「ほっ」と。キャンペーン


ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

「発酵」ということ。
at 2017-02-22 16:13
湖畔散歩、超望遠+超広角レン..
at 2017-02-21 20:35
カーナビ
at 2017-02-20 23:50
アヒージョ
at 2017-02-19 22:33
ちょうど一週間前。
at 2017-02-18 10:28
僕は天才かと(また)思った!
at 2017-02-17 23:04
SchubertとSchum..
at 2017-02-16 23:35
これは素晴らしい!
at 2017-02-15 23:57
昼に、さーて何を食おうかな?
at 2017-02-14 19:26
2/9は盛りだくさんの木曜日..
at 2017-02-13 23:50
3月オープンのブーレーズホール
at 2017-02-12 23:52
音響設計家 豊田泰久氏
at 2017-02-11 23:59
SchubertとSchum..
at 2017-02-10 23:59
昼から、赤。
at 2017-02-09 23:55
アランフェス協奏曲
at 2017-02-08 21:00
Parisからのチーズとフル..
at 2017-02-07 23:08
また氷点下週間来ますよ、ベル..
at 2017-02-06 23:55
お菓子教室。
at 2017-02-05 09:10
レシピブログ「サルシッチャと..
at 2017-02-04 20:42
さーて何を食おうかな?Ama..
at 2017-02-03 23:42

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

Fumiさん、おはようご..
by Toruberlin at 17:46
Toruさん、初めてコメ..
by Fumi at 20:17
Minaさん、コメントあ..
by Toruberlin at 20:22
TTさん、はじめまして!..
by Toruberlin at 20:19
Yさん、こんにちは!コメ..
by Toruberlin at 20:15
ライカ大好きさま、コメン..
by Toruberlin at 20:06
アナログレンズ大好きさま..
by Toruberlin at 19:50
N.S.さん、はじめまし..
by Toruberlin at 19:44
Mさん、ありがとうござい..
by Toruberlin at 19:38
yyさん、コメントありが..
by Toruberlin at 19:35
Masayaくん、いいだ..
by Toruberlin at 19:32
私も長年カメラと生活して..
by ライカ大好き at 08:39
初めまして!Toruさん..
by TT at 08:30
噛んじゃうから巻けなくな..
by Mina at 07:50
とーるさん、こんばんは。..
by Y at 05:04
高橋様、NEX繋がりでブ..
by アナログレンズ大好きです at 23:32
初めてコメントいたします..
by N.S at 23:13
とおるさん、こんばんは!..
by yy at 23:02
デザインがいいですね。秀逸
by Masaya at 21:53
またはウイスキーだなー。..
by Toruberlin at 04:45

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
berlinbaublog
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:AMPELMANN Japan2010( 37 )

(続)奈良の日曜日。

c0180686_950714.jpg

さて、奈良の日曜日の続きです。大阪に戻らねばならなかったJ子さんと別れ、ケーキ自慢のカフェへ。
c0180686_952030.jpg

紗緒ながや内 Antique風房 憲志郎
古い家をカフェにしてる落ち着く空間です。パティシエがお薦めを訊きに来てくれます。

More
by Toruberlin | 2012-04-11 09:19 | AMPELMANN Japan2010 | Trackback | Comments(4)

10月、東京の週末。

c0180686_4295760.jpg

アンペルマンが陰になっていると理由でAMPELMANNフォトブック「日本への旅」に選ばれなかった1枚、僕はとっても気に入っています。

AMPELMANN goes Japan ほか。
by Toruberlin | 2011-02-18 00:00 | AMPELMANN Japan2010 | Trackback | Comments(8)

9月の京都初日、これで最後です!

c0180686_5235086.jpg

c0180686_525652.jpg

熱海の石庭で何度も朝風呂に入ったあとに、JR熱海駅から新幹線で京都へ。
c0180686_5264460.jpg

京都駅から柊屋さんへ直行。そしてタクシーで銀閣寺へ。
降りたところで早速お腹空いたコール。仕方なく「たこ焼き」
c0180686_5284485.jpg

まあ、味は推して知るべし。こういう良い場所に店を出してるのだから、とびっきり美味しく出して大評判の店になると良いのに、そういうことってあんまりないよね、残念。
c0180686_5303796.jpg

