ベルリンのコントラバス奏者高橋徹のBlog


by Toruberlin

プロフィールを見る
画像一覧

いらっしゃいませ! ©Toruberlin

最新の記事

秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-22 14:27
秋のアンペルマン室内楽 wi..
at 2017-09-21 11:51
田園交響楽のオクテット版
at 2017-09-20 23:49
人生で一番美味しい鱒を食べた..
at 2017-09-19 04:43
Havelbergへのドライヴ
at 2017-09-18 08:49
Havelberger Dom
at 2017-09-17 09:47
早起きは素晴らしい、今朝も晴天!
at 2017-09-16 07:09
金曜日、早朝は晴れ!でした。
at 2017-09-15 13:47
新しい松ヤニ Liebenz..
at 2017-09-14 23:15
秋のコンサート、ポスターデー..
at 2017-09-13 19:30
ボッリートミスト
at 2017-09-12 23:55
Giuseppe Bracc..
at 2017-09-11 04:21
美味しい餃子が食べられる店。
at 2017-09-10 18:24
初物、ポルチーニ茸とムール貝..
at 2017-09-09 23:59
表プレンツから裏プレンツのW..
at 2017-09-08 23:59
2017 秋のAMPELMA..
at 2017-09-07 15:13
初物、ポルチーニ茸
at 2017-09-07 00:08
檜枝岐蕎麦
at 2017-09-06 18:01
AMPELMANN Toru..
at 2017-09-05 08:28
9月初めの日、Mitteにて。
at 2017-09-05 04:49

カテゴリ

美味しい楽しい話
趣味の話
音楽の話
楽器と弓の話
これはおすすめ!
街で見つけたこんなもの!
べルリンの美味い店
最近のべルリン写真
日常の出来事
昔の話
旅行
AMPELMANN
AMPELMANN Japan2010
非日常の出来事
日本で何を食おうかな?
ご馳走/料理
風景写真
これはスゴイ!
AMPELMANN Japan 2011
DSO Tour
ベルリンー津和野
Weihnachtsmarkt
Movie 映画
AMPELMANN Japan2012
AMPELMANN Japan2013
AMPELMANN Japan 2014
AMPELMANN Japan2015
AMPELMANN JAPAN 2016
AMPELMANN Japan 2017

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

M上さま、いつもありがと..
by Toruberlin at 01:49
10/20は昼公演もご用..
by Toruberlin at 22:50
Yusukeちゃん、そう..
by Toruberlin at 21:39
植木さま、コメントありが..
by Toruberlin at 21:35
Mくん、ありがとう。決ま..
by Toruberlin at 21:31
いや、益々楽しみです! ..
by Yusuke at 19:08
10月20日のチケットを..
by 植木信勝 at 18:14
小林さん、早速ありがとう..
by Toruberlin at 05:45
恒例のコンサートになっ..
by 小林豊 at 15:33
Mくん、コメントありがと..
by Toruberlin at 18:04
祐介ちゃん、コメントあり..
by Toruberlin at 07:05
推測ですが、Lapis ..
by Yusuke at 19:09
Gold VとLapis..
by Toruberlin at 20:18
見た目の差…ホントに無い..
by Yusuke at 20:00
Urquell美味い、最..
by Toruberlin at 20:22
ウルケルの生があれば僕も..
by Masaya at 02:36
ポムさん、はじめまして。..
by Toruberlin at 01:12
Masayaくん、Rad..
by Toruberlin at 00:21
Wernesgruene..
by Masaya at 22:00
植木信勝さま、ありがとう..
by Toruberlin at 00:20

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
オリーブとブドウ畑のあいだで
フィレンツェ田舎生活便り2
フィオッキ・ブログ Fi...
ろひちかなまや
Piccoli Pass...
リヨンの散歩
ワインおたくの妻
Vom Himmel
ベルリン、いまも工事中 ...
フィレンツェ田舎のお料理教室
おウチごはん。
モンタンのブログ
カグラザカ日記
A. ドワネルを探して
お菓子と料理
ただいまお料理中
Berlin no Hi...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
海外生活

