.jpg

明日やろうは馬鹿野郎

明日できることは今日無理してしない

それをバランスよく使って日々を生きれば良いのです。


どうバランス良く使うかは、難しい。同じ時間も使い方次第。

この世で唯一万人に平等と言えるのが時間、1日の長さは皆に同じ。

利だけで時間の使い方を考えると外すけど、でもそれも各人の運なんだよなー。


写真は内容とは関係ありません。

コンチェルトハウスの楽屋口、というかハンスアイスラー音大前の愛車。車検から帰って来たばかりだけど(また日本行き二人分くらいかかったけれど)なんか後部が下がってるかな?

日本大使館前の道をフィルハーモニーに向かって走ってる間、後ろに同じタイプの少し濃いめのが居て、ブランデンブルク門に続く道の信号であちらは左折すると見えて隣に。顔を見合わせご挨拶。MINIだとパッシング挨拶は普通ですがメルセデスではしない。でもこのSクラスも年々少なくなって来てますから、こういう機会が増えました。

c0180686_00401666.jpg





by Toruberlin | 2016-10-01 23:55 | 非日常の出来事 | Trackback | Comments(0)