こちらの煎餅屋さん、親父さんの笑顔通り、こちらは美味しかった!
c0180686_532168.jpg

煎餅食べながら銀閣寺に向かう。飲み物も境内ではダメ!と言う僕、マルコスは門の前の茶店で一気飲み!
c0180686_5223640.jpg

c0180686_522428.jpg

c0180686_5212818.jpg

銀閣寺、そういえば99年の日本ツアーでも最初に来たのがここでした。
c0180686_5204559.jpg

c0180686_5201122.jpg

そして11年前と同じく哲学の道を歩きました。
c0180686_5194088.jpg

c0180686_519485.jpg

マルコス、よーじやカフェの前で突然撮影開始。
c0180686_5183448.jpg

c0180686_5165547.jpg

母上と来ていた京都で勉強してる福岡出身の女子大生と。
c0180686_5162242.jpg

この後も南禅寺に向かって歩きましたが暗くなるのが早い!タクシーを拾って柊屋へ。
c0180686_515142.jpg

ここから3枚はバーバラ撮影。
c0180686_22523372.jpg

c0180686_2251222.jpg

c0180686_4253790.jpg

c0180686_4263410.jpg

さて、欠落が気になっていた京都編、これにて完了です。

明日の朝からはベルリン、毎日晴れる筈なんですが、その通りだといいなー!
by Toruberlin | 2011-01-27 00:25 | AMPELMANN Japan2010 | Trackback | Comments(2)

唐突ですが京都シリーズ、柊屋の懐石

c0180686_301088.jpg
c0180686_2594755.jpg

9月の末の京都を唐突ですが振り返っています。今回は初日の晩御飯@柊屋です。
遅めの時間をお願いしていました。今回はこの日は新館の客室、翌日は旧館のマルコスたちが泊まった部屋の向かい、やはり柊屋で一番古い部屋のひとつでの食事でした。僕らの泊まった部屋と合わせると4部屋でゆっくりした訳ですが、どの部屋も気に入りました。
c0180686_2585379.jpg

新館の2階、素晴らしいのは目の前に旧館の日本家屋が見渡せることです。その景色は暗くて撮影不可能でした。これは飛び出した縁から撮影しました。
c0180686_3112232.jpg

先付は菊酒と供に。鮑と菊花のお浸し+胡麻豆腐
c0180686_2572379.jpg

椀はお澄まし、鱧、松茸、梅干し、柚子
c0180686_2565092.jpg

向付
c0180686_2562188.jpg

八寸は小芋みたらし、このわたとろろ、ころ柿、あとは鴨etc.
冷酒は柊、ここのオリジナルの辛口大吟醸でした。刺身も普通と言えば普通ですが、やはり美味しいので酒によく合います。
c0180686_2554341.jpg

焼肴はかますの木の芽焼き、万願寺唐辛子、抜群でした!
c0180686_255531.jpg

蒸し物は甘鯛、これも◎。
c0180686_2532646.jpg

揚げ物は鱧、茗荷、伏見唐辛子。ありえないくらい旨かった!
右の酢の物は毛蟹と胡瓜、花穂に黄身酢
c0180686_2525956.jpg

c0180686_2514790.jpg

留椀は赤みそ、舞茸の歯ごたえが良かった。
御飯は松茸の炊き込み御飯。旬です。香の物の真ん中は瓢簞の柴漬けです!
そしてデザート。
c0180686_2511731.jpg

ミント添えの桃ゼリーと梨。
c0180686_2501141.jpg

懐石は熱海で豪快系を食し、京都では1回で止めにしてふた晩目は外で食べる?とお仕着せの食事に少し抵抗があった二人。この食事の途中から「やはり明日もここで食べる?」仲居さんが『しゃぶしゃぶもご用意できます、前菜のあとに』なんて提案してくれたんですが、食事が終わる頃は「明日も懐石にしようね!」と大変お気に召した二人でした。
食後は近所をひとまわり。
c0180686_2494430.jpg

c0180686_3345573.jpg
c0180686_3354134.jpg

旨そうな匂いでしたが、さすがに無理でした!
c0180686_3365649.jpg

こうしてマルコスたちの初京都、ボクの40年振りの柊屋さんの初日が終わりました。
c0180686_24850100.jpg

by Toruberlin | 2011-01-27 00:01 | AMPELMANN Japan2010 | Trackback | Comments(0)