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:楽器と弓の話( 135 )

今年はじめてのJ.S.Bachのクリスマスオラトリオ。

c0180686_18481518.jpg
今年はじめてのクリスマスオラトリオ(WO)は12/6の16時からベルリン・ライ二ッケンドルフのSt.Marien教会です。ベルリンらしい赤煉瓦の大きな教会ですが、チケットはほぼ完売だそうで、もしおいでになる方は当日少し早めにどうぞ。
昨日の夜、リハでした。NKOP(新ポツダム室内管弦楽団)は今までもこの教会でWOを演奏していますがポツダムや他の教会とダブるので(今回も)今までポツダムに出演していたからか、私は初めてでした。
一番好きな曲の一つです。ドイツで音楽活動をしていて自分の楽器に出番があれば、いつかは弾く曲です。毎年なんども演奏しますから、リハは一回が普通です。しかし今回の指揮者のように、やりたいことが明確で奇をてらわず変にいじらず、歌手の、またアリアの楽器ソロパートのやりたいように、いや、やりたいことを程よく示すことのできる指揮者は稀で、素晴らしい。
指揮のテクニックとよく言うけれど、指示が的確で音楽が自然、なら「流れる」のです。
50分、オケだけでカンタータ1-3を通し、15番のテノールのアリアだけリハ。30分の休憩後にGPで2時間の予定が95分で終わりました。時間を使いきれなかったんじゃなく、それで充分と判断なさたのでしょう。実際、そのまま本番でもOKなくらいの出来でした。もちろん、オケ内で幾つかの調整や提案はし合いましたが、それもスムーズでした。
c0180686_18482806.jpg
今日の夜はCKOで我がテニスクラブで弾きますが(一昨日の日記をご覧ください)ずっとコンサートでは使ってなかった五弦トリノのDespineでCKOもNKOPも弾いています。
1831年生まれですが、コントラバスではまず他に見たことない無傷の楽器です。100年以上コレクターが所有していた楽器で調整にはかなり時間がかかりました。ずっとバロックアンサンブル(ピリオド奏法アンサンブル)での演奏に使っていました。
そのあとオイドクサを試し、あまり気に入らず。GGのガット弦と出会って2012年モデルを張っていましたが、とにかく本番での出番は少なかった。無傷というのも、この楽器を次の世代に渡す使命を考えると、気楽に家から持ち出せない要因ではあります。そして幸運なことにオールド五弦を5本持っていますから、こういう仕事にはクレモナのCavalliかパリのBrugereでご機嫌、満足していました。


More
by Toruberlin | 2015-12-05 10:08 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)

Busanと新しいテールピース。

c0180686_03360784.jpg

僕の愛器Dominicus Busanです、1776年ヴェニス生まれ。
とっても素晴らしいですが、クレモナの鈴木徹氏のテールピース、日本においてあるG.Guadaniniに取り付けたら、かなり良い!それでBusan用にも作ってもらいました。
c0180686_00444258.jpg
かなりシンプルで美しい!
GGの意見を聞くとテールピースは重い方が良いという。これはヴァイオリンの世界とは全く別意見で、実際にオーダーして作ってもらった軽い(そして美しい)テールピースに戻して良くなったのですが、こういう美しいのを見てしまうと、試したくなります。
c0180686_00453547.jpg


More
by Toruberlin | 2015-11-30 16:42 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)

Tetsu Suzuki in Cremona

c0180686_15312409.jpg
今回のイタリア、ミラノ日記がまだまだ2-3回は書けるくらい濃い内容が残っていますが、火曜日にカタリーナに空港まで送ってもらい、いつものFIAT500(今回はミディアムグレー)をレンタルして、まずは近所のクレモナに行きました。
そのあとの予定がリグーリア海に面した古都に二泊でしたが、ちょうど一泊決まってない日があり、もちろんミラノにもう一泊でもよかったんだけど好きな町、クレモナに行きました。天気も良く正解で街を散歩し美味しい晩ご飯を食し、さて翌日。
新しい楽器には基本的に全く何の興味もないので、だから弦楽器工房もたくさんあるけれど、普通に靴屋や雑貨屋を覗くような感覚で散歩してましたが、いつだったかたまたまFBで見かけた日本人の工房HPを思い出しました。
もちろん新作なんですが、写真でも造りが良いのは判り、工房にも興味があったので夜中に「急ですが可能なら明日伺いたい」メールを送ったら、すぐに「どうぞ!」と返事が返ってきました。
上の写真は、11時頃に工房に伺い、さんざん楽器2本を弾かせてもらってから昼食を共にしてワイン飲みながら色々語り合い、そしてまた夕方工房に伺った時のだから、もうかなり打ち解けた感じで、良い写真ですね。
c0180686_15292441.jpg
楽器は2本ありました。⒋弦がMaggini、5弦はAmati。彼は他にGasparo da Salo(ドラゴネッティの)Gofriller、Montagnanaなどの、実際に採寸した楽器をモデルに製作しています。工房のHPはこちら、写真の楽器たちが美しく、拝見したいと思ったページです。
c0180686_15294228.jpg


More
by Toruberlin | 2015-09-27 09:26 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(4)

ティアガルテンの森を通ってフィルハーモニーへ

c0180686_01161145.jpg
c0180686_01160414.jpg
上の写真は現在はドイチェバンクが購入してベルリンフィルに貸与してるWitt先生がベルリンフィルで弾いていた五弦です。作者はHammig、典型的なドイツの特大五弦ですが、写真の角度なのか、そう大きく見えませんね。
二枚目はフィルハーモニーを道を一本隔てた広大な森ティアガルテンです。
c0180686_01155767.jpg
Witt先生がベルリンフィルを退団したのは定年よりも3年早い92年でした。壁崩壊から3年、統一から2年後です。
壁があった時代は渋滞とか駐車場を長く探すとかは、まずなかった西ベルリン、その最後の3年は、つまり壁が開いてからしばらくは、それまで郊外を持たなかった大都市西ベルリンに車が押し寄せたわけですから、Wannseeの家からステージまで25分で到着していたなんてのは過去の夢物語りとなり1時間は当たり前でした。ベルリンを知らない車が迷い、しかも絶対数が多く、また東西通過のインフラが全く整ってなかったわけですから、その混雑さは想像に難くないと思います。
その頃、先生はベルビュー宮殿の裏のベルビュー駅まで電車に乗り、城の脇を通ってティアガルテンを横断し仕事においでになることが多かった。いや、壁崩壊前も時々は散歩がてらにそうしてらっしゃったなー。
昨日のリハに行く途中メルセデスの中で思い出し、写真の戦勝記念塔のあるロータリーをフィルハーモニー方面に曲がらずこの辺りに駐車しました。
c0180686_01155066.jpg
良い天気で、かなり濃い緑から漏れる朝日が美しかった!
c0180686_01154324.jpg


More
by Toruberlin | 2015-09-16 17:13 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(8)

茅ヶ崎でリハ。

c0180686_09514960.jpg
木曜日は茅ヶ崎文化会館大ホールでリハでした。
ブラームスとメンデルスゾーン、どちらも好きな曲で楽しいのですが、それより何よりGGのガット弦を張った、ベルリンではソロ用でオケやアンサンブルで弾いたことは無かったGaetano Guadanini作の4弦コントラバスがものすごく良くなったのが嬉しく、楽しんでました。
c0180686_16460228.jpg
裏板が一枚板、かなり力強い裏板でガット弦の響きがビンビン伝わってきます。
c0180686_16454772.jpg
リハは午後から夜までで食事休憩が18時から1時間あり、KBセクションでカツ丼を食しに行ったのですが、神谷町からアパートに帰る途中寄ったスーパーに浅利がまだあって、結局ひとり、ハイボール呑みながら料理しました。
c0180686_16453570.jpg
とっても美味しいヴォンゴレ、23時過ぎに食しました。
c0180686_16452243.jpg



by Toruberlin | 2015-04-13 09:44 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(2)