唐突ですが京都シリーズ、二日目の夜。

c0180686_16562465.jpg

夜中に思い立ち、9月末の日本、京都だけが欠落していたので書き始めました。唐突ですが京都シリーズ第2弾は(←シリーズ化したんだ?)お洒落なバーです。
c0180686_170251.jpg

夕方、祇園界隈を散歩して宿に食事に戻る途中、家内が発見した雰囲気の良い入り口。
c0180686_16595455.jpg

如何にも町家風ですが、バーらしい。今回も柊屋さんにするか?夜御飯は外ですることにして伝統的町家に泊まるか?(←町家方泊まり、良いと思う家は4人でやはり10万を越えます、大きく)迷ったんですが、京都の古い町家、宿泊用や他の用途に変わってるケースが多い。誰も住まないで朽ちてしまう運命なら、上手に活用されて残るのは大賛成です。
c0180686_16583551.jpg

表には商家が多く、路地を入って奥には民家というのが街の基本ですが、良い雰囲気でした。
c0180686_16573683.jpg

2日目も柊屋さんでたーくさん戴いたので、ほろ酔いで腹ごなしに4人で散歩に出ました。先斗町を抜けて川向こうの裏道を選んで通り(風情のある道って、京の祇園界隈でも少なくなった模様です)バーに入りました。
町家、かなり立派な家を改造したバーでした。
訊けば、まだ開店したばかり。お茶のお師匠さんのお宅だったそうで、路地の突き当たりの玄関を入ると土間のままにしてあり左奥がカウンターのあるスペース、そこに行くまでの右には個室がいくつかありました。階段箪笥がバーの横にあり2階に続くのですが、そこは元のままだそうで茶室もあるらしい。次回行った時に、どう活用することにしたか見るのが楽しみです。
c0180686_1657510.jpg

バーバラはシングルモルトのコレクター?効き酒には何度も通い、珍しいお酒もどんどん増えてます。アンペルマンレストランにも彼女のウイスキー棚があるほどですが、日本ではやはり日本のウイスキーを。東京のホテルで余市を飲みましたが、皆で感動しました。
僕は2杯目はハイボール。それも角でお願いしました。小雪さんの御蔭で大ヒットしたハイボール、角の原酒も売り切れだそうですが、しかし角ってこんなに美味しかった?バーテンさん曰く、角も進歩してるそうで、確かに30年前とはレベルが違いました。いつも自分で作ってるのに比べると極端に薄かったのでウイスキーを倍にして2杯目を作ってもらいました。
c0180686_16551862.jpg

日本のお酒、上の3本しか特別なのは無かったのですが、あまりに日本の!と言ったので年代物の焼酎、たぶん非売品をご馳走になりました。
c0180686_17185897.jpg

ここまで熟成してると、焼酎という感じはしませんでした。
c0180686_16531621.jpg

翌朝、2泊というのはあっという間です。この庭の紅葉が赤く染まる頃にまた来たいなー!と柊屋を後にしました。
c0180686_1654268.jpg

c0180686_17295070.jpg

c0180686_1730524.jpg

「私たち、偽物ですけど、、」写真を撮らせてくれた東京からのOLさんと。
c0180686_17275284.jpg

c0180686_17272779.jpg

c0180686_17264767.jpg

清水寺から八坂神社の当たり、もっと時間が欲しかった。祇園まで歩いたら楽しい筈、是非次回は!
c0180686_172543100.jpg

新幹線の中で。小田原で居りて箱根に向かいました。旅館の晩御飯は早いから、昼はのり巻き、まさか食べてもひとつくらいだろう?!と思った納豆捲き、二人とも気に入って大半彼らが食べました。
さて、まだ京都初日が残っています。シリーズ最終は今夜に続きます。

京も朝から暗い。予報は雪であります。
でも、張り切っていろいろ片付けるぞ、今日は!
まずは朝風呂です。
by Toruberlin | 2011-01-26 07:52 | AMPELMANN Japan2010 | Trackback | Comments(2)

唐突ですが京都の2日目!

c0180686_5102381.jpg
c0180686_5112976.jpg

AMPELMANNのフォトブックを見ていたら、思い出しました。9-10月の日本旅行、京都だけほんのサワリだけで欠落していたのです。ずっと気になっていましたが、写真を中心に綴ることにします。しかも唐突に2日目の朝から晩までです。
c0180686_5135268.jpg

さすがのマルコスとバーバラも京都での朝御飯は洋食を選択しました。僕らがヨーロッパで中華に入る様な物か?そういえばこの日まで、すべて和系でした。
普段は朝ご飯を摂らず13時過ぎに第一食の僕ですが旅行中は別。食べようと思えば起きてすぐに美味しく食べられるのです。そしてもちろん柊屋さんの楽しみにしてた和の朝食。
c0180686_517636.jpg

この湯豆腐がたまりません!
c0180686_5181182.jpg

タレも一緒に暖まる特製の湯豆腐一式。
c0180686_5195379.jpg

部屋も楽しみたい!と食後のコーヒー、お茶は縁側で。
c0180686_5212637.jpg

しかしこの柊屋さんは気持ちの良い宿です。
c0180686_5222972.jpg

タクシーを待ってる間に、
c0180686_523455.jpg
c0180686_524313.jpg

そしてまずは雨上がりの金閣寺へ
c0180686_5254245.jpg

小雨の御蔭で、緑は綺麗だったし人はほとんど居ないという幸運でした。
c0180686_527625.jpg

限定の、確かキティちゃんストラップを土産に買って喜ぶバーバラと。
c0180686_5285131.jpg

c0180686_5293955.jpg

石段でも撮影を試みましたが、動画のみで終わりました。しかし、楽しかったなー!修学旅行の子供たち、目ざとくて、話しかけてくれる子たちも多いです。
c0180686_559873.jpg

ここからは龍安寺。
c0180686_60640.jpg

c0180686_572596.jpg

そして仁和寺。
c0180686_552776.jpg

c0180686_544763.jpg
c0180686_541876.jpg
c0180686_533556.jpg

遅めの昼飯は先斗町散歩の前に、長浜ラーメン。
c0180686_522793.jpg
c0180686_513650.jpg

もちろんこれは僕の丼。面白いのは普通は日本人は汁を残すけど、バーバラたちは汁は最後まで飲むけど麺を残す。スープは何でも好きだそうだけど、いや、面白いです。
c0180686_505093.jpg

c0180686_642055.jpg

c0180686_651471.jpg
c0180686_6612100.jpg

そして柊屋へ戻り
c0180686_4591550.jpg

c0180686_4584145.jpg

懐石二晩目、しかし料理はもちろん器さえも同じ物はありませんでした。
c0180686_4572862.jpg

c0180686_4565624.jpg

そして遠くから三味の音と歌声が。訊けば柊屋さんが芸妓さん、舞妓さんを呼んだそうで、僕らにもあわせてくれると仲居さんが段取ってくれました。
c0180686_458150.jpg

写真にはありませんが応接室で三味線を片付けていたお姉さんと話しました。同じ弦楽器を弾いてると話したら、オーケストラですか?との話になり、京響さんのホームグラウンドにはよく聴きにおいでになるとのことで話が弾み、芸妓さん、舞妓さんとアンペルマンの写真が実現しました。
c0180686_4561779.jpg

待ってる間、僕らの部屋の仲居さんが舞妓さんの説明を英語でマルコスたちにしてくれてました。驚くべきは、夜中に応接間でパソコンをしてると下足番のおじさんが美味しいほうじ茶を持って来てくれるんですが、この夜、マルコスが一人でパソコンを始めたら、やはりほうじ茶を持って来てくれて、そのご老人、英語が堪能だったそうでマルコスも驚いてました。
c0180686_4554025.jpg

京都篇、続きます。

春の帰国でも津和野には行く予定なので、京都にも寄りたいなー!桜の時期の京都は未体験なんです、あーでも、紅葉の季節と同じくものすごく混むって話だったなー!

今日は寒々しい湿気の多い一日でした。明後日からは晴れるらしい。やはり晴れた日に街を歩きたい、OFFの日には。
c0180686_6195398.jpg

by Toruberlin | 2011-01-26 00:37 | AMPELMANN Japan2010 | Trackback | Comments(0)

Movie AMPELMANN goes Japan!