Gaetano GuadaniniとGiuseppe Bracci

c0180686_13563726.jpg
ヴェニスの名器Dominicus Busanを手に入れた時に別れを決めたG.Guadanini、今回はテールガットをGG製のに変え、ガット弦も張りました。今まではスチール弦が張ってあったので、その違いは大きく楽器もまたびっくりしてる様です。
c0180686_13555703.jpg
c0180686_13554955.jpg


More
by Toruberlin | 2015-04-07 14:33 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)

火曜日、久々の(電車での)楽器運搬。

c0180686_06584721.jpg
ヴェニス生まれの名器Domenicus Busanを手に入れた時に別れを決めたトリノのGaetano Guadanini。素晴らしい楽器なのにどういうわけか縁が無く手元から去りませんでした。
預かって頂いてるOさん邸で2年前に久しぶりに長く弾き、「できるなら、このまま持っていようか?」とも思い始めました。
いや、かなり終わったと言ってもまだScarampellaとCavalliを手に入れた時の残りがあり、本当はすぐにでもそれを支払いたく、その為に日本に持ってきたのですが、GGのガット弦とテールガットをどうしても試したかったんです、この楽器で。
月曜に池袋の工房で交換させてもらいました。
c0180686_06582469.jpg
天気が良ければ楽器は空いてる時間なら運べるはず。いつもはAMPELMANN東京の仲間に車で運んでもらってますが(そして今回もBracciは帰国した日にアパートへの運搬を手伝ったもらいました)トライしました。高校生の時はやっていたことです。
c0180686_06581021.jpg
無事に到着、さてランチ。アパートから歩いてすぐの感菜さん、ここには昨年Y嬢とも来ましたが、美味しい店です。今回はすでに2回目です。
c0180686_06580132.jpg


More
by Toruberlin | 2015-04-02 07:15 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(2)

N澤さん、来宅。

c0180686_16562002.jpg
土曜日の夜に来伯した読売日本交響楽団、日曜日は時差調整のオフ日でした。首席コントラバスのN澤さんを12時にホテルでピックアップ、拙宅にお連れしました。
Magginiを所有してるN澤さん、楽器や弓への拘りは「楽しみ」と言い切る方。夜は土曜日は到着が遅いし日曜は僕がDSOの本番、月曜は読響の本番と埋まってるので、ランチにお誘いしました。
東でも案内してアンペルマンレストランでランチ?かと思いましたが彼から「コレクション見せてもらえたら嬉しい!」とのメッセージ、それで拙宅ランチとなりました。
c0180686_16554868.jpg
古楽に造詣が深いN澤さん、僕が数年前までガット弦を張って聖ヘドヴィヒ大聖堂古楽アンサンブルなどで弾いていたトリノのDespineから始めました。
c0180686_16553228.jpg


More
by Toruberlin | 2015-03-01 23:59 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)

Hawkes-Panormo

c0180686_09395162.jpg
フィルハーモニーKMSでのOrpheusEnsembleBerlinとSinfonischerChorBerlinのコンサートで弾くために久しぶりにDSOの楽器ケースから持ち帰りました。久々に練習室にKB7本、揃いました。
c0180686_09393785.jpg
僕のKBで唯一スチール弦が張ってある楽器、久しぶりですから駒を外して圧力を抜き休ませます。そして駒の反りを調整、熱いお湯に漬けてから矯正します。
c0180686_09392045.jpg


More
by Toruberlin | 2015-02-21 23:55 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)

朝の光とBusan。

c0180686_12024431.jpg
美しき4弦、ヴェニスのDominicus Busan。
c0180686_12022845.jpg
左はPaolo Scarampella。
ベルリンの楽器たちともしばらくお別れです。
東京ではBracciが待っていてくれます。
c0180686_12015985.jpg

by Toruberlin | 2014-10-09 23:59 | 楽器と弓の話 | Trackback | Comments(0)