やっと完成しました。アンペルマン初来日のムービー。
いかがですか?

今日はフィルハーモニーで2012年からの音楽監督、ソヒエフ指揮でDSO(ベルリンドイツ響)のコンサートでした。
アンペルマン社長のマルコスとバーバラも聴きにきて,終演後フィルハーモニーで飲んだ後,高層ビルのクラブに行き,最後はGFでラーメン、今帰宅しました。
明日も同じ本番,しかしピアニストも良かったし(バルトークのピアノ協奏曲)、オケも良かったと思います。ベルリオーズもストラビンスキーも楽しかった!
by Toruberlin | 2010-12-01 02:10 | AMPELMANN Japan2010 | Trackback | Comments(8)

アンペルマンムービー@新橋駅


アンペルマン初来日で撮影した動画,編集が終わりました。明日,本社でミーティングの後,公開の予定です。また御案内しますが、こちらは編集前のムービー。新橋駅ホームでのオリジナルの音入り,これも僕は気に入っています。

もちろん,編集したムービーはいろんなシーンが満載,音楽も入っていて素敵に出来上がりました。アンペルマン本社のニュースレターで配信する他、YouTubeで公開の予定です。
by Toruberlin | 2010-11-25 00:03 | AMPELMANN Japan2010 | Trackback | Comments(2)

摺上川紅葉

c0180686_16323314.jpg

 君と行った摺上川に、丁度一ヶ月ぶりに紅葉具合を撮りに出掛けたら、やや遅し。しかし、今年の夏の暑さ故か岩魚の産卵は未だ早し。自然を、見るのはなかなかに難しいと言う事を、再度確認しました。
ちょうどひと月前にお世話になった福島は伊達の青柳先生からメールを写真と供に戴きました。岩魚の産卵が見られる摺上川上流、伺った翌朝、パジェロでお連れいただいた場所です。紅葉がさぞかし見事だろうという渓流の辺の景色でしたが、青柳先生がお書きになっている様に、少し遅かったそうです。
c0180686_1632155.jpg

今年の紅葉は、夏が異常に暑かった日本、どう影響が出てるのだろう?ベルリンは7月がやはりかなり暑くて35℃を越える日々が続き、8月からは寂しい天気続きでしたが、拙宅から前の湖畔を見る限りではあまり綺麗じゃなったなー。紅葉はその葉の色もそうですが+太陽光線がないと(たとえ夕陽でも)綺麗に見えません。ベルリンは僕が戻ってから数日は晴れましたが(その前はずっと雨だったらしい)またこのところ天気がよろしくない。
もう20年近く前になるのだろうか?2,3回で終了してしまいましたがベルリンーポツダム駅伝というのがありました。たしかメインスポンサーは日産とキャノン、中継はテレビ朝日。僕は代理店(博報堂)のお手伝いで参加、ベルリンの森を抜けてポツダムのチェチリエンホフ宮殿までのコースでしたので黄金色に輝く黄葉がそれは見事で、朝日、昼の強い光、夕陽と様々な光との景色を堪能しました。あれがベルリンでは今まで最高だったかな?
まあきっと、時期の良く天気も良い日を選んで森に行けば今年も綺麗な景色は見られたのかもしれません。
c0180686_16315537.jpg

少し遅かった!とは言え、この紅葉の色は日本独特、美しいですね。

先程コメントで知りましたが、津和野の永明寺、昨日の日記に写真が満載ですが境内はモミジがいっぱい、そろそろだそうです。
c0180686_16523959.jpg

京都の柊屋さん、この部屋から眺める庭もモミジがたくさん、今頃綺麗なんだろうなー?!
c0180686_16504316.jpg
c0180686_16511990.jpg

素敵な街、京都。到着してすぐに銀閣寺界隈を歩き、夜は先斗町界隈。
翌日は金閣寺の周辺、夜は祇園界隈。で、せっかくの素晴らしい部屋で過ごす時間が朝食と寝るだけではあまりに寂しいと、10分でも庭を眺めるアンペルマン社長夫妻。
c0180686_16514475.jpg


紅葉が見頃だから!今、これが旨い!とか温泉に入りたいなー!という時、5回に1回くらいはブラッと帰れる様に、早く成りたいものです。
by toruberlin | 2010-11-14 23:59 | AMPELMANN Japan2010 | Trackback | Comments(0)

津和野町最終日、永明寺(ようめいじ)

c0180686_1818256.jpg

また10月半ばに戻ります。
2泊3日した津和野町の最終日、町役場のお二人にご案内いただき永明寺を拝観しました。ここは殿町通りとならんでフランスのブルーガイドで三ツ星を獲得した、森鴎外先生の墓所もある古刹です。(そう、津和野町は町としてもミシュランと双璧をなすブルーガイドに東京、京都や奈良と供に日本で20カ所しかない三ツ星観光地に選ばれているのです!)
c0180686_1813599.jpg

ホテルに役場の車でお迎えいただき駅の反対側、徒歩でも行ける距離ですが車を降りてすぐに感じる清らかな場の雰囲気、良い気が溢れています。
c0180686_1813691.jpg

石段を上り門をくぐると右手がこの景色。いや、素晴らしい!奥に見える本堂、なんと茅葺き屋根です。
c0180686_181227100.jpg

お寺は閉まっていました。課長のご尽力で管理している方の電話番号をつきとめ、遠くからの来町者が拝観したい旨を伝えてくれました。
c0180686_193951.jpg

c0180686_19404054.jpg

c0180686_22162240.jpg

c0180686_22172696.jpg

管理なさってらっしゃる方が、来てくださいました。この日は月曜日でしたが、現在住職不在のため週末と祝日は拝観できるますが、平日は基本的には閉めているそうです。
お手数をおかけしてしまいましたが、御蔭様で素晴らしいご本堂や庭園を拝見できました。
c0180686_18855100.jpg

c0180686_1882464.jpg

c0180686_1872555.jpg

畳敷きの本堂、300人は問題なく座れそうです。
c0180686_186497.jpg

右手奥に進むとお庭があります。亀井家のお殿様が座禅を組んだり瞑想する為の部屋。
c0180686_18622.jpg

ここから庭を眺めると、また格別です。
c0180686_185327.jpg

このあと寺宝館で文化財級の寺宝のご説明をいただきました。本堂の左奥には亀井家代々のご位牌を納めている部屋がありましたが、その部屋自体が土蔵になっています。その中のひんやりした空気の所為だけじゃなく、一歩足を踏み入れただけで清々しい良い気が満ち溢れているのを感じました。
c0180686_1894774.jpg

c0180686_18362287.jpg

まわりは「もみじ」です。きっと今頃は紅葉が綺麗なんだろーなー!
c0180686_1841260.jpg

次回はもっと長い時間をここで過ごさせていただきたい、素晴らしいお寺でした。大庭さん、宮内さん、お連れいただき、ありがとうございました。
c0180686_1831978.jpg

このあと、稲成神社の鳥居の石段を上り、お詣りしました。
c0180686_1815889.jpg

お二人にはこのあとも車で周辺を走っていただきました。道の駅で名物購入、そして最後に前日の昼に食した「いなり寿し」を車中の供に包んでもらい、美しい津和野町を後にしました。
c0180686_182362.jpg


おー、そういえば忘れちゃいけない!朝、ホテルから永明寺に行く途中に宮内さんが「寄り道させてください!」何かと思えばご友人の古橋酒造さんへ。
c0180686_18442248.jpg

前日の芋煮と地酒の会で僕が何度も「初陣」が美味しい!と言ったもので、大吟醸をお土産に!と待っていてくださいました。
c0180686_18461250.jpg

いや、ありがたい!ベルリンまで無事に持ち帰りました。お正月が待ち遠しいです!

初めて訪れた津和野町。アンペルマンのあるベルリン中央区と津和野町が姉妹都市ということもあり、またその友好関係のお手伝いを20年してきた私の母の御蔭もありますが、町役場、商工会などの関係者の方々をはじめ町のみなさんとお目にかかり、お世話になりました。
これから、長く深いお付き合いになる予感がいたします。
c0180686_18525254.jpg

by Toruberlin | 2010-11-13 10:00 | AMPELMANN Japan2010 | Trackback | Comments(7)